悪役のエンディングは死のみ

悪役のエンディングは死のみ【211話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。

今回は211をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 



 

大学の友達に勧められ、乙女ゲーム「公女様のラブラブ・プロジェクト」を始めた主人公。

自分と似た境遇のハードモードのヒロイン、 悪女「ペネロペ」に感情移入し、ゲームに没頭してしまった。

ゲームの途中寝落ちして、起きたら自分がゲームの中の「ペネロペ」になっていた。

死亡エンドを避けるためには…攻略対象からの好感度を上げ、 ゲームをクリアするしか手はない!? 

ペネロペ・エカルト:主人公で悪役令嬢。ゲームではハードモードのヒロイン。公爵家の娘だが、実際には血の繋がりは無い。

イヴォン:ヒロイン。エカルト公爵家の娘だが、18歳になるまでは平民の娘として過ごしていた。ノーマルモードでは彼女がヒロイン。

デリック・エカルト:エカルト公爵家の長男。冷酷な貴公子キャラ。

レナルド・デカルト:エカルト公爵家の次男。気が短く、口が悪い。

カリスト・レグルス:イオカ帝国の皇太子。人の命を軽視する暴君。

ヴィンター・ベルダンディ:侯爵であり魔術師。様々な情報や裏取引を扱う。

イクリス:亡国の貴族出身の奴隷。ペネロペを同情した唯一のキャラ。

【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 




 

211話 ネタバレ

悪役のエンディングは死のみ【210話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 今回は210話をまとめま...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • いくつかの質問

