悪役のエンディングは死のみ

悪役のエンディングは死のみ【208話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。

今回は208をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 



 

大学の友達に勧められ、乙女ゲーム「公女様のラブラブ・プロジェクト」を始めた主人公。

自分と似た境遇のハードモードのヒロイン、 悪女「ペネロペ」に感情移入し、ゲームに没頭してしまった。

ゲームの途中寝落ちして、起きたら自分がゲームの中の「ペネロペ」になっていた。

死亡エンドを避けるためには…攻略対象からの好感度を上げ、 ゲームをクリアするしか手はない!? 

ペネロペ・エカルト:主人公で悪役令嬢。ゲームではハードモードのヒロイン。公爵家の娘だが、実際には血の繋がりは無い。

イヴォン:ヒロイン。エカルト公爵家の娘だが、18歳になるまでは平民の娘として過ごしていた。ノーマルモードでは彼女がヒロイン。

デリック・エカルト:エカルト公爵家の長男。冷酷な貴公子キャラ。

レナルド・デカルト:エカルト公爵家の次男。気が短く、口が悪い。

カリスト・レグルス:イオカ帝国の皇太子。人の命を軽視する暴君。

ヴィンター・ベルダンディ:侯爵であり魔術師。様々な情報や裏取引を扱う。

イクリス:亡国の貴族出身の奴隷。ペネロペを同情した唯一のキャラ。

【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 




 

208話 ネタバレ

悪役のエンディングは死のみ【207話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 今回は207話をまとめま...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 水に映らない娘

公爵は反射的に視線を下げ、自分の茶碗を⾒下ろす。

透明感のあるお茶の⽔に、固まった顔が映っていた。

その瞬間、誰かの声が彼の⽿を通り過ぎていく。

『お父様、イヴォンと⼀緒にいるとき、彼⼥のティーカップを、お茶を調べてください』

「ああ・・・」

公爵は呻き声を飲み込んだ。

彼は完全に忘れていた。

家出する前に、ペネロペはそう⾔っていたことを。

(なぜペネロペは突然私にあんなことを⾔ったのだ?」

混乱が津波のように流れ込んだ。

公爵はあの時の会話を必死に思い出す。

どういうわけか、彼は突然ペネロペと昼⾷会をしたかった。

それで彼⼥を温室に呼んだのだ。

その後、話し合い・・・。

(外出)

そう、私たちはペネロペの外出について話していた。

外出という⼝実で、家から逃げても助けると私は⾔った。

成⼈式の後、毎⽇体重が減り続ける⼦供を⾒るのに耐えられなかったので、⼀晩中よく考えて決断したのだ。

その時、ペネロペが突然言ったこと。

『お茶を見てください』

不気味な感覚が後ろを流れる。

イヴォンが⼈だったら、お茶の⽔に映らないわけがない。

人ならば・・・。

(じゃあ、私の目の前にいるこの子は誰なんだ?)

イヴォンは、数え切れないほどのテストを通して、彼⼥が自分の⽣物学的娘であるという確信の段階に達していた。

⾒た⽬は亡くなった元妻に似ていたが、秘密、ほくろ、そして彼または彼⼥だけが知ることができた記憶。

それは決して嘘ではない。

ペネロペがいなかったら、公爵は娘が戻ってきたと躊躇わずに発表したでしょう。

(ペネロペ・・・。彼⼥はいつこれを知ったのですか?)

ペネロペにはイヴォンがどのように見えていたのでしょうか?

不思議なことに、昼⾷会の記憶ははっきりしていない。

彼の頭は嵐のように回転していた。

そして最後に、ペネロペの残像が浮かび、彼女は怯えながら躊躇し、自分に叫ぶように話していた。

『お父様、彼女に気をつけて!』と。

「リアはパウロをとても気に⼊っていると思います」

「・・・」

「二人は永遠に⼀緒にいるでしょう。・・・公爵様?」

公爵はイヴォンの呼び声で彼の記憶から⽬覚める。

「あ、ああ」

彼が⾒上げると、イヴォンはお喋りをやめ、丸い⽬で自分を⾒ていた。

優しいイヴォンの表情なのに、どういうわけか冷たい汗が公爵の⾸の後ろを流れ落ちる。

「すみません、何か言いましたか?」

「お茶の中に異物が入っているのですか?」

「え?」

「だって・・・」

 

 

 

 

 

