悪役のエンディングは死のみ

悪役のエンディングは死のみ【70話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。

今回は70をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 



 

大学の友達に勧められ、乙女ゲーム「公女様のラブラブ・プロジェクト」を始めた主人公。

自分と似た境遇のハードモードのヒロイン、 悪女「ペネロペ」に感情移入し、ゲームに没頭してしまった。

ゲームの途中寝落ちして、起きたら自分がゲームの中の「ペネロペ」になっていた。

死亡エンドを避けるためには…攻略対象からの好感度を上げ、 ゲームをクリアするしか手はない!? 

ペネロペ・エカルト:主人公で悪役令嬢。ゲームではハードモードのヒロイン。公爵家の娘だが、実際には血の繋がりは無い。

イヴォン:ヒロイン。エカルト公爵家の娘だが、18歳になるまでは平民の娘として過ごしていた。ノーマルモードでは彼女がヒロイン。

デリック・エカルト:エカルト公爵家の長男。冷酷な貴公子キャラ。

レナルド・デカルト:エカルト公爵家の次男。気が短く、口が悪い。

カリスト・レグルス:イオカ帝国の皇太子。人の命を軽視する暴君。

ヴィンター・ベルダンディ:侯爵であり魔術師。様々な情報や裏取引を扱う。

イクリス:亡国の貴族出身の奴隷。ペネロペを同情した唯一のキャラ。

【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 




 

70話 ネタバレ

悪役のエンディングは死のみ【69話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 今回は69話をまとめまし...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

 

  • お茶会への参加

狩猟⼤会を開催する森の始まりの広々とした広場の隣には、別の⼩さな森がある。

⼤会の参加者を待っている⼥性たちの為に作られました。

伯爵夫⼈が⾔ったように、花で飾られた⻑いテーブルは女性で埋め尽くされています。

「皆さん!」

主催者が⼿を叩いて注目を浴びる。

「誰もがご存知の方を招待しました!」

女性たちの視線が私に集中した。

扇で表情を隠して話す女性が多いので、前向きな反応かどうか分かりませんが。

どの女性を見ても、誰が誰なのか分からない。

お茶会には、若い⼥性からおばあさんまで、幅広い⽅が参加している。

少し不思議だったのは、私とは異なり、ほとんどの⼈の後ろにメイドがいること。

その上、狩猟服を着た私のような⼥性はいません。

先ほど気づいたのは事実ですが、改めて考えると口が苦くなる。

(エミリーを連れてくるべきでしたか?)

今更、後悔しました。

「⼤胆で失礼な王⼥」と呼ばれるのではないかと⼼配になります。

なので、なるべく話さないことにしました。

「私を招待してくれてありがとうございます」

適度に頭を下げます。

女性たちの視線は、先程のドロテア伯爵夫⼈が見せた表情と似ている。

「さあ座って、公女様」

幸いなことに、ドロテア伯爵夫⼈は私を座らせ、私を一人ぼっちにしておくような⼦供っぽいことをしませんでした。

パーティーの主催者が座っているテーブルの隣なので、最も注⽬を集めます。

ペネロペの評判を考えると、それは少し驚きでした。

 



 

  • 噂の中心

「公女様にお茶を注いでください」

ドロテア伯爵夫⼈は後ろに⽴っていたメイドに指⽰した。

「これは私の夫がセティーナへの旅⾏から持ち帰った貴重な茶葉です。飲んでみて下さい」

優しいドロテア伯爵夫⼈の提案で、私はゆっくりと茶碗を⼿に取る。

(少し緊張するわね)