「イヴォン、いくつか質問したい。慎重に答えてくれ」

「ええ?ええと、何でしょうか?」

イヴォンの疲れた顔⾊にもかかわらず、エカルト公爵は冷たい⽬で⾒つめ続ける。

「今までどこに行っていた?」

「屋外から帰ってきて、少し散歩しながら森の中で眠りに落ちました。ですので急いで帰ってきました」

「じゃあ、あなたは邸宅内にいたのですか?」

「は、はい。もちろんです」

「あなたは嘘をついています」

公爵はイヴォンに悪寒を感じさせた。

「空の⾺⾞が戻ってきたことを⾃分の⽬で確認しましたから」

「そ、それは・・・」

彼女は動揺しながら話し続ける。

「実は・・・、あの⾺⾞は私を最初に置き去りにしました。それで私はなんとか別の⾺⾞を⼿に⼊れて帰ってきたのです」

「戻ってきた騎⼿は狂⼈のように変わっていた。まるで精神的な魔法の呪⽂を受けているかのように」

公爵の指摘に、イヴォンは彼⼥の後ろに隠された拳を握り締めた。

「し、知りません!公爵様、私は本当のことを言っています!」

「本当のことを⾔っているのなら、なぜすぐに教えてくれなかったのですか?」

「そ、それは・・・」

イヴォンは瞳に涙を浮かべる。

彼女は何も言えずに頭を落とし、ほっそりした涙があごに滴り始めた。

「父さん、今は夜遅くです。イヴォンは元気に戻ってきました。それで⼗分でしょう。明⽇彼⼥を叱ることができます」

そう進言したのは、数⽇間眠れず、⽬に充⾎を浮かべるデリックだ。

「今⽇、なぜあなたは第一ストリートに⾏ったのですか?」

しかし、公爵は揺るぎないまま。

イヴォンは落胆の表情で答えた。

「だ、第一ストリート?私はどこにあるのかさえ知りません」

「ペネロペの成⼈式の前にあなたのメイドだったベッキーは、彼⼥が他の⼈に第一ストリートの場所について尋ねていたと証⾔しました」

「父さん!」

「黙れ、デリック!」

デリックを睨みつけたエカルト公爵は、再びイヴォンの⽅を向いて⾔葉を続けた。

「式典に出席できるので、事前に⾦の杯を⽤意するようにメイドに⾔ったのはあなたでした。あなたは何を企んでいるのですか?」

公爵の⽬は疑いを持っている。

それを初めて聞いたとき、レナルドとデリックの顔は驚きに満ちていた。

「・・・⽗さんの⾔葉は本当ですか、イヴォン?」

デリックは⼀時停⽌してイヴォンの方を振り返り、尋ねる。

「・・・」

顔をしかめたまま父親の⾔葉を聞いたレナルドは、突然呟く。

「ペネロペが自作自演をするために毒を飲んだはず・・・。いや、でも・・・、彼女は解毒剤を・・・」

当時調査したことを思い出すと、激しい頭痛に襲われた。

拳で自分の頭を平手打ちする。

すると意識がハッキリとしてきた。

「父さん、本当はペネロペが自作自演を計画していたのではなく、彼女が計画していたと。そう言いたいのですか?」

「・・・」

「・・・本当に?」

表情を固めたまま、公爵は何も答えない。

「じ、じゃあイヴォンが犯人___」

「結論に飛びつくな」

レナルドが最後まで答える前に、デリックは弟の言葉を遮る。

そして、彼はイヴォンの方を向いた。

「イヴォン、答えてください。父さんが言ったことは本当なのですか?」

「私は知りません!そう言っているじゃないですか!」

イヴォンは⾸を横に振って、必死にそれを否定する。

彼⼥の頬に滴り落ちる涙が青い瞳を満たしていく。

イヴォンは不当を隠さずに激しく泣きじゃくる。

 



 

「執事長」

公爵は執事長を呼ぶ。

イヴォンが戻ってきたので、彼⼥を監視していた魔法使いも戻ってくるはずだ。

「旦那様」

後ろで状況を⾒守っていた執事長が急いで近づき、⼩さな声で報告する。

公爵の顔は固くなった。

30分ごとに状況を報告していた魔法使いは、イヴォンが第一ストリートにいたことを報告した後、連絡が途絶えている。

「イヴォン」

少し前に魔法使いの命の合図が途絶えたと聞いた公爵の⽬はぼんやりと落ち着いていた。

「最後の質問です」

「あ、あ・・・」

イヴォンは怯えた表情で公爵を⾒上げ、肩を上下に動かす。

死んだ妻に似た綺麗なピンクの髪、エカルト家を象徴する明確なサイン。

彼⼥が絶望的に失われた娘であることは明らかなのに・・・。

「なぜあなたの顔が⽔中で⾒えないのですか?」

公爵は⼝⾓を震わせながら質問する。

「⽗さん、どういう意味ですか?」

深刻な状況での馬鹿げた質問に、デリックは訳が分からないかのように目を細めた。

それはレナルドも同じ。

「⽔に映らないものがあるのですか?幽霊じゃあるまいし」

「答えてくれ、イヴォン!」

息⼦たちの質問を無視して、公爵はイヴォンに叫ぶ。

彼は娘に、⾃分が間違っていて、今から⽔中に顔を⾒せると言って欲しかった。

しかし、イヴォンは頭を下げて泣いただけ。

「しくしく」

彼⼥の物欲しそうな泣き声だけが鳴り響いた。

そして、ある時点から。

「ハァッ、ハァッ、ハァッ」

イヴォンの啜り泣きが笑い声に変わり始めた。

「あは!あははは!あはははははははh!」

「・・・」

「あ〜あ、バレちゃった」

頭を下げていたイヴォンが頭を軽く上げる。

その瞬間、屋敷の前庭にいるすべての⼈が固まった。

涙を流した彼⼥の顔は、⼤きく破顔している。

まるで地獄の使者のように。

「どうして知らないふりを続けなかったの、公爵?」

「あなたは・・・」

「そうすれば、この些細な生活をもう少し長く続けることができたのに」

 



 

レナルドは激怒し、ヒステリックな笑い声に怒って叫んだ。

「その狂気は何だ!?イヴォン、お前は何を言っている!?」

「DeOmmenomHarech」

その瞬間。

突然、イヴォンは未知の⾔葉を呟いて地⾯に⼿を伸ばした。

地⾯が突然振動し、⾜元に感じられた微弱な振動がどんどん強くなる。

「何が!」

驚いた騎⼠たちが彼女を取り囲み、警戒していた。

その時。

クァン!

