悪役のエンディングは死のみ

悪役のエンディングは死のみ【188話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。

今回は188をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 



 

大学の友達に勧められ、乙女ゲーム「公女様のラブラブ・プロジェクト」を始めた主人公。

自分と似た境遇のハードモードのヒロイン、 悪女「ペネロペ」に感情移入し、ゲームに没頭してしまった。

ゲームの途中寝落ちして、起きたら自分がゲームの中の「ペネロペ」になっていた。

死亡エンドを避けるためには…攻略対象からの好感度を上げ、 ゲームをクリアするしか手はない!? 

ペネロペ・エカルト:主人公で悪役令嬢。ゲームではハードモードのヒロイン。公爵家の娘だが、実際には血の繋がりは無い。

イヴォン:ヒロイン。エカルト公爵家の娘だが、18歳になるまでは平民の娘として過ごしていた。ノーマルモードでは彼女がヒロイン。

デリック・エカルト:エカルト公爵家の長男。冷酷な貴公子キャラ。

レナルド・デカルト:エカルト公爵家の次男。気が短く、口が悪い。

カリスト・レグルス:イオカ帝国の皇太子。人の命を軽視する暴君。

ヴィンター・ベルダンディ:侯爵であり魔術師。様々な情報や裏取引を扱う。

イクリス:亡国の貴族出身の奴隷。ペネロペを同情した唯一のキャラ。

【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 




 

188話 ネタバレ

悪役のエンディングは死のみ【187話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 今回は187話をまとめま...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 二人の公女

私の質問で2番⽬の引き出しを通過した⼿が⽌まる。

驚いたように⾒えた体は、何の動きもなく、すぐに私の⽅を向いた。

「ああ、お嬢様」

彼⼥は顔全体を覆っていたので、顔を確認することはできない。

けれど、揺れる⻘い⽬を仮面で隠すことはできなかった。

「何をしているのかと尋ねたのよ」

メイドは肩をすくめて告⽩する。

「えっと、それは・・・。エミリーが昼⾷をとっている間に、私にお嬢様の部屋を⽚付けるように頼んだのです」

「へえ?」

驚くことではない。

エミリーだけで毎回この広々とした部屋を掃除するのは大変でしょうから。

(言い訳は最もらしいわね)

「そこから退いて」

私の指示に、メイドは化粧台の前で怯んだ。

椅⼦に座って、化粧台とまだ開いている引き出しを確認する。

欠けているものは何もなかった。

その理由は、そもそも彼女が求めているものがないからでしょう。

突然、化粧台の鏡を⾒て、私は唇を反射的に噛んだ。

そうでなければ悲鳴を上げてしまうから。

体を硬直させないように必死に努力し、ゆっくり口を開く。

「掃除はもう結構よ。外出の準備をするので出て行ってちょうだい」

「ああ、そうでしたか」

背中の後ろでパチパチという⾳がした。

化粧台の上の私の⼿は汗でびしょ濡れだ。

メイドが外に出て行こうとすることに、私は心から安堵する。

その時。

「ちなみに、お嬢様」

部屋を出て行こうとしたはずのメイドが話しかけてきた。

 

 

 

 

 

「どうして鏡をずっと見ているのですか?」

何とか悲鳴を飲み込むが、肩の震えを止めることはできなかった。

恐怖が私の呼吸を苦しめる。

ゆっくりと振り返ると、⼥性は⼀歩離れてじっと⽴っていた。

「・・・」

私の⽬に会った時でさえ、メイドは何の動きもなく私を⾒つめている。

彼⼥はもう演技を続けるつもりはないようだ。

自然なふりをして口を開く。

それが私にできる全て。

「ビックリしたからよ」

メイドは頭を傾けた。

「どうして?」

「なぜあなたは鏡に映っていないのですか?」

「・・・」

「イヴォン」

メイドの⽬は半⽉のように変化する。

「やっぱり・・・」

メイド、いや、イヴォンは⼿を上げて仮面を脱いだ。

「あなたは知っていたのね、ペネロペ」

イヴォンはゲームのイラストのように微笑む。

 



