悪役のエンディングは死のみ

悪役のエンディングは死のみ【201話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。

今回は201をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 



 

大学の友達に勧められ、乙女ゲーム「公女様のラブラブ・プロジェクト」を始めた主人公。

自分と似た境遇のハードモードのヒロイン、 悪女「ペネロペ」に感情移入し、ゲームに没頭してしまった。

ゲームの途中寝落ちして、起きたら自分がゲームの中の「ペネロペ」になっていた。

死亡エンドを避けるためには…攻略対象からの好感度を上げ、 ゲームをクリアするしか手はない!? 

ペネロペ・エカルト:主人公で悪役令嬢。ゲームではハードモードのヒロイン。公爵家の娘だが、実際には血の繋がりは無い。

イヴォン:ヒロイン。エカルト公爵家の娘だが、18歳になるまでは平民の娘として過ごしていた。ノーマルモードでは彼女がヒロイン。

デリック・エカルト:エカルト公爵家の長男。冷酷な貴公子キャラ。

レナルド・デカルト:エカルト公爵家の次男。気が短く、口が悪い。

カリスト・レグルス:イオカ帝国の皇太子。人の命を軽視する暴君。

ヴィンター・ベルダンディ:侯爵であり魔術師。様々な情報や裏取引を扱う。

イクリス:亡国の貴族出身の奴隷。ペネロペを同情した唯一のキャラ。

【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 




 

201話 ネタバレ

悪役のエンディングは死のみ【200話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 今回は200話をまとめま...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 愛している

カリストの突然の告⽩に呼吸が止まる。

彼は私を⾒下ろし、静かに話し続けた。

「あなたがペネロペ・エカルトであるかどうかは関係ありません」

吐き気がするほどに⼼が震える。

「どうして・・・」

乾燥する喉から言葉を絞り出す。

「どうして・・・、どうして今言うのですか?」

カリストの言っていることが理解できなかった。

私は反射的に視線を上げ、彼の頭を⾒る。

⾚の好感度ゲージバーはまだそれ⾃⾝の強い光を発していた。

彼が私に⾔ったことを今でもはっきりと覚えている。

適切なパートナーであるという彼の考えは、私の頭の中に「76%」と刻まれていたのだから。

「私たちに合わない素朴な⾔葉だと仰いました。ただの愚かな感情遊びだと仰ったはずです・・・」

他の攻略対象とは異なり、カリストは私に対する態度を変えなかった。

ガッカリしたと同時に、好感度が76%あれば死ぬことはないと安心していた。

76%だから彼が私を愛していないと確信していたのに・・・。

「殿下、あなたは愛がただの幻想だと⾔いました。それで、私は間違えられたくなかったのですぐにそれを断ったのです・・・」

「・・・」

「にもかかわらず、なぜ今そんなことを言うのですか?」

私は⼩さな声で呟く。

カリストはあの時のことを考え、私を⾒て、表情を歪める。

「・・・すみません。あの時は言えなかったのです」

彼は私を見つめながら静かに話す。

「私は恐れていました」

「・・・え」

「皇帝は、私の⺟を愛していると⾔いました」

「・・・」

「私の⺟はその⾔葉に騙され、相続、家族、権⼒を奪われていた王⼦にすべてを任せました」

「・・・」

「母はあらゆる種類の困難を経験したにもかかわらず、彼⼥が死ぬとすぐに皇帝は側室を連れてくることをどうして私は知ることができましたか?」

ゲームでも⾔及されていない彼の過去について聞いて息を呑む。

カリストは激しく笑った。

「私はいつも他⼈を信⽤せず、⼀時的な感情を警戒するために洗脳されてきました。だから・・・」

「・・・」

「契約の関係は、感情が浅いものよりも良いと思いました。そして、私が感じていたすべての感情を解放したとき・・・」

「・・・」

「私はあなたと⼀緒に終わりを迎えると思いました」

まるで⼼臓を刺されたかのように彼は眉をひそめた。

自分の無表情に亀裂が入るのが理解できる。

カリストが⾃分の気持ちを告⽩することが私との関係の終わりに繋がるのではないかと恐れていたと知って、胸がとても苦しかった。

「お姫様、なんでそんな醜い顔をするのですか?」

彼は微かに微笑んで私の頬を撫でる。

「殿下、今まで私の事をどう思っていたのですか?」

抑制された声で尋ねると、彼は眉間を狭めた。

「それはすべて少し恥ずかしいことです。本当にそれを聞きたいですか?少し引いてしまうかもしれません」

「これ以上悪化することはありませんので」

「確かに」

私の率直な発⾔に、彼は冷静にうなずいた。

「あなたの前でこれ以上悪化することはできませんね・・・」

彼はゆっくりと⼝を開け、まるで考えを失ったかのように⾔葉を紡いでいく。

 



 

