悪役のエンディングは死のみ

悪役のエンディングは死のみ【189話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。

今回は189をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 



 

大学の友達に勧められ、乙女ゲーム「公女様のラブラブ・プロジェクト」を始めた主人公。

自分と似た境遇のハードモードのヒロイン、 悪女「ペネロペ」に感情移入し、ゲームに没頭してしまった。

ゲームの途中寝落ちして、起きたら自分がゲームの中の「ペネロペ」になっていた。

死亡エンドを避けるためには…攻略対象からの好感度を上げ、 ゲームをクリアするしか手はない!? 

ペネロペ・エカルト:主人公で悪役令嬢。ゲームではハードモードのヒロイン。公爵家の娘だが、実際には血の繋がりは無い。

イヴォン:ヒロイン。エカルト公爵家の娘だが、18歳になるまでは平民の娘として過ごしていた。ノーマルモードでは彼女がヒロイン。

デリック・エカルト:エカルト公爵家の長男。冷酷な貴公子キャラ。

レナルド・デカルト:エカルト公爵家の次男。気が短く、口が悪い。

カリスト・レグルス:イオカ帝国の皇太子。人の命を軽視する暴君。

ヴィンター・ベルダンディ:侯爵であり魔術師。様々な情報や裏取引を扱う。

イクリス:亡国の貴族出身の奴隷。ペネロペを同情した唯一のキャラ。

【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 




 

189話 ネタバレ

悪役のエンディングは死のみ【188話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 今回は188話をまとめま...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 最も恐れている死

(遺物の欠片!)

イヴォンがやろうとしていることに気づいたとき、私は⼿を上げて自分の⽬を覆う。

「何のつもりよ!?」

「これがあなたにも起こるとは知りませんでした。あなたはとても頑固だったので、私は⾃分のエネルギーを無駄にしていました」

「やめて!私は何も知らない!」

「これを見てください、ペネロペ」

必死に⽬を閉じて叫ぶが、イヴォンには何も聞こえていなようだ。

(私は何をされるの?私は洗脳されてしまうのでしょうか!?)

心臓が狂ったように鼓動する。

パニックに陥っている間、⻘い光が私の⽬をより強く襲った。

それから抜け出すために⼀歩下がる。

しかし、イヴォンは私の肩を強く掴んでいたので、私は逃げることができなかった。

「ペネロペ、注意深く⾒てください。鏡が完成したら、あなたはどうなると思いますか?」

イヴォンは私の肩をしっかりと握りながら、秘密を告げるように⼩さな声で私の⽿に囁いてくる。

「鏡が完成した場合、あなたを気にしている人たちは私に操られるでしょう。ですが、あなたには見守ることしかできません」

彼⼥の⾔葉が終わると同時に、私の⽬の前を青い何かが占められていく。

ソレイユ島で体験したように、無数のビジョンが私を襲う。

意識を保つのも困難だった。

「イヴォンやめて!私はあなたに何もしないわ!」

「彼らはあなたを憎むでしょう。そして、最終的にあなたを引き裂いて殺します」

「行かせてください!」

「可哀想なペネロペ・・・。その前に、作品がどこにあるか教えてください」

眩しい⽬の前で何かが通り過ぎていく。

イヴォンを押し出すために、私の柔らかい肌が彼⼥の指先に触れる。

彼⼥はまるでロープのように私を掴んだ。

「私はあなたに放すように⾔ったわ」

「はは」

低い呻き声の⾳に反射的に⽬を開けた。

「はぁ、はぁ」

私たちはお互いの肩と⼿⾸を持って⽴ち往⽣していた。

イヴォンの⼿⾸を掴んで持ち上げると、顔に押し付けられていた鏡が少し下がる。

そこから⻘い光が漏れて、それでも私の⽬を突き刺したが、どういうわけかそれは問題ではなかった。

⽬を開けるとすぐに、まるで捕まるかのように通りかかっていた警告も消えている。

呼吸が激しく、洗脳が効いていないように感じ、⼝の⽚隅を上げた。

「あなたは何をするつもりですか?あなたの洗脳は私にとって上手くいかないようです」

「へえ?」

しかし、私の嘲笑があっても、イヴォンは慌てていない。

「ペネロペ、あなたは何を最も恐れますか?私はあなたが私を最も恐れていると思いました」

「いいえ、そのようなことは何もありません」

「嘘をつかないで。なぜあなたは私からその部分を隠すのですか?あなたがそれを与えるならば、私はあなたを放っておくでしょう」

イヴォンが私をまったく信⽤していないと⾔ったとき、私は⼀時停⽌する。

(なぜ私が破片を隠しているのかって?)