 

誇らしげな表情を浮かべるイヴォンを見て、私はしばらくの間、言葉を失った。

「あなただったの?」

「え?」

「父が突然温室で食事をとるように操ったのは?」

「気づいていたのなら、もう少しゆっくりしていて欲しかったわ、ペネロペ」

イヴォンは素朴な笑顔で答えた。

「演技はもうやめたの?」

「うーん?」

私の質問にイヴォンは怪訝な表情を浮かべる。

「あなたは鏡の前に立っていましたから」

その答えに、彼⼥は眉をひそめた。

「それは私のミスです。あなたがこんなに早く戻ってくるとは思っていませんでしたから」

「・・・」

「あなたが戻ってきたのは本当に迷惑ですが、何の問題もありません」

イヴォンは考えているように⼀瞬⽴ち⽌まり、すぐに私をじっと⾒つめた。

「ですがペネロペ」

「・・・」

「あなたも戻ってきたのですか?」

それは馴染みのない質問。

しかし、私が答える前に、イヴォンは呟く。

「いいえ、いいえ。もしあなたが戻ってきたとしたら、私がここに来る前にあなたは動いていたはず。私は成⼈式までただそこに座ることはできない・・・」

「・・・」

「私がどれほど酷い死を経験したかを知っていれば、あなたはそれほど愚かになることはないでしょう。そう思いませんか?」

イヴォンは神経質な口調で不思議な発言をし、突然私に尋ねた。

「あなたは誰ですか?私が知っているペネロペとはとても違います」

好奇⼼旺盛な⽬で再び私を⾒つめていたイヴォンは、見たことのない表情で頭を傾ける。

「どうして?過去には、明らかに、公爵家に戻る前にあなたに会ったことはありませんでした」

「どう変わったの?」

私がついに⼝を開けて尋ねたとき、イヴォンは問題なく答えた。

「あなたはいつも私を嫉妬していたので、あなたは叫び声を上げて私を殺そうとしなければなりません」

「・・・」

「洗脳をしていなくても、あなたは家族の視線が私に移ることに我慢できないはずです、ペネロペ」

イヴォンがペネロペがしたことを正確に暗唱しているのを⽬の当たりにして凍りつく。

(どうして知っているの?)

頭の中が混乱している。

悪役がどれほど隠されていても、イヴォンはゲームのキャラクターに過ぎない。

(じゃあ、イヴォンも他の誰かが乗り移っている?)

けれど、その過程はすぐに排除された。

もしそうなら、「あなたも戻ってきたのですか?」と尋ねる理由がないから。

「毎回動揺しているあなたのおかげで、公国を⼿に⼊れるのはとても簡単でした」

私の頭が混乱している最中に、イヴォンは冗談のように⽢い声で言った。

彼女は幸せそうに⽬を輝かせる。

「お父様とお兄様も簡単だし」

悪寒が私の全⾝を⽀配した。

息を⽌める。

ここで恐れを⽰したとき、何も得られないから。

「けれど、どうして?」

イヴォンが首を傾げる。

けれど、それは首を折ると言った方が正しいだろう。

ゴキッ、ゴキッ!

