悪役のエンディングは死のみ

悪役のエンディングは死のみ【47話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。

今回は47をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 漫画最新話は47話。...

 



 

大学の友達に勧められ、乙女ゲーム「公女様のラブラブ・プロジェクト」を始めた主人公。 自分と似た境遇のハードモードのヒロイン、 悪女「ペネロペ」に感情移入し、ゲームに没頭してしまった。 ゲームの途中寝落ちして、起きたら自分がゲームの中の「ペネロペ」になっていた。 死亡エンドを避けるためには…攻略対象からの好感度を上げ、 ゲームをクリアするしか手はない!? 

ペネロペ・エカルト:主人公で悪役令嬢。ゲームではハードモードのヒロイン。公爵家の娘だが、実際には血の繋がりは無い。

イヴォン:ヒロイン。エカルト公爵家の娘だが、18歳になるまでは平民の娘として過ごしていた。ノーマルモードでは彼女がヒロイン。

デリック・エカルト:エカルト公爵家の長男。冷酷な貴公子キャラ。

レナルド・デカルト:エカルト公爵家の次男。気が短く、口が悪い。

カリスト・レグルス:イオカ帝国の皇太子。人の命を軽視する暴君。

ヴィンター・ベルダンディ:侯爵であり魔術師。様々な情報や裏取引を扱う。

イクリス:亡国の貴族出身の奴隷。ペネロペを同情した唯一のキャラ。

【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 漫画最新話は47話。...

 




 

47話 ネタバレ

悪役のエンディングは死のみ【46話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 今回は46話をまとめまし...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 命令

「こ、公女様!!」

マークは困惑し、私を⼤声で呼びます。

しかし、彼女の返事がないと分かると、今度はイクリスに話しかけました。

「・・・わ、悪かったイクリス!!」

彼は必死に謝りながら、助けを求めて周囲を見回します。

上官も動き、他の騎士たちも動き出します。

「イクリス、止めろ。これは命令だ!!」

「わ、私はやり過ぎました。申し訳・・・」

一瞬でイクリスはマークの首を締めて、彼は最後まで話し終えることが出来ませんでした。

「ここ、こここ、こここ!!」

マークの目は大きく見開き、イクリスは更に力を強めます。

「イクリス!何をしている!?止めろ!!」

騎士たちは驚愕しますが、イクリスは力を弱めません。

彼らは奴隷が同僚の⾸を絞めているのを⾒ますが、誰も止める事が出来ません。

何故なら、ペネロペの命令を無視する事が出来ないから。

「お・・お・・・・、ご・・・・お・・・」

マークは舌を出し唾液が流れ落ちますが、イクリスは全く気にしません。

「公女様、これ以上はもう!!」

騎士たちは私の前に跪く。

「申し訳ございませんでした。私はこの事を必ず隊長に報告し、私たち全員が罰を受けます」

「・・・」

「親愛なる公女様、エカルト騎士団内での殺人は禁止されております!」

マークの目がついに逆さまになった時。

「公女様!!」

 



 

  • 犬のしっぽ

「イクリス、止めなさい」

私は手を上げて、イクリスに止めるように命じます。

イクリスは瞬時に腕を広げた。

「ぶは〜!!はぁ・・・、は・・・は・・・」

地面に崩れ落ちるマークが、激しく咳をします。

最初からマークを殺す気はありません。

万が一イクリスが命令を聞かなかった場合は、ルビーの指輪を使う予定でした。

イクリスが自分の命令を聞くことに満足する。

「本物の公女が戻ってきたら、偽物を追い出すと言っていましたよね?」

すでに固まっていたマークの表情は、私の⾔葉でより硬直した。

「けれど、私が追い出されるのが速いのでしょうか?それともあなたが解雇されるのが速いのでしょうか?」

冗談を⾔っているように笑います。

その時でした。

[主人公は隣⼈との関係が悪化しているため、評判が−5となります]

残念ながら名声は下がりましたが、それはペネロペの目的ではありません。

「イクリス、こちらへ」

彼はすぐに私のところに来ました。

「行くわよ」

イクリスの⼿を少し握り、彼を訓練場から連れ出す。

【好感度32%】

イクリスの目は無機質でしたが、好意の⾼まりはまるで⽝のしっぽが揺れるようなものでした。

 



 

  • やり過ぎ

「お嬢様」

イクリスを連れて屋敷の⽞関に⾏くと、執事長が出迎えてくれました。

「今⽇は一段とお美しいです」

「外出する準備は出来てる?」

「はい、防御と追跡の魔法を備えた⾺⾞を⽤意しました。あなたはすでに護衛を連れていますが・・・」

執事長はイクリスを横⽬で⾒て、話を続けた。

「魔術師もおります。緊急の場合、あなたを邸宅にテレポートしますので」

普通、外出時に魔法使いを⾺として使うことはめったにありません。

(やり過ぎじゃないかしら?)

