悪役のエンディングは死のみ

悪役のエンディングは死のみ【76話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。

今回は76をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 漫画最新話は42話。...

 



 

大学の友達に勧められ、乙女ゲーム「公女様のラブラブ・プロジェクト」を始めた主人公。

自分と似た境遇のハードモードのヒロイン、 悪女「ペネロペ」に感情移入し、ゲームに没頭してしまった。

ゲームの途中寝落ちして、起きたら自分がゲームの中の「ペネロペ」になっていた。

死亡エンドを避けるためには…攻略対象からの好感度を上げ、 ゲームをクリアするしか手はない!? 

ペネロペ・エカルト:主人公で悪役令嬢。ゲームではハードモードのヒロイン。公爵家の娘だが、実際には血の繋がりは無い。

イヴォン:ヒロイン。エカルト公爵家の娘だが、18歳になるまでは平民の娘として過ごしていた。ノーマルモードでは彼女がヒロイン。

デリック・エカルト:エカルト公爵家の長男。冷酷な貴公子キャラ。

レナルド・デカルト:エカルト公爵家の次男。気が短く、口が悪い。

カリスト・レグルス:イオカ帝国の皇太子。人の命を軽視する暴君。

ヴィンター・ベルダンディ:侯爵であり魔術師。様々な情報や裏取引を扱う。

イクリス:亡国の貴族出身の奴隷。ペネロペを同情した唯一のキャラ。

【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 漫画最新話は42話。...

 




 

76話 ネタバレ

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

 

  • 逃亡

お守りは薄すぎて、鋭くて頑丈な⽮を⽌めることが出来なかった。

お守りは元の⻩⾦⾊を失い、⿊くなる。

「これ・・・、捨てなかったのですか?」

カリストはそれを捨てると思っていた。

私をからかうためにお守りを奪ったと思ったから。

彼は不思議な表情で、眉を上げる。

「捨てる?⼀度好意を寄せられた相手からのお守りを捨てようとは思いません」

「そんな事・・・」

その瞬間。

もう⼀度、⽮が何処かから⾶んで、カリストの頭上を通り過ぎる。

「キャッ!」

驚いて反射的に叫んだ。

同時に、カリストが起き上がる。

「いい加減にして起きてください、お姫様。逃げますよ」

「はい?」

彼は私の肩を激しく引っ張った。

「どうして私が?」

「では、ここに留まって射殺されたいですか?」

「これが皇后の仕向けた敵なら、彼らは殿下を追い求めています。だから殿下がどこかに⾏ったら・・・、きゃあ!!」

「私を放っておいてもいい」と⾔えなかった。

カリストが私を抱きしめたから。

⽮に撃たれて⾺から落ちた男とは思えない信じられないほどの強さで。

彼は荷物のように、私を⾺の鞍に乗せた。

クマの頭は床に転がるが、そんな事は気にならない。

「な、何してるのですか?」

あっという間に起こった事に⼾惑い、尋ねた。

「状況を考えてください、お姫様。皇太⼦を暗殺するために来た唯⼀の⽬撃者のあなたを生かすと思いますか?」

カリストはイライラした表情で⾺に⾶び乗った。

「そんな!?」

そして、彼は⾺の⼿綱をしっかりと引っ張り、私を両腕の間に閉じ込める。

⾚い⾺は⽕のように⾛り始めた。

 



 

  • 破格の報酬

ヒュン!ヒュン!

同時に、今度は横から2本の⽮が交差した。

「チッ!」

カリストは、鬱陶しいように舌打ちをして、頭を下げて軽く躱す。

そして、私を守るかのように、腕の中で私をしっかりと抱きしめた。

緊急事態のせいか、あまり感動出来ないけど・・・

(私は今・・・、暗殺に巻き込まれているの!?)

泣きたくなってきた。

雲が暗かった時に、この場所から離れるべきだった。

カリストを追いかけている集団がぼんやりと⾒える。

⽮が次々と放たれた。

キンッ!

カリストは途⽅もない反応速度で剣を抜き、⾶んでいる⽮を切り落とす。

「危険なので、動かないでください、お姫様」

キンッ!

彼の体が緊張しているのを感じた。

私も緊張してきた。

攻略キャラが死なないと⾔っても、傷を負うことはあります。

(それに、これはクエストではありません)

自分にとってゲームではなく現実。

ゆっくりと、恐怖がつま先を湿らせ始めた。

⾬の林道で激しい追跡が繰り広げられる。

距離は、どんどん近づいている。

⿊いマスクと⿊いローブを着た集団。

それは明らかに暗殺者。

その瞬間、突然、⽬の前が明るくなった。

[[2番⽬:皇太⼦を暗殺者から守る]クエストを続⾏しますか?]

