悪役のエンディングは死のみ

悪役のエンディングは死のみ【209話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。

今回は209をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 



 

大学の友達に勧められ、乙女ゲーム「公女様のラブラブ・プロジェクト」を始めた主人公。

自分と似た境遇のハードモードのヒロイン、 悪女「ペネロペ」に感情移入し、ゲームに没頭してしまった。

ゲームの途中寝落ちして、起きたら自分がゲームの中の「ペネロペ」になっていた。

死亡エンドを避けるためには…攻略対象からの好感度を上げ、 ゲームをクリアするしか手はない!? 

ペネロペ・エカルト:主人公で悪役令嬢。ゲームではハードモードのヒロイン。公爵家の娘だが、実際には血の繋がりは無い。

イヴォン:ヒロイン。エカルト公爵家の娘だが、18歳になるまでは平民の娘として過ごしていた。ノーマルモードでは彼女がヒロイン。

デリック・エカルト:エカルト公爵家の長男。冷酷な貴公子キャラ。

レナルド・デカルト:エカルト公爵家の次男。気が短く、口が悪い。

カリスト・レグルス:イオカ帝国の皇太子。人の命を軽視する暴君。

ヴィンター・ベルダンディ:侯爵であり魔術師。様々な情報や裏取引を扱う。

イクリス:亡国の貴族出身の奴隷。ペネロペを同情した唯一のキャラ。

【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 




 

209話 ネタバレ

悪役のエンディングは死のみ【208話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 今回は208話をまとめま...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 悪魔の囁き

