悪役のエンディングは死のみ

悪役のエンディングは死のみ【72話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「悪役のエンディングは死のみ」の原作小説を紹介させていただきます。

今回は72をまとめました。

ちなみに韓国語は殆ど無知です。知り合いに韓国語を勉強していた方がいたので、協力してもらいながら勉強をしています♪

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆ど無...

 



 

大学の友達に勧められ、乙女ゲーム「公女様のラブラブ・プロジェクト」を始めた主人公。

自分と似た境遇のハードモードのヒロイン、 悪女「ペネロペ」に感情移入し、ゲームに没頭してしまった。

ゲームの途中寝落ちして、起きたら自分がゲームの中の「ペネロペ」になっていた。

死亡エンドを避けるためには…攻略対象からの好感度を上げ、 ゲームをクリアするしか手はない!? 

ペネロペ・エカルト:主人公で悪役令嬢。ゲームではハードモードのヒロイン。公爵家の娘だが、実際には血の繋がりは無い。

イヴォン:ヒロイン。エカルト公爵家の娘だが、18歳になるまでは平民の娘として過ごしていた。ノーマルモードでは彼女がヒロイン。

デリック・エカルト:エカルト公爵家の長男。冷酷な貴公子キャラ。

レナルド・デカルト:エカルト公爵家の次男。気が短く、口が悪い。

カリスト・レグルス:イオカ帝国の皇太子。人の命を軽視する暴君。

ヴィンター・ベルダンディ:侯爵であり魔術師。様々な情報や裏取引を扱う。

イクリス:亡国の貴族出身の奴隷。ペネロペを同情した唯一のキャラ。

【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆ど無...

 




 

72話 ネタバレ

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

 

  • 去年とは違う私

「えっ、何を言ってるのですか?」

近くから息を呑む声が聞こえてくる。

ペネロペがとても愚かに⾒えた昨年とは勢いが違うからかもしれません。

「どっちが早いと思います?」

すぐに警備員を呼びに行こうとしていたメイドも、その場から動けなかった。

森が沈黙に包まれる。

引き⾦をゆっくりと⼿探りする私の指の⾳だけが聞こえる。

「お、お姫様?もし、あなたがそんな事をしたのなら・・・!」

ケリン夫⼈が慌てています。

公爵家の狂⽝が本当に⼈々を撃ち殺そうとしている。

さっきまで落ち着いていたケリン夫人の⽬が激しく揺れ、恐怖に陥っていました。

そして・・・。

誰が聞いても、引き⾦を引く⾳が⼤きく鳴り響く。

「や、やめ・・・」

ケリン夫⼈を含む⼥性たちが⽬を閉じた時。

「バン!!!」

私は⼝で銃声を真似した。

当然、発射された弾はありません。

「冗談ですよ」

狙っていたクロスボウを下げました。

「ひっ・・・!」

向かいに座っていたアリス夫⼈は怯えています。

直前まで、軽蔑と嘲笑に満ちた顔は、激しい恐怖によって侵⾷されていました。

(私は本当の悪役に違いないわね)

その光景を哀れとは思わず、むしろ見たかった光景だから。

「なんでそんなに怖がるのですか?」

「・・・」

「リロードすらしていませんわ」

⽚⼿でクロスボウを持ち上げ、トリガーをさらに数回引く。

安全であることを⽰すためだけであり、そのたびに女性たちの細い肩が震えます。

再びクロスボウを背中にセットしました。

テーブルを⾒回して、何も起こらなかったかのように⾏動します。

「緊張しないでくださいな」

おてんば娘がふくれっ⾯をしているように、私は眉をひそめた。

「私がお茶会を台無しにするために来た悪役のように感じます。正式に招待されたのに」

「・・・」

「そうですよね?ドロテア伯爵夫⼈」

振り返って主催者に尋ねると、彼⼥は大慌てになります。

「え、ええ!その通りです、お姫様!」

すぐに意識を取り戻し、彼⼥は急いでそう叫ぶ。

「ねえ、みんな、楽しかったですね?お、お姫様は私たちを笑わせるためにとても⾯⽩い冗談を⾔いました」

しかし、誰も笑えません。

「そろそろ狩りに⾏かなければならないので、先に抜けさせていただきますね」

出発の準備をした後、後悔の表情を付け加えます。

「残念ながら、私のスキルをお⾒せすることは出来ないと思います。私のクロスボウの弾は⽮ではなく、魔法のビーズですから」

「・・・」

「次回機会があればお⾒せしますね」

振り返って歩こうとしたが。

「ああ、それと・・・」

もう⼀度歩くのを止めて、頭をテーブルに向けました。

「どんな魔法なのか疑問に思う⼈がいるかもしれませんね・・・」

「・・・」

「私のクロスボウには、正常な相手を⾺⿅に変える魔法があります」

冷静に虚偽を告げる。

「誰かのおかげで、1年間狩ることが出来ず、ウズウズしていました」

私はケリン夫人に⽬を固定します。

笑顔で微笑んで、楔を打ちました。

「もちろん、⼩動物⽤に作られているので、当たっても死ぬことはありません・・・」

「・・・」

「魔法は⼈々に役⽴つものですから」

脅しを終えた後、⽬の前が突然明るくなりました。

[評判が−10低下しました]

(合計:80)

評判を失いました。

それが私の⼈⽣に直接関係していない限り、好感が持てるようなものではありません。

名声や評判が落ちることは私には何の関係も無いのだから。

 



 

  • キツネを追って

「動物狩りゾーンはどこに⾏けばいいですか?」

通りすがりの警備兵を捕まえて道を尋ね、目的地に向かって⼀歩踏み出した。

(私に何が出来る?)

