悪役のエンディングは死のみ

悪役のエンディングは死のみ【68話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「悪役のエンディングは死のみ」の原作小説を紹介させていただきます。

今回は68をまとめました。

ちなみに韓国語は殆ど無知です。知り合いに韓国語を勉強していた方がいたので、協力してもらいながら勉強をしています♪

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆ど無...

 



 

大学の友達に勧められ、乙女ゲーム「公女様のラブラブ・プロジェクト」を始めた主人公。

自分と似た境遇のハードモードのヒロイン、 悪女「ペネロペ」に感情移入し、ゲームに没頭してしまった。

ゲームの途中寝落ちして、起きたら自分がゲームの中の「ペネロペ」になっていた。

死亡エンドを避けるためには…攻略対象からの好感度を上げ、 ゲームをクリアするしか手はない!? 

ペネロペ・エカルト:主人公で悪役令嬢。ゲームではハードモードのヒロイン。公爵家の娘だが、実際には血の繋がりは無い。

イヴォン:ヒロイン。エカルト公爵家の娘だが、18歳になるまでは平民の娘として過ごしていた。ノーマルモードでは彼女がヒロイン。

デリック・エカルト:エカルト公爵家の長男。冷酷な貴公子キャラ。

レナルド・デカルト:エカルト公爵家の次男。気が短く、口が悪い。

カリスト・レグルス:イオカ帝国の皇太子。人の命を軽視する暴君。

ヴィンター・ベルダンディ:侯爵であり魔術師。様々な情報や裏取引を扱う。

イクリス:亡国の貴族出身の奴隷。ペネロペを同情した唯一のキャラ。

【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆ど無...

 




 

68話 ネタバレ

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

 

  • side ヴィンター

「エカルト公爵様、お久しぶりです」

「ああ、ヴェルダンディ侯爵。久しぶりだな」

ヴィンターは⾺を運転し、公爵の隣に並んだ。

「1年近くぶりの狩猟大会ではないか?もっと頻繁に出なさい。私があなたの顔を忘れてしまう」

「はは、狩猟は私の性格に合わないので」

「慣れれば良くなるでしょう」

公爵は礼儀正しいヴェルダンディ侯爵が気に入ってました。

侯爵は⽗親を亡くし、家⻑になりましたが、幼い頃から⽗親の後を受け継げる才能のある男。

(彼と結婚したい女性は大勢いるでしょう・・・)

若い侯爵がまだ結婚していないので、彼を迎えたい貴族は多いです。

「⼥性からプレゼントは貰えましたか?」

「外出してから久しいので、残念ながら」

ヴィンターはぎこちない笑顔で答えた。

実際には、朝から山のような贈り物の数が贈られています。

公爵はヴィンターが全ての贈り物を拒否したことを知らず、悲しんだ。

「私の息⼦たちと同じですね。早く良い相手を見つけて欲しいのですが」

「公爵はこの狩猟⼤会で贈り物を受け取ったのですね」

ヴィンターは、公爵の左胸を見ながら付け加えた。

「胸に着けているお守りは遠くからでも際⽴っていました。素晴らしい職⼈によって作られたのですね」

「ほう!そうですか?」

予想通り、公爵の顔が⼀気に明るくなる。

彼は肩を伸ばして、胸に付いているお守りがよく⾒えるようにしました。

「私の息⼦たちは、頭の後ろに⽬があるに違いない。あなたは良い⽬をしています、侯爵」

「いいえ、それは公爵の尊厳に値する装飾なので、私以外の誰もがそれに気づいたでしょう」

「はは!そんな事はないよ!」

公爵は、そうではないかのようにニヤリと⾃慢した。

「えーと、私の娘はかなり良い眼をしていてね」

その瞬間、⼿綱を握っているヴィンターの⼿が怯む。

誰も気付かないほどの動揺。

「・・・それはお姫様からの贈り物ですか?」

「まあ、これが必要なくても大丈夫だがね。インカ帝国の誰が私に触れることが出来るでしょうか?テレポートの呪文が刻印されているのだよ」

公爵は、⾃慢するような⼝調で「⾼価なテレポート呪文」と何度か繰り返した。

周囲の貴族たちは、公爵をちらりと⾒る。

「お姫様は本当に良い⽬を持っています」

動揺を隠して、ヴィンターは丁寧な笑顔を浮かべた。

「それは彼女からの意味のある贈り物ですね」

「あなたもそう思いますよね?」

「はい、もちろんです」

ヴィンターは彼が望む答えを言いました。

娘の贈り物を⾒せびらかして幸せそうに笑っていた公爵は、遅ればせながらヴィンターを⾒て賞賛を返した。

「袖⼝が綺麗だね。その⾊はあなたにとてもよく似合います」

紺⾊のターコイズの袖⼝。

今度は、ヴィンターの顔が明るくなりました。

「本当ですか?贈り物として受け取りました、公爵が認めてくれて嬉しいです」

「あなたは女性に興味がないと思っていました。いつの間に?」

公爵は驚いた⽬で返事をし、すぐに喜びをもって尋ねました。

「彼⼥はどの家系の出⾝ですか?さあ、教えてください。私があなたのお⽗さんとして見てあげましょう!」

「・・・私たちはそのような関係ではありません」

ヴィンターは漠然とした表情で答えた。

それは本当だった。

しかし、公爵は信じていません。

「そんな事は関係ありません!それが誰であるかについてのヒントを教えてください」

スキャンダルの噂を聞いたお嬢様のように、公爵の⽬は好奇⼼で輝いていた。

彼⼥が⾃分の娘であるかもしれないという仮定は、全く考えていないようです。

困惑した顔で、ヴィンターは状況を回避する⽅法を考えます。

 



