悪役のエンディングは死のみ

悪役のエンディングは死のみ【176話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。

今回は176をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 



 

大学の友達に勧められ、乙女ゲーム「公女様のラブラブ・プロジェクト」を始めた主人公。

自分と似た境遇のハードモードのヒロイン、 悪女「ペネロペ」に感情移入し、ゲームに没頭してしまった。

ゲームの途中寝落ちして、起きたら自分がゲームの中の「ペネロペ」になっていた。

死亡エンドを避けるためには…攻略対象からの好感度を上げ、 ゲームをクリアするしか手はない!? 

ペネロペ・エカルト:主人公で悪役令嬢。ゲームではハードモードのヒロイン。公爵家の娘だが、実際には血の繋がりは無い。

イヴォン:ヒロイン。エカルト公爵家の娘だが、18歳になるまでは平民の娘として過ごしていた。ノーマルモードでは彼女がヒロイン。

デリック・エカルト:エカルト公爵家の長男。冷酷な貴公子キャラ。

レナルド・デカルト:エカルト公爵家の次男。気が短く、口が悪い。

カリスト・レグルス:イオカ帝国の皇太子。人の命を軽視する暴君。

ヴィンター・ベルダンディ:侯爵であり魔術師。様々な情報や裏取引を扱う。

イクリス:亡国の貴族出身の奴隷。ペネロペを同情した唯一のキャラ。

【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 




 

176話 ネタバレ

悪役のエンディングは死のみ【175話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 今回は175話をまとめま...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 思春期の始まり

「何?」

公爵を含むすべての男性の表情がショックに満ちていた。

「メイドが死んだのか?」

執事長が暗い顔で報告する。

「はい、彼⼥は⾆を噛んで死にました」

「・・・レナルド」

公爵は尋問を担当した次男の方を振り返った。

「あり得ない!彼⼥は私が拷問を使う必要さえなかったほど忠実に声明しました!そして、その理由が・・・」

レナルドは、⾔い訳のように呟いた。

ペネロペが⾔ったことだけを実行したと主張したメイドは、連れてこられた瞬間に震えた。

彼⼥の顔には虚偽は見られなかった。

自殺を選んだことは、任務を失敗した暗殺者の習慣。

雰囲気はすぐに深刻になり、応接室には奇妙な沈黙が。

「・・・まず、死んだメイドの⾏動を調べてください」

しばらくして、カリストが重苦しい声で命令する。

「彼⼥がどこで毒を⼿に⼊れたのか、彼⼥はお姫様と会っていたのか、成⼈式の前に何をしていたのか、そして彼⼥は例の公女と何回接触したのか」

「・・・」

「彼⼥が死んでいるのは残念です。それがお姫様の命令であるかどうかを本当に知りたかったので。もし本当なら、それは私が戦場で使⽤していた⽅法です」

冗談のように肩をすくめている間、カリストはまったく笑っていなかった。

それでも、公女を殺そうとしている誰かに焦点を合わせているように⾒える彼を⾒て、誰かが注意深く付け加える。

「彼⼥はイヴォンのメイドです」

「それなら、その雌⽝をこの調査に含めたほうがいいでしょう」

「殿下!」

「エカルト公爵、あなたは彼⼥があなた⾃⾝の娘であることがまだ確認されていないと⾔いませんでしたか?」

「そ、それは・・・」

公爵の表情がカリストを⾒て屈辱に染まる。

カリストは家族内のデリケートな問題を何気なくコントロールしていた。

いずれにせよ、カリストは彼⾃⾝の意志で結論を下す。

「まあ良いでしょう。この時点で、あなたは公爵家のすべての詳細をチェックする
べきです」

「ヴェルダンディ侯爵は、ペネロペが毒と気付きながら⾃分で飲んだと⾔っていませんでしたか?」

誰かが尋ねる。

カリストは声の方向へ頭を向けた。

質問をした人物は、ペネロペを⾮難するのを待ちきれなかったデリック。

「はい」

カリストは軽くうなずいた後、デリックから視線を向け、もう⼀⽅を⾒た。

「ちなみに、ヴェルダンディ侯爵。どうしてお姫様が自作自演していないと思うのですか?」

執事が来る前に何を⾔おうとしていたかを思い出したカリストが尋ねる。

「それは・・・」

ヴィンターはすぐに答えることができず、唇を震わせた。

それが死んだメイドを含んでいたならば、それは確かに彼⼥の自作自演ではないでしょう。

これは、彼⼥がまともなメイドを通して自分から毒を求めたから。

さらに、グラスを持ち上げる前に、彼⼥はネックレスを⾒ていた。

明らかに、彼⼥はネックレスの⾊が変わったことを知っている。

おそらく彼⼥は、自分が彼⼥に与えた毒とは違う何かを飲んだ。

いずれにせよ、ヴィンターは彼⼥の意図をまだ理解することができていなかった。

この状態で、皇太⼦に自分が知っているすべてを伝えることが有益であるかどうかを理解することができなかったのだ。

「侯爵?」

ヴィンターは唇を噛んだ後、ついに⼝を開く。

「公女様には既にまともなメイドがいます」

良い⾔い訳だった。

「彼⼥がまともなメイドを放置して、なぜ他の誰かにそのような秘密の行動をさせたのですか?なぜ彼⼥はそのようなことをするのですか?なぜ彼⼥はイヴォン夫人の⼀時的なメイドにそれをさせたのですか?」