無機質な灰⾊の⽬を思い出し、私は軽い気持ちで森の⼩道を歩きました。

しかし、それは想像した動物の狩猟場ではありません。

「これは何・・・」

果てしなく続く⽊々や草。

私が想像していたのは、⼩動物だけを別々に集めて、特定の場所に囲い、閉じ込めている場所。

初⼼者でも簡単に体験できるように。

「⼦供たちが捕まえることが出来る場所と聞いてたけど、ただの森ね」

色んな所を⾒ましたが、動物は全く現れません。

「はぁ・・・。なぜこのゲームはこんなに奇妙なのかしら?」

不平を⾔って森の⼩道を歩く。

幸いなことに、道は舗装されていて、道に迷う理由はありません。

「散歩に来たと思えば良いかしら?」

私は狩りをするという誓いを諦めて、小道を歩いた。

しかし、歩いて間もなく・・・。

「あっ!ウサギ!」

雪のように⽩いウサギが、短い距離を⾶び回っていました。

しかも、1匹だけでなく、4匹も。

「可愛い・・・」

実は、⽝や猫以外の動物を⾒たことがありません。

私は動物園に⾏ったことがないから。

「待って!⾏かないで!」

そんな中、⼈の気配を感じたウサギたちが逃げ出した。

不機嫌になりながら、再び道を歩く。

その後すぐに、同じことが再び起こりました。

リス、アライグマ、ニワトリ、野⽣の猫、さらには⼩さな⿅。

獲物は⽬撃中、又は、クロスボウを構えるとすぐに逃げました。

「もう・・・、初⼼者レベルで狩りをすることが出来ないわ」

私だけなのは幸運でしたが。

どんどん深い森に⼊っていきます。

私は今まで出会った何よりも好きな動物を⾒つけました。

「可愛い・・・」

イクリスの⽬の⾊にそっくりな灰色のキツネ。

「今度こそ!」

キツネは⼩さな⼩川で⾸を冷していました。

他の動物とは異なり、1匹しかいません。

⽊の⽀柱に半分隠れて、ゆっくりとクランクを回す。

その瞬間、キツネの⽿が跳ねました。

何か兆候を感じているかどうかを確認しているだけ。

ゆっくりとクロスボウで狙います。

ターゲットが中⼼に完全に⼊るまで・・・。

のんびりと⽔を飲んでいたキツネが突然頭を上げる。

そして、私はトリガーを引いた。

タアン!

⼀撃で発射されたビーズが外れた。

脅威を感じたキツネは距離は⼀瞬で広がり始めた。

「失敗!?いいえ、逃がさない!」

これが、ハンターが獲物を逃したときの気分なのだろうか?

キツネを追いかけて、私は無謀にも⾛り出した。

「すぐに捕まえるわ!」

 



 

  • 強敵現る

残念ながら、それは私の傲慢でした。

キツネは信じられないほど速かった。

「もう無理・・・」

キツネを逃してしまったが、問題はそこではありません。

追いかけようと必死に⾛ったので、森の奥へ⾛りました。

「私はどこにいるの・・・?」

周りを⾒回すと、整備された道路すら⾒つかりません。

「あ・・・。最初にマークを⾒つけましょう」

森だとしても、宮殿の中。

幸いなことに、私はすぐに⽊に結ばれた⾦⾊の布を⾒つけることが出来た。

「良かった・・・」

それに沿って歩けば、他の⼈に会ったり、森から抜け出したりすることが出来るはず。

「Kkeuuu、Keuoahhhー」

その後すぐに、私は別の獲物に遭遇した。

⼤きなクマが警告なしに茂みから⾶び出してくる。

呆然となりながら、私は思い出した。

⾦⾊のマークは、ライオンやトラなどの捕⾷者が放たれる場所を意味すると。

その瞬間。

[予期しないクエストが発⽣しました!ワクワクする巨⼤ヒグマが登場!]

[ジャイアントベア]を狩り、[女王]になるための⼟台を築きませんか?]

(制限時間:30秒、報酬:巨⼤なクマの⽪と胆嚢、評判+50、[??]好意度+5%)

[はい/いいえ]

「何でこんなに危険なゲームなの!?」

 



 

女性たちに一泡吹かせることが出来たのはスカッとしましたね!

馬鹿になる魔法って・・・、間違いではない?

そして突然のクエスト発生!!

まさかのクマと対戦することになりました(_ _)

システムの恩恵はあるのでしょうか?

 

悪役のエンディングは死のみ【71話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」の原作小説を紹介させていただきます。 今回は71話を...
悪役のエンディングは死のみ【73話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」の原作小説を紹介させていただきます。 今回は73話を...

↓紹介している作品5つを僕の好きな作品順にしてみました^_^

ちゃむのおすすめランキング こんにちは、ちゃむです。 このサイトでは、漫画・小説アプリの「ピッコマ」作品の先の展開を紹介させていただいております。 ...

 

【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆ど無...
【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆ど無...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国...