悪役のエンディングは死のみ

悪役のエンディングは死のみ【206話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。

今回は206をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 



 

大学の友達に勧められ、乙女ゲーム「公女様のラブラブ・プロジェクト」を始めた主人公。

自分と似た境遇のハードモードのヒロイン、 悪女「ペネロペ」に感情移入し、ゲームに没頭してしまった。

ゲームの途中寝落ちして、起きたら自分がゲームの中の「ペネロペ」になっていた。

死亡エンドを避けるためには…攻略対象からの好感度を上げ、 ゲームをクリアするしか手はない!? 

ペネロペ・エカルト:主人公で悪役令嬢。ゲームではハードモードのヒロイン。公爵家の娘だが、実際には血の繋がりは無い。

イヴォン:ヒロイン。エカルト公爵家の娘だが、18歳になるまでは平民の娘として過ごしていた。ノーマルモードでは彼女がヒロイン。

デリック・エカルト:エカルト公爵家の長男。冷酷な貴公子キャラ。

レナルド・デカルト:エカルト公爵家の次男。気が短く、口が悪い。

カリスト・レグルス:イオカ帝国の皇太子。人の命を軽視する暴君。

ヴィンター・ベルダンディ:侯爵であり魔術師。様々な情報や裏取引を扱う。

イクリス:亡国の貴族出身の奴隷。ペネロペを同情した唯一のキャラ。

【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 




 

206話 ネタバレ

悪役のエンディングは死のみ【205話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 今回は205話をまとめま...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • わだかまり

同時爆発が発⽣する。

突然空から落ちた20体のモンスターの音が。

「ああ!」

沼は⼀瞬にして混乱状態になり、モンスターは⼟砂崩れで⽴ち往⽣し、落下して互いに跳ね返り、混乱状態で転がっていた。

デルマンの軍隊は再び当惑したように⾒え、私はモンスターを見る。

「Skiruk、Hkiruru-!」

マングローブの茎は保持を停⽌せず、沼で捕まえた獲物を引きずり始めていた。

デルマンは剣を抜いて、モンスターを導いた強い茎を切り落とそうとしている。

しかし、茎はまるで⽣きているかのようにうごめいて、⼈間に絡みついた。

「た、助けて!」

多くの⼈間がゆっくりと沼に沈んでいく。

カリストの軍隊は、敵が持ってきたモンスターよりもひどい光景に魅了されていた。

「何を立ち尽くしている!攻撃だ!」

その時、混乱の中で最初に我に返ったカリストが叫ぶ。

「うおおおお!」

叫び声を聞いた騎⼠たちは、剣を上げてマングローブの森に駆け込み始める。

「や、やめ___!」

反乱軍は、沼から逃れるため茎を切り倒すのに忙しかった。

マングローブの茎に引っかかったイクリスも同じ。

彼はそれらすべての中で最も危険な状態だ。

「ペネロペ!」

彼はまるで死にかけているかのように私に向かって叫んだ。

彼の輝く⽬が私を決して⼿放さないと訴えている。

「イクリス・・・」

私は近づいてくる男に眉をひそめた。

イクリスが一歩ずつ近づいている。

気分のせいか、⼿に持っていた鏡の杖がどんどん熱くなっていた。

喉元に何かがまた現れる。

⻭を⾷いしばった。

そうしないと魔法が解けると本能的に感じたから。

(今は耐えないと)

カリストの軍隊が反乱軍を根絶するまで、私は頑張らなければならない。

けれど時間が経つにつれ、⽬が曇ってしまう。

「王⼦様!た、退却しなければなりません!」

その時、イクリスの近くにいるデルマン軍が必死に叫んだ。

しかし、返事がなかったとき、彼は必死に⾶び越えて、イクリスの肩を掴む。

「王子!」

「ペネロペ、私と一緒に行きましょう!」

部下を⼤雑把に払いのけたイクリスが近づいてきた。

しかし、彼の道を魔法が塞ぐ。

手を伸ばせば掴める距離。

同時に、捕まりたくないという思いが浮かんだ。

いくつかの植物の蔓が突然泥から⽴ち上がって、イクリスの⾜をしっかりと拘束する。

それはゆっくりと彼を引き下げた。

「・・・ご主人様」

「イクリス、あなたが死にたくないのなら、これ以上近づかないでください」

私は彼に警告し、薄暗い景⾊の中で痛々しく彼を睨みつけた。

「ご主人様、私を殺してください」

しかし、無駄に即答されてしまう。

「ご主人様、あなたの命令であれば私は死ぬつもりです。あなたが私を死なせたいのなら、私はこのまま死にます」

「イクリス、あなたは本当に・・・」

「・・・」

「死んでも諦めません」

「・・・」

「私がこれらの茎をすべて切る前に、私を殺してください」

 



 

イクリスの⾔葉が終わるとすぐに、魔法の呪⽂が私の頭の中で⼀周する。

⼀⾔で⾔えば、彼を沼の奥深くに追いやることによって彼を殺すことは難しくないでしょう。

けれど、私は呪文を吐き出すことができなかった。

(私は本当にイクリスを殺したいの?)