「お疲れ様でした、執事長」

「こちらを・・・」

執事長は何かを取り出して、私に⼿渡しました。

「公爵様は、お嬢様が久しぶりに外出するので、楽しい時間を過ごすようにと仰ってました」

それは空⽩の⼩切⼿。

公爵が昨⽇そんなに気にかけていたことを知らずに、私は小切手を驚いて⾒ました。

(私が騎士団に爆弾を投げて帰る途中だと知っていたら、こんなものをくれなかったでしょう・・・)

小切手を受け⼊れるべきかどうか躊躇しました。

「受け取ってください。最近は宝石商に連絡すらしておりません」

「・・・そうね」

躊躇いを捨てて、喜んで小切手を受け⼊れました。

「私がとても感謝しているとお父様に伝えてください」

「もちろんです」

 



 

  • 護衛としての仕事

⾺⾞まで歩くと、それまで何も⾔わずに⽴っていたイクリスがついてきました。

開いた⾺⾞の扉の前に⽴ち、静かに彼に⼿を差し伸べる。

どうやらイクリスは、護衛をすることさえ考えていなかったようです。

「ばか・・・、あなたは私の護衛でしょ?」

私は彼にウインクした。

イクリスの灰⾊の⽬が少し揺れる。

「・・・けれど私は奴隷です」

「いいえ」

イクリスの⾔葉をすぐに訂正した。

「あなたは私の護衛です」

「・・・」

「じゃあ、今は何をすべきでしょう?」

彼の前でそっと⼿を振る。

イクリスは静かに微笑み、私の⼿を握りました。

⽚⾜を曲げて床に跪き、執事長でさえ驚くほど完璧な所作。

「こちらへどうぞ、ご主人様」



 

  • 馬車の中

「お嬢様、最初は洋服店で宜しいでしょうか?」

騎⼿が尋ねます。

「いいえ。武器商⼈の所へ」

すぐに⾺⾞は動き出し、私が窓の外を⾒ていると。

「・・・どうして?」

突然、席の向こうから⼩さな呟きが。

イクリスは再び⼝を開きます。

「・・・どうしてずっと来られなかったのですか?」

それは意外な質問。

「怒っているの?」

イクリスが怒っているのなら、謝ろうと考えていました。

けれど・・・。

「あなたが約束しました」

「・・・え?」

「厳しい訓練を受けた褒美に、頻繁に会いに来て下さるとあなたが言いました」

何とか呻き声を抑えます。

「・・・私は毎⽇あなたを待っていました」

彼の無表情な顔が少しむっつりしているのは気のせいでしょうか?

⾔い訳を考える。

「がっかりしました」

「・・・?」

「あなたは私に嘘をついた、イクリス」

「え・・・?」

イクリスの⽬は丸くなりました。

「あなたは誰からも虐められていないと言いましたよね?じゃあ、あなたの綺麗な顔のこれは何?」

手を伸ばしてイクリスの叩かれた頬を撫でます。

恥ずかしそうに揺れる灰⾊の⽬を⾒て、私は微笑んだ。

「あの時は・・・」

「・・・」

「あの時は本当に何もなかったのです・・・」

イクリスは慌てて、言い訳をします。

「本当に・・・?」

思わず悪戯な笑みを浮かべてしまいます。

「とにかく。最初に教えてくれなかったので、褒美は無効です」

「でも・・・」

「しーっ。別の褒美を与えるのだから、そんな泣きそうな顔をしないの」

「泣きそう」という言葉に、イクリスの頬はかすかに赤面します。

そして・・・。

【好意度33%】

 



 

悪役のエンディングは死のみ【48話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 今回は48話をまとめまし...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 漫画最新話は47話。...
【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」を紹介させていただきます。 漫画最新話は149話。 ...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 漫画最新話は46話。 ...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 漫画最新話...