悪役のエンディングは死のみ

悪役のエンディングは死のみ【39話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「悪役のエンディングは死のみ」の原作小説を紹介させていただきます。

今回は39をまとめました。

ちなみに韓国語は殆ど無知です。知り合いに韓国語を勉強していた方がいたので、協力してもらいながら勉強をしています♪

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆ど無...

 



 

大学の友達に勧められ、乙女ゲーム「公女様のラブラブ・プロジェクト」を始めた主人公。 自分と似た境遇のハードモードのヒロイン、 悪女「ペネロペ」に感情移入し、ゲームに没頭してしまった。 ゲームの途中寝落ちして、起きたら自分がゲームの中の「ペネロペ」になっていた。 死亡エンドを避けるためには…攻略対象からの好感度を上げ、 ゲームをクリアするしか手はない!? 

ペネロペ・エカルト:主人公で悪役令嬢。ゲームではハードモードのヒロイン。公爵家の娘だが、実際には血の繋がりは無い。

イヴォン:ヒロイン。エカルト公爵家の娘だが、18歳になるまでは平民の娘として過ごしていた。ノーマルモードでは彼女はヒロイン。

デリック・エカルト:エカルト公爵家の長男。冷酷な貴公子キャラ。

レナルド・デカルト:エカルト公爵家の次男。気が短く、口が悪い。

カリスト・レグルス:イオカ帝国の皇太子。人の命を軽視する暴君。

ヴィンター・ベルダンディ:侯爵であり魔術師。様々な情報や裏取引を扱う。

イクリス:亡国の貴族出身の奴隷。ペネロペを同情した唯一のキャラ。

【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆ど無...

 




 

39話 ネタバレ

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 前途多難

「・・・!?」

反射的に震えて、私はルビーの指輪を撫でる。

「⽝が飼い主を噛むなら、リードを引っ張らないとね・・・」

(それが上手く出来なかったら?)

不安な考えを頭から振り解き、次の攻略キャラを。

「ヴィンター・ヴェルダンディ」

ヴィンターはヒロインとの接触が一番早いキャラですが、最も安全なキャラでもあります。

「はぁ・・・」

思考を放棄して、ペンを空中に放り投げる。

「どうして簡単なルートがないの?」

 



 

  • 昼食

扉をノックする音が聞こえます。

「どなた?」

「ペンネルです、お嬢様」

「・・・少し待って」

机の上の書類を引き出しの奥にしまってから、執事長を招き入れる。

「どうしたの?」

「公爵様がお嬢様と昼食をと申しております」

「・・・昼食を?」

食堂で食べるという事は、周りの嫌な視線を浴びながら食べるという事。

「・・・今まで通り、部屋で⼀⼈で⾷べても大丈夫です」

なるべく避けたかったので、丁寧に断りました。

「自粛期間もまだ終わっていませんし」

「デリック様もお嬢様とお話があるそうですので、出席は必要かと思います」

「もしかして・・・、お兄様二人とも出席するのですか?」

「もちろんです」

私は嫌悪感溢れる表情を何とか抑えた。

(落ち着いて、落ち着いて・・・)

「執事長、食堂に行く前に一つお願いがあります」

「何なりと」

「胃薬があれば、昼食後に私の部屋に持ってきてください」

昼食の準備は終わっており、全員が既に着席しているらしいです。

「最近、公爵様は王宮でとても忙しいようです」

静かに廊下を歩いていると、執事長が突然話しかけてきました。

執事長の話では、以前の公爵はなるべく昼食の席には参加していたらしい。

「お嬢様が部屋から出てこなかったので、公爵様はとても寂しそうでした」

「・・・」

執事長の⾔葉に笑ってしまう。

「なるほど。お兄様たちもそう思っていましたか?」

「それは・・・」

気がつけば食堂に。

 



 

  • 悪意のある行動

「時間感覚はあるのか?どうしてそんなに遅い?」

私が食堂に入ると、レナルドは眉をひそめながら文句を言います。

それは地獄での昼食会の始まり。

ペネロペがここに来て以来、⾒たことのない贅沢な料理の饗宴。

上座に座っていた公爵から重い声が聞こえる。

「・・・食べよう」

私は貴族による⾷器の使⽤順序についてあまり知りません。

⽬の前にある⾷器を⾒下ろして、みんながスプーンを横⽬で持っていることを確認し、スプーンを持ちます。

「・・・あはは」

しかし、私が与えられた食器はすべて3歳児が使うような粗末なもの。

「どうした?」

私の笑い声を聞き、隣の公爵が尋ねます。

「何でもありません」

厨房の誰かが、ペネロペの食器にだけ手を加えているようです。

 



 

悪役のエンディングは死のみ【38話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」の原作小説を紹介させていただきます。 今回は38話を...
悪役のエンディングは死のみ【40話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」の原作小説を紹介させていただきます。 今回は40話を...

↓紹介している作品5つを僕の好きな作品順にしてみました^_^

ちゃむのおすすめランキング こんにちは、ちゃむです。 このサイトでは、漫画・小説アプリの「ピッコマ」作品の先の展開を紹介させていただいております。 ...

 

【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆ど無...
【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆...
【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「伯爵家の暴れん坊になった」の原作小説を紹介させていただきます。 2021年1...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆ど無...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国...