⼀⼝飲んで見る。

「いい匂いがしますね、伯爵夫⼈」

実際、それほど良くありません。

外国産のせいか、やや不快な臭いがしました。

しかし、私はこのような場所で正直に⾔うべきではないことを知っています。

「本当に?そう⾔ってくれて嬉しいです!皆さんも飲んで下さい」

最初の挨拶は無事に終わったようで、安堵のため息をつく。

その時でした。

「公女様!あなたは前夜に素晴らしい仕事をしたと聞きました」

私の向かいに座っていた⼥性の⼀⼈が椅⼦を引き寄せて尋ねた。

15歳か16歳くらいでしょうか。

とても幼く⾒えた少⼥の⼤きな⽬は、好奇⼼で輝いています。

「大した話ではないですわ・・・」

私はぎこちなく微笑んで⼿を振る。

「謙虚なのですね」

私の態度に、少女が愛情を込めて叫び、頬を⾚らめた。

「昨⽇以来、宮殿はあなたの話で持ちきりです!」

「そうなのですか?」

会話に入った⼥性は不機嫌そうな表情を浮かべる。

「気分が悪くて、先にテントに戻ったので・・・」

「アリス夫⼈。あの光景を見逃したのですか?」

不機嫌そうな女性をちらっと⾒る。

しかし、扇で⼝を覆っているので⾒分けがつかなかった。

公爵が⾔ったように、私は後で問題がないように彼女たちの名前を忘れないようにしないと。

それが相手との友情を築く第一歩です。

その間、座っている⼥性たちは私について話し始めました。

「エカルト公女は⽮を放つのがとても上⼿だったので、獣が死んでいくのを⾒るのは壮観でした!」

「本当に?それは残念でした・・・」

「そうですアリスお嬢様。昨⽇早く宴会場を去ったことを後悔するでしょう」

「でも公女様、どうしてあんなにお上手でしたの?」

⼝を開いたのは⽼婦⼈でした。

わざと悪い空気を流して、⼤気の流れを損なう必要はありません。

私は適度な笑顔で呟いた。

「素晴らしい先⽣と⼀⽣懸命練習すれば、クロスボウのスキルはすぐに向上します」

 



 

  • ケリン夫人

「なるほど・・・。今回は誰を狙う為に練習したのですか?」

斜めに座っている⼥性が、扇で⼝を覆って呟く。

少し嘲笑うような雰囲気に満ちた声で。

「・・・はい?」

聞き間違いだと思って、⼥性を注意深く⾒ました。

⻘い髪が印象的です。

(私の勘違いなのだろうか?)

とても優しい表情だったので、今聞いたのは⽪⾁な発⾔だとは思えません。

「あははは、ケリン夫⼈は昨⽇の演技を⾒ましたか?」

ドロテア伯爵夫人はしばらくの間凍った会話を主導した。

突然、既視感を感じました。

(ケリン夫人?その名前は以前聞いたことがある・・・)

そんな中、ケリン夫⼈という⼥性が笑顔で応えた。

「もちろんです、伯爵夫⼈」

「本当ですか、お嬢様?もっと教えて下さい!」

アリス夫⼈は激しく嘲笑し、体を震わせた。

明らかに私の話ですが、どういう訳か、私はお呼びではなかったように感じる。

「実際、私は公女様がクロスボウを撃ったので安⼼しました」

「安堵ですか?」

「ああ、考えてみると、ケリン夫⼈は昨年からアーチェリーのスキルで公女様を称賛してきましたよね?」

⼥性たちはケリン夫⼈の⾔葉に次々と応えた。

(私のスキルを称賛?そうは思いませんが・・・)

その⼥性の馬鹿げた発⾔に頭を傾けた瞬間。

(思い出した)

その⻘い髪が誰であるかを、私は理解した。

⾃分が実行した事ではないし、絶対に出会うことはないと思っていたので、すっかり忘れていました。

ペネロペが原因で狩猟⼤会の⼥王になった少⼥。

不気味な寒気が背中で通り過ぎる。

何故か、ここはペネロペにとって良い場所ではないかもしれないという悪い予感が。

「去年の狩猟大会のお姫様を思い出します」

ケリンはしばらく間をあけた後、続けます。

「あなたはクロスボウを私に向けて、私の近くを⾶んでいる蚊を⽮で射抜くと言いました」

(マジか!?)

ペネロペ〜!!

「噂は本当だったのですか?」

ドロテア伯爵夫⼈が⼤騒ぎして尋ねました。

「噂が何であるかは分かりませんが、お姫様が理由もなく私を狙いません。彼⼥を誤解しないでください。彼⼥は親切にも蚊を退治してくれました」

彼⼥はお喋りをするのがとても上手かった。

「昨年の事件のせいで、あなたについての悪い噂を聞いて、私は気が重くなりました。けれど、安心しました」

ケリンが私を⾒て、トドメの一言を言います。

「昨⽇、あなたは⼩さな蚊ではなく、家と同じくらい⼤きな獣を射抜いていたので、⼈を撃ち間違えることを⼼配する必要はありませんよね?」

「・・・」

良い予感が一度もしないのは、何故だろうか?

公爵は早朝から直接メイドを送り、このお茶会に参加する⽬的を知っていたように思えます。

(だから、表情が少し強ばっていたのかしら?)

罠を仕掛けることに成功した⼥性たちは、次々と嫌味の入った言葉で私を狙い始めました。

 



 

女性だけのお茶会。

こんな場所に参加したら、胃薬が欲しくなりますよね・・・。

ドロテア伯爵夫人は良い人そうですが、場の空気に流れそうな気が。

ケリン夫人が無茶振りをしないことを願っています^_^

 

悪役のエンディングは死のみ【71話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 今回は71話をまとめまし...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」を紹介させていただきます。 [休載]漫画は「第163...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 ネタバレ満...