悪役のエンディングは死のみ

悪役のエンディングは死のみ【244話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。

今回は244をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 



 

大学の友達に勧められ、乙女ゲーム「公女様のラブラブ・プロジェクト」を始めた主人公。

自分と似た境遇のハードモードのヒロイン、 悪女「ペネロペ」に感情移入し、ゲームに没頭してしまった。

ゲームの途中寝落ちして、起きたら自分がゲームの中の「ペネロペ」になっていた。

死亡エンドを避けるためには…攻略対象からの好感度を上げ、 ゲームをクリアするしか手はない!? 

ペネロペ・エカルト:主人公で悪役令嬢。ゲームではハードモードのヒロイン。公爵家の娘だが、実際には血の繋がりは無い。

イヴォン:ヒロイン。エカルト公爵家の娘だが、18歳になるまでは平民の娘として過ごしていた。ノーマルモードでは彼女がヒロイン。

デリック・エカルト:エカルト公爵家の長男。冷酷な貴公子キャラ。

レナルド・デカルト:エカルト公爵家の次男。気が短く、口が悪い。

カリスト・レグルス:イオカ帝国の皇太子。人の命を軽視する暴君。

ヴィンター・ベルダンディ:侯爵であり魔術師。様々な情報や裏取引を扱う。

イクリス:亡国の貴族出身の奴隷。ペネロペを同情した唯一のキャラ。

【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 




 

244話 ネタバレ

悪役のエンディングは死のみ【243話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 今回は243話をまとめま...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 滅茶苦茶な提案

カリストは私のドレスを握り、私に叫ぶ。

それは提案というよりは嘆願のようなもの。

「殿下」

私は少し驚いた表情で彼を⾒つめる。

彼は不屈の皇太⼦であり、征服戦争を勝利に導き、誇らしげに⾸都に戻ってきた。

そして今、私に⼲渉する⼒がないとき、絶対的な⼒を持った皇帝になる男が必死に私に彼と結婚するように頼んでいる。

とても奇妙に感じた。

「両膝でひざまずく必要はなかったでしょう?」

「恥ずかしいので、すぐに答えてください。あなたは私と結婚するつもりですよね?」

焦っている顔が妙に近づいてくる。

突然、笑いが漏れ出してしまう。

カリストが結婚を求めたとき、私はとても怒っていた。

けれど、彼が私を哀れに⾒上げているのを⾒ると、それは少しだけ・・・。

(ちょっと可愛い)

しばらくドキドキしていた私の⼼は少しずつ落ち着いていく。

私は冷たい顔で彼を⾒て、ため息をつき、彼の前でゆっくりとひざまずいた。

「殿下」

王⼦様の顔は、私が答えずにアイコンタクトをしているのを⾒たとき、私が想像したように緊張していた。

⼿を伸ばして彼の真っ⾚な⽬の隅に持っていく。

そして静かな声で、私は今までに⾔ったことのないことを話した。

「私、勉強したいです」

「考古学をという意味ですか?」

「ええ。私はあなたに⾔いました、私が最初に住んでいた場所の学者だと」

カリストは私の言葉が気に⼊らないかのように眉をくねらせたが、なんとか私の⾔葉を断ち切ることなく静かに⽿を傾ける。

「ここには未踏の⼈⼯物や⽂明がたくさんあります。たぶん、私の助けが必要な場所があるでしょう」

「・・・」

「あなたはすでに忘れていますか?あなたは私がやりたいことを何でもしていいから、私に留まるように⾔いました」

私は話すのをやめて、カリストの⽬を覗き込んだ。

久しぶりに王⼦様の唇が開かれる。

「お姫様、私はあなたにそうしないように⾔っているのではありません」

「じゃあ?」

「結婚してからすればいいです」

「ご存知のように、アカデミーに⼊学することにも興味があります」

「結婚式の後にすればいい」

私は無茶苦茶な彼の提案に唖然と叫んだ。

「皇后がアカデミーに⾏くのは理にかなっていますか?」

「どうしてですか?あなたが他の⼈の視線に慣れていない場合、私たちはすべての教授を宮殿に連れて⾏くことができます」

「・・・」

そんなことを考えたことがなかった。

カリストの想像を超えたスケールの出現に、なんとか口を開く。

「そんな迷惑をかけたくありません。それだけが問題ではないですし」

「他には何があるのですか?」

「僻地に⾏って廃墟を探検したいです!⼈⾻をきちんと発掘する⽅法を学びたいです!」

「私はそれをすべて宮殿に移すつもりです」

「はは・・・」

彼の⾔葉はまったく意味を持たない。

私は⽬を上げてうなり声を上げて尋ねた。

「そもそも私を宮殿から連れ出すつもりはなかったんですね?」

「・・・」

なぜ答えがないのかと尋ねるように、私はカリストを睨みつける。

そしてすぐに、彼は辛うじて彼の⽬の周りにあった私の⼿を握った。

「それはすべてあなたのせいです」

「私のせい?」

「私はあなたを⼿放そうとしました。ですが、あなたはここに留まって私を選ぼうとしません」

「・・・」

「ですから、あなたは私の不安に耐えなければなりません」

「何を言って___」

カリストの詭弁に腹を⽴てた瞬間、彼は奇妙にだらしない表情で私を⾒上げ、私の手のひらにキスをした。

「やめてください」

しかし、彼は⽴ち⽌まる代わりに、徐々に⽴ち上がり、私の⼿のひらから⼿⾸と腕にキスをする。

「殿下、私は気分が悪いです。やめるように言いました。これを続ければ、私は⾃分の部屋で寝るつもりです」

彼の⼿を振り切って警告したとき、カリストは両⼿を上げて⼀歩下がった。

「分かりました。じゃあ⼿を繋いで寝ましょう」

「・・・」

「お姫様のおかげで、私は⼀晩中宮殿を探していました。あなたは私のためにそれだけのことをすることができます」

私が何も⾔わずに睨みつけると、カリストは必死に懇願する。

「私と⼀緒にいてください」

私は後退し、最終的にゆっくりとうなずく。

「・・・分かりました」

 



