悪役のエンディングは死のみ

悪役のエンディングは死のみ【210話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。

今回は210をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 



 

大学の友達に勧められ、乙女ゲーム「公女様のラブラブ・プロジェクト」を始めた主人公。

自分と似た境遇のハードモードのヒロイン、 悪女「ペネロペ」に感情移入し、ゲームに没頭してしまった。

ゲームの途中寝落ちして、起きたら自分がゲームの中の「ペネロペ」になっていた。

死亡エンドを避けるためには…攻略対象からの好感度を上げ、 ゲームをクリアするしか手はない!? 

ペネロペ・エカルト:主人公で悪役令嬢。ゲームではハードモードのヒロイン。公爵家の娘だが、実際には血の繋がりは無い。

イヴォン:ヒロイン。エカルト公爵家の娘だが、18歳になるまでは平民の娘として過ごしていた。ノーマルモードでは彼女がヒロイン。

デリック・エカルト:エカルト公爵家の長男。冷酷な貴公子キャラ。

レナルド・デカルト:エカルト公爵家の次男。気が短く、口が悪い。

カリスト・レグルス:イオカ帝国の皇太子。人の命を軽視する暴君。

ヴィンター・ベルダンディ:侯爵であり魔術師。様々な情報や裏取引を扱う。

イクリス:亡国の貴族出身の奴隷。ペネロペを同情した唯一のキャラ。

【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 




 

210話 ネタバレ

悪役のエンディングは死のみ【209話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 今回は209話をまとめま...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 絶望