庭の地⾯から何かが⾶び出す。

曇った埃の中から⾶び出したのは巨⼤な怪物。

上半⾝はカマキリで、下半⾝はミミズの姿。

「keeeeeek-」

獲物を⾒つけたカマキリの⼝から唾液が滴り落ちた。

「ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!」

しかし、怪物は一つだけではない。

庭が⾄る所で爆発した。

「父さん、あの女は何ですか!?」

レナルドは急いで剣を抜き、驚いて叫んだ。

彼は現れた多くのモンスターの⽣き物の中でイヴォンが笑っているのを目撃する。

彼女は散歩をするかのように歩いていた。

「keeeeek-!」

ミミズの下半⾝が必死にうごめくと、モンスターは狩りを始める。

「すべての軍隊!モンスターを⽌めて、イヴォンを、いいえ、彼女を拘束しろ!」

屋敷を⼀瞬で占領するモンスターの光景に魅了されていた公爵は、遅ればせながら我に気づき、命令を下した。

「執事長、今すぐ皇居にメッセージを送ってください!屋敷の人間もここから脱出し___!」

「keeeeek-!」

執事長に避難命令を急いでいた公爵の頭に突然巨⼤な影が当たる。

怪物に襲われそうになったとき。

レナルドが怪物の前⾜を切り取った。

「兄さん、何をしているんだ!父さんを守らないと!」

レナルドはデリックに激しく叫ぶ。

デリックはその危険な瞬間も立ち尽くしていた。

「兄さん!」

『お兄様』

レナルドの声と同時に、誰かの声がデリックの⽿に響き渡る。

『お兄様』

『お兄様、お祭りに行きませんか?』

彼の⼼の中で。

『お兄様、あなたがいなくて寂しかったです』

『お兄様』

イヴォンが自分の手をしっかりと握り、『とても楽しいです』と美しく微笑んだ。

「イヴォン・・・」

デリックは⼿を伸ばして前に進む。

彼はレナルドの叫び声を聞くことができなかった。

「兄さん!」

イヴォンがどんどん離れていく。

「ダメだ、イヴォン。今行きます!」

突然、誰かの柔らかい肌がデリックの伸ばされた⼿に触れる。

「お兄様」

その声にデリックは⽬を開けた。

イヴォンは彼を抱きしめて、彼の耳元で囁く。

「狩りが終わるまで⼈質になってください」

彼女は可愛らしい顔で微笑んだ。

デリックはゆっくりと周りを⾒回した。

「ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ」

「keeeeek!」

公爵邸は完全に混乱していた。

鎌のような前⾜を振り回し、速く這うモンスター。

レナルドは叫び声を上げ、死んだ騎⼠を⾶び越える。

そして。

「父さん」

デリックの⽬は⼤きく開いた。

執事長の助けを借りて動いていた公爵の後ろに怪物が近づいていたのだ。

彼はすぐに剣を抜いてそれに向かって⾛ろうとする。

しかし、彼の体は動かなかった。

下を⾒下ろすと、それは⿊い霞のように⾒え、彼の全⾝は縛られていた。

「くそっ!」

デリックはモンスターが公爵に接近するのを⾒て呼吸を⽌める。

「父さん!」

カマキリの前⾜が空中を切り裂き、公爵を殺そうとした瞬間。

「デキナレヴァティウム!」

どこかから⼤量の光が⾶び出し、モンスターを攻撃した。

 



 

エカルト公爵に正体がバレたイヴォン。

レナルドは洗脳が解除されたようですが、デリックはまだのようです。

最後に攻撃を仕掛けたのは誰なのでしょうか?

悪役のエンディングは死のみ【212話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 今回は212話をまとめま...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 ネタバレ満...
【継母だけど娘が可愛すぎる】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「継母だけど娘が可愛すぎる」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...