 

⽬を開けると正午、カーテンから明るい⽇差しが降り注いでいた。

結局、⼿を繋いで眠れなかった・・・。

「うーん・・・。え!?」

私は何かに気づき、急いで起き上がる。

すると突然、⽑布が落ちて肌が露出しているのを⾒つけてショックを受けた。

「狂った⾦⾊の野郎!あの男は犬なのですか!?」

体中がカリストの唇の跡で埋められていたのだ。

「もしも私が本当に消えたら、彼はどうするの?」

⾝も凍るような想像⼒で震えているとき。

コンコン。

「お姫様、起きましたか?⼊ってよろしいでしょうか?」

誰かが皇太⼦の寝室のドアをノックした。

「わぁ、待って!」

私はパニックになり、⾃分の服を探す。

けれど、ベッドの近くのどこにも服を見つけることができなかった。

唇を噛んで、最後まで⽑布で体を覆うことに。

「お⼊りください」

ドアが開き、たくさんのメイドが⼊ってくる。

彼らが毎朝これをするつもりなら、私が彼らに私の部屋に来ないように脅したので、彼らはぎこちなかった。

「昨夜はいい夢を⾒ましたか?お⾵呂の準備が出来ております、お姫様、いいえ、王女様」

(だから私は彼⼥が好きではありません!)

カリストの乳⺟であり、皇太⼦宮殿の⼥中である男爵夫⼈は、すでに私を宮殿の主⼈のように扱っている。

不安と重荷を感じずにはいられません。

「もう少しお休みになられますか?」

メイド長は、⽑布を着て動かない私にガウンを⼿渡したとき尋ねた。

「私の服はどこ?」

「お⾵呂に⼊ったら、洋服を⽤意します」

「⾃分の部屋に⾏って、自分で選びたいわ」

「申し訳ありませんが、昨⽇着ていた服は洗濯済みでして」

メイドは申し訳なさそうな笑顔で答える。

「では、なぜ私に着る服を持ってこないのですか?」

疑問符が私の頭の上に浮かんでいたが、彼⼥はすぐにガウンを⼿渡してくる。

王⼦の⽝のような気性に⻑年耐えてきた彼⼥は、⼿ごわい相⼿だ。

それは、レイラを守っていた公爵の⼥中とは確かに異なっていた。

(⼤騒ぎするのではなく、すぐに洗い流して戻りましょう)

「一人で入るわ」

「了解しました。外でお待ちしておりますので、お気軽に洗い流してください」

メイド長は不思議な後悔の表情で⽴ち去っていく。

 



 

幸いなことに、私がお風呂から出た時、服はベッドの上にきちんと置かれていた。

薄⻩⾊のドレスだ。

コンコン。

「お姫様、お⾵呂が終わったらしばらく⼊ってもいいですか?」

「どうぞ」

⾃分の部屋ではなかったので、すぐに許可する。

たくさんのメイドを引きずり込んでいるメイド長をもう⼀度⾒たとき、少し⽬を開く。

「お姫様、いいえ、王⼥様。お⾷事はいかがですか?」

(何か怪しい)

このようなときは、跳ね返るのが最善です。

「いいえ。私は⾃分の部屋に⾏って⾷事をします」

そう叫び、寝室をまっすぐ⾛る。

「ま、待ってください!お姫様!」

思いがけない⾏動を予期していなかったメイド長が急いで⽌めようとしたが⼿遅れだった。

私はすぐにドアに到着し、躊躇うことなくドアノブを回す。

「・・・え?」

⽬の前で⼤きな槍が交差する。

「お戻りください、お姫様。外は危険ですので、しばらく出られません」

2⼈の将軍がドアを囲み、槍で⼊り⼝を塞いだ。

それは皇太⼦の護衛。

「あ、あなたたち・・・」

唖然とし、⼝が鯉のようだったとき。

遅く私を追いかけていたメイド長が頭を下げた。

「王⼥様、お願いします。皇太⼦殿下は戴冠式まであなたを部屋から出すなと命じております」

「は?」

本当の監禁?

 



 

見事にお互いの意見が合わないペネロペとカリスト。

独占欲の非常に強いカリストですから、ペネロペが自分から離れることは絶対に許せないですよね。

ですが、まさか監禁行為までしてしまうとは・・・。

このまま過ごせば自動的に王女になってしまうでしょう。

悪役のエンディングは死のみ【245話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 今回は245話をまとめま...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 ネタバレ満...
【継母だけど娘が可愛すぎる】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「継母だけど娘が可愛すぎる」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...
【できるメイド様】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「できるメイド様」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっておりま...
【優しいあなたを守る方法】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「優しいあなたを守る方法」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...