悪役のエンディングは死のみ

悪役のエンディングは死のみ【297話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。

今回は297をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 



 

大学の友達に勧められ、乙女ゲーム「公女様のラブラブ・プロジェクト」を始めた主人公。

自分と似た境遇のハードモードのヒロイン、 悪女「ペネロペ」に感情移入し、ゲームに没頭してしまった。

ゲームの途中寝落ちして、起きたら自分がゲームの中の「ペネロペ」になっていた。

死亡エンドを避けるためには…攻略対象からの好感度を上げ、 ゲームをクリアするしか手はない!? 

ペネロペ・エカルト:主人公で悪役令嬢。ゲームではハードモードのヒロイン。公爵家の娘だが、実際には血の繋がりは無い。

イヴォン:ヒロイン。エカルト公爵家の娘だが、18歳になるまでは平民の娘として過ごしていた。ノーマルモードでは彼女がヒロイン。

デリック・エカルト:エカルト公爵家の長男。冷酷な貴公子キャラ。

レナルド・デカルト:エカルト公爵家の次男。気が短く、口が悪い。

カリスト・レグルス:イオカ帝国の皇太子。人の命を軽視する暴君。

ヴィンター・ベルダンディ:侯爵であり魔術師。様々な情報や裏取引を扱う。

イクリス:亡国の貴族出身の奴隷。ペネロペを同情した唯一のキャラ。

【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 




 

297話 ネタバレ

悪役のエンディングは死のみ【296話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 今回は296話をまとめま...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 決別④

「父さん、一体何を言ってるんですか?」

「どうしたんですか、父さん。あの狂人が詩音だなんて!」

兄弟が突拍子もないことを言う自分の父親を奇異な目で眺めた。

しかし、中年男性は首を横に振りながら断固として叫んだ。

「よく見ろ!詩音とそっくりじゃないか!耳の下に産毛とえくぼ、手首の内側にあるほくろまで全て!」

雷のような叫び声に兄弟たちの視線が同時に私に注がれた。

私を探索するような二人の目が細長くなってから間もなくゆっくり大きくなっていく。

「ほ、ほ、本当じゃないか」

「これは一体・・・」

長男も混乱しているのは同じようだった。

次男が荒々しく揺れる目で尋ねる。

「お前・・・、本当に詩音なのか?」

こういう時はどう反応すればいいのか分からず、何も答えられない瞬間だった。

「詩音!ああ、詩音、詩音・・・」

突然、中年男性が私の名前を呼んで座り込んだ。

「父さん!」

驚いた兄弟が、補助ベッドに駆けつけて、自分の父親を支える。

状況はますます滅茶苦茶になった。

予期せぬことが相次いで起きているからだろうか、ちょっと変な気分だ。

不愉快なような気もするし・・・。

(必ず私の手で終わらせないといけないわけではない?)

「真実の鏡」が私に何を望んでこれを見せてくれるのか分からなかった。

さっきまでは自分の手でこっちの人生を完全に断ち切れという意味だと思っていたのに・・・。

正体までバレたのに、露骨に殺人を犯すわけにはいかないだろう。

どうせこのままにしておけば、しばらくすれば息を引き取るはず。

自分の体だから本能的に分かった。

すでに中身が無くなって久しい空っぽの器は、もう生きている日があまり残っていないことを。

(最後の選択肢を与えたのかな)

本当にこの体が死んでしまう前に、古代魔法使いたちが最後の配慮をしてくれたのかもしれない。

すでに選択を終えた私としては、あまり嬉しくない配慮だったけど・・・。

 



 

「詩音!詩音、お前一体どういうことなんだ!?」

見知らぬ目で私を警戒しながらも叫ぶ人間たちを避けて反射的に逃げる穴を探していた私は、すぐに明るく輝く光源を発見する。

(あそこが通路ね)

私の体が横になっているベッドの横の洗面台の上に付いている鏡だった。

私は躊躇うことなく3人から背を向ける。

もし光が消え、あちらの世界との繋がりが途切れるのではないかと思い、急いでそちらに向かった瞬間だった。

「詩音!ちょっと待って、詩音!一言だけ、一言だけ言わせてくれ!」

私が去ろうとしていることに気づいたのか、生物学的父親が悲鳴のように叫んだ。

「お願いだから一言だけ、一言だけ・・・」

数年間同じ家に住みながら、一度も聞いたことのない切迫した声。

そのためだろうか。

私は立ち止まり、反射的に振り向いた。

その瞬間、中年男性が補助ベッドの上から身を投げるように床に降りてくる。

驚愕する兄弟たちの静止も無駄だった。

あっという間に私の足元まで迫ってきた生物学的父親は、驚くべきことに私の前に跪いた。

そして。

「ごめんね。ごめん、ごめん。父が死罪を犯した」

「・・・」

「しかし、一度も、一度もお前を憎んだことはない。憎んでいるからじゃない。下手で・・・。お前とどう接したらいいか分からなくて・・・」

「・・・と、父さん」

兄弟たちは当惑した目で自分の父を眺めた。

それは私も同じだ。

この人が私になぜこうするのか分からない。

なんで今になって。

 



 

その時だった。

父の後でぼんやりと立っていた次男が突然一緒になって跪いた。

「し、詩音。私は狂った男だった」

「・・・」

「お前も知っているだろ。私は家庭教育を受けていない母親がいない子供だということを」

私は目を大きく開ける。

本当に私が自分の腹違いの妹だと信じているのか、次男が歪んだ顔で卑屈に言った。

父親が傍観者であり、長男だが同調者だったとすれば、次男は暴君だ。

いつも私に直接的に危害を加えた。

そんな奴が、あっという間に赤くなった目頭で吃る姿があまりにも見慣れないように感じてしまう。

「でも急に現れたお前が一人で勉強もできるし、うちの家族があまり好きじゃないようで・・・」

「・・・」

「嫉妬したからなんだ。親しくなりたいのに、どうすればいいか分からなくて・・・」

袖で目を拭いた次男が言葉を続ける。

「それでも死んでほしいと思ったことはない。そんな気持ちはなかった。ただ・・・、お前が折れれば私たちと無理にご飯を一緒に食べると思って・・・」

「・・・」

「お前、そういう性格だろ?幼い頃はよく負けてくれたじゃないか」

私は涙を堪えるような次男の面相を無感そうに見つめながら考える。

『兄さん・・・、私も一緒にいれてくれない?』

(そういうことがあったような気もする)

一時は、この家の一員になることを切望したこともあったから。

「やり方が間違っているとは思わなかったの?」

聞くやいなや答えが返ってきた。

「数えきれないほど考えた。そうすべきではなかった、狂人のように振る舞わないで、兄らしく振る舞うべきだった」

「・・・」

「いっそのこと、私が癌になるべきだったのに、お前に何の罪があるというんだ」

次男はとうとう私と目を合わせることができず、首を下にグッと曲げた。

手の甲の上にポタポタ落ちる水滴にも、何の感興もしない。

そして。

「ごめんね」

最後に長男が父親の右側で跪いた。

 



 

ペネロペとしては、ここで過去との繋がりを断ち切りたいですよね。

家族の反省を聞いた彼女は何を言うのでしょうか?

悪役のエンディングは死のみ【298話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 今回は298話をまとめま...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 ネタバレ満...
【継母だけど娘が可愛すぎる】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「継母だけど娘が可愛すぎる」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...
【できるメイド様】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「できるメイド様」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっておりま...
【優しいあなたを守る方法】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「優しいあなたを守る方法」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【セイレン〜悪党と契約家族になった〜】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「セイレン〜悪党と契約家族になった〜」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載...