悪役のエンディングは死のみ

悪役のエンディングは死のみ【182話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。

今回は182をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 



 

大学の友達に勧められ、乙女ゲーム「公女様のラブラブ・プロジェクト」を始めた主人公。

自分と似た境遇のハードモードのヒロイン、 悪女「ペネロペ」に感情移入し、ゲームに没頭してしまった。

ゲームの途中寝落ちして、起きたら自分がゲームの中の「ペネロペ」になっていた。

死亡エンドを避けるためには…攻略対象からの好感度を上げ、 ゲームをクリアするしか手はない!? 

ペネロペ・エカルト:主人公で悪役令嬢。ゲームではハードモードのヒロイン。公爵家の娘だが、実際には血の繋がりは無い。

イヴォン:ヒロイン。エカルト公爵家の娘だが、18歳になるまでは平民の娘として過ごしていた。ノーマルモードでは彼女がヒロイン。

デリック・エカルト:エカルト公爵家の長男。冷酷な貴公子キャラ。

レナルド・デカルト:エカルト公爵家の次男。気が短く、口が悪い。

カリスト・レグルス:イオカ帝国の皇太子。人の命を軽視する暴君。

ヴィンター・ベルダンディ:侯爵であり魔術師。様々な情報や裏取引を扱う。

イクリス:亡国の貴族出身の奴隷。ペネロペを同情した唯一のキャラ。

【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 




 

182話 ネタバレ

悪役のエンディングは死のみ【181話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 今回は181話をまとめま...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 曖昧な愛

ヴィンターは⾎まみれの瞳で私を見つめる。

「それは・・・」

唇を動かしながら、⻑い間躊躇した。

信頼の問題が正解であると⾔うのは曖昧でしょう。

彼は私がイヴォンを殺そうとしていると思っているにもかかわらず、彼は私の罪を隠そうとしたのだから。

「いいえ。あなたが最後に⼤騒ぎをしたとき、あなたは私を悪質な悪党のように扱いました。本当にそれは信頼の問題ですか?」

⻑い間考えた後、私を⾒下ろし続けるヴィンターに答えた。

「ヴェルダンディ侯爵、・・・それはあなた自身の性格だと思います」

「性格ですか?」

「ええ」

ヴィンターの⻘みがかった瞳は⼤きくなり、「はは」と声を出して笑い出す。

「誰かが性格について指摘したのを聞くのは初めてですね」

彼の繰り返しの笑いのおかげで、深刻だった私たちの関係の溝は少し緩む。

だから私は、以前から興味を持っていた質問を彼に尋ねる。

「あなたは興味があると⾔っただけじゃなかったかしら?」

ヴィンターが「出会い」の契約条件を提⽰したとき、彼は彼の好奇⼼を満たしたいと⾔っていなかったでしょうか?

「分かりません」

私の質問に黙祷した後、彼は笑顔で呟いた。

「最後にあなたをあなたの部屋に連れて⾏って以来、気がつくたびに、私はいつもあなたのことを考えています」

「.・・・」

「⾃分の⼿であなたの人生を台無しにしたと思うので、あなたと過ごすことができた⽇々をとても後悔しました」

彼はそう⾔って、私の⼿をゆっくりと離す。

「申し訳ありませんが、それは受け⼊れられません」

彼の曖昧な愛を、私はもう必要としていない。

「受け⼊れるように頼んではいません。けれど、私があなたに伝えたいのは」

「・・・」

「危険に晒されないでください」

ヴィンターは必死な表情で、ついに彼が話したいことを明らかにした。

「私を利⽤してください。私が処理します」

「え?」

 



 

私は彼の答えに唖然とする。

ハードモードが終了しても、ヴィンターの頭の上には好感度バーが浮かんだまま。

(・・・紫はどういう意味?)

「あなたが私を助けているときに、あなたの仮面が取り除かれるとしたら?」

「毒を作ってからもう覚悟はできています」

「ええと・・・、イヴォンを本当の犯⼈にするように頼んだら?」

「記憶操作魔法で状況を整えます」

私は彼の答えに驚いて、彼がどこまでするのだろうと思った。

「私のために彼⼥を殺すように頼んだら?」

最後の質問で、ようやくヴィンターは⾔葉を失う。

私のためにすべてをする準備ができていることを⽰した彼の顔は⻘ざめた。

「それは・・・」

ヴィンターは唇を震わせて躊躇し、ついに鋭い悲鳴を上げるように⼝を開く。

「暗殺ギルドに依頼します」

「・・・」

「そして、私は⾃分⾃⾝を巻き込みます」

私は彼の返事に少しだけ笑った。

(ハードモードが終わる直前にしておけば良かったでは?)

ヴィンターはもともとフレンドリーで気配りのある人物。

そのため、私は彼をイクリスの代わりに保険として数回使⽤することを計画していた。

けれど、今ではすべてが無意味。

「では、あなたが守っている⼦供たちは?魔法使いの⼦孫が何⼈かいると聞きましたが、彼らはまだどこかでレイラの信者によって迫害されているかもしれません」

「それは」

今まで考えていなかったかのように、突然ヴィンターの表情が暗くなる。

「⼼配しないでください、侯爵様。私はあなたに頼むつもりはありませんので」

「お嬢様・・・」

「信じるかどうかは分かりませんが、私は平和主義者です」

肩をすくめて言葉を追加する。

「私のためにあなたの使命を失うことはありません。私は選択の余地がないというあなたの⾔い訳として使われたくありませんから。私はこれをできるだけ静かに終わらせるつもりです。そして、私は公国を去ります」

「しかし、これはあなたの自作自演ではありません」

 



 

