悪役のエンディングは死のみ

悪役のエンディングは死のみ【29話】ネタバレ




こんにちは、ちゃむです。

「悪役のエンディングは死のみ」の原作小説を紹介させていただきます。

今回は29をまとめました。

ちなみに韓国語は殆ど無知です。知り合いに韓国語を勉強していた方がいたので、協力してもらいながら勉強をしています♪

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語...

 

大学の友達に勧められ、乙女ゲーム「公女様のラブラブ・プロジェクト」を始めた主人公。 自分と似た境遇のハードモードのヒロイン、 悪女「ペネロペ」に感情移入し、ゲームに没頭してしまった。 ゲームの途中寝落ちして、起きたら自分がゲームの中の「ペネロペ」になっていた。 死亡エンドを避けるためには…攻略対象からの好感度を上げ、 ゲームをクリアするしか手はない!? 

ペネロペ・エカルト:主人公で悪役令嬢。ゲームではハードモードのヒロイン。公爵家の娘だが、実際には血の繋がりは無い。

イヴォン:ヒロイン。エカルト公爵家の娘だが、18歳になるまでは平民の娘として過ごしていた。ノーマルモードでは彼女はヒロイン。

デリック・エカルト:エカルト公爵家の長男。冷酷な貴公子キャラ。

レナルド・デカルト:エカルト公爵家の次男。気が短く、口が悪い。

カリスト・レグルス:イオカ帝国の皇太子。人の命を軽視する暴君。

ヴィンター・ベルダンディ:侯爵であり魔術師。様々な情報や裏取引を扱う。

イクリス:亡国の貴族出身の奴隷。ペネロペを同情した唯一のキャラ。

【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語...

 




29話 ネタバレ

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 今後のこと

【好感度25%】

イクリスはすべてのキャラの中で最も⾼い好感度を持っていました。

けれど、ペネロペはどうしてか安心出来ません。

デリックとレナルドは毎回2〜3%程度しか上昇しません。

しかし、イクリスの好感度の上がり方は異常です。

彼だけを頼るのは危険と彼女は考えました。

「・・・問題が発⽣した場合に備えて、別のキャラも攻略する必要があるわね」

冷たい⾬を両腕に感じ、彼女は頭を冷やしました。

「ええ、それで⼗分です。予想外の事態ではなかったので、慌てる必要はありません」

ペネロペは落ち着きます。

落ち着いた今、体が冷たくて疲れを感じ始めました。

邸宅に急いで戻らなければ、この弱い体は明⽇病気になるでしょう。




  • 望むもの

エミリーは2日間の捜索結果をペネロペに報告しました。

「お嬢様。こちらが調査報告書です」

エミリーは彼女が頼んだ紅茶とケーキをテーブルに置き、次に封筒を置きました。

ペネロペは各封筒の中身を確認します。

「これで全部ですか?」

残念ながら、リストにはヴィンターの名前は表記されていませんでした。

しかし、これはエミリーのせいではありませんでした。

[⽩いハンカチを持って、第2皇子の誕⽣⽇の宴会に出席した貴族]

ペネロペがエミリーに渡した紙に書いた情報は、特定の人物を⾒つけるのに⼗分ではありませんでした。

エミリーは別の情報提供者を探すと言いましたが、彼女は首を横に振りました。

「⼤丈夫です。これで⼗分なリストです」

残された道は一つだけでした。

ノーマルルートと同様に、彼が参加する可能性のあるすべてのパーティーに参加すること。

ペネロペは情報提供者に与えた宝石の残りはエミリーへの報酬だと言いました。

けれど、エミリーはそれを断ります。

ペネロペは彼⼥の意図が分からず、少し眉をひそめました。

「それで、あなたは何が欲しいのですか?」

エミリーはペネロペの冷たい視線に躊躇しつつも、彼⼥が望むことを話し始めました。

「私・・・私は、お嬢様の真の専属メイドになりたいです」

ペネロペはエミリーをじっと⾒つめて、彼⼥が本当に望んでいるものであるかどうかを確認し、それから気にせずに話しました。

「あなたはすでに私の専属メイドです。これ以上何もできませんわ」

「お嬢様!」

エミリーは床にひざまずきました。

「申し訳ありませんでした!!」

「・・・」

「私はこれまでお嬢様に多くの悪いことをしました。お嬢様が私を信用できないことは分かっています」

「エミリー」

「けれど、もう⼀度チャンスをくれたら証明します!お嬢様の役に⽴つことを証明します!」

「あなたが⾔っているのは、あなたは私の右腕になりたいということですか?」

「はい!」

ペネロペには彼女が理解できませんでした。

(彼⼥は何を計画しているのでしょうか?)

エミリーは⾃信を持って話しました。

「私が疑わしいことをしているのを⾒つけたら、針の件を旦那様に伝えてください」

エミリーの表情は明らかに嘘をついている顔ではありませんでした。

(これはゲームのエピソードの1つでしょうか?)

ペネロペの考えは⻑くは続きませんでした。

「残りの宝⽯が⼊った宝⽯箱を以前の場所に戻してください」

「お嬢様・・・!」

エミリーはその場から勢いよく⽴ち上がりました。

「ありがとうございます、お嬢様!これからも頑張ります!」

「今すぐ休みを取ってください」

エミリーがペネロペの部屋を出たちょうどその時、彼女の⽬の前に⽩いメッセージが現れました。

この邸宅で働く⼈々との関係が改善されたため、あなたの名声は+10になりました。

(合計15)

(なるほど、そういう事ね・・・)

  • 平穏

平和な時間を過ごしていたペネロペでしたが、内心は穏やかではありませんでした。

「⾼位の若い貴族の男性が出席するすべてのパーティーの招待状を集めてください」

ペネロペは執事長にそのように頼みました。

「ふぅ、私の幸せな安息時間。今、平和は終わりました・・・」

彼女はヴィンターを⾒つけるために、すべての可能なパーティーに出席しようと考えていました。

ちょうどその時、少し開いていた窓が強風で大きく開きました。

悪役のエンディングは死のみ【28話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」の原作小説を紹介させていただきます。 今回は28話をまとめま...
悪役のエンディングは死のみ【30話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」の原作小説を紹介させていただきます。 今回は30話をまとめま...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語...
【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆...
【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「伯爵家の暴れん坊になった」の原作小説を紹介させていただきます。 2021年1...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆ど無...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」の原作小説を紹介させていただきます。 ...