悪役のエンディングは死のみ

悪役のエンディングは死のみ【22〜23話】ネタバレ




こんにちは、ちゃむです。

「悪役のエンディングは死のみ」の原作小説を紹介させていただきます。

今回は22〜23をまとめました。

ちなみに韓国語は殆ど無知です。知り合いに韓国語を勉強していた方がいたので、協力してもらいながら勉強をしています♪

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

 

大学の友達に勧められ、乙女ゲーム「公女様のラブラブ・プロジェクト」を始めた主人公。 自分と似た境遇のハードモードのヒロイン、 悪女「ペネロペ」に感情移入し、ゲームに没頭してしまった。 ゲームの途中寝落ちして、起きたら自分がゲームの中の「ペネロペ」になっていた。 死亡エンドを避けるためには…攻略対象からの好感度を上げ、 ゲームをクリアするしか手はない!? 

ペネロペ・エカルト:主人公で悪役令嬢。ゲームではハードモードのヒロイン。公爵家の娘だが、実際には血の繋がりは無い。

イヴォン:ヒロイン。エカルト公爵家の娘だが、18歳になるまでは平民の娘として過ごしていた。ノーマルモードでは彼女はヒロイン。

デリック・エカルト:エカルト公爵家の長男。冷酷な貴公子キャラ。

レナルド・デカルト:エカルト公爵家の次男。気が短く、口が悪い。

カリスト・レグルス:イオカ帝国の皇太子。人の命を軽視する暴君。

ヴィンター・ベルダンディ:侯爵であり魔術師。様々な情報や裏取引を扱う。

イクリス:亡国の貴族出身の奴隷。ペネロペを同情した唯一のキャラ。




22〜23話 ネタバレ

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

 

  • イクリスとの出会い

ペネロペがイクリスの名前を呼ぶと、彼は殺意を剥き出しにして彼女を警戒しました。

考えた末に、彼女はマスクを外し素顔を見せました。

「私を⾒て、イクリス」

ペネロペの息を呑むほど美しい顔を見て、イクリスは彼女から目を離せませんでした。

「私があなたを買ったのは酔狂ではありません。どんな人でも、敗北した国からやってきた単なる奴隷に1億ゴールドを費やす貴族は⼀⼈もいません」

それは真実でした。

1億ゴールドがあれば、国の⾸都の郊外に城を建てることができます。

「仮に私があなたを逃したとしても、あなたには戻る場所はありません」

イクリスは自身の⻭を⾷いしばりました。

「私はあなたに可能性を⾒て、喜んでその代償を払いました。ですから、私があなたに費やした1億の⾦が無駄にならないように、あなたは⾃分の価値を私に証明する必要があります」

「・・・」

「それが出来ない場合は、ここに送り返します。理解しましたか?」

その言葉にイクリスの⽬は揺れました。

彼はペネロペが彼を喜ばせるためだけに彼を買ったのではないことに気づいたようでした。

「理解したならうなずいてください。早く家に帰らないといけないので」

そして、ペネロペはイクリスの首輪と手枷以外を外すように命じて彼を自由にしました。




  • 夜明け

建物から出てきたのは、ほぼ真夜中の終わりでした。

「はぁ・・・」

ペネロペはここからどうやって戻るか分からずに途方に暮れていました。

大通りに出るため路地に入ると、彼女は見知らぬ男たちに囲まれました。

ゴロツキを雇ったのは、先ほどのオークションでイクリスを狙っていた貴族でした。

襲わそうになる瞬間に、ペネロペを捜索していたエカルト家の騎士が発見し、事なきを得ました。

「お、お嬢様!!」

エカルト邸宅に到着したのは朝でした。

執事長とメイドのエミリーはペネロペを⾒つけると駆け寄ってきました。

イクリスの存在は既に父親にも知られていると分かり、彼女は気が重くなりました。

身元の分からないイクリスを止める執事でしたが、ペネロペは彼を丁重に迎えるように命令しました。

  • 叱責

そして入り口に足を踏み入れるとレナルドと父親が待機していました。

公爵はレナルドと同じように彼女に向かって叫ぶつもりだったようでしたが、それを抑えました。

代わりに。

「・・・今すぐに、私のオフィスに来てください」

父親が去るのを⾒て、⼤きなため息がペネロペの唇から出ました。

(はぁ。今回はどうやって許しを請うべきだろうか)

それでもペネロペはイクリスの頭上に見える数字を見て、憂鬱な気持ちを吐き出しました。

[好感度18%]

レナルドもまだ話したいことがあるようでしたが、彼女が父親に呼び出しを受けているのを知っているため大人しかった。

そしてイクリスは執事に連れられ、ペネロペは父親の部屋を訪れました。

部屋に⾜を踏み⼊れるとすぐに、冷たく鋭い声が⽿を刺しました。

「ペネロペ・エカルト」

「はい、お⽗さん」

ペネロペは彼の前に丁寧に⽴ちました。

公爵は背中を机に向けて座っていた。

「最初から最後まですべてを説明してください」

彼女の場所からは父親の顔が⾒えなかったので、うまくやれる⾃信がありませんでした。

「……お⽗さん、何も⾔わずに外に出てしまったことをお詫びします」

「それは私が最近あなたから最もよく聞く⾔葉です」

1回⽬と2回⽬は成功しましたが、3回⽬は成功しませんでした。

ペネロペは下唇を噛み、公爵が常に彼女に望んでいた⾔葉を⾔いました。

「お父さん、家族に恥をかかせるような事をしなかったと誓います」

「そんな⾔葉を聞くのを待って、⼀晩中起きていた訳ではありません!!」

ペネロペが⾔葉を終えるとすぐに、公爵は彼の拳をテーブルに叩きつけた。

「ヒッ・・・」

ペネロペは驚いて息を呑みました。

公爵がこのように怒っているのを⾒たのはこれが初めてでした。

(私はどうしたらいいのですか!?)