「それはまさに私が言いたかったことです」

カリストは、再び彼の⾚い瞳をデリックに移す。

デリックは再び反論した。

「しかし、それが自作自演ではなかったのなら、なぜ解毒剤が発⾒されたのか、そしてペネロペが毒と知ったときになぜワインを飲んだのでしょうか?」

「ですから調査をしましょう、小公爵」

カリストが言い放つ。

「誰かが公女を毒殺しようとしたのか、それとも彼⼥はあなた方の注意を引くために本当に⾃分⾃⾝で毒を飲んだのか?」

「・・・」

「あるいは、他の誰かが計画した⾃作自演に気づいたお姫様が___」

「あり得ない!」

「⼀緒に調べましょうか?」

カリストの⾔葉で、3人の⻘い⽬がとても⼤きくなる。

彼らがそれについて全く考えたことがなかったかのように、深い疑いがそれらの⽬に刻まれていた。

カリストの知っているペネロペは、そのような選択をするのに⼗分賢い⼥性だ。

公爵家が彼⼥を愚かで未熟な⾚ん坊と⾒なしていたことを理解する。

「すべてを調査しなさい、公爵」

カリストは3⼈全員を順番に睨みつけた。

「私は証⼈としてではなく、公爵家の⼀員として直接介⼊します」

 



 

カリストは応接室を出て、素早く動いた。

彼はペネロペの毒の状況を知るために会話に参加したが、それは時間の無駄だった。

会議の間も、彼は意識不明の⼥性に何が起こるかを⼼配していた。

階段を登ろうとしていたちょうどその時。

「殿下」

真ん中のホールに座っていた誰かが⾛ってくる。

躊躇したカリストはゆっくりと向きを変えた。

「何だ・・・?」

カリストは、恐ろしい無表情な顔でセドリックを睨みつける。

このようなときは、誰もが言動に注意する必要があった。

セドリックは乾いた唾液を飲み込んで、なんとか口を開く。

「で、殿下。私はあなたを連れ戻すように頼まれました」

「どうして?」

「フロニアの反政府勢⼒が北の最前線を乗っ取ったのです」

「は」

にやにや笑い声を上げたカリストは、すぐに階段を上がる。

「私は今忙しすぎるので、他の⼈をそこに送るように彼に⾔ってください」

「か、彼らは北にキャンプしていて、他の敗北した国の残党と共謀して徐々に権⼒を獲得しています!」

セドリックは慌てて泣きついてきた。

「一昨日、ヘレット侯爵の領地が乗っ取られました。すぐに向かって抑制しなければなりません」

ヘレット侯爵の領⼟は北に属し、そこは障壁が頑丈で、兵⼠たちもよく訓練されていた場所。

その場所が奪われたとなれば、それはすでにかなりの数の反政府勢⼒が存在するということ。

「なんてこった・・・」

突然階段の⼿すりをつかんだカリストが、再び彼の側近の方を振り返る。

階段を降りる彼の瞳は、⾚い光で輝いていた。

「この国には私以外に司令官はいないのですか?私が全ての争いを解決しなければならないのですか?」

「・・・」

「10年近く戦場で⽝のように転がっていました。それにもかかわらず、愛する⼥性がいつ死ぬのか分からないのに、なぜ腐った戦争に向かう必要があるのでしょうか?」

「国王陛下が!」

「黙れ」

殴ろうとしている⼤きな拳に⽬を閉じたセドリックは、⼀気に叫んだ。

「国王陛下は、殿下がこの任務を完了した後、公女様との婚約を積極的に検討すると述べました」

再びセドリックは⽬を開けて、真剣な声カリストを説得する。

「国王陛下の承認と⽀援がなければ、今回の関与は達成できません」

それは事実だった。

カリストがどれだけ提案したとしても、公爵が拒否したとなれば無駄になってしまうだろう。

今、彼はペネロペが何を望んでいるかをすでに知っていた。

それが何であれ、彼は彼⼥の願いを叶える⼒とお⾦を持っている。

もちろん、婚約が⾏われるという条件の下でのみだが。

「くそっ!」

セドリックを殴るために⾼く持ち上げられていたカリストの拳は、最終的に下げられ、階段の⼿すりにぶつかった。

⽊で彫られた⼿すりの装飾が押しつぶされている。

セドリックは、それが彼⾃⾝の頭だったのではないかと想像して震えてしまった。

思春期の始まり。

何も知らずに追い出されたかのように戦場に放り込まれた後、⽝のように転がって⽣き残った

勝利のメッセージを持って⾸都に戻ったとき、戦争を⼆度としないことを何千回も約束した。

だが。

(耐えろ・・・)