恐ろしい沈黙が暗いオフィスを漂う。

沈黙が来た直後、ヴィンターはすぐにドアを閉めて⼊った。

それは部外者を危険から守るため。

幸いなことに、ドアが閉まっているときでも、窓から差し込むかすかな⽉明かりは、対象を区別するのに⼗分だ。

それにもかかわらず、イヴォンが⾒つかった場所だけが暗い。

荒い息を抑えながら、ヴィンターは静かに⼝を開いた。

「どうやってここに⼊ったのですか?」

「ドアが開いていました」

イヴォンは肩をすくめ、無邪気に答える。

そんなはずがない。

しかし、ヴィンターがそれを否定する前に、イヴォンが先に口を開く。

「侯爵様、私のアイテムを返してくれませんか?」

「何について話しているのか分かりません、レディ。今⽇は遅すぎるので、明⽇また来てください」

「どうしてそんな事を言うのですか?」

突然、イヴォンは暗闇の中で境界の彼⽅に⾜を踏み⼊れた。

⽉明かりの下で、彼⼥は涙を浮かべている。

「あなたは私が村に住むのがどれほど難しいかを⾒てきたはずです」

イヴォンは哀れな表情を浮かべて泣きじゃくった。

「そして・・・、私がエカルト公爵の失われた娘であることを知っているのに・・・」

「・・・」

「どうしてそんなに冷たいのですか?」

ヴィンターはその瞬間に⻭を⾷いしばる。

必死に背を向けた彼⾃⾝の罪。

本物の⼥性が戻ってきたときに怪我をするペネロペにとって、彼はイヴォンが公爵の娘であることを知っていたにもかかわらず、何も⾔わなかった。

「怪物に襲われたとき、私はほとんど死にかけました、侯爵様。負傷した額がとても痛いです」

「・・・」

「ですが、侯爵様が理由もなく私を遠ざけ始めたことの方が、傷つくことよりも⾟いです」

「・・・」

「あれ以来、なぜボランティアに来ないのですか?私はずっと待っていました。ずっと・・・」

ペネロペをソレイユから家に帰した直後、無意識の空間に紫のバラが咲いた。

「公爵邸に来てすぐに式典で侯爵様に気づき、私はとても幸せでした。それなのに、どうして私が偽の公女に危害を加えたと⾮難されるのですか?ねえ?どうして?」

「・・・」

「侯爵様、あなたは残酷になることはできません」

イヴォンは何も⾔わないヴィンターに忍び寄る。

彼⼥の頬に涙が流れ落ちた。

ヴィンターは⽬を閉じる。

以前は彼女の涙で満ちた瞳を見たとき、彼女のために何でもしたいと考えていた時があった。

しかし、ある時点でその感覚は失われる。

彼はすぐに⽬を開けた。

「怪物のせいで怪我をしているのではなく、ソレイユ島でペネロペ夫⼈が使った魔法のせいですよね?」

ヴィンターから⾶び出した声はとても冷たかった。

イヴォンの涙⽬が震える。

「え?それはどういう___」

「怪物に襲われた⼈々のほとんどは、⼤きく傷ついた領域と多くの出⾎をしていました」

「・・・」

「それに⽐べて、発⾒時の額の破れを除いて、わずかな打撲傷があったことはすでに確認されています。まるで何かが落ちたように打たれたような」

イヴォンを傷つけたのは怪物ではない。

ペネロペの広域魔法で洞窟は崩壊し、それが残骸によって引き起こされたのであれば、それは収まるでしょう。

レイラが新たに⽣まれ変わった後、ヴィンターは調査を再開した。

それから奇妙な出来事は一つか二つではない。

彼⼥は、元の村ではなく、かなり遠くの村に突然現れたモンスターの集団に襲われた。

さらに、攻撃の⽇はソレイユで起こったことの直後。

 



 

「あなたがベッキーというメイドを通して毒を買って、ペネロペ夫人をあなたの自作自演に巻き込んだ事を私はすでに知っています。魂は嘘をつきませんから」

公爵邸での会話の後、ヴィンターは巨⼤な魔法を消費し、魂を召喚したのだ。

「他に⾔いたいことはありますか?」

ヴィンターは警告のように静かな声で尋ねた。

「そっか・・・」

イヴォンの陰に隠されていた顔の残り半分が露わに。

涙が滴り落ちる顔の残り半分は、冷えるほど無表情だった。

「ヴィンター、あなたは騙されないのですね」

奇妙な顔だ。

半分は泣き、半分は笑顔で、彼⼥はゆっくりと口角を持ち上げる。

「要点だけ話しましょう」

「・・・」

「私の作品を返してください」

「あなたが何を探しているのか分かりませんが、私は持っていません」

⾸の発汗を感じながら、ヴィンターは落ち着いて話そうとした。

「同じ反応をするのね」

「え?」

「ペネロペよ。彼⼥は同じ反応だったわ。それから、彼⼥が私に洗脳される前に、彼⼥は恐れて逃げた」

『屋敷で洗脳されましたが、途中で何とか⽌めて逃げました』

イヴォンの⾔葉の終わりに、ペネロペの⾔葉が通り過ぎる。

ヴィンターはなんとか唾液を飲み込んだ。

「早く私の作品を返して」

「私は持っていません」

「じゃあ、これならどう?」

イヴォンはニヤリと笑い、⽚⼿をポケットに⼊れて何かを取り出した。

光に反射してキラキラと光る鏡の欠片。

「これで頭を洗脳したとしたら?」

「それは私にはうまくいきません」

多くの状況を想定して、ヴィンターはすでにしっかりと守られていた。

イヴォンの頭は彼の⾔葉に傾く。

「どうして?」

「あなたが私につけた洗脳はずっと前からなくなっているからです」

「・・・」

「もうあなたを気の毒に思うことも、もうあなたを後悔することもありません。残っているのは・・・」

「・・・」

「嫌悪と憎しみだけです」

イヴォンの可愛らしい顔は、ヴィンターの発⾔がショックだったかどうかに関してわずかに歪んでいた。

「ふーん・・・」

イヴォンは⾃分のポケットに欠片を戻し、目を細めてヴィンターを見つめる。

いつの間にか、二人の距離は三歩程度。

「何百年もの間、魔法使いが勘違いしていることが一つあります」

彼⼥が再び⼝を開いたとき、ヴィンターはぎこちなかった。

「真実の鏡がなければ洗脳されるとは思わない。それから⼀般的に⾔って、魔法使いによって作成された鏡を介して⼒を使⽤することは意味がありません」

そう言ってイヴォンはニヤリと笑う。

ヴィンターはすぐに真⾯⽬な顔で尋ねた。

「あなたは何について話していますか?』

「ですから、その逆が真実です。鏡の⼀部は、私の⼒を妨げるものです」

「な___」

「⼈間の精神の⼒をコントロールできないので、脳を破壊してしまうかもしれないのです」

ヴィンターは無意識に杖を握りしめる。

完全に光に晒され、獲物を狙うヘビのように輝くイボンヌの瞳を見て。

「ですが、ヴィンター。私は感覚を受け取ったばかりですので、それを制御できるとは確信していません」

「・・・」

「だから私があなたの脳を粉砕する前に、あなたは断⽚がどこにあるかを教えたほうがいいと思うわ」

同時に、彼⼥はヴィンターの頭に向かって⼿を伸ばす。

それは彼が避けられなかったほど速かった突然の攻撃。

彼⼥の鋭い指の⽖が彼の肌に触れた瞬間。

チリン!

「あぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!」

イヴォンは叫んだ。

何かが燃えて裂ける⾳がする。

 



 

彼⼥は煙が⽴ち上がると⼿を握り、ヴィンターを憂鬱に⾒つめた。

「これは一体・・・!」

「言っていませんでしたか?」

ヴィンターは彼⼥を無表情に⾒つめ、⼿を上げて裸の額に触れる。

そこには、鉄の輪が光り輝いていた。

古代の魔法を直接使うことができなかったとしても、彼は自分を守るための強⼒なアーティファクトを所持していたのだ。

「これは古代の魔法使いが残したアーティファクトです」

それに気づいたイヴォンは息を呑んだ。

「貴様・・・!」

その隙を逃さず、ヴィンターは杖を取り出す。

「諦めなさい。このアーティファクトを破壊して洗脳しても、意識がすぐに消えるように設計されています」

「・・・」

「今なら⼿遅れではありません。初めて貧しい⼈々を助けたことはすべて嘘ではないと信じています」

彼は⾮常に真剣な⽬でイヴォンを説得しようとする。

飢え死を⼼配していた⼦どもたちへの優しい顔と、社会的地位の不条理を悲しんでいた少⼥の誠実さは間違いないはずだ。

最後の希望を抱いて彼女を見ていると。

「あはは」

イヴォンは杖の先をじっと⾒つめ、突然笑い出した。

「⼀度やったら、以前よりも簡単になると思いましたが、こんな面白いことになるなんてね」

「・・・」

「誰よりも私を愛していたあなたが、今、主導権を握り、私の道を阻んでいます」

ヴィンターは予想外の発⾔に眉をひそめた。

彼は悪魔の誘惑のようなイヴォンの囁きに答えない。

イヴォンに同情したかもしれないが、彼は彼⼥を決して愛していなかった。

「あれ、覚えていないの?あなたが私を愛していたので、あなたが守ってきたすべての信仰と魔法使いの義務を放棄し、あなたが死ぬまであなたの魔法を私に捧げると誓った事を」

「・・・」

「けれど、あなたは私を裏切った。私がこの世界を⼿に⼊れようとした瞬間、突然遠い過去に引きずり込まれたときの私の気持ちが分かりますか?」

「・・・」

「⽝のように、とても・・・、とても汚れています」

⼒を尽くして⼀⾔⼀⾔を吐き出したイヴォンが、脇に忍び寄る。

「あなたが何について話しているのか分かりません」

その結果、ヴィンターもガードを下げずに反対側に歩いた。

「ちなみに、ペネロペは?あの雌⽝はみんなを私の洗脳から解放するために何をしたの?体で誘惑でもしたのかしら?」

「黙れ」

ヴィンターは彼⼥がペネロペを侮辱するのを⼀瞬で⽌めた。

「イヴォン、あなたは今⽇ここに来たことを後悔するでしょう」

杖の先からぶら下がっている⽩い光はどんどん⼤きくなっていく。

古代の遺物のおかげで洗脳が不可能であることを知っていたので、イヴォンを征服することは難しくないでしょう。

「ヴィンター、もう一度聞くわ。私の鏡はどこ?」

「私が死んだとしても、それは起こりません」

「じゃあ仕方ないわね」

イヴォンは⼀度頭を頷き、すぐに何かを呟いた。

同時に、オフィスの⼀⾓に⻘い魔法陣が描かれ始める。

それはレイラが使った召喚呪⽂。

「モンスターを召喚せよ!」

それに気づいたヴィンターはすぐに呪⽂を叫んだ。

「リベイラバルカン!」

その時。

「ラオン」

イヴォンの⼩さな呼びかけと同時に、何かが魔法の輪から⾶び出し、彼⼥の正⾯から彼をブロックした。

 



 

鏡を取り戻しにきたイヴォン。

エカルト公爵の監視を掻い潜ったのでしょうか?

ヴィンターも事前に対策していましたので洗脳される心配はないはず。

ですが、最後に召喚された人物が気になりますね・・・。

悪役のエンディングは死のみ【210話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 今回は210話をまとめま...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 ネタバレ満...
【継母だけど娘が可愛すぎる】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「継母だけど娘が可愛すぎる」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...