どこからともなく⾶び出した⼩さな姿をチェックした後、ヴィンターは呼吸を⽌める。

彼は急いで杖の端を脇に引っ張った。

狭い隙間でイヴォンの側を逃した攻撃魔法が壁にぶつかり、⼤きな轟⾳と振動を引き起こす。

しかし、建物に施された強化魔法のおかげで、壁は貫通しない。

「くそっ!」

オフィスを席巻した魔法はすぐに壊滅した。

そして煙の間に、ライオンのマスクをかぶった⼥性と幼い⼦供が現れる。

「あはは、成功したわ」

イヴォンは爆笑していたが、ヴィンターの顔は痛々しい。

「ラオン!」

呼びかけるが、ライオンのマスクの隙間から⾒えるラオンの⽬は、暗闇の雲とともに消えていた。

「ラオンに何をした!?」

「もともと、この子はあの日に私の餌となるはずでした。私の真の力として生まれ変わる餌。餌が所有者の元に帰ってくるのは当然のことではないですか?」

⼤⼈の魔法使いよりも若い魔法使いの脳を制御する⽅が簡単だったのも不思議ではない。

不幸の⼩さな種を植えることは、短時間で⼗分だった。

意地悪な笑顔で、イヴォンはヴィンターに指を向ける。

「ラオン、あなたの主⼈が隠した私のアイテムを⼿に⼊れに⾏きなさい」

「ラオン!目を覚ませ!」

ヴィンターはラオンを必死に⾒つめながら⾸を横に振り、呪⽂を急いで叫んだ。

「パラ___!」

「やめた方がいいわ、馬鹿なヴェルダンディ侯爵様」

しかし、彼が呪⽂を終える前にイヴォンが遮る。

「可愛いラオンに、先に⼦供たちとエミリーが連れ去られた安全な家を案内してもらいましたから」

「な・・・」

ヴィンターは⽬を振ってイヴォンを⾒つめた。

すぐに、数え切れないほどの苦悩が彼を激怒させる。

ソレイユから戻ってから何度かラオンを調べたが、洗脳の兆候はなかったはずなのに。

「諦めなさい」

「・・・」

「鏡を返してくれればいいだけ。私は⼦供たちには触れません、侯爵様。私も⼦供たちを傷つけたくありません。私は子供が大好きなのですから」

作品、または⼦供の⼈⽣。

答えは簡単だ。

イヴォンに向かって⾷いしばっていた杖はゆっくりと下がる。

その瞬間、イヴォンは呟いた。

「ダックママ」

⿊くて透明な霞が床から這い上がる。

「ぐぅ!」

一瞬で、それによって縛られたヴィンターは床にひざまずかされる。

「動かないでください。⼿⾜を切断するのを⾒るのはとても痛いですから」

爽やかな声で囁いたイヴォンは、ソファに座って脅迫を⼝ずさむ。

ラオンは壁に隠された秘密の扉を簡単に⾒つけて開けた。

その後すぐに、ラオンは根こそぎにされた花を持って壁から出てくる。

「ありがとう、ラオン」

引き渡されたイヴォンは、花の先を掴み、感謝の気持ちを込めた。

紫⾊のバラの根は、ペネロペから受け取った鏡⽚を隠そうとしているように、地⾯に絡まっている。

ヴィンターは床に伏せて横たわっている間、イヴォンを⾒上げながら⻭を⾷いしばった。

「そのバラは返してくれ。それは人間のものだ」

⾯⽩くないかのように舌打ちしたイヴォンは、躊躇うことなくその部分を引きちぎる。

⽢やかされて育った根を持つバラの花は、すぐに花びらを落として枯れてしまう。

イヴォンはそれをゴミのようにヴィンターの前に投げ捨てた。

 



 

親指と⼈差し指を⼝に⼊れて、イヴォンは激しく⼝笛を吹く。

その後すぐに、巨⼤な怪物が現れて窓を壊した。

「キクルルルク!」

「ラオン、あなたはそのモンスターに乗って隠れ家に⾏きなさい」

翼の悪魔を指差して、イヴォンはラオンに命じる。

ヴィンターは大きく⽬を開けた。

「約束が違うぞ!」

「約束?あはは、あなたはレイラ族に期待していたのですか?」

「くそっ!ラオン!目を覚ませ!」

怪物の頂上に乗っているラオンを⾒て、ヴィンターは必死に叫ぶ。

しかし、彼は関節を突き抜ける激しい痛みに呻き声を上げるしかなかった。

「ラオンをお願いね」

「キクルルルク!」

⼦供を乗せた怪物が遅滞なく窓越しに⾶んでいく。

絶望と欲求不満がゆっくりとヴィンターの顔に。

「なぜあなたはこれをしているのですか!あなたはあなたが望むように欠片を手に入れたはず!」

ヴィンターは歪んだ顔で物憂げに叫んだ。

イヴォンはソファに座って鏡に触れ、⾝を起こした。

「楽しいからよ」

⾝をかがめ、指で彼のあごを上げ、彼女はアイコンタクトを取る。

「罪悪感に包まれた良い表情」

「貴様は狂っている」

「そうかもね」

イヴォンは、ヴィンターが吐き出した⾔葉に簡単にうなずいた。

彼⼥は残忍な戦争で⼀⼈で⽣き残った者。

そしてついに復讐を果たす直前に過去に戻った。

狂わない方がおかしいのでは?

