悪役のエンディングは死のみ

悪役のエンディングは死のみ【55話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。

今回は55をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 漫画最新話は47話。...

 



 

大学の友達に勧められ、乙女ゲーム「公女様のラブラブ・プロジェクト」を始めた主人公。

自分と似た境遇のハードモードのヒロイン、 悪女「ペネロペ」に感情移入し、ゲームに没頭してしまった。

ゲームの途中寝落ちして、起きたら自分がゲームの中の「ペネロペ」になっていた。

死亡エンドを避けるためには…攻略対象からの好感度を上げ、 ゲームをクリアするしか手はない!? 

ペネロペ・エカルト:主人公で悪役令嬢。ゲームではハードモードのヒロイン。公爵家の娘だが、実際には血の繋がりは無い。

イヴォン:ヒロイン。エカルト公爵家の娘だが、18歳になるまでは平民の娘として過ごしていた。ノーマルモードでは彼女がヒロイン。

デリック・エカルト:エカルト公爵家の長男。冷酷な貴公子キャラ。

レナルド・デカルト:エカルト公爵家の次男。気が短く、口が悪い。

カリスト・レグルス:イオカ帝国の皇太子。人の命を軽視する暴君。

ヴィンター・ベルダンディ:侯爵であり魔術師。様々な情報や裏取引を扱う。

イクリス:亡国の貴族出身の奴隷。ペネロペを同情した唯一のキャラ。

【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 漫画最新話は47話。...

 




 

55話 ネタバレ

悪役のエンディングは死のみ【54話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 今回は54話をまとめまし...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

 

  • 特訓開始

レナルドの言った事は正しかった。

訓練場に着くと、剣術の修⾏が終わったばかりのような雰囲気。

幸いにも弓の訓練は無かったので、訓練場から遠く離れた場所は空いていた。

騎⼠の群衆を避けるために野原の方へ歩く。

トラブルを起こさずにひっそりと訓練しましょう。

ターゲットの前に⽴って、クロスボウに⽮を取り付けます。

体が自然と覚えているので、ペネロペの体を信じましょう。

そして構えるが。

(・・・あれ?)

けれど、ターゲットに向かう⼸の先端が不安定だと感じました。

狙いを定めると腕が震える。

(もしかして、ペネロペは実際に撃った事が無い?)

重さから逃れるために、一度腕を下げます。

「このっ!」

手首を振って、再びクロスボウを構えます。

今回は腕が震える前に早く撃つつもりでした。

「そのように持っていると、狙うことが出来ません」

突然、背中の後ろに暖かさを感じます。

同時に、優しく⼿が伸びてきて、空中で震えている私の腕を⽀えました。

びっくりして振り返ると。

 



 