「お茶を見続けていますから」

そう告げるイヴォンは笑っていなかった。

公爵はテーブルの下で拳を握り締める。

「ああ、いいえ。忘れていたものを突然思い出しただけです」

「何か⼤きな問題を抱えているのですか?体調が優れないように見えますが」

「⼤丈夫。⼼配してくれてありがとう」

イヴォンは⼼配そうな表情を浮かべた。

公爵は動揺を知られないように努め、席から立ち上がる。

「仕事があるので戻らなければなりません。次回はまた軽食をとりましょう」

「もうですか?」

「病気の⼈を⻑く抱きしめるのは礼儀正しくありませんから」

そう言って去ろうとした時、彼の袖が何かに引っかかる。

「公爵様・・・、私・・・」

振り返ると、イヴォンは何かを言いたそうな顔で自分を見上げていた。

袖⼝の裾を⾒下ろす公爵の⽬は、反射的に冷たくなる。

彼⼥は躊躇しながら⼝を開いた。

「何が欲しいかと聞かれましたが・・・」

「あ、ああ。そうだったな」

その時だけ、公爵は厳しい表情をリラックスさせた。

「何か欲しいものがあるのですか?」

「欲しいものはありませんが、外出したいです」

「外出?」

「はい、村の⼈たちに別れを告げずに突然ここに来ましたから。病気になった後、彼らがいなくて寂しかったです」

偶然にも、それはペネロペが最後の議論で自分に尋ねたのと同じ主題。

「あなたはまだ体調が良くありません。時間はたくさんあるので、体調が良くなった後に行きましょう」

「で、でも私が世話をしている孤児がいます。私が留守の間、彼らが飢えてしまったのではないかと⼼配なのです。お願いします、公爵様」

イヴォンが公爵の手をそっと握る。

可愛く振る舞う姿。

しかし、水に映らなかった彼女の姿が脳裏をよぎった。

公爵は少し考えた後、何とか答える。

「・・・護衛をつけます」

「いいえ、一人で行けます」

「ですが邸宅の外は危険です、イヴォン。⼥性が護衛なしで⼀⼈でいることができますか?」

「公爵様、私はこれまでずっと邸宅の外で生きていました」

イヴォンは少し不機嫌そうに話す。

その⾔葉を理解したとき、公爵の顔は歪む。

世界の誰よりも大切に育てられたはずのイヴォン。

⽬に⼊れても病気にならない末っ⼦。

いつも明るく元気だったエカルト家の末娘。

彼は娘を待ち望んでペネロペを連れてきたが、罪悪感は消えなかった。

「大丈夫です、お父様」

父親の気持ちを知っているかのように、イヴォンは明るく微笑んだ。

暖かな⻘い瞳をしばらく⾒下ろしていた公爵は、すぐに⼝を開いた。

「馬車を用意します。それ以上の譲歩はできません」

「あ、ありがとうございます!」

「必ず⽇没前に戻ってきてください」

「はい」

 



 

「イヴォンの外出の準備をしてください」

公爵は事務所に戻ると、執事長に命令を出す。

「かしこまりました」

忠実に答えた執事長は、公爵に尋ねた。

「・・・イヴォン夫人と良い話はできましたか?」

公爵が執事長に目を向けると、彼の皺の寄った目は微かな期待で輝いていた。

亡くなったと思われていた末娘を待っていたのは、公爵と⼆⼈の息⼦だけではない。

ペネロペにとっては残酷な話だが、イヴォンの⼦供時代を覚えている⼈は皆、彼⼥が戻るのを熱⼼に待っていたのだ。

「ペンネル」

公爵は答える代わりに執事長の名前を強く呼ぶ。

「はい、旦那様」

⻑い間彼を世話していた忠実な僕は、すぐに主⼈の気性の兆候に気づく。

公爵が重苦しい声で話した。

「彼女の後を尾行する者を手配しなさい」

「・・・はい?」

「それと、追跡魔法を使える魔法使いの手配も」

執事長の⽬が震える。

しかし、公爵の⾔葉は終わりではなかった。

「第1師団と⼀緒にすべての魔法使いを集めてください。そしてデリック、彼を呼んでください。通信魔法ですぐに!」

イヴォンを乗せる⾺⾞が邸宅の前に到着する。

窓の外を⾒ている公爵の⽬は冷たかった。

「緊急事態だと伝えなさい」

 



 

⽇没時に路地裏に⼊ったヴィンター・ヴェルダンディ。

彼は⼀⽇中国を旅したので、体が壊れているように感じた。

それにもかかわらず、彼は休むことができない。

収集された⽂書や情報の中で、有⽤なものは古代⽂字を分類、複製、解釈する必要がある。

古代魔法はレイラを倒すことができる唯⼀のもの。

しかし、激しい戦争の後、古代の魔法使いは絶滅し、彼らが使⽤した魔法は埋葬された。

さらに、⻑い間⼒を伸ばしてきたレイラと戦うには、単なる⼒以上のものが必要に。

ヴィンターは古い⽂書を集めるために国中を旅した。

真実の鏡を再構築するために。

「ヒドラの⾓、パロットの翼、そしてウルサス湖の⽔・・・」

それらは今日集めた素材。

ストリートの最も深くて暗い場所にある彼のオフィスは、すでに暗闇に浸っていた。

ドアノブを掴んで呪⽂を唱えると、ロックが解除される。

このドアは、彼の指定されたクライアント以外は誰も開けることができない魔法が仕掛けられていた。

これは、彼が留守の間、彼のクライアントが待って戻ってくるという状況を防ぐため。

例えば、紫⾊の花を受け取った後も瞬きせずに無情に去っていった⼥性・・・。

家の中に一歩を踏み出した瞬間、ヴィンターは⽴ち⽌まり、どこかを鋭く睨みつけた。

「誰ですか?」

製図台とソファの向こうの奥深く。

誰かが暗闇から出てきた。

「ようやく戻ってきたのですね。依頼をするために来ました」

弱くて優しい声に脅威はまったく含まれていない。

「紛失したアイテムを探すために来ました」

「・・・」

「ヴェルダンディ侯爵」

 



 

ペネロペの言葉を思い出した公爵。

帰ってきたと思ったはずの娘が人じゃない可能性があると考えるのは辛いですね・・・。

イヴォンが馬車で向かった先は?

そしてヴィンターの元を訪れた人物は?

悪役のエンディングは死のみ【209話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 今回は209話をまとめま...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 ネタバレ満...
【継母だけど娘が可愛すぎる】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「継母だけど娘が可愛すぎる」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...