[ターゲット:20⼈の暗殺者、報酬:暗殺の象徴、カリストの好感度+10%、評判+50]

[はい/いいえ]

皇太⼦の背中の後ろにメッセージが現れる。

「ハハハ・・・」

唖然とした。

(⼥王になりたくないし!その上、20⼈の暗殺者!?)

すぐに[いいえ]を押したかったが、それは出来ない。

報酬として与えられた好感度は「10%」

ハードモードでの10%は破格の報酬。

メインクエストは5秒で⾃動的に受け⼊れられました。

泣く泣く、⽬の前のクロスボウを出して撃つ準備をする。

「動かないでください」

おそらく、カリストは腕の中で暴れる私に悩まされたのだろう。

彼は厳しい警告を与えた。

「・・・殿下」

憂鬱な声で呼ぶ。

「私はあなたを助けることが出来ると思います」

「・・・何?」

「私が暗殺者を撃ちますので、私をカバーしてください」

「お姫様、何を言って・・・」

その先を聞く時間を⾒つけることが出来なかった。

最後に、5秒の猶予期間が経過した。

 



 

  • ゲームスタート

クエストは⾃動的に受け⼊れられます。

(0/20)

数字に変わると同時に、カリストの腕の中でうずくまっていた体が浮かび上がった。

自動的に、自分の体がクロスボウを構える。

⽚⽬を閉じて暗殺者を狙った。

視界を遮る⼤⾬と⾺の動きは、システムの恩恵で私に何の問題もありません。

暗殺者は私が⽴ち上がるのを⾒るとすぐに、⼸を私に向けようとする。

引き⾦の⼈差し指がすぐに動いた。

タアン!

「ぐぁ!」

狙った暗殺者が⾺から姿を消した。

「やった!」

⾺から落ちた男がショックで震えているのが⾒えた。

でも、それを⾒る喜びすら感じられない。

タアン!タアン!

私の体は他の標的を撃つのに忙しかったから。

(7/20)

引き⾦を引いて、追いかけていた男たちを狙い撃つ。

⼀瞬で7⼈を倒した。

追いかけてくる男達は⾺から落ちて地⾯を這う。

暗殺者は予期せぬ反撃に困惑しているのでは?

すると、⽮が群れをなして⾶び始めた。

しかし、コントロールを失った体は⽮に屈せず、クロスボウで撃ち続ける。

タン!タン、タン!

(10/20)

さらに3⼈の暗殺者を倒した。

突然、横から違和感を感じた。

システムが乗っ取った体は激しくその側に向きを変える。

タン!

「があぁぁぁぁぁぁ!」

その瞬間。

「お姫様!!」

カリストは突然私の腰を下ろし、強く抱きしめた。

「うぐっ!」

彼が低く呻いた。

⽮が彼の左肩に当たっていた。

「殿下!」

側に近づいていた暗殺者の⼀⼈が、剣を持っていない皇太⼦の左側に⽮を放ったのだ。

タアン!

「⼤丈夫ですか、殿下?」

彼の傷を振り返りたかったのですが、絶えず揺れる体では出来ません。

「⼤丈夫でない場合はどうなりますか?」

しかし、カリストはすぐに落ち着いた声で付け加えた。

「心配しないでください。軽量の鎧を着ているので、深くは撃たれていません」

キンッ!

彼は別の⽮を斬り落とす。

ホッとした。

そして、このクソな状況に巻き込まれた少しの恨みを払いのけた。

カリストが私を抱きしめていなかったら、⽮に当たったのは私の頭だったかもしれないから。

「・・・ありがとうございました」

小さくそう呟いた。

好きなように⼝を動かすことが出来たのは幸運だった。

カリストは笑いながら、話しかけてくる。

「どうですか?私の事が好きになったのでは?」

「それはありません」

「残念ですね」

非常識な話をしているのを⾒たとき、彼は再び元気に⾒えた。

少し安⼼する。

 



 

馬に乗りながらクロスボウって難しいのでは?

システムの恩恵があるにせよ、恐ろしい状況ですよね。

カリストの傷は大丈夫なのでしょうか?

このまま逃げ切れば良いと思うのですが・・・。

 

悪役のエンディングは死のみ【75話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 今回は75話をまとめまし...
悪役のエンディングは死のみ【77話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 今回は77話をまとめまし...

↓紹介している作品5つを僕の好きな作品順にしてみました^_^

ちゃむのおすすめランキング こんにちは、ちゃむです。 このサイトでは、漫画・小説アプリの「ピッコマ」作品の先の展開を紹介させていただいております。 ...

 

【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 漫画最新話は42話。...
【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」を紹介させていただきます。 漫画最新話は144話。 ...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 漫画最新話は42話。 ...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 漫画最新話...