それはシステムが表示したから。

クエストだから・・・?

エンディングを⾒てこのクレイジーな場所から逃れることができるかどうか確信が持てず、ゲームストーリーによって死にたくなかった。

(もう諦めた方がいいの?そうすれば、別のルートが表示される?)

その考えが突然頭に浮かんだとき。

「ねえ?答えてちょうだい、ペネロペ」

イヴォンは天使のような顔で私に懇願する。

息を切らして、すぐに唇を噛んで吐き出した。

「私は欠片を持っていません。私はそれを持っていないとあなたに⾔ったはずよ」

「じゃあ、あなたの最も恐れている死は何ですか、ペネロペ?」

「え?」

「見て」

すぐに、話題が変化した。

イヴォンの質問をしばらく考えていると、彼⼥は⻘い瞳で何かを指さす。

彼⼥が持っていた鏡を。

「これがあなたがとても恐れている死です」

そこから漏れる⻘い光はだんだんと消えていく。

しかし、それはイヴォンが不吉に話していたからでしょうか?

鏡の中は静かだったが、不思議なことに気が狂うような緊張感が溢れ始める。

「申し訳ないけれど、私は何も恐れていません」

私は警戒⼼を持って鏡を横向きにちらりと⾒た。

イヴォンは私の⾔葉にニヤリと笑う。

「嘘ね。私は聞いたわ」

「え?」

「死にたくないというあなたの呟く声を」

(口に出してた?)

いいえ、そんなはずがありません・・・。

彼⼥は私の揺れている⽬に気づいたのでしょうか?

イヴォンはゆっくりと頭を下げ、顔を私の前に近づけてきた。

鏡から発せられる⻘い光に似た⼤きな瞳。

「あなたの絶望は間違っている、ペネロペ」

「待って」

何かが間違っている。

彼⼥は絶え間なく囁いた。

「最初からやり直しましょう」

「ま、待って!」

「ダ〜メ」

呪⽂の⾳とともに、私の体はどこかに激しく引きずり込まれた。

床に落ちる⼤きな⾳と同時に、⻘い光が私を覆っていく。

 



 

「はぁっ、はぁっ!」

息を切らして再び⽬を開けたとき、私は馴染みのある空間の真ん中にいた。

冷や汗で周りを⾒回す。

「ここは・・・」

ここは自分の部屋だった。

一人暮らしで住んでいた部屋。

不思議なことに久しぶりに戻ってきたような気がした。

奇妙な⽬で部屋を⾒回す。

その時。

ブーンブーン。

ハエの⾳がいたるところに振動した。

その瞬間、原因不明の異臭が⿐に刺さり始める。

「ええと・・・、この匂いは何?」

⿂の匂いがして、⾷べ物が腐ったような匂い。

息を吐くと、酷い匂いがどんどん強くなっていく。

⿐を閉じて顔をしかめると、匂いの原因を⾒つけた。

その後すぐに、私はハエの巨⼤な群れを⾒つける。

それはマットレスの上。

ブユが⽑布の上を這っていた。

しかしそれだけではない。

その隙間から、⻩⾊いもの、⼈差し指の⼤きさ、うごめく何か・・・。

「こ、これは何___」

「きゃあああああ!」

その瞬間、ドアの外で叫び声が聞こえた。

「ああ、なんてこと!⼀体何が起こっているの!?」

「最近あまり会っていないから、学校で忙しいのかと思っていたのに。ああ、なんてこと・・・」

馴染みのある声。

彼女は隣の部屋の女性。

毎朝、ミルクを買いながら挨拶をしていた女性だ。

「何を言っているの?」

ハエやウジが群がっているマットレスをじっと⾒つめている。

私が馬鹿でない限り、私は彼⼥が何を意味するのかを知ることができなかったでしょう。

「嘘でしょ?」

考えが狂った瞬間、私は⾸を横に振った。

「いいえ」

私は死ぬことはできない。

頭を上げてドアに駆け寄った。

これは真実ではありません。

「私は死んでいないことを⼈々にすぐに伝えなければなりません、そしてそれは間違っています」

⼀⽣懸命ドアを開ける。

「ああ!」

しかし、外の世界ではなく、⻘みがかった⾊が景⾊を覆っていた。

 



