悪役のエンディングは死のみ

悪役のエンディングは死のみ【198話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。

今回は198をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 



 

大学の友達に勧められ、乙女ゲーム「公女様のラブラブ・プロジェクト」を始めた主人公。

自分と似た境遇のハードモードのヒロイン、 悪女「ペネロペ」に感情移入し、ゲームに没頭してしまった。

ゲームの途中寝落ちして、起きたら自分がゲームの中の「ペネロペ」になっていた。

死亡エンドを避けるためには…攻略対象からの好感度を上げ、 ゲームをクリアするしか手はない!? 

ペネロペ・エカルト:主人公で悪役令嬢。ゲームではハードモードのヒロイン。公爵家の娘だが、実際には血の繋がりは無い。

イヴォン:ヒロイン。エカルト公爵家の娘だが、18歳になるまでは平民の娘として過ごしていた。ノーマルモードでは彼女がヒロイン。

デリック・エカルト:エカルト公爵家の長男。冷酷な貴公子キャラ。

レナルド・デカルト:エカルト公爵家の次男。気が短く、口が悪い。

カリスト・レグルス:イオカ帝国の皇太子。人の命を軽視する暴君。

ヴィンター・ベルダンディ:侯爵であり魔術師。様々な情報や裏取引を扱う。

イクリス:亡国の貴族出身の奴隷。ペネロペを同情した唯一のキャラ。

【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 




 

198話 ネタバレ

悪役のエンディングは死のみ【197話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 今回は197話をまとめま...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 本当の悪役は誰ですか?

「スキッ___」

私は反射的にスキップを叫ぼうとしたが、それは私にとって初めての言葉だったので、私はすべての要求を⽌めた。

鈍い⽬でナレーションを読み終えると、⾃動的に⽂章が通り過ぎていく。

[しかし、そのような攻撃にもかかわらず、真実の鏡は活性化されました。レイラ⼀族の魂はすべて鏡に封印された。しかし、封印されていないレイラが1⼈だけ。地⾯の奥深くに隠れていた若いレイラは、家族や兄弟の体の前で⾎まみれの涙を飲み込んだ]

Ahhhhhhhh!

その時。

どこかで、誰かの遠吠えの⾳が⼤きく広がった。

頭の中の⼦供の悲鳴が私の髪を⽴ち上がらせる。

「何何?」

びっくりして頭を上げた瞬間、⽩い⽂字の下と何もない⿊いスペースの上に⽩い線が真っ直ぐに描かれた。

骸⾻が⽳に積み上げられ、一人のレイラが彼らの前にひざまずいて涙を流す光景。

[若いレイラは復讐のために彼⼥の⼒を築き上げました。時には⽣まれたばかりの⼦供、時には若い処⼥、時には死にゆく⽼⼈。しかし、彼⼥が他⼈の命を盗むほど、彼⼥は本来の性質を失いました]

『完全に終わらせるには、皇居に⾏かなければなりません』

またどこかから声が聞こえて来た。

[散らばった鏡を集めた後、彼⼥は獲物を眩惑させました。幸いなことに、兄弟が死ぬ前に残した呪いは魔法使いの⼒を弱めたので、それほど難しくはありませんでした]

⽂字の下の⽩い線の絵が変更されていく。

⼤きな円錐形と帽⼦をかぶったレイラと、そのように⾸を絞めている別のレイラ。

円錐形のレイラの⾜に⽔が滴り落ちる。

それは⾎だった。

[ある⽇、⻑⽣きしていた若いレイラは、皇居に⾏くのに相応しい遺体を⾒つけました。彼⼥の体を奪ったレイラは、美しい⼥性に成⻑しました]

次の瞬間、出てきた⽂章を読んだとき、⽬を⼤きく開く。

レイラに他ならない絵は、よりカラフルで複雑になり始め___。

「イヴォン」

写真のように澄んだ誰かの顔が私の⽬の前に。

[アシダカグモのように、彼⼥は獲物を段階的に洗脳していきました]

ゲームのイラストを⾒ているかのように、ヴィンターの優しい笑顔が私を照らす。

[時が経つにつれて、洗脳されていくヴィンターの助けを借りて公国に潜入したイヴォンは、古代の魔法使いの⾎が流れるペネロペに出会う]

「古代の魔法使いの⾎・・・?」

⿊い空間に2⼈の⼥性の残像が描かれる。

それは私とイヴォンの二人。

知らなかった情報に恥ずかしさを感じることなく、執筆はすぐに次の章に移った。

[ペネロペは本能的にイヴォンを警戒していた。彼⼥はレイラを殺そうとしましたが、⼈々に嫌われるという呪いのために毎回失敗しました。むしろ、イヴォンは公爵家を引き継ぐために彼⼥を妨害した悪役を利⽤しました。ペネロペは⽬覚めることなく簡単に死んだ]

刑務所で残酷に死んだペネロペの残像は、⼀時的に反映され、姿を消す。

私は息をのむような表情で続きを読んだ。

[すべての公国を飲み込んだ後、彼⼥は皇太⼦と婚約し、宮殿に⼊る]