  • 護衛の指導

「ご主人様」

しかし、それは私の背中に触れた固い体によって妨げられました。

「・・・イクリス?」

その時初めて、⾃分がイクリスの腕に抱かれていることに気づく。

「何をしているの?」

「し〜。ご主人様、先を⾒据えてください」

恥ずかしくなる私の耳元で、イクリスが囁く。

「獲物が逃げます」

彼の声で動くのを止めた。

「左⼿を離し、右⼿でトリガーを握り、胸の近くに持ってください」

イクリスがクロスボウを⽀えていた私の右⼿をそっと動かす。

⼿の甲が⼀瞬で熱くなりました。

しかしそれ以上に、彼の息が⾸に当たります。

イクリスの左⼿が私の⼿を包み込み、スムーズに動きました。

彼の助けを借りて構えると、遥かに安定しています。

「息をしてください、ご主人様」

⽿に浅い笑い声が聞こえる。

気がつくと、ターゲットの中央に⽮が刺さっています。

「よく出来ました」

次の瞬間、私の後ろにいたイクリスは脇に寄りました。

しかし、それでも、私の⼿の甲は何かで覆われているのと同じくらい熱くて蒸れている。

ゆっくりと息を吸い、持っていたクロスボウを下げる。

イクリスは変な⽬で私を⾒て尋ねた。

「いつからここに来たのですか?」

「ついさっきよ」

「あなたは私を探していません」

何故そうしなかったのか不満を⾔っているような⼝調でした。

「動揺してる?」

無表情のイクリスの顔が⾯⽩かったので、ちょっと微笑んだ。

「トレーニング中に私に声をかけられるのは嫌だと思ったの」

「心配してくれたのですか?」

「当然よ。私はいつもあなたのことを⼼配しているわ」

その瞬間、彼の唇の先が少し怯む。

【好意度44%】

好意が急上昇したことで、⼤丈夫だと感じた。

イクリスの笑顔が以前より自然に見えます。

「購⼊した新しい訓練着は気に入った?」

明らかに、イクリスにとても似合っています。

私の質問に彼は少しだけ頷いた。

「それなら良かったわ」

クロスボウを拾って、教えられたポーズをとります。

自分で考えた姿勢よりも安定はしていますが、腕の筋肉が弱いせいか、腕がすぐに落ちます。

「もう・・・」

何をしているか分かっていないイクリスが、私を⾒ながらいきなり尋ねた。

「・・・・・・・狩猟大会の為ですか?」

「そうね・・・」

イクリスは浅く呼吸して呟く。

「1位を獲得し、賞⾦であなたを幸せにします」

もちろん、私に優勝する気はありません。

これは私の⼈⽣の為の特訓なのだから。。

イクリスをちらっと⾒ると、一見無表情に見えますが、微かな笑顔が浮かんでいます。

彼がきちんと笑っているのを⾒たことがなかったせいか、少し⼾惑いました。

「笑ってる?」

私が尋ねると、彼は慌てて⾸を横に振った。

「ご主人様がクロスボウをうまく撃つのは難しいと思います」

「どうして?」

「それは・・・」

⼩さな声で何かを呟きますが、聞こえません。

「え?声が⼩さい、何て言ったの?」

彼は返事をしたが、他の答えが返ってきた。

「正しい姿勢をとらないと、反動に⽴ち向かうのが難しくなります。これを⾏うと、⼿⾸に負担がかかり、⾻にひびが⼊る可能性があります」

「本当?」

良いアドバイスです。

「それは良いことを聞いたわ・・・」

骨にヒビが入れば、私はクソ狩猟⼤会に参加することが出来なくなる。

 



 

  • 対峙

気づかずに⼼の声が流れ出ていた。

イクリスの⽬が丸くなっているのを⾒たとき、急いで話題を変えた。

「けれど、どうしてクロスボウについて詳しいの?」

「デルマンで・・・」

イクリスは私の質問に答えている間、⼀時停⽌した。

それから彼は再び⾔葉を訂正した。

「・・・私の故郷では、基本的な技術として⼸を学びます」

「剣じゃないの?」

「はい」

「そう・・・」

頷いて、言葉を付け加えます。

「素晴らしいわね。私を適切な位置に配置すれば、1位を獲得出来るかもしれないわ」

「・・・」

イクリスは⼀瞬⼝を閉じた。

そして久しぶりに、少し濁った声で返事をした。

「・・・ちょうど前のように?」

「ええ」

何の事か分からないけれど、返事をすると彼の頭上が輝いた。

【好意度49%】

(よし!!)

好意度の⾼まりにニヤリと笑った。

何回も訓練場に来て良かったです。

しばらく躊躇していたイクリスが後ろにやって来て、近くに⽴つ。

両腕が私の周りを包み、後ろから伸びた⼿が私の⼿の甲に重なり、クロスボウを上げて狙いを定めた時でした。

「さて・・・、あなたは何をしているのですか?」

突然、冷ややかな声が聞こえた。

その瞬間、体が激しく揺れる。

それは私の意志ではなく、イクリスの動き。

彼はほとんど反射的に向きを変え、招待されていない相手にクロスボウを向けます。

私の腕の中で。

「・・・小公爵様?」

 



 

ずっとイクリスのターン!!

彼の好感度はどこまで上昇するのでしょうか?

ペネロペに指導するシーンはとても素敵ですよね♪

少しずつ表情を見せてくれるイクリスに嬉しくなります。

途中、彼の質問の意味はちょっと解読出来ませんでしたm(_ _)m

そしてラストで登場するデリック。

団長にクロスボウを向けたら、流石に不味いと思うのですが・・・。

 

悪役のエンディングは死のみ【56話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 今回は56話をまとめまし...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 漫画最新話は47話。...
【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」を紹介させていただきます。 漫画最新話は149話。 ...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 漫画最新話は46話。 ...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 漫画最新話...