悪役のエンディングは死のみ

悪役のエンディングは死のみ【293話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。

今回は293をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 



 

大学の友達に勧められ、乙女ゲーム「公女様のラブラブ・プロジェクト」を始めた主人公。

自分と似た境遇のハードモードのヒロイン、 悪女「ペネロペ」に感情移入し、ゲームに没頭してしまった。

ゲームの途中寝落ちして、起きたら自分がゲームの中の「ペネロペ」になっていた。

死亡エンドを避けるためには…攻略対象からの好感度を上げ、 ゲームをクリアするしか手はない!? 

ペネロペ・エカルト:主人公で悪役令嬢。ゲームではハードモードのヒロイン。公爵家の娘だが、実際には血の繋がりは無い。

イヴォン:ヒロイン。エカルト公爵家の娘だが、18歳になるまでは平民の娘として過ごしていた。ノーマルモードでは彼女がヒロイン。

デリック・エカルト:エカルト公爵家の長男。冷酷な貴公子キャラ。

レナルド・デカルト:エカルト公爵家の次男。気が短く、口が悪い。

カリスト・レグルス:イオカ帝国の皇太子。人の命を軽視する暴君。

ヴィンター・ベルダンディ:侯爵であり魔術師。様々な情報や裏取引を扱う。

イクリス:亡国の貴族出身の奴隷。ペネロペを同情した唯一のキャラ。

【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 




 

293話 ネタバレ

悪役のエンディングは死のみ【292話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 今回は292話をまとめま...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • ユディット・レグルス⑥

さっき寝返りを全部終えたのか、忙しなく歩き回っている間に、ユディットは寝返りもなく静かに眠りについた。

大体のお世話を終えて私も楽な服に着替えて横になると、娘が幽霊のようにモゾモゾ胸に食い込んだ。

私は手を伸ばして娘の翼の間を撫で下ろす。

一日中子供を探し回って、一歩遅れて疲れが津波のように吹き荒れるような。

「毎日がスペクタクルね」

私の夢の最後の終着地のようだった古代魔法使いたちの本拠地と魔物の群れの相対関係を明らかにした後、私は皇帝との結婚と同時に一線から引き、たまに慰問をする程度に達していた。

公爵は、「もう少し頑張れば伯爵位を授与されるのではないか」と残念がっていたが、私が思うに、カリストとの結婚を引き止めることの延長線のように思えた。

残念ながら、私は特に残念だという考えは持っていない。

伯爵より皇后の方がずっと高い。

公爵がまた泣くかと思って、この言葉は辛うじて飲み込んだ。

5年間、私にできる限りのことを成し遂げ、依然として退屈な度に新しい遺物発掘報告を受けた。

歴代皇后の日課に比べれば、私はかなり自由な方だ。

子供が生まれた後は育児に専念するつもりだったのに・・・。

(まるで魔物を叩きつけていた時代と大差ないと思うのだけど)

この小さな体のどこから体力が湧き出るのか、ユディットは歩き回った後から休む暇もなく皇居の中を探検し回っている。

一度打つ事故ごとに軍事を動員しなければならないほど規模がすごかった。

今日のように秘密の場所に隠れて、作動しない遺物などを壊すのは本当に大したことない軸に属している。

 



 

「ううん、ママ・・・」

寝ながらもグズグズしているけど、本当に目に入れても痛くないほど可愛い娘だ。

私はユディットの頬にキスをしながら、胸がドキドキした先ほどの心配を払い落とした。

「そうね、あなたが面白かったらいいわよね」

カリストの幼年時代のように、やりたいことをできず、押さえつけられたまま生きてほしくない。

できるだけ広い世界を見せて、いつか子供がこの手のひらほどの可愛らしい翼を広げて跳び上がる時、落ちてもいつでも拍車がかけられるよう支えになりたい。

私が選んだ男と一緒に、永遠に。

カリストが帰ってくるのを待ちながら仕方なく娘を眺めていると、思わず眠ってしまった。

ふと、明るい光が目を刺す。

(カリストが帰ってきたのかな?)

夢うつつに目を開いた瞬間だった。

私は子供の部屋のベッドの上ではなく、見知らぬ場所に立っていた。

「ここ・・・、は」

一寸先も見えない真っ暗な闇の中、巨大な鏡一つがそびえ立っていた。

「真実の鏡」

それが何であるかに気づくとすぐに不満が湧いた。

「いや、どうしてまたここに?」

イヴォンと別れの挨拶をした時、古代魔法使いの魂の何もかも全て成仏したはずでは?

会えて嬉しいというより、少しゾッとした。

うちの子が壊したことを知って、文句を言いにきたようで。

「私にどうしろって?」

うんざりしながら多少不満そうに問い詰める。

その時だった。

突然ひびが入り鏡面が揺れ、何かが浮かび始めた。

 



 

「もしかして・・・、転生したイヴォンの姿でも見せようと思って?」

それなら、このように突然夢に現れたのが理解できた。

しかし、納得するやいなや、また別の疑問が生じる。

「ところで、なんで転生がそんなに早くできるの?」

よく分からないけど、学生時代に見た小説や映画だと数十年かかる仕事だと聞いたけど・・・。

「こっちの世界は何か違うのかな?」

首を傾げて栄養のない考えをしていた時だった。

鏡がついに一つの場面を照らす。

こちらの世界では見られない、現代的な病室の様子。

各種医療機器に連結されたままベッドにぽつんと横になっている痩せた女性の姿が。

よりによって鏡の欠片が落ちて穴が開いたところが女性の顔がある部分なので、顔を確認することができなかった。

それでも私は一瞬息を止める。

「・・・あ」

それは他でもなく、現実の私だったから。

「ど、どうして・・・」

私は手探りでゆっくりと鏡の前に歩く。

これが単純な夢なのか、本当に「真実の鏡」が見せる真実なのか分からなかった。

顔が黒く開いている女。

もう少し詳しく覗くために鏡の前に近づいた瞬間。

「え?」

突然何かが手のひらを突き刺し、私は反射的に手を見下ろす。

いつの間にか私の手には鏡の欠片があった。

私はそれが何であるかを一目で判断する。

「ユディットが持ってきた欠片だ」

驚くべきことに、どうしてこんな偶然があり得るのか。

 



 

驚きの展開。

真実の鏡がなぜペネロペの本当の姿を見せたのか。

欠片を戻すことで何が起きるのでしょうか?

悪役のエンディングは死のみ【294話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 今回は294話をまとめま...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 ネタバレ満...
【継母だけど娘が可愛すぎる】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「継母だけど娘が可愛すぎる」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...
【できるメイド様】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「できるメイド様」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっておりま...
【優しいあなたを守る方法】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「優しいあなたを守る方法」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【セイレン〜悪党と契約家族になった〜】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「セイレン〜悪党と契約家族になった〜」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載...