悪役のエンディングは死のみ

悪役のエンディングは死のみ【56話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。

今回は56をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 漫画最新話は47話。...

 



 

大学の友達に勧められ、乙女ゲーム「公女様のラブラブ・プロジェクト」を始めた主人公。

自分と似た境遇のハードモードのヒロイン、 悪女「ペネロペ」に感情移入し、ゲームに没頭してしまった。

ゲームの途中寝落ちして、起きたら自分がゲームの中の「ペネロペ」になっていた。

死亡エンドを避けるためには…攻略対象からの好感度を上げ、 ゲームをクリアするしか手はない!? 

ペネロペ・エカルト:主人公で悪役令嬢。ゲームではハードモードのヒロイン。公爵家の娘だが、実際には血の繋がりは無い。

イヴォン:ヒロイン。エカルト公爵家の娘だが、18歳になるまでは平民の娘として過ごしていた。ノーマルモードでは彼女がヒロイン。

デリック・エカルト:エカルト公爵家の長男。冷酷な貴公子キャラ。

レナルド・デカルト:エカルト公爵家の次男。気が短く、口が悪い。

カリスト・レグルス:イオカ帝国の皇太子。人の命を軽視する暴君。

ヴィンター・ベルダンディ:侯爵であり魔術師。様々な情報や裏取引を扱う。

イクリス:亡国の貴族出身の奴隷。ペネロペを同情した唯一のキャラ。

【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 漫画最新話は47話。...

 




 

56話 ネタバレ

悪役のエンディングは死のみ【55話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 今回は55話をまとめまし...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

 

  • 騎士団長

(なぜ彼がここに?)

レナルドとデリックの組み合わせを除いて、2⼈の攻略キャラと同時に会うことはゲームでは稀な出来事。

思いがけない展開が繰り広げられる中、デリックは低い声で言った。

「ペネロペ・エカルト」

冷たい悪寒が⾸の後ろを襲う。

(この状況は良くない)

何であれ、私は状況を素早く解決しなければなりません。

イクリスの腕から離れようとした。

しかし、⼿の甲に伝わる熱い⼿のひらは、動揺しません。

「・・・イクリス?」

私は再び⼿⾸を捻り、外そうとする。

しかし、私が頑張るほど、彼の握る⼒が強くなります。

「イクリス⼿を離して。痛いわ」

頭を上に傾けて彼を⾒上げた。

灰⾊の⽬が大きく広がる。

しばらく私の⽬を見つめた後、彼はようやく握りを緩めました。

彼の腕から急いで抜け出し、デリックに静かに敬意を表した。

「何をしていた?」

しかし、返ってきたのは冷たい視線だけ。

(なぜ彼はそんなに怒っているの?)

私は素直に答えることにした。

「護衛と⼀緒にクロスボウの練習をしていました」

「教え方としては、少し近過ぎる」

冷たい視線は私を超えて、イクリスに向かった。

「訓練中の兵⼠に頼むことは出来ません」

デリックから彼を守るように、私は付け加えた。

「私の護衛は⼗分なほどクロスボウについて知っていましたので」

「お前に教えるためだと?」

デリックの⽬に⻘い⽕花が⾶び散っているのを⾒た。

彼の頭上が危険なほど瞬き始める。

彼は私とイクリスを軽蔑的な表情で交互に⾒た。

「頭を下げるという基本的な常識がない。それで、何を学んだと言える?」

「私には常識がないので、大会に⾏く前に少しだけ学ぼうと思います、小公爵様」

小姑のような彼の対応に、ため息を吐きます。

「私が訓練場を使うのが気に⼊らなければ、どこかに⾏きます」

「・・・」

「行きましょう、イクリス」

 



 