 

もう⼀度⽬を開けると、違うどこかに⽴っている。

菊の花がたくさん。

そして、私はその真っ只中にいた・・・。

肖像画。

「こ、これは何・・・」

⼝を閉ざすことができず、唇が震える。

⼤学に⼊学したときに撮った⾝分証明書の写真。

[次のニュースです。XXグループ会⻑の末娘であるヤンさんは・・・、10⽇前に⾃分の部屋で死んでいるのが発⾒されました]

突然、頭を向けた。

それは空の葬儀場から来るテレビの⾳。

[・・・名⾨⼤学に⼊学した後、家を出た・・・検死の結果、死因は栄養失調と過労によるショックであり、警察は家庭内暴⼒といじめを懸念しています・・・]

私の死の話はニュースになっていた。

「やめろ!」

その瞬間、誰かがテレビの電源を切る。

振り返ってみると、会葬者を迎える場所には、⿊い喪服を着た3⼈の男性が。

それは私の家族。

「あの女、しばらくは大丈夫だと思っていたのに。物乞いのように死にやがった」

次男がリモコンを床に投げ、イライラして髪を乱した。

⽗は眉をひそめ、彼に⼀⾔告げる。

「声を下げてください。このような時に、あなたは⼀体何をしているのですか?」

「私は気にしません。誰も訪問しないのだから」

「座ってください。外にはジャーナリストがいます」

⻑男は⽗親に代わって彼に鋭く警告した。

「はぁ、最後まで⾼貴なふりをするのか?」

次男は、独特の凶暴な表情で兄を睨みつける。

「お前のせいであの女は死んだ。⽗親が彼⼥に素敵な住まいを与えるために彼⼥に与えたお⾦を受け取って、途中で彼⼥のチャンスを⼀掃したのは誰だった?」

「黙れ」

「何かおかしなことでも言ったか?」

「もしそうなら、お前が彼⼥の死の⼤部分を引き起こした⼈です」

「なに!?俺が何をした!」

「学校で彼⼥がスプーン⼀杯のご飯を⾷べているのを⾒たことがないのに、なぜそれが私のせいなのか」

「⼆⼈とも黙れ!」

言い争っている兄弟に、父親が一喝する。

「私たちが言い争っている場合か!会社の株が急落しているのが分からないのか!?」

「そもそも、⽗さんが最初にあの乞⾷を連れてこなければ、こんな不幸なことは起こりませんでした」

次男は冒涜を発し、憤慨しているように私の肖像画を睨みつけた。

全体を⾒ながら、私は激しく息を呑んだ。

何かが私の⼼から崩れ落ちていく。

「私が自分で連れてくるように頼んだ?」

涙が床に滴り落ちた。

「誰かが死んだとき、どうやって⽝のように振る舞うことができますか?あなたはまだ⼈間ですか?」

私はとても怒っていたので、悲鳴を上げて泣く。

物乞いのような命を救うように彼らに懇願したことはありません。

むしろ、最後まで私の⼈⽣を台無しにしたのは彼らだった。

「なぜ私だけが毎回怪我をするのか、そして私だけがそれに耐えなければならないのか、どうして!?」

怒り、欲求不満、絶望、そして空虚さが私を地獄へと導く。

もう疲れた。

この怒りを抱えて生きる自信がありません。

「・・・もう死にたい」

それはゆっくりと私の体から私の⼒を消耗させた。

そして、毎回感情を殺すかのように、私は⼀⽣懸命息を⽌める。

「今、私をこのように感じさせるのをやめてください」

その瞬間、目の前の光に目が眩む。

<システム>

[危険!危険!あなたは[悪の勢⼒]から[洗脳攻撃]を受けています!]

<システム>

[予期しないクエストが発⽣しました!この攻撃を防御するために魔法を使いたいですか?]

[はい/いいえ]

 



 

イヴォンの洗脳攻撃を受けてしまったペネロペ。

現実に戻りたいと思っていた世界での出来事は想像以上の地獄でした・・・。

もし実際に帰れたとして、このような状況だと考えてしまうとゾッとします。

システムの要求通り、ペネロペは魔法を使用するのでしょうか?

悪役のエンディングは死のみ【190話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 今回は190話をまとめま...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 ネタバレ満...
【継母だけど娘が可愛すぎる】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「継母だけど娘が可愛すぎる」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...