悪役のエンディングは死のみ

悪役のエンディングは死のみ【295話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。

今回は295をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 



 

大学の友達に勧められ、乙女ゲーム「公女様のラブラブ・プロジェクト」を始めた主人公。

自分と似た境遇のハードモードのヒロイン、 悪女「ペネロペ」に感情移入し、ゲームに没頭してしまった。

ゲームの途中寝落ちして、起きたら自分がゲームの中の「ペネロペ」になっていた。

死亡エンドを避けるためには…攻略対象からの好感度を上げ、 ゲームをクリアするしか手はない!? 

ペネロペ・エカルト:主人公で悪役令嬢。ゲームではハードモードのヒロイン。公爵家の娘だが、実際には血の繋がりは無い。

イヴォン:ヒロイン。エカルト公爵家の娘だが、18歳になるまでは平民の娘として過ごしていた。ノーマルモードでは彼女がヒロイン。

デリック・エカルト:エカルト公爵家の長男。冷酷な貴公子キャラ。

レナルド・デカルト:エカルト公爵家の次男。気が短く、口が悪い。

カリスト・レグルス:イオカ帝国の皇太子。人の命を軽視する暴君。

ヴィンター・ベルダンディ:侯爵であり魔術師。様々な情報や裏取引を扱う。

イクリス:亡国の貴族出身の奴隷。ペネロペを同情した唯一のキャラ。

【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 




 

295話 ネタバレ

悪役のエンディングは死のみ【294話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 今回は294話をまとめま...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 決別②

「だ、誰だあなたは!?」

誰かが大きな怒声を上げた。

私はビクビクしていた行動を止め、顔を上げる。

そして補助ベッドから半分くらい立ち上がっていた中年の男性と正面から目が合った。

「あ、あなた・・・。ど、どうやってここに入ってきた?い、今何をしている?」

「・・・」

「うちの娘に今何をしているんだ!今すぐ離れろ!」

寝起きで状況把握ができていないのか、吃りながら話していた男が、やがてベッドから飛び起きた。

「父さん、急にどうし___。あ、あ、あの女は何だ?幽霊なのか?」

真夜中の騒ぎでソファで居眠りをしていた次男も、一瞬で目が覚めたようだ。

(な、何?私の姿が見えるの?)

私はそっと下唇を噛む。

静かに酸素呼吸器だけを外して早く帰る予定だったが、失敗だった。

前回の「真実の鏡」の中でイヴォンの過去を確認した時のように当然見えないと思っていたから。

(厄介なことになった。突然現れた外国人の暗殺者だと思う?それとも精神病棟から脱出した狂人とか・・・)

私が彼らの私生児だということを知るはずがないので、この人間たちの目に今の私がどのように映るか想像すると目の前がクラッとした。

 



 

あまりにも慌てたあまり、酸素呼吸器から手を離すことも考えずに硬直している瞬間だった。

ガチャ。

その時、病室のドアが開くと見えなかった長男が加湿器を持って入ってきたのだ。

「父さん、何が・・・」

彼は私と自分の家族の間の奇妙な対峙状態にしばらく立ち止まっていたが、やがて状況把握をしたように表情を冷たくする。

「どこから送られてきたの?」

私に向かって尋ねる声には温もり一つ含まれていなかった。

やはり長男ならそうだと思った。

刺すと血の代わりに電気が流れるように情が無い男だから。

3人の鋭い視線が完全に私に注がれた。

心の中でため息をつき、どうすればいいのか考えていたとき。

「日本語はできる?」

病室の真ん中にあるテーブルまで歩いてきた長男が平気な顔で加湿器を下ろして尋ねた。

そして、すぐに答えた。

「確かに、知らなければガードたちを避けてここまで侵入することはできなかっただろう」

「・・・」

「そちらから見返りに何をあげると言われたのか教えて。それに3倍、いいや10倍にしてあげよう」

少し意外だ。

そこまで言う理由に見当がつかなかった。

(株で儲けたのかしら?)

私は少し不機嫌な気持ちで聞き返す。

「そうね。私が何が欲しいと思う?」

「お金?麻薬?それとも犯罪記録?」

「あ、あの女の子、もしかしてここに閉じ込められたんじゃないのか?すぐ隣が精神病等じゃないか!」

その時、自分なりに何かを導き出したのか、次男が興奮した声で割り込んできた。

長男がそんな彼の方をしばらく振り返り、落ち着いて話を受けた。

「あんな外国人の女の子が入院しているという報告は受けていない。君、元々の国籍はどこなんだ?」

この状況で国籍だなんて。

実に面白い質問じゃない。

私は空笑いして首を傾げた。

「それが重要なの?今、私の手にこの女の子の命がかかっているのに」

 



 

「狂った女!お前、その子に何かしてみろ。ただじゃおかないぞ!」

「やらかして後悔するようなことはしない方がいい」

悪戯な私の口調に、次男と長男が相次いで反応した。

特に長男は、どういう理由があるのか歯まで食いしばっているではないか。

「お前の後ろが誰でも構わない。すべての手段を総動員して二度と空を見ることができないようにしてやるから___」

「やめろ!」

その時だった。

突然前から大きな叫び声が沸き起こった。

私と兄弟の視線がぐるりと回る。

「・・・やめてください」

そこには不安と無力さで点滅された見慣れない顔の中年男性が立っていた。

病室に侵入した女性と息子たちの対峙関係を引き止めた私の生物学的父親は、冷や汗を流しながらやっと尋ねる。

「欲しいものは・・・、欲しいものは何ですか?」

「・・・」

「テソンを解散すればいいですか?いいえ、私が・・・、私が死ぬことを望んでいますか?」

「・・・」

「少しの時間だけいただければ、私が死にます。その後、会社を解散しようが吸収しようが勝手にしてください。代わりに私の娘にはどうか触れないでください。お願いします・・・」

「「父さん!?」」

父親の言葉に、兄弟が同時に叫んだ。

テソン企業は、父親の祖父から一生をかけて成し遂げた会社だった。

そこまで口にするほど私の体に価値があるなんて、なかなか理解が追いつかなかった。

 



 

まさかペネロペの体が見えているとは・・・。

さすがに父親たちもペネロペが自分の娘だとは気づかないでしょう。

この状況をどうやって収束させるのでしょうか?

悪役のエンディングは死のみ【296話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 今回は296話をまとめま...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 ネタバレ満...
【継母だけど娘が可愛すぎる】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「継母だけど娘が可愛すぎる」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...
【できるメイド様】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「できるメイド様」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっておりま...
【優しいあなたを守る方法】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「優しいあなたを守る方法」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【セイレン〜悪党と契約家族になった〜】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「セイレン〜悪党と契約家族になった〜」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載...