悪役のエンディングは死のみ

悪役のエンディングは死のみ【296話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。

今回は296をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 



 

大学の友達に勧められ、乙女ゲーム「公女様のラブラブ・プロジェクト」を始めた主人公。

自分と似た境遇のハードモードのヒロイン、 悪女「ペネロペ」に感情移入し、ゲームに没頭してしまった。

ゲームの途中寝落ちして、起きたら自分がゲームの中の「ペネロペ」になっていた。

死亡エンドを避けるためには…攻略対象からの好感度を上げ、 ゲームをクリアするしか手はない!? 

ペネロペ・エカルト:主人公で悪役令嬢。ゲームではハードモードのヒロイン。公爵家の娘だが、実際には血の繋がりは無い。

イヴォン:ヒロイン。エカルト公爵家の娘だが、18歳になるまでは平民の娘として過ごしていた。ノーマルモードでは彼女がヒロイン。

デリック・エカルト:エカルト公爵家の長男。冷酷な貴公子キャラ。

レナルド・デカルト:エカルト公爵家の次男。気が短く、口が悪い。

カリスト・レグルス:イオカ帝国の皇太子。人の命を軽視する暴君。

ヴィンター・ベルダンディ:侯爵であり魔術師。様々な情報や裏取引を扱う。

イクリス:亡国の貴族出身の奴隷。ペネロペを同情した唯一のキャラ。

【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 




 

296話 ネタバレ

悪役のエンディングは死のみ【295話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 今回は295話をまとめま...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 決別③

「・・・私こそ気になることがあるんだけど」

依然として酸素呼吸器から手を離さずに口を開けると、何か変化が生じたと思ったのか、男が慌てて答えた。

「な、何だ?何でも聞いてみなさい」

「この女の子に、どうしてそこまで言うの?」

「・・・」

「あなたたちは、この子が嫌いだったと聞いているけど。亡くなってほしいと思っていたんじゃない?」

「な、何を・・・」

あまりにも的を射ているのだろうか、3人の男は同じように愚かな表情を浮かべる。

一番先に反応したのは意外にも次男だった。

「そんなことはなかった!そんなこと考えたこともない!」

何がそんなに悔しいのか次男が叫んだ。

耳が痛くしてしばらく眉をひそめていた私は、すぐに聞き返す。

「じゃあ、どうしてあんなに死ぬほど虐めていたの?」

「・・・え?」

「家の隅にいるようでいないような子供を、どうして毎日のように苦しめていたの?お腹を空かせてこっそネズミのように盗んで食べたご飯にはどうしてゴミを混ぜていたの?」

「・・・」

私の話に次男の口が嘘のように閉ざされた。

それに留まらず、残りの男たちの方を振り返り尋ねる。

「塾に通わずに自分の手で大学に合格した子に、どうして褒め言葉も小遣いも渡さなかったの?」

「・・・」

「耐えきれずに出ていくという子に、どうしてまともな部屋も渡さなかったの?」

「・・・」

「うんざりするゴキブリとカビに耐えられなくてアルバイトを3つ掛け持ちして、帰ってきて一晩中勉強して。そんなに死ぬほど頑張っている子に、どうして安否の連絡を一度もしなかったの?」

「・・・」

「私はそれが気になってたまらない」

 



 

「真実の鏡」が、この人間たちが後悔する姿を見せてくれた時、私はあまりにも気になった。

私にしたその全てのことを一体なぜ後悔しているのか。

「そのように底意を持って、結局乞食のような病気にかかってしまうようにするのが、あなたたちが望んでいたことではなかったの?」

次男は私を見るたびに「乞食のような女の子」という言葉を口にして生きてきた。

口から吐き出さなくても、父親と長男が私を眺める視線も同じようだった。

まるで嘘のようではないか。

本当に乞食のように生きて死んでしまった私の体。

まるで私がいくら生きようともがいても、結局彼らが話していた通りにならざるを得なかったかのようだ。

「・・・」

ただ気になることを聞いただけなのに、病室の中は葬式でもするかのように一瞬で静かになる。

私は答えのない人間たちから顔を背けて、ぼんやりと元の体を眺めた。

酸素呼吸器によって無理やり空気を注入され、吐き出すことを繰り返す私の可哀想な体を。

「可哀想じゃない?私だったら、このまま永遠に目が覚めたくないのに」

「・・・」

「あなたたちの欲のために最後までこんなに惨めに生きていかなければならないことを知ったらどれほど死にたいことか」

惨稽たる終末に対する悲しみは一瞬だけ。

これ以上この人間たちの関心と愛情が必要ないためか、この全てが一編の喜劇のように感じられた。

 



 

私は自分の体から視線を離し、自分の前に罪人のように立っていた3人の人間に向かって毒気のこもった言葉を吐き出した。

「分からない?この子が起きないのは、あなたたちの顔を見るのがゾッとするからだってことを」

「そ、そんなことは・・・」

「もしかしたら、もう天国に行って、あなたたちは全て忘れて新しい家族に会って幸せに暮らしているかもしれない」

「・・・」

「だから死んでいく死体を抱きしめて後悔や心配するふりをしないで。気持ち悪いから」

もしかしたら、これは鏡がくれたチャンスではないだろうか。

一言も反抗もできず死んだこの世界の私が可哀想で鏡がくれたチャンス。

言うことがないからか、父と兄の唇がしきりに開いたり閉じたりすることを繰り返した。

この人間たちに罪悪感を感じてもらいたいわけではない。

それでも熱なく揺れる瞳とモゴモゴする口が面白くて、ただ無邪気に笑った。

その瞬間。

「・・・」

しばらく黙っていた父親がついに何かを吐き出した。

最初は何を言っているのかちゃんと聞き取れなかった。

「・・・音」

「・・・」

「お前もしかして・・・、詩音なのか?」

でも父親が私の名前を正確に発音した瞬間、胸がドキドキした。

「お前・・・、詩音だよね?うん?」

父が釈然としない目で相次いで尋ねる。

私は口をぎゅっと閉じた。

(なんで分かったの?)

正直、とても驚いて頭の中が真っ白になった。

今この姿が分かるとは想像もしていなかったから。

 



 

現世の人生があまりにも辛い。

今になって反省されても・・・。

ペネロペが公爵と良好な関係を結べているのが嬉しくなります。

悪役のエンディングは死のみ【297話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 今回は297話をまとめま...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 ネタバレ満...
【継母だけど娘が可愛すぎる】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「継母だけど娘が可愛すぎる」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...
【できるメイド様】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「できるメイド様」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっておりま...
【優しいあなたを守る方法】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「優しいあなたを守る方法」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【セイレン〜悪党と契約家族になった〜】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「セイレン〜悪党と契約家族になった〜」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載...