悪役のエンディングは死のみ

悪役のエンディングは死のみ【63話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「悪役のエンディングは死のみ」の原作小説を紹介させていただきます。

今回は63をまとめました。

ちなみに韓国語は殆ど無知です。知り合いに韓国語を勉強していた方がいたので、協力してもらいながら勉強をしています♪

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆ど無...

 



 

大学の友達に勧められ、乙女ゲーム「公女様のラブラブ・プロジェクト」を始めた主人公。

自分と似た境遇のハードモードのヒロイン、 悪女「ペネロペ」に感情移入し、ゲームに没頭してしまった。

ゲームの途中寝落ちして、起きたら自分がゲームの中の「ペネロペ」になっていた。

死亡エンドを避けるためには…攻略対象からの好感度を上げ、 ゲームをクリアするしか手はない!? 

ペネロペ・エカルト:主人公で悪役令嬢。ゲームではハードモードのヒロイン。公爵家の娘だが、実際には血の繋がりは無い。

イヴォン:ヒロイン。エカルト公爵家の娘だが、18歳になるまでは平民の娘として過ごしていた。ノーマルモードでは彼女がヒロイン。

デリック・エカルト:エカルト公爵家の長男。冷酷な貴公子キャラ。

レナルド・デカルト:エカルト公爵家の次男。気が短く、口が悪い。

カリスト・レグルス:イオカ帝国の皇太子。人の命を軽視する暴君。

ヴィンター・ベルダンディ:侯爵であり魔術師。様々な情報や裏取引を扱う。

イクリス:亡国の貴族出身の奴隷。ペネロペを同情した唯一のキャラ。

【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆ど無...

 




 

63話 ネタバレ

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

 

  • 混沌と化す宴会場

カリストは⾝も凍るようなオーラを吐き出した。

(戦争の英雄という言葉は嘘ではないようね)

既に臨戦態勢に入っているカリスト。

単なる狂人だと思っていたが、その姿は美しかった。

「後ろを見てみろ!」

黒服が指差す場所を見ると。

辛うじて頭と胴体がくっついているモンスターに裂け目が生まれます。

やがてモンスターは完全に分離し、2匹のモンスターが生まれました。

「どうですか、神が与えてくださったこの美しい⽣命⼒は!」

⿊服は混乱する人々を嘲笑います。

「どれだけ斬ってもダメです!こいつらは分離します!」

「きゃあぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!」

「これまでの⼈⽣で、こんなモンスターを⾒たことがありません!」

カリストがモンスターを殺したと考えて安堵した⼈々は、再び叫んで混乱した。

出入り口は見えないバリアで防がれて脱出出来ません。

さらに、庭をしっかりと包み込んだ茂みの厚い壁は⾼くて滑りやすく、登ることが⾮常に困難でした。

モンスターたちは逃げる⼈々を追いかけ始めました。

「Ahhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhh!」

カリストとデリックは静かに視線を交わし、散開する。

武装した他の貴族もモンスターを攻撃しました。

その中にはレナルドも含まれています。

しかし、戦況は圧倒的に不利でした。

モンスターが斬られる毎に、その数は増殖し続けます。

「Ahhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhh︕」

「Keeeeeuuuuuuu︕」

宴会場は再び混沌と化した。

私は周囲を見回す。

公爵は何処にいるか分からず、誰もがモンスターから逃げています。

混乱の真っ只中で、まるで⾃分だけが海に浮かんでいるような感覚に陥ります。

悲鳴と呻き声の中、私のように⼀⼈で⽴っている人物を⾒つけました。

 



 

  • ゲームオーバー

「・・・ヴィンター?」

(彼に助けを求める?)

ヴィンターを観察すると、彼は悩んでいるように見えます。

彼の魔法があれば、人々を救うことは出来るでしょう。

しかし、それを行えばヴィンターが魔法使いであることは知られてしまいます。

それは彼にとって、決して良いことではないでしょう。

さらに、この混乱を生み出したのは魔法使いの仕業です。

(それと子供たちも・・・)

マスクを被った子供たちを思い出した。

ヴィンターが魔法使いであることは明かさないほうが良いでしょう。

しかし、私の考えに反して、ヴィンターは決定を下したようでした。

腕の中に隠している杖を取り出そうとした時。

「ペネロペ!」

激しい叫び声が聞こえた。

その声に反応したヴィンターと目が合います。

私を⾒つけた彼の瞳はゆっくりと大きくなる。

気づけば、モンスターが私に向かっているのが⾒えました。

「ペネロペ!逃げろ!」

レナルドが血を流しながら、私に向かって叫んでいる様子が分かります。

モンスターと戦っているデリックとカリストは、⻘⽩い顔でこちらに向きを変えた。

スローモーションのように、全てがゆっくりと見えます。

 



 

  • メインクエスト

その瞬間。

[メインクエスト:狩猟大会の⼥王になりましょう!]