ため息をついて真実を話す。

「いいえ、これは自作自演よ」

「しかし、毒が違います」

「それなら、この毒を持った⼈が演出した自作自演でしょう」

「・・・何を言っているのですか?」

「私はすでに⾃分のメイドを通して毒を⼿に⼊れていたわ」

無意識の間に、公国の誰もが答えを⾒つけられなかったヒントを彼に与える。

「・・・では、誰が死んだメイドを通して毒を注⽂したのですか?」

「あなたも分かっているはずよ」

「それは誰ですか?お嬢様、誰で___」

私の無表情な顔を⾒たとき、ヴィンターは話すのをやめた。

答えに気づいたかのように、震える⽬で私を⾒つめながら注意深く尋ねる。

「・・・イヴォン夫人ですか?」

「・・・」

「答えてください。イヴォン夫⼈が?イヴォン夫⼈は自作自演をしたのですか?」

何も答えず、彼を黙らせる。

彼が私を信じるかどうか分からなかったから。

「神よ・・・」

受け⼊れるのが難しいかどうかにかかわらず、ヴィンターは⼿を上げて顔を覆う。

(まあ、他の⼈を助ける天使のヒロインが自作自演をしたことを受け⼊れるのは難しいわよね)

「・・・では、ワインが毒されていることを知っていたのに、なぜワインを飲んだのですか?イヴォン夫⼈のためではないはずです」

ヴィンターはゆっくりと顔から⼿を離し、涙を流しながら私を見つめる。

「お嬢様・・・、本当に、あなたは死ぬつもりだったのですか?」

深海のような青い瞳は不安な焦りで輝いていた。

「私が⽬覚めたときに⾔ったように、それは本当です・・・。私は死にたいと思っていました」

答えを模索していた彼の⻘⽩い顔は粉々に。

私が⼝を開ける前に、彼は突然前に進み、私の両肩を掴んだ。

「ど・・・、どうして!?」

「言ったはずよ」

⽬が覚めたときから、嘘をつくのではなく、本当に⾃分の道を進んでいた。

『毒を飲む正当な理由が必要ですか?』

ヴィンターの⼿は私の肩を震わせるほど震え、すぐに倒れた。

「ああ・・・。あなたは私が作った毒を飲むつもりなら、私は・・・」

「侯爵様、あなたが私にできることは何もありません」

「お嬢様」

「何も言わずにいてくれると嬉しいです」

私の冷静な⾔葉は、容赦なくヴィンターの⽬を震わせる。

「毒・・・、私があなたに与えた毒はまだ残っています」

彼は突然、何かを指し⽰すように叫んだ。

「まさか・・・!もう一度死ぬつもりでは・・・!?」

「それはもう起こりません」

「どうすればそれを保証できますか?」

「二度目はできないでしょう」

それは本当のことだ。

私はイヴォンの⽀持者の⼀⼈として無駄に死にたくない。

しっかりとした意志を⾒せたかどうかにかかわらず、ヴィンターは少し前よりも誠実な⼝調で話した。

「じゃあ・・・、毒をどうするつもりですか?」

「利用させていただくわ」

「私に返してくださ___」

「侯爵様」

この無意味な会話を終わらせたかったので、彼の言葉を断ち切り、話題を変える。

「イヴォンのことは、まだとてもいい⼦だと思いますか?」

「それは・・・」

彼はすぐに答えることができなかった。

彼はまだ混乱しているようだ。

おそらく、私の⾔葉が正しいか間違っているかを測定しているのでしょう。

(これも洗脳?)

実際、それが何であるかは問題ではない。

私はこのクレイジーなゲームから抜け出すつもりなのだから。

私はまだ問題を抱えているヴィンターを「タイムオーバー」する準備をしていた。

「一つお願いしたいのですが」

「・・・何でしょうか?」

「ベッキーという名前のあの死んだメイド」

「・・・」

「侯爵様、彼⼥の体を注意深く回収して、⼩さな葬式をしてください」

まるで彼が私の⾔葉を予期していなかったかのように、ヴィンターの⽬は⼤きく開いた。

「その理由は・・・?」

「ただ彼女がとても哀れですから」

裏庭に咲く無名の紫⾊の花を⾒て、寂しく呟く。

「彼⼥は搾取された後、無駄に死にました」

すると突然、自分の言葉に戸惑ってしまう。

なぜ私を悪役に追いやったメイドのことを気にする必要が?」

怒りが突然現れた。

私は傲慢に、眉をしかめながら尋ねる。

「親切で善良なイヴォンは侯爵様にこのようなことをするように頼みましたか?」

「彼女は・・・」

ヴィンターは⼀瞬考えを失った。

もしイヴォンが困っている⼈を助けてくれる善良な⼥性だったら、私の発言の前に亡くなったメイドの世話をしていたでしょう。

けれど。

「彼⼥は・・・、死んだメイドについて何も⾔いませんでした・・・。短い時間ですが、彼⼥と離れるのは悲しいことだったに違いないのに、どうして・・・」

「さあ?」

にっこり笑って歌うように、遊び⼼を込めて⾔い放つ。

「彼女がするべきサービスなのに、なぜ私がするのでしょうか?」

ヴィンターは固い顔で凍りついた。

彼を真ん中に置いたまま、私は躊躇うことなく背を向ける。

 



 

ヴィンターもペネロペとイヴォンの間で揺れていますが、今のところはペネロペに傾いているようです。

それでも心のどこかでイヴォンを信じたい気持ちがあるようです。

それが洗脳かどうか分かりませんが・・・。

ベッキーを埋葬してほしいというペネロペの言葉は、彼女の本心でしょう。

悪役のエンディングは死のみ【183話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 今回は183話をまとめま...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 ネタバレ満...
【継母だけど娘が可愛すぎる】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「継母だけど娘が可愛すぎる」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...