悪役のエンディングは死のみ

悪役のエンディングは死のみ【26〜27話】ネタバレ




こんにちは、ちゃむです。

「悪役のエンディングは死のみ」の原作小説を紹介させていただきます。

今回は26〜27をまとめました。

ちなみに韓国語は殆ど無知です。知り合いに韓国語を勉強していた方がいたので、協力してもらいながら勉強をしています♪

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆ど無...

 



 

大学の友達に勧められ、乙女ゲーム「公女様のラブラブ・プロジェクト」を始めた主人公。 自分と似た境遇のハードモードのヒロイン、 悪女「ペネロペ」に感情移入し、ゲームに没頭してしまった。 ゲームの途中寝落ちして、起きたら自分がゲームの中の「ペネロペ」になっていた。 死亡エンドを避けるためには…攻略対象からの好感度を上げ、 ゲームをクリアするしか手はない!? 

ペネロペ・エカルト:主人公で悪役令嬢。ゲームではハードモードのヒロイン。公爵家の娘だが、実際には血の繋がりは無い。

イヴォン:ヒロイン。エカルト公爵家の娘だが、18歳になるまでは平民の娘として過ごしていた。ノーマルモードでは彼女はヒロイン。

デリック・エカルト:エカルト公爵家の長男。冷酷な貴公子キャラ。

レナルド・デカルト:エカルト公爵家の次男。気が短く、口が悪い。

カリスト・レグルス:イオカ帝国の皇太子。人の命を軽視する暴君。

ヴィンター・ベルダンディ:侯爵であり魔術師。様々な情報や裏取引を扱う。

イクリス:亡国の貴族出身の奴隷。ペネロペを同情した唯一のキャラ。

【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆ど無...



 

26〜27話 ネタバレ

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 調査

エミリーは宝石箱を持って戻ってきました。

ペネロペはその中の一つ、ラピスラズリのカフボタンを手に取ります。

「これが良いわ」

宝石箱をテーブルに置いて、彼女は満足な笑みを浮かべました。

「これを旦那様への贈り物としてあげるつもりですか、お嬢様?」

ペネロペの答えは「いいえ」でした。

そして、彼女は自分の宝石箱を持ってくるようにエミリーに伝えます。

ペネロペはその宝石箱をしばらく⾒つめ、何かを考えて話し始めました。

「あなたの知り合いにお願いしたいことがあります」

「え?それは何ですか?」

「貴族に詳しい知人を知っていますか?」

「私はあまり知りませんが、私のルームメイトはおそらく知っています」

「名前は?」

「えっと・・・、彼⼥の名前はレナですが・・・」

「彼⼥は今どこにいますか?」

「・・・で、ですが私はレナよりもうまくやれます、お嬢様!!」

エミリーは自分の立場が奪われることを恐れていました。

ペネロペがエミリーを専属メイドとして選んだ本当の理由は、この種のものを彼⼥に任せることができるようにするためでした。

「あなたは以前私をとても軽蔑していました」

しかし、彼女はわざと彼⼥に緊張感を与えることにします。

「どうして私を軽蔑したあなたを信頼できるでしょうか?」

「お、お嬢様!!」

エミリーの顔は、まるで過去を思い出したかのように、一瞬で⻘ざめました。

「私、私は・・・」

彼⼥は少し考えて⾔いました。

「私はお嬢様の考えを察知し、状況に応じて⾏動することが出来ます」

ペネロペは彼⼥が何をやってのけることができるかを証明しようとすることに計画を変えました。

エミリーは必死の顔で彼女を説得しようとしました。

「あなたが私に⾔ったことを⼀度も失敗したことはありません」

「・・・」

「私に任せてください。私はあなたの専属メイドです・・・」

⻑い沈黙がありました。

「・・・分かりました」

ペネロペは彼女の提案を受け⼊れました。

「今回はあなたを信頼してみます」

「ありがとうございます、お嬢様!!」

「宝⽯箱を開けてください」

ペネロペが命じた後、エミリーはすぐに動きました。

彼女はエミリーを使い、情報提供者を使ってヴィンター・ベルダンディの行方を探すことを計画しました。

ペネロペが彼について知っていたのは、彼がウサギのマスクをつけた魔術師だったということだけです。

「これはあなたに与えられたチャンスです、エミリー。求められていないことをすることで、この場所から追い出されるかもしれません」

エミリーは真剣な眼差しで頷きました。

その時。

ドアを執事長がノックし、ペネロペは要件を聞きました。

「何ですか?」

「王宮からの招待状がきました」

それは皇太子からの招待状でした。



 

  • 招待状

「皇太⼦」という⾔葉は、屋敷の敷地内で⾔うことを禁じられている⾔葉のようでした。

ペネロペの⾸の痛みは癒えましたが、彼のことを考えるだけでまた痛くなりました。

正当な理由がない限り、王族からの招待を断ることはできません。

「・・・お⽗さまはこれについて何と⾔いましたか?」

「それは・・・」

執事長は躊躇しました。

「それはあなただけに来ました、ペネロペお嬢様。ですので、旦那様の考えはまだわかりません」

ペネロペは絶望します。

(彼は完全に頭がおかしい、あの野郎!!彼はゲームよりもはるかに狂っている!)

