悪役のエンディングは死のみ

悪役のエンディングは死のみ【64話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「悪役のエンディングは死のみ」の原作小説を紹介させていただきます。

今回は64をまとめました。

ちなみに韓国語は殆ど無知です。知り合いに韓国語を勉強していた方がいたので、協力してもらいながら勉強をしています♪

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆ど無...

 



 

大学の友達に勧められ、乙女ゲーム「公女様のラブラブ・プロジェクト」を始めた主人公。

自分と似た境遇のハードモードのヒロイン、 悪女「ペネロペ」に感情移入し、ゲームに没頭してしまった。

ゲームの途中寝落ちして、起きたら自分がゲームの中の「ペネロペ」になっていた。

死亡エンドを避けるためには…攻略対象からの好感度を上げ、 ゲームをクリアするしか手はない!? 

ペネロペ・エカルト:主人公で悪役令嬢。ゲームではハードモードのヒロイン。公爵家の娘だが、実際には血の繋がりは無い。

イヴォン:ヒロイン。エカルト公爵家の娘だが、18歳になるまでは平民の娘として過ごしていた。ノーマルモードでは彼女がヒロイン。

デリック・エカルト:エカルト公爵家の長男。冷酷な貴公子キャラ。

レナルド・デカルト:エカルト公爵家の次男。気が短く、口が悪い。

カリスト・レグルス:イオカ帝国の皇太子。人の命を軽視する暴君。

ヴィンター・ベルダンディ:侯爵であり魔術師。様々な情報や裏取引を扱う。

イクリス:亡国の貴族出身の奴隷。ペネロペを同情した唯一のキャラ。

【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆ど無...

 




 

64話 ネタバレ

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

 

  • マナ増幅装置

緊急事態が終わった後に、警備兵が現れた。

宮殿に仕える魔法使いの姿もあります。

彼らの話を聞くと、魔法攻撃の耐性が低いため、私のクロスボウで倒す事が出来たそうだ。

優雅な宴会場に、私のような武器を持って現れた貴族は殆どいません。

魔法武器を持っている⼈は⼀度に多くの検査を受ける。

毎年、狩猟⼤会に出場する貴族のプライドは、魔法を使わずに狩猟者の感覚と技能で優勝することが多かった。

だから、私のクロスボウだけが効果があったのです。

ゲームにそのようなストーリーがあるかどうかは分からないが、⾮常に説得⼒のある展開でした。

瓶に閉じ込められたネズミはすぐに捕まりました。

「放して!放して!あなたは神を恐れないのか?」

どんな人物なのかと思ったので、少し遠くから⾒ました。

カリストは、襲撃した⼈々の顔を覆っている布を外します。

「これで終わったと思いますか、カリスト・レグルス!!」

リーダーはおばあさんでした。

その後、他の5⼈の顔が明らかにされました。

驚いたことに、10歳くらいの⼥の⼦が3⼈と男の子が2⼈います。

「神はあなたの残酷さを⾒ています!私たちはあなたの⼿⾜を引き裂き、踏みにじられた新しい国を取り戻さなければなりません・・・!」

⽼婆はカリストを最後まで呪った。

不気味な⾔葉にも関わらず、彼は表情を変えません。

むしろ、かなり退屈な表情で⼿を振った。

⽼婆と⼥性たちは騎⼠たちに引きずり出された。

残ったのは、不機嫌だった2⼈の⼦供だけ。

騎⼠たちは彼らも引きずり出そうとしましたが、カリストは⼿を上げて彼らを⽌めました。

「なんでこんなに遅かった?」

「ええと、それは・・・宴会場の周りに強⼒な抑制呪⽂がかかっていました。急いで魔法使いを呼び出して魔法式を解除しようとしましたが、それが⾮常に強⼒でしたので・・・」

警備兵の団長はとても緊張していて、上手く話せません。

カリストはあごで子供を指した。

「それは彼らがしたことです」

全ての⾝元が明らかになると、普通の⼦供たちは怯えるでしょう。

しかし、目の前の⼦供たちは焦点が合っておらず動揺していません。

空を⾒つめている瞳は少し不気味でした。

「調べろ」

カリストの命令で、騎⼠は⼦供たちが着ていた服を調べ始めた。

しばらくすると、騎⼠たちが何かを発見して叫んだ。

「マナ増幅装置を⾒つけました!」

⼦供の⽿の下には、⼩さな⿊い四⾓いチップのようなものが取り付けられていました。

「あれがマナ増幅装置?彼らは魔法使い?」

宮殿の魔法使いは、⼦供たちの体からチップを注意深く引き裂きました。

それまで反抗しなかった⼆⼈の⼦供は、装置が壊れるとすぐに⼈形のように倒れた。

私はその光景に驚く。

しかし、カリストは⼦供を憐れみませんでした。

「彼らを地下刑務所に連れて⾏け」

「はい!」

忠実な騎⼠たちは⾸輪を付けて⼦供たちを連れて行こうとする。

その瞬間。

 



 

