悪役のエンディングは死のみ

悪役のエンディングは死のみ【191話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。

今回は191をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 



 

大学の友達に勧められ、乙女ゲーム「公女様のラブラブ・プロジェクト」を始めた主人公。

自分と似た境遇のハードモードのヒロイン、 悪女「ペネロペ」に感情移入し、ゲームに没頭してしまった。

ゲームの途中寝落ちして、起きたら自分がゲームの中の「ペネロペ」になっていた。

死亡エンドを避けるためには…攻略対象からの好感度を上げ、 ゲームをクリアするしか手はない!? 

ペネロペ・エカルト:主人公で悪役令嬢。ゲームではハードモードのヒロイン。公爵家の娘だが、実際には血の繋がりは無い。

イヴォン:ヒロイン。エカルト公爵家の娘だが、18歳になるまでは平民の娘として過ごしていた。ノーマルモードでは彼女がヒロイン。

デリック・エカルト:エカルト公爵家の長男。冷酷な貴公子キャラ。

レナルド・デカルト:エカルト公爵家の次男。気が短く、口が悪い。

カリスト・レグルス:イオカ帝国の皇太子。人の命を軽視する暴君。

ヴィンター・ベルダンディ:侯爵であり魔術師。様々な情報や裏取引を扱う。

イクリス:亡国の貴族出身の奴隷。ペネロペを同情した唯一のキャラ。

【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 




 

191話 ネタバレ

悪役のエンディングは死のみ【190話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 今回は190話をまとめま...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 秘密の空間へ

エミリーがくれた服に急いで着替えて、持ち物をもう⼀度確認して部屋を出た。

イヴォンの呪⽂のため、邸宅の内外は奇妙に静かだ。

デリックがくれた魔法のブレスレットを⾝に着けていた私は、簡単に⽳を通り抜け、すぐに⾺⾞を捕まえる。

「ストリート通りまで」

追いかけてくる⼈がいないかと緊張しながら窓越しに⾒守っていると、騎⼿が到着を告げた。

お⾦を払った後、私はすぐに路地に駆け込んだ。

システムで運ばれただけで、ここまで⾺⾞で来るのは初めて。

道の終わりには、お馴染みのうさぎ柄の古い扉が。

誰かが私に後ろを追っていることを考えて、急いで階段を上がって扉をノックする。

ドンドンドン。

何度ノックしても、扉は開く兆候を示さない。

(ヴィンターは外出しているの?)

誰もいない路地を⾒回して、扉の取っ⼿を掴んだ。

鍵が閉まっているのであれば、私は直接、北部に向かうしかないでしょう。

ガチャ・・・。

しかし、ドアノブは簡単に回る。

「え・・・」

そのまま扉を開くと、壁から出てきたうさぎの仮面に直面した。

「あ、あなたは・・・!」

驚いたせいか、突然壁が閉まり始めて、ヴィンターは壁に半分包まれた奇妙な姿で慌てている。

私はとても焦っていたので、それほど⾯⽩くは感じなかった。

「お金をください」

「・・・はい?」

「私はここに残したお⾦の⼀部を受け取るために着ました」

「えっと・・・、とりあえず少し待ってください」

ヴィンターが呪文を呟くと、扉が再び開き、彼は壁から抜け出た。

「お嬢様、何を言っているのですか?」

レンガの埃で覆われた服を振り払いながら、彼はため息をつく。

お⾦を工面してから⾸都を離れるつもりだったので、下唇を噛んで声を出した。

「あなたがしなければならないのは、私に私のお⾦を与えることだけです」

「とりあえず座ってください。座って話しましょう」

「いいえ、時間がありませ___」

「お嬢様の手」

ヴィンターは私の言葉を切り落とし、ドアノブを持っている私の⼿を指さした。

「あなたの手は、前回のように震えています」

彼に向けていた視線をゆっくりと下げる。

私の指先は真っ白で、哀れなほど震えていた。

⾸が冷や汗で湿っている。

衰えた怒りに取って代わり、恐怖が再び⾼まったのだ。

「ドアを閉めます。こちらへ座ってください」

再び席を提供してくれたヴィンターの⾔葉に、私は歩みを変えてソファに向かう。

 



 

私の反対側に座っているヴィンターが、数回⼿を振る。

すると、⼀連の軽⾷が⾶び込んできた。

毎回のことなので驚かない。

注がれた温かいお茶を飲んで、私は少しだけ落ち着きを取り戻す。

「何があったのか教えてくれますか?」

すべてが整理されたとき、ヴィンターは優しい声で私に話しかけた。

動揺して、私の弱い⼼は彼にすべてを注ぎたいと急上昇してしまう。

しかし、なんとか押し下げてゆっくりと⼝を開いた。

「⼤したことではありません。ただ、少し買うものがあるので」

「公爵家から逃げているのですか?」

ヴィンターの指摘に、私は言葉を失う。

脱出することは彼に話さないようにしていたのに。

彼は私の脱出計画を阻止するつもりなのでしょうか?