「次回会うときに、なぜ、どのようにして私を好きになったのかを具体的に説明する必要があります」

カリストがあの時最後に⾔ったことを思い出し、ペネロペは恐怖に震えました。

「お、お嬢様。招待状はどうしたらいいですか?」

執事長は慎重に尋ねました。

「はぁ・・・どうしよう?」

ペネロペは高熱があると執事長に伝え、彼はペネロペの考えを察知し部屋を退出しました。

エミリーが⼼配そうな顔で尋ねます。

「お嬢様、⼤丈夫ですか?お医者さまを連れてきましょうか︖」

ペネロペは断るつもりでしたが、気が変わりました。

「ええ、医者に電話してください」

ペネロペは実際に医者を呼び、彼らに心配させようと考えました。

「しばらくの間、ベッドから出れません」

少なくとも皇太⼦が彼女のことを忘れるまでは。

 



 

  • 雨の日

エミリーは、ペネロペが彼⼥に⾔ったことを数⽇間実⾏しました。

彼女は、情報提供者を探しに出かけた2⽇間に何が起こったのかを報告しました。

「⾬が降っていたのにエミリー、あなたは⼀⽣懸命働いてくれました。戻って休んでください」

「ありがとうございます。⼣⾷の時間になったらまた戻ってきます!」

エミリーは頭からつま先までびしょ濡れになっても最後まで元気でした。

ペネロペは振り返って窓の外を⾒ます。

彼女は⾬の⽇が嫌いでした。

⼀番悲惨な⽇は⾬が降っていたからです。

それは前世の記憶でした。

彼女はいつもお⺟さんに傘を持って来てもらう友達を羨ましく思いました。

「お⺟さんはいないのですか?」

その一言は彼女の記憶にいまだに残り続けています。

ペネロペはその記憶を忘れようと考え、傘を持って外に出ました。

彼女はゆっくりと庭を歩きます。

気づけば、以前にレナルドと遭遇した逃げ穴付近にいました。

部屋に戻ろうと考えた時、近くで剣を振る音が聞こえました。

「彼らは⾬が降っているときも訓練するのでしょうか?」

最近、騎⼠の訓練時間と難易度が上がったそうです。

ペネロペは⾳の出所に向かって歩き始めました。

しかし、訓練場には誰もいません。

隅にいる⼀⼈を除いて。

イクリスは⽊製の剣を振っていました。

彼が気付かないように、ペネロペはゆっくりと注意深く歩きました。

男は機械のように木刀を縦に振っている間、上半⾝は裸でした。

男はペネロペが近づいていることに気づいていないようです。

彼はそれだけ集中していました。

そして、彼女が彼のすぐ後ろに着いたとき。

男は稲妻の速さで振り返りました、何かが⾵を切り裂く⾳とともに。

⼀度まばたきをすると、⾸に何か冷たいものが触れていることに気づきました。

イクリスはペネロペだと気づいて眉をひそめます。

「ご主人様・・・」

彼は声が震えるほど慌てているようでした。

その時、ペネロペはまったく呼吸していないことに気づきました。

冷たい⽊⼑はまだ⾸に触れていましたが、イクリスが驚いたり怖がったりしないように、親しみやすく話しかけました。

「風邪を引きますよ、イクリス」

ペネロペを⾒つめていた彼の灰⾊の⽬は、もう⼀度揺れました。

[好感度23%]

 



 

悪役のエンディングは死のみ【24〜25話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」の原作小説を紹介させていただきます。 今回は24〜25話をま...
悪役のエンディングは死のみ【28話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」の原作小説を紹介させていただきます。 今回は28話をまとめま...

↓紹介している作品5つを僕の好きな作品順にしてみました^_^

ちゃむのおすすめランキング こんにちは、ちゃむです。 このサイトでは、漫画・小説アプリの「ピッコマ」作品の先の展開を紹介させていただいております。 ...

 

【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆ど無...
【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆...
【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「伯爵家の暴れん坊になった」の原作小説を紹介させていただきます。 2021年1...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆ど無...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国...