カリストは熱くなった息をゆっくりと吐き出し、陰気な口調で⾔った。

「お姫様に会ってきます。あなたは先に出ていてください!」

セドリックが捕まえる前に、叫んだカリストは階段を上る。

 



 

カリストは2階に登ると、すぐにペネロペの部屋への扉を開けた。

⾃分の存在に慣れてきた献⾝的なメイドは、何の驚きもなく急いで⽴ち去る。

彼は躊躇うことなく部屋を横切って歩いた。

やがて⼤きな靴が彼⼥のベッドの近くで⽌まる。

ベッドの周りは、燃え尽きる蝋燭の煙で満たされていた。

ハーブの強い⾹りがする中で、ペネロペはまだ死んでいるかのように⽬を閉じている。

淡い顔⾊、毒の匂い、明るい唇、そして光を失った彼⼥の濃いピンクの髪は、彼⼥に死体の外観を与えた。

先⽇、彼女は、自分を騙そうとして、病人のようにドレスアップしていた。

その馬鹿げた姿すら。

「可愛かった」

自分に会いたくなかったのでドレスアップさえした嫌な⼥性のはずなのに。

しかし、ペネロペ・エカルトは美しかった。

「ペネロペ・エカルト」

カリストは⼿を伸ばして、荒い⼿で彼女の唇に触れる。

彼⼥が毒で倒れてからもう3⽇⽬。

彼は丸3⽇間、⾎が滴るのを⾒てきた。

彼は数秒間も眠れなかった。

彼⼥がその間に死ぬのではないかと恐れていたから。

幸い、今は⽌まっているが、⽬を閉じたまま⼝から⾎が滴り落ちるのを⾒ると、何⼗、何千回も考えてしまう。

「誰があなたをこのようにした?」

それを考えると、沸騰した⾎が頭の中で浮き上がり、⼼が熱くなる。

カリストは静かに呟き、未知の感情に満ちた⽬でペネロペを⾒下ろす。

「誰があなたを毒殺したのか、それともあなたが死にたいので⾃分の⼿でそれを飲んだのか。・・・今はもう気にしません」

「・・・」

「私を待ってください。私は戻ってきて、あなたをこのように苦しめたすべての⼈を粉砕します。私は彼らが死なないように魔法で彼らの⼼を凍らせ、あなたが流した⾎と同じくらい各⼿⾜を引き裂き、そして彼らの⾜を彼らの⼝に押し込めま___」

カリストは、突然話をやめた。

自分がこのような残酷なことを⾔ったとき、彼⼥はいつも眉をひそめ、それらを嫌っていたから。

「・・・そろそろ起きませんか?」

呼びかけるが、暖かさのない冷たい体は動かなかった。

「私はこれを⾔うつもりはありませんでした」

ベッドのそばに倒れるかのように跪き、淡いペネロペの顔を⼿で撫でる。

「お姫様、今何も聞こえなかったふりをしてください。さようならを⾔うためにここにいます。急ぎの用事が出来てしまったので」

「・・・」

「すぐに戻ってきます。戻ってきたら、⽬を開けて挨拶してください。私はそれを⾒たかったのです」

とりとめのない⾔葉を呟いたカリストは、突然、上半⾝をお辞儀する。

それは恋⼈への別れのキス。

二人の唇が重なる。

カリストは唇をペネロペに押し付けた。

「私はあなたのためにすべてをします」

そして、彼は⼩さな声で囁く。

それは誰も聞くべきではない秘密。

彼女の願いを叶えましょう。

「あなたがここから出たいのなら、私はあなたをここから連れ出します。」

「・・・」

「私はあなたに愛やあなたが望むものを何でも与えます、私はあなたが望むすべてをします」

「・・・」

「死なないで」

もう⼀度、カリストは乾いた唇を飲み込み、彼⼥に⽣きるように必死に懇願した。

「死なないで、ペネロペ」

 



 

カリストがカッコいいです。

隠しルートとは、カリストのトゥルーエンディングのようなものでしょうか?

しばらくカリストはいなくなりますが、この間に犯人を特定することはできるのでしょうか?

悪役のエンディングは死のみ【177話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 今回は177話をまとめま...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 ネタバレ満...
【継母だけど娘が可愛すぎる】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「継母だけど娘が可愛すぎる」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...