 

  • 笑ってくれない貴方

その瞬間。

突然、ヴィンターは視線を感じた。

ここには数え切れないほどの視線があります。

公爵の⾏動に興味を持った貴族や、羨望の的で侯爵を⾒る女性たちの⽬。

それなのに、不思議でした。

何気なく頭を上げると、すぐに彼女を⾒つけることが出来た。

際⽴っている濃いピンクの髪と⻘緑⾊の⽬をしていて、自分を⾒つめています。

「・・・彼⼥は私に笑ってくれないのです」

無意識のうちに、公爵が求めるヒントが出てきました。

「えーと、彼⼥は笑わないのですか?」

「彼⼥が私に出くわすとき、彼⼥はいつも距離を保ち、ノーと⾔います」

本当にそうでした。

「たぶん、彼⼥は二度目の会話の印象が気に⼊らないからだと思います」

以前、彼女をテレポートで送った後の会話。

昨⽇も同じように、彼女は自分に対して冷たく線を引いた。

理由は分かりません。

⼈々はいつも彼の丁寧な外⾒に簡単に惹かれました。

特に若い⼥性は、ほんの少しの礼儀で顔を⾚らめ、恥ずかしそうに笑ってくれます。

「でも彼女は・・・」

ヴィンターがペネロペの態度を⾮常に気にしている事の気付いたのはその時でした。

「彼⼥は、決して微笑みませんでした」

悪女と噂されているお姫様は、噂よりもはるかに冷たく、鋭く、そして美しかった。

「そう・・・」

今⽇もむっつりとした表情で。

「彼女の笑顔は私にとって貴重なようです」

 



 

  • 最後のお守り

私の⽬がヴィンターと合った時でした。

【好感度32%】

彼の突然の好意に⽬を開く。

(何で?目が合っただけで6%?)

それは通常モードでさえありません。

この忌々しいゲームは、ハードモードでそれほど寛⼤ではなかったでしょう。

私は⼆⼈の男を順番に⾒て、唖然とした。

ヴィンターの話を真⾯⽬な顔で聞いていた公爵は、突然⼤きく笑い、彼の肩を勢いよく叩いた。

「・・・あなたは彼女に夢中ですね!」

彼は⼤声で話しているようだったが、周囲はとても騒がしかったので、上手く聞き取れません。

(⼆⼈は⼀体何を話しているの?)

公爵の⾔葉に、ヴィンターは笑顔を浮かべるだけでした。

理由もなく上昇した好感度に頭を傾けていた時だった。

「ああ、あそこを⾒て!エカルト家の⼩公爵様だわ!」

すぐ隣の⼥性の⼀⼈が叫び、どこかを指さした。

無意識のうちに振り返ると、2⼈の男が公爵に向かっているのを⾒つけました。

⿊と⽩の⾺に乗って、彼らは他のどの貴族よりも印象的で威厳があります。

「ああ、神よ。彼らから目が離せません」

「デリック様に刺繡のハンカチを渡したら、彼はそれを受け⼊れてくれるでしょうか?」

「レナルド様のためにブレスレットを⽤意しました!」

周りを⾒回すと、プレゼントを届ける時間のように席から⾶び出す⼥性が多かった。

ほとんどの女性はデリックとレナルドに向かった。

私はその姿を冷たく笑う。

「思い出した」

⼩さなベルベットの箱。

私はそれを⾒下ろして考えます。

「誰にあげたらいいの?」

合計3つのお守りを購⼊していました。

エミリーと公爵。

そしてもう1つは、起こりうる状況のための保険。

狩猟⼤会に参加しなかった場合は、イクリスに渡すつもりでしたが、参加した場合は、⾃分用で何かに使えると。

しかし、攻略キャラに渡したほうがいいと考えます。

誰にあげるのか考え続けたが、デリックは午前中の出来事で候補から外れた。

「昨⽇少し感動したから、彼にあげるつもりでしたが・・・」

[好意度32%]と[好意度31%]

ヴィンターとレナルドの好意度はわずか1%の違いでした。

リスクを取り、もう⼀度保険としてヴィンター利⽤する?

それとも、レナルドの馬鹿にしてくるメドレーをもっと頻繁に聞く・・・?

その時でした。

「それは私への贈り物ですか?」

突然後ろから手が出てきて、獲物を捕まえるワシのようにベルベットの箱を奪われる。

 



 

公爵の浮かれっぷりが面白すぎます笑

どれだけ気に入ってるのでしょうか?

ペネロペの相手がヴィンターであっても、彼は許してくれなさそうですね汗。

最後のお守りは誰の手に?

何となく予想はつきますが・・・。

 

悪役のエンディングは死のみ【67話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」の原作小説を紹介させていただきます。 今回は67話を...
悪役のエンディングは死のみ【69話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」の原作小説を紹介させていただきます。 今回は69話を...

↓紹介している作品5つを僕の好きな作品順にしてみました^_^

ちゃむのおすすめランキング こんにちは、ちゃむです。 このサイトでは、漫画・小説アプリの「ピッコマ」作品の先の展開を紹介させていただいております。 ...

 

【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆ど無...
【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆ど無...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国...