「迷路の庭であなたに最初に会った瞬間からだったのかもしれません」

それは最悪の出会い。

「あなたのことを考えると、私は笑顔を絶やせません。私が会議中によく笑っていると、セドリック・ポーターは呆気に取られて私を見ていますから」

しかし、彼の次の⾔葉で、私の⽬は大きく広がる。

私たちの酷い最初の出会いを考えたとき、カリストは私が眉をひそめているのを⾒たとき、彼は楽しんでいるかのように笑っていた。

「色々な⾔い訳で招待を断られたときはいつも緊張しました。戦場に出る前にそれを感じたことさえなかったのに・・・」

「・・・」

「もう⼀度お会いして話をしたかったので、⼦供のように⼤騒ぎしました」

カリストは私の頬をそっとつまんで、ずる賢く⾔った。

「いつも・・・、お姫様の事を考えていました」

胸に馴染みのない感覚が。

最初からそういう気持ちになるとは思っていなかったので、戸惑ってしまう。

(彼は確かに狩猟⼤会まで2%の好意しかなかったのに)

だから私は彼の⼿で死にたくなかったので彼を避けるために最善を尽くしたのだ。

しかし、私がカリストの⼝から初めて聞いたとき、彼は私を殺すつもりはなかったと知る。

「・・・毒を飲んで意識不明になっていた時」

カリストは、ぼんやりと私を⾒ながら付け加えた。

彼の悪戯な笑顔が突然消える。

「出来ることならば、あなたが意識を失って横になっているのを⾒る代わりに、私が何⼗回も何百回も毒を飲んでいたかった」

「・・・」

「あなたがそれを気に⼊らないことは知っていましたが、私があなたの寝室に⼊るとき、私はいつも剣を⾝に着けていました」

「・・・剣ですか?」

公爵が許可したのでしょうか?

軽薄な考えが頭に浮かぶ頃、カリストが微弱な声で答えた。

「あなたが呼吸を止めたら、私はあなたの直後に死ぬつもりでしたから」

体が凍りつく。

「え・・・」

聞き間違いと思い、彼を見つめる。

カリストの顔は真っ青だった。

彼の言葉に誇張はない。

私は彼の手首を握った。

「どうして・・・、どうしてですか?どうして・・・」

「私がしたかったから」

彼の簡単な答えに、私は表情を歪める。

もし私が毒で逃げることに成功していたら、カリストは彼⾃⾝の喉を切ったのでしょうか?

私の⼼は狂った考えに沈んだ。

「あなたは皇帝になりたいと⾔いました!それなのに、なぜそんな愚かなことをするのですか!?」

「・・・あなたなしでは、この地獄に住むことはできなかったでしょうから」

彼は率直に⾃⽩した。

この狂⼈をどうすればいいか分からず、呆然と彼を見つめることしかできない。

「怒らないでください、お姫様。もう過去のことなのですから」

彼はそれが間違っていることを知っていたので、以前のように顔を下げる。

私は彼を⾒つめることしかできなかった。

「気にしないでください、お姫様。もう何も始めたいとは思っていませんから。さあ、これからどうしますか?」

彼を傷つけたのは私だったのに、私の⽬はぼんやりしていた。

カリストは笑顔を浮かべる。

「だから、私はあなたが何も知る必要はないと⾔ったのです」

彼は私の頬から私の⽿に⼿を動かす。

彼の⼤きな⼿が私の⽿を覆った。

「猫よりもネズミのことを考えるように⾔ったんですよね?あなたはやりたいことだけをしてください。ここから出たら、今聞いたことを忘れてください」

彼は私が何も聞こえないように⽿をしっかりと握り、低い声で囁く。

それでも、私はすべてを聞いてしまったのだ。

これ以上我慢できなくなったので、彼の胸を殴り、緊張しながら叫ぶ。

「馬鹿!どうして私が忘れることができると思うのですか!」

「・・・お姫様」

「勝手に終わらせないで!あなたは私とパートナーになりたいって⾔ってた!あの時は何を考えていたのですか・・・!?」

叫び、彼の胸を殴り終えると、私は自分の顔を⼿で覆って泣き出してしまった。

「お姫様、怒っているのですか?どうして?」

カリストは馬鹿みたいに慌てている。

いろいろな感情を感じていた。

憎しみ、憤慨。

どうしてそんなに想ってくれていたのに⼀⾔も⾔わなかったの?

幸せであると同時に欲求不満。

カリストが私を愛していると⾔ったとき、私の⼼は愚か者のように震えた。

悲しかった。

彼が隠している秘密を聞いた今、私は逃げることができません。

彼を受け⼊れたり拒絶したりしないのは、私にとってあまりにも哀れなことではないでしょうか?