  • デリックの挑発

私はイクリスを連れて、離れようと考える。

そのままデリックを追い越そうとすると。

私は腕を掴まれて、それ以上動くことが出来ませんでした。

「そのような指導が必要ならば、私が教える」

「・・・はい?」

「君は・・・」

デリックは突然私から⽬を逸らし、イクリスを⾒ました。

「訓練を終えたなら、⾃分の宿舎に戻ってください」

デリックが傲慢に命令したことについては何も⾔えません。

私が彼を連れてきて護衛にしようと⾔っても、団長のデリックの暗黙の許可のおかげで、イクリスは訓練に参加することが出来るのだから。

他の軍隊と同様に、エカルト騎⼠団は上下関係が非常に厳しい。

だから私はイクリスが⾃分の宿舎に戻るだろうと思った。

しかし、イクリスは⽴ち去る代わりに、デリックが掴んだ⼿の反対側、クロスボウを持つ私の⼿⾸を優しく包みました。

「・・・私のご主人様は、私に教えられることを望んでいます」

デリックは反抗的なイクリスを⾒て、表情が険しくなる。

「奴隷制について教えるつもりか?」

「帝国軍は、デルマンの軍法会議によるリヴィウスの戦いで壊滅的な敗北を喫しました」

とりあえず、二人とも⼿を放してほしい・・・。

両⽅の⼿⾸を捻って見ますが、どちらも外れません。

「・・・デルマン?」

何も⾔わずにイクリスを⾒つめていたデリックは、突然笑った。

「なるほど」

「・・・」

「逸脱して地図から途切れることなく消された⼩国に裏切られた野蛮な国のことか?」

私の手首をイクリスが強く握ります。

呻き声を上げる事も出来ず、⼆⼈の男を⾒ました。

率直に⾔って、イクリスが何も⾔わないようと強く願っていた。

しかし、私の切実な願いに反して、イクリスはデリックを睨みつけながら⼝を開く。

「それでは、今⽇それをお見せします。野蛮⼈が帝国の公女に⼸の持ち⽅をどのように教えているかを」

「あなたは少し⽣意気だな・・・」

デリックの表情はひどく歪んでいた。

彼らの頭は危険なほど点滅し始めました。

不安が私の体に忍び寄る。

 



 

  • 勝手にして!

「止めて!もう止めてください!!」

⼆⼈が握っていた⼿⾸を⼀⽣懸命振り払いながら、私は⼤声で叫んだ。

二人の不注意のおかげで、なんとか⼿⾸を取り戻すことが出来た。

「もう休みます。練習はしません」

それから私は最初にデリックの⽅を向いて、彼に知らせました。

「自室に帰らせていただきます」

彼らを放っておいて、この場から抜け出そうとした。

私の⾏動に当惑した2⼈は、すぐに私を捕まえようとします。

「ペネロペ」

「ご主人様」

来ないと思われたイクリスでさえ、まるでレースをしているように近づいてきた。

「ついて来ないで下さい。⼀⼈で⾃分の部屋に戻ります」

それはデリックに対して言った台詞です。

彼は私を邸宅に連れて⾏くかもしれないので。

「二人が争うなら、二人で争って下さい!!」

私は急いで訓練場を出ました。

林道に⼊ると、息を吐いて後ろをちらりと⾒た。

幸いなことに、誰もついて来ていません。

「ふぅ・・・。何もしていないのに死にそうだった」

混乱の中でも、クロスボウを持ってきた自分を褒めてあげたい。

「でも、うまく逃げれて良かった・・・」

⼆⼈が戦い始めたかどうかは不明。

それでも私が居ないところで好感度が変化することは無いでしょう。

「公爵に先⽣を雇うように頼もう。それで、裏庭で⼀⼈で練習しよう」

大会中にカリストに近づかないように何度も誓いながら、私はまた歩き始めた。

 



 

修羅場発生!!

第3者から見れば少しニヤニヤしますが、ペネロペからすれば地獄ですよね。

どちらの好感度も下げたくないですし、迂闊な発言も出来ません汗。

ペネロペが去った後、二人はどうなったのでしょうか?

レナルドとイクリスの場合だと、もっと恐ろしいことになりそう・・・。

 

悪役のエンディングは死のみ【57話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 今回は57話をまとめまし...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 漫画最新話は47話。...
【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」を紹介させていただきます。 漫画最新話は149話。 ...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 漫画最新話は46話。 ...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 漫画最新話...