悪役のエンディングは死のみ

悪役のエンディングは死のみ【28話】ネタバレ




こんにちは、ちゃむです。

「悪役のエンディングは死のみ」の原作小説を紹介させていただきます。

今回は28をまとめました。

ちなみに韓国語は殆ど無知です。知り合いに韓国語を勉強していた方がいたので、協力してもらいながら勉強をしています♪

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語...

 

大学の友達に勧められ、乙女ゲーム「公女様のラブラブ・プロジェクト」を始めた主人公。 自分と似た境遇のハードモードのヒロイン、 悪女「ペネロペ」に感情移入し、ゲームに没頭してしまった。 ゲームの途中寝落ちして、起きたら自分がゲームの中の「ペネロペ」になっていた。 死亡エンドを避けるためには…攻略対象からの好感度を上げ、 ゲームをクリアするしか手はない!? 

ペネロペ・エカルト:主人公で悪役令嬢。ゲームではハードモードのヒロイン。公爵家の娘だが、実際には血の繋がりは無い。

イヴォン:ヒロイン。エカルト公爵家の娘だが、18歳になるまでは平民の娘として過ごしていた。ノーマルモードでは彼女はヒロイン。

デリック・エカルト:エカルト公爵家の長男。冷酷な貴公子キャラ。

レナルド・デカルト:エカルト公爵家の次男。気が短く、口が悪い。

カリスト・レグルス:イオカ帝国の皇太子。人の命を軽視する暴君。

ヴィンター・ベルダンディ:侯爵であり魔術師。様々な情報や裏取引を扱う。

イクリス:亡国の貴族出身の奴隷。ペネロペを同情した唯一のキャラ。

【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語...

 




28話 ネタバレ

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 選択肢

イクリスの好感度は3%上がりましたが、ペネロペはそれについて満⾜できる状況ではありませんでした。

「どうしてあなたは・・・」

「まず、これを私から遠ざけることができますか?」

ペネロペは⾸のそばの⽊⼑をちらりと⾒ながら聞きました。

「冷たいので」

「・・・あ」

イクリスは思わず剣を空中に投げて⼿を上げました。

「申し訳ありません」

彼は地⾯にひざまずいて謝罪しました。

さっきよりも激しく⾬が降り始めました。

ペネロペは彼が哀れに⾒えました。

ペネロペは彼が自分の左⼿の⼈差し指につけていた深紅⾊のルビーリングを見ていることに気づきます。

おそらく罰を与えられると彼は思っているのでしょう。

これがゲームだったら、このシーンで選択肢があった筈です。

(・・・私が生き延びるなら、今何を⾔わなければならないのか)

ペネロペは⽬の前にひざまずいていたイクリスを⾒下ろしました。

彼は床を⾒下ろしながら悲しい⼦⽝の⽬をしましたが、彼は内心で何を考えているのだろうかと思います。

⼀⽇で国を失い、貴族から奴隷に転落した奴隷。

イクリスが何を感じているかを推測するのは難しいことではありませんでした。

誰もいないのに剣を振る彼の姿と、息を呑むような恐ろしいオーラ。

彼がどれほどの怒りを抱いていたかが分かります。

これに対する答えは1つだけでした。

そのオーラが何であるかさえ知らないかのように、ノーマルモードのヒロインのように優しく微笑む。

そして。

【⼤したことではありません】

そう言えば良いのです。

けれど、ペネロペはその言葉が出ませんでした。




  • 望むもの

「・・・イクリス」

彼女は手のひらを握りしめ、代わりに他の⾔葉を選びました。

少なくとも彼女がまだペネロペである限り、このゲームの悪役令嬢です。

「ここの騎⼠たちは厳しくありません。何故あなたはこの天気の中でトレーニングをしているのでしょうか?」

「・・・」

「あなただけですよ」

ペネロペは笑顔を浮かべました。

彼女が笑顔を浮かべた時、イクリスの感情の読めない顔は唖然とした表情に変わりました。

「びしょ濡れじゃないですか」

ペネロペは⼿を伸ばして、彼の両⽬が見えるように前髪をずらします。

「教えてください。誰があなたにこのようなことをするように⾔ったのですか?」

彼女の指がイクリスに触れたとき、彼は瞬時に顔を真っ赤にしました。

「・・・誰も」

「・・・」

「誰も私に命令していません」

「では何故?」

「私はただ・・・」

イクリスはペネロペの目を見ました。

「私は正式に騎⼠になりたかったので、できるだけ早くご主人様の側に付きたいと思いました・・・」

「・・・」

「だから私は⼀⼈で訓練していました、ご主人様」

ペネロペは彼の答えに優しくほほ笑みました。

「私はあなたの⼀⽣懸命トレーニングしたことに対して賞を与えるべきでしょう。何か欲しいものはありますか?」

ペネロペは壊れた⽊製の剣に視線を移します。

「剣が壊れているので、別の剣を与えなければいけませんね。鍛冶屋は・・・」

「・・・をお願いします」

イクリスは⼝を開けて、彼女の⾔葉を遮りました。

「ご主人様に頻繁に訪ねてもらいたいです」

ペネロペは彼の予期せぬ要求に⾔葉を失いました。

「ご主人様は私をこの場所に残した後、⼀度も私を訪ねたことはありません・・・」

「・・・」

「ご主人様が私を忘れてしまったと思いました」

それはまるで彼が愛を懇願しているかのように見えました。

「・・・わかりました。いつでも、それがあなたの望むものなら」

[好感度25%]

イクリスは彼女の答えにかすかに微笑みました。

「今⽇はトレーニングをやめてください。これは命令です」

そう⾔ってペネロペは背を向けました。

イクリスの視線が離れた場所で、ペネロペは緊張が解放されてその場に座り込みました。

何故かイクリスの瞳には、危うい何かを感じます。

「イクリスのルートが安全だったわけではありませんね」

それから彼女は頭に浮かんだ⼀つのことを呟きました。

「急いでヴィンターに会わないと」

悪役のエンディングは死のみ【26〜27話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」の原作小説を紹介させていただきます。 今回は26〜27話をま...
悪役のエンディングは死のみ【29話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」の原作小説を紹介させていただきます。 今回は29話をまとめま...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語...