「お姫様、それはすべて私のせいです。泣くのをやめてください。もっと泣くと、もっと疲れます」

どうしたらいいのか分からなかったカリストは、泣いている私を⾒て、再び抱きしめた。

そして、私の⽬と⿐を絶えず拭ってくれる。

再び悲しくなったので、彼の腕の中にとどまり、しばらく泣き続けた。

悲しいから泣いているはずなのに、不思議なことに泣くほどに心が軽く感じる。

 



 

カリストが⾔ったように、私は⼒がなくなるまで涙を流し、やがて泣き⽌んだ。

彼の鎧は私の涙のために濡れていたが、カリストは私を押しのけなかった。

⾚ちゃんのように顔を肩に埋めてゆっくりと息を⽌める。

「・・・あなたが望む答えをあなたに与えることはできません、殿下」

「大丈夫」

あまりにも早く返答される。

私はしばらく話すのをやめ、すぐにまた話した。

「殿下、あなたは私がやりたいことはすべてしていいと⾔いました」

「ええ」

「私がやろうとしていることは、あなたが理解するのが難しいかもしれません」

勇気を振り絞って伝えると、近くから低い笑い声が聞こえてきた。

「キスをしたいのですか?」

「ふざけないでください!」

「冗談ですよ。ちなみに、雰囲気はいいので、あなたが我慢する必要はありません」

「こ、この・・・!あなたは本当に___!」

怒りで⽴ち上がろうとしたとき、カリストが私をしっかりと抱きしめた。

彼の胸を殴りたくなるほど欲求不満だったが、すぐに⽴ち⽌まり、彼の腕に再び落ち着くことに。

その時だけ、彼は私を圧迫していた腕から⼒を抜いた。

カリストに寄りかかって、私は床を⼿探りする。

やがて、⼿の届くところに硬い杖を感じた。

私はそれを掴んでカリストに⾒せる。

「・・・これでイヴォンを殺すつもりです」

「イヴォン?」

「エカルト公爵の実の娘です」

「ああ」

彼は眉を上げて、私が⾔ったことを簡単に賞賛した。

「ちなみに、彼⼥を殺すつもりなら、そのような棒じゃない方がいいのではないでしょうか?」

彼の冗談めいた言葉に、私は再び彼の胸を叩く。

「ああ、あなたも私を殺すつもりですなのですね」

カリストはさらに冗談を言った。

遊び⼼のある彼をじっと⾒つめて口を開く。

「それが終わると、私たちはもう⼀緒にいられなくなるかもしれません」

「・・・」

「それでも・・・、それでもあなたはまだ私を愛してくれますか?」

「うーん?」

カリストが眉をひそめる。

私は毎回彼をテストするのに耐えられなかった。

同時に、彼の反応が何を意味するのか分からなかったので、不安で震えてしまう。

しかし、結局、それはすべて役に⽴たなかった。

「⼤丈夫です。あなたがどこへ⾏っても、今⽇のようについていきます」

「・・・」

「私はあなたを愛していますから、ペネロペ・エカルト」

カリストはさっきと同じ表情でそれらの⾔葉を繰り返した。

私は再び呼吸を止める。

⼼臓が爆発しそうになったので、上半⾝を持ち上げた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ん・・・」

カリストの顔に頭突きのように顔をぶつける。

同時に、柔らかくて暖かいものが私の唇に触れた。

誰にもキスしたことがないのでどうしたらいいのか分からなかったのだ。

愚か者のように⽬を閉じて、彼の唇にぶつかっただけで体が怯む。

そのまま離れようとしたが、カリストの腕が私の腰に巻き付く。

⼤きな⼿が私の頭の後ろを掴み、私は⾷べ尽くされるかのように彼に引き寄せられた。

カリストは、何⽇も水に飢えた男のように、私の唇の周りの⾁を吸ったり舐めたりするのに必死だ。

「んっ・・・!」

彼の太くて湿った⾆が私の唇の間に無理矢理浸透し、彼の唇と私の唇を絡ませて吸い上げる。

何度も何度もお互いの唇を絡ませる。

頭がぼーっとして何も考えらない。

それでも・・・。

それでも離れたくなかった。

離したら二度と会えない気がして。

「殿___、んっ・・・!」

息が出来なくて無意識に彼を呼ぶ。

けれど、口を開こうとするとカリストに唇を舌で塞がれた。

彼も同じことを考えているのだろうか?

舌が火傷しているかのように熱い。

お互いに水分を求めるように何度も舌を絡ませ合う。

キスは⻑い間続いた。

最初のキスの味はみんなが⾔ったように⽢い。

とても⽢くて泣いてしまうほどに。

 



 

神回!

カリストが初期の頃からペネロペに夢中だったとは・・・。

好感度ゲージも当てになりませんね。

元の世界に戻る決心は強いですが、カリストも一緒に行くことはできないのでしょうか?

悪役のエンディングは死のみ【202話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 今回は202話をまとめま...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 ネタバレ満...
【継母だけど娘が可愛すぎる】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「継母だけど娘が可愛すぎる」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...