当然、私は彼を憎み、憤慨した。

彼がイヴォンを連れてきて、私は毒を飲むことになったのだから。

しかし、彼が必死に私を捕まえようとして⾎を流しているのを⾒たとき、私はため息しかつくことができなかった。

「イクリス、あなたはもう私の奴隷ではありません」

彼を傷つけるのではなく、彼が納得できるように終わらせよう。

「あなたの気持ちを知っていたのに、あなたを利⽤しようとしてごめんなさい」

「ご主人様・・・」

「ですが、過程がどうであれ、私たちの関係はすでに終わっています。私はあなたを愛していません」

「・・・」

「だから、これからはあなたの⼈⽣を⽣きてください。イヴォンに操られないでください。あなたが上手く⽣きてくれれば、私はもうあなたを責めません」

イクリスの⽬は私の⾔葉に激しく揺れた。

私が彼を愛していないと⾔ったとき、彼の表情は歪んでいく。

その瞬間。

「ペネロペ!」

誰かが私を⼤声で呼ぶ。

私の⽬とイクリスの目は同時にその⾳に向けられた。

近くのデルマン軍をすべて破壊したカリストが沼を駆け抜けて私の方へ向かってきている。

「あの男のせいだ・・・」

陰気で暗い囁き。

「イヴォンの言葉は正しかった。ご主人様は⾼い地位を得たいから・・・」

「え?」

「私があの男を殺し、帝国を⼿にすれば、私はあなたを⼿に⼊れることができます」

「何を言ってい___!?」

言い終える前に、イクリスは前に飛び出していた。

突然、カリストの前に接近した彼の⼿には⼤きな剣が。

「殿下!」

「くっ!」

カリストはなんとか剣を受け止めた。

しかし、思いがけない攻撃に驚いたカリストはつまずいて押し戻される。

「ディハレク!」

遠慮なく叫ぶ。

太い茎は泥から巨⼤な⾼さまで上昇し、両⽅の男性を襲う。

「王子!」

その瞬間、強い突⾵でモンスターが稲妻のように⾶び、イクリスを連れ去った。

まるでテレポートのように瞬く間の出来事。

唯⼀の⽬的は、彼を沼から⾮常に速いスピードで連れ出すことだったようです。

(私はイクリスをすぐに殺すべきだった?)

機会があったのに躊躇したことは否めない。

だけど、どんなに考えても不思議な気持ちになる。

自分の手で攻略対象の一人を殺すことに。

「お姫様!」

呼びかけに頭を向けると、カリスト歪んだ顔ですぐに近づいてきた。

「お姫様、⼤丈夫ですか!?怪我をしていませんか!?」

彼は私の両頬に手を合わせて、必死に私の体を見ている。

答える代わりに周りを⾒回した。

マングローブの茎に結びついたモンスターとデルマン軍のほとんどは沼に引きずり込まれ、カリストの軍隊の⼿によって死んだ。

戦いが終わったように⾒えたので、緊張が和らいでいく。

「殿下」

「どうした?あの男があなたに何かをしたのですか?え?」

「め、目眩がして___」

「ペネロペ!」

涙ぐんだ⾚い瞳の終わりに、私の⽬は薄暗くなった。

 



 

静かなオフィスでノックの⾳がした。

「入れ」

エカルト公爵は、訪問者が誰であるかをすでに知っていたので、簡単に許可を出す。

ドアが開き、執事長が⼊ってきて丁寧に挨拶した。

公爵は彼が⾒ていた⽂書から頭を上げ、要点を尋ねる。

「どうだった?」

「ペネロペお嬢様のメイドはまだ⾏⽅不明です」

公爵の顔は返事によって暗くなった。

「誰かがペネロペと一緒にいる可能性は?」

「お嬢様が出て⾏ってから2⽇後にメイドが姿を消しました」

執事長は後悔の念を持って口を開く。

そして痛々しい表情で追加した。

「そして⾏⽅不明のメイド、リアは、彼⼥と結婚することを約束した厩舎のポールの婚約者でした」

「結婚?」

「はい、そして昨夜以来誰もポールを⾒ていません。私は彼が彼の結婚式のために逃げたと思います」

公爵は執事長の話を聞いて眉をひそめる。

過去数⽇間に公国で多くのことが起こったので、彼は物事を修正しなければならなかった。

帰国した公爵の娘と跡形もなく姿を消したメイドを殴り、家から逃げ出した⾥⼦。

それだけでなく、ある朝、2⼈の使用人が姿を消した。

「彼らの⾏動は奇妙です。彼らは退職⾦さえも受け取っていないのでは?」

「その通りです」

規律のため、住居内での従業員同⼠の関係は固く禁じられている。

しかし、密かに他⼈と結婚することを約束した⼈でさえ、そうすることを強制することはできない。

そのため、彼らは通常、結婚や退職⾦に多額のお⾦を払い、それを邸宅から送り出していたのだ。

しかし、彼らが退職⾦さえも受け取らずに去ったのは不思議ではないでしょうか?

「彼の⾜跡を調べてみましょう」

「かしこまりました」

「・・・レナルドは何をしている?」

「小公爵様は今朝早く家に帰った後もまだ眠っていて、酔っています」

「何!?」

ペネロペが家を出た後、レナルドは毎⽇お酒を飲んでいた。

真夜中に酔って激しく泣き、全員を⽬覚めさせることも。

『ごめんなさい、ごめんなさい・・・。死なないでください。ああ、くそ・・・、私はあなたに新しいネックレスを買いますから・・・』

「ペネロペお嬢様が去って以来、彼はとても孤独だったようです」

「はあ・・・」

公爵は執事の⾔葉を認めないかのようにため息をつく。

しかし、彼は⾃分が間違っていることを知っていたので、息⼦を殴ることはできなかった。

それは自分自身を殴ることと変わらないのだから。

 



 

ペネロペの魔法は想像以上の威力ですね。

イクリスを説得しようとした時に、カリストの登場。

イクリスの憎悪がカリストに向けられてしまいましたね。

一方で公爵邸。

イヴォンは公爵邸にいるのでしょうか?

悪役のエンディングは死のみ【207話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 今回は207話をまとめま...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 ネタバレ満...
【継母だけど娘が可愛すぎる】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「継母だけど娘が可愛すぎる」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...