不気味な⾳が何度も何度も響き渡った。

90度強で⽌めたイヴォンが話す。

「あなたは過去を覚えていないようですが、あなたはすべてを知っているように振る舞います」

「・・・」

「そして、あなたは私を避けようとし続けます。そしてあなたは、成人式の事件があなたの自作自演と認めました・・・」

「・・・」

「ソレイユ島で本当の私を知っていたにもかかわらず」

震える体に可能な限り耐え、素早く反応した。

そうでなければ、この死体のような⼥性が真実を⾔うように私を脅迫するように⾒えたから。

「でも、あなたは私について誰かに話すことさえ考えていませんよね?過去のあなたとは異なります」

「・・・」

「どうしてですか、ペネロペ?」

「・・・」

「恐れることは何もありませんでした。今回は私を怖がっていますか?」

イヴォンは、恐ろしい⾃分から⽬を離すことができなかった私のことをすべて知っているかのように笑っている。

震える唇を⼒強く開く。

「それは重要ですか?」

「え?」

「前回お話ししました。あなたがここにいる⽬的は私には関係ありません」

「ふーん・・・」

イヴォンは、私の⾔葉が真実かどうかを確認するかのようにため息をついた。

暖かさを感じない⻘い瞳。

「とにかく、私はここを去ります。ですから、あなたが望むことをしてください。あなたが何をしようとも、私は気にしません」

「それはダメよ」

ゴキッ、ゴキッ・・・。

再び不気味な⾳を鳴らしながら、イヴォンは頭を上げ始めた。

その光景に我慢できず、視線を向ける。

「ペネロペ、あなたの⾏動のせいで、すべてがうまくいかなかった」

「私は何もしていな___」

「あなたのおかげで、洗脳はうまくいきません」

私の⾔葉を断ち切って、イヴォンは不平を⾔った。

その幸せな表情は、⼼が痛む⼦供の顔のよう。

「⼤切な⼈を1⼈連れて⾏くたびに、歪んだ顔を⾒るのは楽しかったですが、どうしてですか?」

「それは私の仕事ではありません。私はあなたのように⼈間を洗脳していません、イヴォン。あなたの⾝元を知っている私が知っていることすべてを中断するよりも、あなたは私を放っておくほうがいいと思いますが」

「そうですね。それはそうなのですが・・・」

そう言って、イヴォンは顔から表情を消す。

「作品の一部はどこ?」

 



 

「作品?」

「あなたが盗んだ鏡の欠片です」

私の⼼は彼⼥の率直な質問に沈んだ。

「ペネロペ、あれを返してください。そうすれば、私はあなたを放置します」

イヴォンの⽬は曇っていた。

蛇のような眩しさを⾒て、慌てて⼝を開く。

「ああ、何か拾ったけど、帰りに捨てたに違いありません」

肩をすくめて⼿を上げた。

彼⼥は私が作品を持っていなかったことを理解したでしょうか?

イヴォンはすぐに別の質問をする。

「それなら古代の魔法をどのように使うのですか?」

「魔法?」

「あなたがあの時に発動した魔法です」

「あれは私の魔法ではありません」

それは説明できない現象であり、他の誰かが所有していたから。

「あなたではないのですか?」

「ええ。あの時、私と⼀緒に⾏った魔法使いがいました。私が使ったものと間違えていませんか?」

「ヴィンター・ヴェルダンディ?」

(どうして?ゲームだとイヴォンは魔法使いがまだ誰なのか知らないはず)

震える⼝⾓を⼀⽣懸命持ち上げて微笑んだ。

「ヴィンター・ヴェルダンディ侯爵?いいえ。彼はボランティア活動をしている人よ」

「ボランティア活動?あはは」

イヴォンは全て気づいているかのように手を叩く。

「会いに行かないといけないわね」

彼⼥が⼩さな声で呟いた瞬間、頭の⽑先が逆立つ。

「私は今から、ヴィンターに会いに行かないと」

状況から抜け出すために私がしなければならないこと。

「これを見てください、ペネロペ」

そして、イヴォンはとてつもないスピードでポケットから何かを引き出した。

 



 

イヴォンが人外の存在としか思えません・・・。

首が90度曲がるのは恐怖ですよね。

イヴォンのさまざまな謎の発言。

彼女の正体は?

そして、イヴォンがポケットから引き出したものは?

悪役のエンディングは死のみ【189話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 今回は189話をまとめま...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 ネタバレ満...
【継母だけど娘が可愛すぎる】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「継母だけど娘が可愛すぎる」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...