「ヴェルダンディ侯爵、あなたが正しい⼼を持っていない間に、あなたが残りの魔法使いをあなた自身の⼿で虐殺するのを⾒るのは楽しかったです」

「・・・」

「あなたの顔が絶望に変わるのを見るのはとても楽しいでしょう。あなたが⼈⽣で守ろうとしていた世界が終わりに近づいているのを無⼒に⾒ていてください」

「後悔するぞ」

ヴィンターは恐ろしい表情で彼⼥を睨みつけ、吐き出した。

「愛する侯爵様、あなたの愛するペネロペが私の⼿でどのように死んでいくのかを注意深く⾒ていてください」

「・・・」

「じゃあ、さようなら」

イヴォンが席から⽴ち上がったとき。

「ファイヤーピッソン」

どこからともなく、ヴィンターはその呪⽂を叫んだ。

不注意に散らばっていた花びらの枯れた茎に⼩さな炎が灯る。

「え」

イヴォンがぼんやりとそれを⾒つめた瞬間、爆発が起こった。

同時に、彼女の⼩さな体はスローモーションのように跳ね返る。

建物はあっという間に倒壊した。

燃える炎や灰の場所が荒廃していて、元の形が⾒つからないほどに。

しかし、この⼤爆発にもかかわらず、周囲はまだ無事のまま。

それはまるで爆発がなく、誰も⾒たり聞いたりしないかのように。

しかし、間もなく、崩壊した建物の⽡礫がガタガタと⾳を⽴てて動き、堆積した⽡礫の⼀部は、反対側に荒れて⾶んだ。

「ハァッ」

中空の⽳を這い回ったのは、ひどい骸⾻の⼥性で、顔の⽚側が溶けていた。

「くそー!ヴィンター・ヴェルダンディ!」

イヴォンは悲鳴を上げて叫ぶ。

彼⼥の肌だけでなく、⾻に晒されていた彼⼥の⾁も⿊く燃えていた。

⽬を輝かせて周囲を観察する。

力を復活させるには人間を食べなければいけない。

「あはははははははははは!」

幸いにも、目の前に獲物はいた。

それは公爵によって雇われた魔法使い。

「あはぁ!年⽼いたキツネですが、食わないよりはマシでしょう」

建物の外に隠れていた魔法使いは、恐怖に震える。

それは自然現象。

「こちらにおいで、魔法使いさん」

骸⾻の⼥性がゆっくりと建物から出てきた。

彼女の綺麗なピンクの髪の半分は⽕で焼かれている。

「ひ、ひぃ!」

魔法使いは⾸を横に振って後ろに後退りしようとした。

しかし、実際には、彼は動揺することさえできない。

イヴォンは洗脳を使ったのだから。

「私は神よ」

⼈間は常に神を探していた。

彼女はそれがとても⾯⽩いと考えている。

クソドラゴンの本拠地である帝国に神は存在しないのだから。

「これからは私があなたの神です」

汗まみれの男の⽬の奥に、真っ⾚な唇に不吉な笑顔が描かれていた。

 



 

イヴォンが公国に到着したのはほぼ真夜中。

幸いなことに、まるで⾺⾞が⾸都の周りに引っ張られてから時間通りに戻ったかのように、すべてのライトが消えていた。

⾨からかなり離れたところに到着した彼⼥は、ゆっくりと階段を歩き、正⾯⽞関に向かう。

ちょうど庭を通り過ぎたとき。

「遅刻です」

正⾯に思いがけない⼈がいた。

「だ、誰ですか?」

恥ずかしそうに、イヴォンは⽴ち⽌まって、怯えたように尋ねる。

⽞関前の⽇陰に⽴っている⼈がゆっくりと現れ、彼の顔は⽉明かりの下で明らかにされた。

「こ、公爵様?」

近づこうとするイヴォンに対し、エカルト公爵は手を上げる。

これ以上近づかないようにとの合図のように感じ、イヴォンは⽬を⼤きく開いて頭を傾けた。

しかし、それは幻想。

公爵が⼿を上げるとすぐに、⿊い影がゆっくりと現れ始め、近づいてきたのだ。

1つまたは2つのライトが点灯し始め、現れたすべての騎⼠が剣を抜く。

「こ、これはどういうことでしょうか?」

周りを⾒回したイヴォンは、怯えた表情で公爵を振り返り、尋ねた。

公爵だけでなく、デリックとレナルドも彼の隣に⽴ち、冷たい⽬で彼⼥を見下ろしている。

彼⼥の⽬はかすかに震えた。

 



 

子供たちとエミリーを人質に取られたヴィンター。

イヴォンに鏡は奪われ、建物も倒壊し、ヴィンターの行方は分かりません。

ですが、公爵邸に戻ったイヴォンを待っていたのはエカルト家の包囲網。

デリックとレナルドの洗脳は解除されているのでしょうか?

悪役のエンディングは死のみ【211話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 今回は211話をまとめま...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 ネタバレ満...
【継母だけど娘が可愛すぎる】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「継母だけど娘が可愛すぎる」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...