  • ヴェルダンディ伯爵

「ちょっと待って下さい!」

騎⼠の間から誰かが⾶び出しました。

銀の髪を散らしたのは、他ならぬヴィンターです。

「どうしたんだ、ヴェルダンディ伯爵」

「殿下、⼦供たちを私に任せてください」

焦りながら、⼦供たちの前に⽴っていたヴィンターは頭を下げた。

カリストは頭を傾ける。

「どうして?」

「⼦供たちは⻑い間催眠術によって洗脳されており、正常に考えることが出来ないことは明らかです」

「だから?」

「洗脳ができます。以前の誘拐事件のように、罪のない犠牲者を殺すよりも、記憶を思い出して残党を特定する⽅が役⽴つでしょう」

ヴィンターは、なぜ⼦供たちが有用なのか説明していました。

しかし、私は彼が今どれほど絶望的であるかを簡単に知ることが出来た。

幼い⼦供たちを反魔法集団から守るため。

「それは以前起こった事とは全く異なります」

しかし、カリストはヴィンターの提案を断ち切った。

「宮殿の宴会場への攻撃。関係者は、何らかの理由で即決で処刑を⾏います」

「しかし、殿下。主犯と同じように扱われるのは・・・。少し寛⼤に・・・」

「黙れ。早く彼らを連れて行け」

これ以上聞きたくないかのように、カリストは⾔葉を切り落とし、騎士に命令した。

ヴィンターは、⼦供たちが引きずり出されている光景を唖然とした表情で⾒る。

騎⼠たちが群衆の中で、⼦供たちを引きずり始めた時。

私は体を動かして前に⽴ちました。

 



 

  • 国へのお願い

「私はヴェルダンディ侯爵に同意します」

私の言葉に兄弟が眉をひそめます。

「お前は黙っていろ」というプレッシャーを感じました。

しかし、私はそれを無視して⼝を開けました。

「⼦供たちを侯爵に任せて下さい」

「・・・何て?」

カリストは、聞こえない何かを聞いたかのように尋ねてきた。

「虐待の明らかな兆候があります。彼らへの罰は重すぎると思いますが」

⼦供たちを指差した。

伸ばした服ではっきりと露出した⾸は、打撲傷や傷跡でいっぱいです。

⼦どもたちへの同情心が沸騰し始める。

「は」

カリストは、私が意見するのがとても不快であるかのように、⾚い⽬を光らせて冷たく微笑んだ。

「お姫様はいつから国の対応に意見できるようになったのですか?」

「しかし、私はモンスター全員を撃ち殺しました。それでもダメでしょうか?」

⾃分で⾔うのは恥ずかしいことでしたが、私の驚異的なパフォーマンスの証拠は明らか。

カリストは私の質問に⼝を閉じて私を⾒つめました。

「・・・」

彼の頭上は危険なほど輝きます。

すぐに頭を下げ、何度も何度もお願いをするふりをした。

「彼らは⼦供です。殿下、どうかお願いします」

私はヴィンターを助けるつもりはありません。

ただ、カリストのやり方が気に入らないから。

それだけ。

「・・・ヴェルダンディ侯爵の⾺⾞に連れて行け」

私はすぐに⾒上げて、彼の好感度を確認した。

幸い、9%から何も変わっていません。

安堵と同時に、⽬の前にメッセージが現れた。

[評判が+10増加しました]

「お姫様がこんなに思いやりがあるとは知りませんでした」

カリストに⽪⾁を言われます。

「私はあなたに報酬を与えようとしましたが、そうする必要はありませんね」

それからカリストは私のそばを通り過ぎました。

(ふん、別に私はあなたの報酬を必要としません)

カリストを⾒つめていると、すぐに違和感を覚えました。

【好感度10%】

何故か、彼の好意度が1%上昇しています。

(ようやく、このエピソードは無事に終わりましたか?)

突然の獣の出現に焦りましたが、悪い結果ではありませんでした。

カリストの予想外の好感度上昇。

そして、狩猟大会はキャンセルされる可能性がありました。

(・・・もうメインクエスト以外は出さないでちょうだい)

出ても⼆度とやらない。

カリストが姿を消し緊張が和らぐと、全⾝が痛んだ。

(早く横になりたい。そうじゃないと、死んじゃう)

担架で運ばれた負傷者もいますが、幸い死者はいません。

「出来るだけ早くエミリーに会いたい」

けれど、馬車がどちら側にあるのか分かりません。

どうやって宴会場を出ようか考えていると。

「・・・ペネロペお嬢様」

 



 

カリストとヴィンターの会話は初めてですね。

子供たちを救うために交渉したペネロペ。

なんだかんだ言っても、他人を放っておけない性格ですよね♪

最後に話しかけてきたのは彼しかいないでしょうね^_^

 

悪役のエンディングは死のみ【63話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」の原作小説を紹介させていただきます。 今回は63話を...
悪役のエンディングは死のみ【65話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」の原作小説を紹介させていただきます。 今回は65話を...

↓紹介している作品5つを僕の好きな作品順にしてみました^_^

ちゃむのおすすめランキング こんにちは、ちゃむです。 このサイトでは、漫画・小説アプリの「ピッコマ」作品の先の展開を紹介させていただいております。 ...

 

【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆ど無...
【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆ど無...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国...