それが自分の被害妄想だと理解しているが、私はすでにイクリスに裏切られていた。

思いがけない状況で背中を刺された感覚に。

何も出来ず、ただ死ぬ⽇を待つという恐ろしくて息苦しい経験を二度と味わいたくない。

「どこに⾏くのですか?私がお⼿伝いします」

しかし、ヴィンターは予想外に普通に話した。

驚いた⽬で⼀瞬彼を⾒つめ、ゆっくりと彼の⾔葉で私は理性を取り戻す。

「作品を安全に保管していますか?」

「安全な場所に保管しています」

「突然だったに違いないのに、お願いを聞いてくれてありがとう。あれを返してちょうだい」

イヴォンの洗脳は私が思っていたよりも強⼒だ。

邸宅の外のヴィンターに任せたほうがいいと考えたが、イヴォンはすでにヴィンターの正体を知っているので、計画は変更した方がいいでしょう。

「お嬢様、それは出来ません」

「・・・なぜ?」

「あれはお嬢様が持つべきものではありません。危険すぎます」

「ですが・・・」

「あれはソレイアから持ってきたのですか?」

「・・・はい」

「どうして持ってきたと言わなかったのですか?あの遺物がどれほど危険か・・・!」

⾔葉を終わらせることができず、怒りを抑えたヴィンターは、顔に厳しい眩しさを見せている。

「だって・・・、こんなに怖いことになるなんて思わなかったから・・・」

どういうわけか、自分が叱られた子供のように感じた。

厳粛な表情でヴィンターを⾒つめ、すぐに注意深く⼝を開く。

「ヴェルダンディ侯爵、あなたは真実の鏡が何であるか知っていますか?」

「真実の鏡?どうやってそれを知ったのですか?」

彼はそれを知っているかのように、ヴィンターの両目は徐々に拡⼤した。

「それは一体何なのですか?どこにあるの?」

「それは私がここで⾔うことができることではありません・・・」

困惑した顔で私を⾒たヴィンターは⾸を横に振り、それから突然、彼は席から立ち上がった。

「お嬢様、少しついてきてくれませんか?」

「お金と欠片をください。そして、真実の鏡がどこにあるか教えて。私には時間がないの・・・」

「今から案内する場所に、私はお金と欠片を保管しています」

そう言われれば、私には何も言い返すことはできない。

彼を遠くから⾒て、すぐにゆっくりと彼を追いかける。

ヴィンターの後ろに近づいたとき、突然⽬が明るくなる。

<システム>

[隠されたクエストが発⽣しました!]

[魔法使いの秘密の空間に招待されました。⼊りませんか?]

(報酬:不明)

[はい/いいえ]

(このクレイジーなゲームは・・・)

システムウィンドウが突然現れたので、私は絶望的に惨めに感じた。

⼆度と秘密の空間に⾜を踏み⼊れないと⾔った私が今、ヴィンターから招待されているのだから。

[はい]を押すと、すぐに壁が開く。

 



 

「・・・真実の鏡は、古代レイラとの戦争で信者を封印するために魔法使いによって作られた遺物です」

静かに広い通路を歩いていると、ヴィンターが突然⼝を開く。

(これは真実の鏡の説明ね)

どういうわけか、ゲームのチュートリアルを聞いているかのように彼の話を聞いた。

「数え切れないほどの⼈の命を吸収していたレイラは、次第にその本質を失い、悪魔のような怪物に変わったのです。その時点で、私たちはもはや彼らを⼈間と呼ぶことはできません」

「・・・」

「彼らは彼らの本質を失い、彼らが現状のままでいると死んでします。そのため、レイラは体調を保つための宿主を探しました」

「・・・宿主?」

私がもう⼀度ヴィンターに尋ねると、彼はうなずいた。

「はい。ですが、合わないシェルを無理やり押し込もうとすると、完璧ではありません。⼈間とは考えられない⽋陥品ですから」

「・・・水や鏡に映らないとか?」

ヴィンターは⽴ち⽌まり、驚いた⽬で私を振り返る。

「・・・どうして知っているのですか?」

その理由は、私がその恐ろしい光景を経験したから。

その⾔葉を飲み込み、静かに動いた。

私が答える気配がなかったので、しばらくして彼は静かに話し始める。

「・・・戦争が続くにつれて、レイラの宿主によって犠牲にされた⼈間の数は劇的に増加しました。それ以上⾒ることができなかった古代の魔法使いは、最後の⼿段として彼らの命を犠牲にしたレイラを封印したのです」

ようやく廊下の終わりに到達し、ヴィンターは話し続けた。

「閉ざされた場所に閉じ込めるために、⾝体のないレイラの性質」

「・・・」

「・・・それが真実の鏡です」

以前と同じように、秘密の空間は美術館のようだ。

その真ん中には、天井にほとんど触れている巨⼤な鏡が。

 



 

真実の鏡とはレイラを封印するためのアイテムなのですね。

そして、ヴィンターの話から推測すると、レイラの今の宿主はイヴォンということ。

じゃあ本当のイヴォンは操られているだけ?

いずれにせよ、真実の鏡を入手できればイヴォンを救うこともできるかもしれませんね。

悪役のエンディングは死のみ【192話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 今回は192話をまとめま...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 ネタバレ満...
【継母だけど娘が可愛すぎる】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「継母だけど娘が可愛すぎる」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...