悪役のエンディングは死のみ

悪役のエンディングは死のみ【294話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。

今回は294をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 



 

大学の友達に勧められ、乙女ゲーム「公女様のラブラブ・プロジェクト」を始めた主人公。

自分と似た境遇のハードモードのヒロイン、 悪女「ペネロペ」に感情移入し、ゲームに没頭してしまった。

ゲームの途中寝落ちして、起きたら自分がゲームの中の「ペネロペ」になっていた。

死亡エンドを避けるためには…攻略対象からの好感度を上げ、 ゲームをクリアするしか手はない!? 

ペネロペ・エカルト:主人公で悪役令嬢。ゲームではハードモードのヒロイン。公爵家の娘だが、実際には血の繋がりは無い。

イヴォン:ヒロイン。エカルト公爵家の娘だが、18歳になるまでは平民の娘として過ごしていた。ノーマルモードでは彼女がヒロイン。

デリック・エカルト:エカルト公爵家の長男。冷酷な貴公子キャラ。

レナルド・デカルト:エカルト公爵家の次男。気が短く、口が悪い。

カリスト・レグルス:イオカ帝国の皇太子。人の命を軽視する暴君。

ヴィンター・ベルダンディ:侯爵であり魔術師。様々な情報や裏取引を扱う。

イクリス:亡国の貴族出身の奴隷。ペネロペを同情した唯一のキャラ。

【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 




 

294話 ネタバレ

悪役のエンディングは死のみ【293話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 今回は293話をまとめま...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 決別

しばらく彫刻をじっと見下ろしていた私は、決心したかのようにそれを持ち上げた。

既にここに残ることを選択した後なので未練がないことは知っていたが、それでも会いたかった。

なぜ、どうしてまだ生きていられるのか。

この世界にいる間、私はどんな格好で生きていたのか。

鏡越しに見ることくらいは大丈夫だろう。

私は可哀想なほど空っぽの女性の顔の上に、ゆっくりと手に握っていたものを押し込んだ。

カチャ。

彫刻は嘘のようにピッタリ嵌まった。

しばらくすると、刺さった彫刻から白い光が流れ始める。

「うっ」

眩しくて私は小さな呻き声をあげながら腕で顔を隠した。

ピッ、ピッ、ピッ。

そしてある瞬間、光が消え、単調な機械音が耳元を鳴らした。

私は顔を覆っていた腕を下ろしてゆっくりと目を開ける。

そして大慌てした。

さっきまで鏡の前に立っていたのに、いつの間にか私は鏡の中に映った場所。

病室の中に立っている状態だったのだ。

「何?どういうこと?鏡の中に連れてこられた?それとも・・・、戻ってきた?」

どこからか涼しい風が吹いてきて、長い髪をかすめて通り過ぎる。

辺りをキョロキョロしていると、片隅にとても久しぶりに見る現代風の窓が開いているのが見えた。

私は手探りで手を伸ばし、ひらめく髪を掴む。

幸いなのか不幸なのか、元の体に戻ったわけではなかった。

白いパジャマの上に曲がる濃いピンク色の髪、そして元の体とはハッキリと違う両手。

私はまだペネロペの体の中にいた。

そして私の前には・・・。

各種医療機器と酸素呼吸器に頼ったまま、辛うじて息をしているような女性が。

私の現世の身だった。

 



 

「・・・本当に生きていたのね」

私はまるで他人を見るかのように見知らぬ自分の元の体を見つめながら呟く。

すでに魂が離れて久しいためか分からないが、生気が抜けて黒ずんだ姿はまるで死体のようだった。

ピッ、ピッ、ピッ。

しかし、一定の間隔で心拍数を示す生命維持装置を見ると、少しずつ実感が湧いてくる。

「まだ生きているのね・・・」

胃癌になったのに、まだ生きているなんて。

ぼんやりと私の元の体を見つめていた私は、やがて目を離してベッドの周りに視線を向ける。

来るやいなや発見したが、わざと知らない顔をした。

ベッド横の補助ベッドには父親が体を丸めたまま横になっていて、向かい側のソファには次男が座って居眠りしていた。

長男はいないようだ。

みんな一晩中看病でもしたような身なり。

しかし、そんなはずはなかった。

私は首を横に振りながら空笑いする。

レイラがかけていた洗脳を解く時、「真実の鏡」がしばらく見せてくれた私の現世の姿にも、私は率直に信じられなかった。

(今さら悪いことをしたと哀願するの?)

庭で飼っていた品種の分からない大きな犬が通り過ぎる時に笑うだろう。

その家の隅で放り出された犬ほどではないのだから。

「まだ世論を気にしているの?」

私は眉をひそめて考えた。

向こうの世界にいる間、ここの時間がどれだけ流れたかは分からない。

しかし一人部屋の病室に半分死んでいる腹違いの私生児を連れてきて、一堂に会してショーをする理由と言えば、それしかなかった。

「可哀想なふりをするより、むしろ早く死なせて葬儀を行う方がもっと楽だろうに」

 



 

生物学的父と次男、そしてベッドの上の私の体まで。

冷静な目で次々と見回した私はベッドの方に近づいた。

近くで見ると、補助装置をたくさんつけたまま、苦労して生きている自分の姿がかえって手に負えなく見えた。

こんなに無理に生きていて何の意味があるのだろうか。

ゆっくりと手を伸ばして顔を覆っている酸素呼吸器の上を指差す。

私はこの世界の自分の体も自由にしてあげたかった。

なぜなら、ここにいる間、とても大変で辛かったから。

最後まであの人間たちの手中に抑えられて勝手に死ぬこともできない状態になってしまうなんて、なんて悔しいことだろう。

酸素呼吸器を握った手に自然と力が入る。

今になって現世に対する未練は感じられなかった。

ただ、ここではただ一握りの幸せな記憶も持たないまま無念に死ななければならないというのが少し悲しいだけ。

「大丈夫。あなたにはもう帰る場所があるじゃない」

未練はなかったが、いざ自分の手で人生を終えようとすると胸の片隅が痛くなる。

しばらくの深呼吸。

やがて手に力を入れて酸素呼吸器を外そうとした瞬間だった。

「だ、誰だあなたは!?」

 



 

まさか現世に戻ってくるとは・・・。

元の体に戻ったわけではないのが幸いですね。

酸素呼吸器に触れる直前、声をかけてきたのはペネロペに対して?

悪役のエンディングは死のみ【295話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 今回は295話をまとめま...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 ネタバレ満...
【継母だけど娘が可愛すぎる】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「継母だけど娘が可愛すぎる」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...
【できるメイド様】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「できるメイド様」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっておりま...
【優しいあなたを守る方法】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「優しいあなたを守る方法」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【セイレン〜悪党と契約家族になった〜】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「セイレン〜悪党と契約家族になった〜」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載...