[⻩⾦の⻯の⽛]の完全な不滅の捜索の終わり。

[イヴォンの強い活⼒を⼼ゆくまで強要した後、彼⼥は鏡を使って兄弟を開封し、復讐を完了します]

[地球上のすべての⽣き物はレイラの獲物に]

[したがって、それらを停⽌するためのすべての魔法使いがいなくなると、世界は破壊されます]

[〜ノーマルモード:隠しストーリー〜END]

それが物語の終わり。

 



 

「ベートーベン第3交響曲」のように、壮⼤なBGMは姿を消した。

「え・・・、これが隠された物語の終わりなの?」

⽩いメッセージがなくなり、闇だけが残っている。

私は何もない空間をぼんやりと⾒つめていた。

「それで、私は何をすべきなの?」

元の設定とは異なり、イヴォンには暗い⾯があることを以前から知っていた。

「こんなことが知りたかったんじゃない・・・」

突然腹が立ってくる。

「あなたは私がを⾒つけるためにここに来たと思っているの!?」

暗闇の空に向かって叫ぶ。

「私、私が・・・!」

そこまで言って、私は言葉を止める。

(私が望んでいたものは?)

元の質問が頭に残っていた。

実は、ここまで来て私が何を求めていたのか分からなかった。

分かっているのは、ゲームを終了しても、すべてがなくなっているということだけ。

 



 

その時だった。

バム、バム、バラム!

突然オンになったBGMは、⿎膜を破裂させるほどの⼤きさ。

少し前とは異なり、テンポは⾮常に速くて激しいもの。

まるで物語の頂点に達したように。

「え___」

その瞬間。

[しかし、⼤惨事の世界で⽣き残った魔法使いが一人だけいたのです!]

暗闇の静かな空間に⽩いメッセージが再び現れた。

その下には紫⾊の服を着た男性の姿。

「ヴィンター?」

彼の顔はふさふさしたあご髭で覆われていた。

粗い銀⾊の髪と紺碧の⽬のおかげで、私はなんとか彼を認識する。

[その後、レイラの洗脳から解放された魔法使いが鏡の前に到着し、最後に残っている⼒を絞り出します。彼は真実の鏡を⾒ました。自分たちが殺したペネロペがレイラと戦った唯⼀の⼈物であることに気づき、彼は⼈⽣を帰国に捧げたのです]

果てしなく続く砂漠を彷徨った後、彼はついにレイラの神殿を見つけた。

『私の愚かさのために起こったすべての出来事。私はこの恐ろしい罪を私の魂で返済します』

「真実の鏡」の前に⽴つヴィンターは、⻑い間後悔の涙を流していた。

すぐに彼は⽴ち上がって杖を上げ、未知の呪⽂を叫ぶ。

すると、レーザーのように彼の⽬から⽩い閃光が⾶び出し、光が彼の周りに⾊とりどりのビー⽟を描いた。

そして、ヴィンターの体は⽣きたまま燃え始める。

[魔法使いの呪⽂により、世界はタイムループに閉じ込められました。時間を取り戻す唯⼀の⽅法は、レイラが世界を破壊するのを阻⽌することです!しかし、愚かなペネロペのために、時間は繰り返され続けています]

ペネロペはハードモードで何度も死んだ。

ゲームと違うところがあるとすれば、それは絵のように鮮やかだっただけ。

システムでのペネロペの死を思い出して、私は酷く顔を歪めた。

それは、ゲームの初めに私がとても待ち望んでいた[リセット]

[数え切れないほどの死の過程で、ペネロペの魂は最後には壊れ、霧のように姿を消しました。それ以降、ペネロペはもう戻ってこなかった。世界は⽌まったのです。そして永遠の時が過ぎ、ついに⼩さな魂が別の世界から⽣まれ変わって来たのです!]

バン、パム!

流れるBGMはピークに達した後停⽌した。

そして。

[そうです、それはあなたです!]

ゲームのシナリオに驚いた。

「・・・ははは」

驚きが頂点に到達すると、笑えることしかできないことに気づく。

私の反応に関係なく、話は次の段階に進んだ。

[あなたはこれまで死んだことがなく、あなたは本当のヒロインです!灰から⽴ち上がって、世界を悪の勢⼒から救うことに驚かれることでしょう!]

新しいメッセージが頭のてっぺんに浮かんでいた。

<システム>

[〜メインクエスト:ハードモードの隠しルート〜]

[本当の悪役は誰ですか?]

[クエストを続⾏しますか?]

(報酬:[隠された結末]、[ゴールデンドラゴンの⽛])

[はい/いいえ]

これまで続いてきたゲームのシナリオよりもクレイジーだ。

 



 

主人公がこの世界に生まれ変わった理由が判明しましたね!

イヴォンの体を操っているのはレイラ族。

ということは、イヴォンは既に故人なのでしょうか?

イヴォンとカリストが皇居の地下で見つけた魔法使いの遺骨も同一人物かもしれませんね。

隠されたクエストが表示され、ペネロペはどのような選択をするのでしょうか?

悪役のエンディングは死のみ【199話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 今回は199話をまとめま...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 ネタバレ満...
【継母だけど娘が可愛すぎる】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「継母だけど娘が可愛すぎる」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...