[最初:隣⼈を危険から救う]クエストを続⾏します]

(報酬:すべての男性キャラの好意度+5%、名声+50)

[はい/いいえ]

かつて断ったクエストウィンドウがまた現れました。

「あはは」

私は唖然とし、笑ってしまう。

(こんな時にまで表示されるのね)

⽪⾁な考えを思いついた途端、新しいメッセージが出てきました。

これはメインクエストであり、5秒で⾃動的に受け⼊れられます。

メインクエストはエピソードを進めることを強制されました。

しかし、これはゲームではなく現実です。

他に選択肢はありません。

モンスターは目の前まで接近し、報酬が私を⾒守っていました。

[はい]

モンスターが私を踏みにじる直前に、なんとかクエストを受け⼊れることが出来ました。

そして同時に、体が⾃然と動く。

驚異的なスピードでクロスボウを構えて、目の前のモンスターを撃つ。

「Kue-eeeeeeeeeeeeeeeeeeeee-eeeeeeeeeee-eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee-eeeeeeeee」

私を踏もうとしていたモンスターは⼀瞬で倒れて痙攣した。

「な!何だ!」

黒服の集団は、倒れたモンスターを見て混乱する。

緊急事態であることを忘れて、攻略キャラを含めて全員が⼾惑いながら私を⾒ているのを感じた。

(何が起きたの?)

クロスボウを持ってきていた事をすっかり忘れていました。

そして、私の体は自然と動く。

再びクロスボウを構えて、男に襲い掛かろうとしていたモンスターを撃つ。

モンスターが倒れたかどうか確認する前に、すぐに反対側を向き、モンスターを撃つ。

全てのショットは正確だった。

人々を襲うモンスターが次々と倒れていきます。

私はゲームシステムによって操られていました。

「は、早くその女を殺せ!早く!」

⿊服の集団が私を指さして叫んだ。

増殖したモンスターが、私を狙う為に接近する。

このシステムは私が思っていたよりも優れていた。

振り返る必要もなく、モンスターを倒していきます。

同時に向かってきた2匹を最後に、私は全てのモンスターを全滅させました。

激しく呼吸しながら、構えていたクロスボウを下ろします。

両腕は⼿に負えないほど震えました。

「家で練習していても、ちゃんと撃てなかったのに・・・」

いつの間にか宴会場は沈黙に包まれていました。

誰もがぼんやりと私を⾒つめている。

黒服の集団さえも。

(ははは、今年もスーパースターのチンパンジーになりました)

自嘲の笑いを浮かべる。

その光景を見て、⼈々は⾝震いした。

その後。

何処かから拍⼿が聞こえた。

拍手はどんどん大きくなっていく。

「エカルト公女が私たちを救った!」

「ありがとう、公女様!あなたは救世主です!」

降り注ぐ歓声に私は驚く。

その時でした。

[メインクエスト:狩猟大会の⼥王になりましょう!]

[最初:隣⼈を危険から救う]クエストが成功しました]

(報酬:すべての男性キャラの好意度+5%、名声+50)

(トータル名声:80)

「もっと上がってくれても良いのに」

システムに振り回されて疲れましたが、満足感もあります。

【好感度27%】

レナルド。

[好意度30%][好意度9%]

デリックとカリスト。

【好感度20%】

ヴィンター。

私に感謝し、賞賛してくれた他のエキストラとは異なり、男性たちはぼんやりと私をじっと⾒つめるだけで、すぐに私に近づきません。

(・・・これがノーマルモードだったら、彼らの⽬はハートになっていたでしょう)

考えてみると、兄弟だけでなく、どの攻略キャラも私を守ってくれませんでした。

しかし、私は特に悲しみや疲れを感じません。

「あなたたちは必要ないわ」

【好感度60%】

エンディングを迎えれる男が私には存在するのだから。

 



 

ヴィンターが魔法使いと判明すれば、子供たちも無事ではなかったでしょうから、彼が悩むのは当然ですよね・・・。

再び現れたメインクエスト!

拒否しても再表示されるのですね汗。

今回はペネロペの大活躍でした^_^

システムの力は凄いですね♪

そして60%に到達したイクリス。

本人のいない所で、勝手に好感度が上昇しましたね笑

 

悪役のエンディングは死のみ【62話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」の原作小説を紹介させていただきます。 今回は62話を...
悪役のエンディングは死のみ【64話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」の原作小説を紹介させていただきます。 今回は64話を...

↓紹介している作品5つを僕の好きな作品順にしてみました^_^

ちゃむのおすすめランキング こんにちは、ちゃむです。 このサイトでは、漫画・小説アプリの「ピッコマ」作品の先の展開を紹介させていただいております。 ...

 

【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆ど無...
【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆ど無...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国...