悪役のエンディングは死のみ

悪役のエンディングは死のみ【86話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。

今回は86をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 漫画最新話は47話。...

 



 

大学の友達に勧められ、乙女ゲーム「公女様のラブラブ・プロジェクト」を始めた主人公。

自分と似た境遇のハードモードのヒロイン、 悪女「ペネロペ」に感情移入し、ゲームに没頭してしまった。

ゲームの途中寝落ちして、起きたら自分がゲームの中の「ペネロペ」になっていた。

死亡エンドを避けるためには…攻略対象からの好感度を上げ、 ゲームをクリアするしか手はない!? 

ペネロペ・エカルト:主人公で悪役令嬢。ゲームではハードモードのヒロイン。公爵家の娘だが、実際には血の繋がりは無い。

イヴォン:ヒロイン。エカルト公爵家の娘だが、18歳になるまでは平民の娘として過ごしていた。ノーマルモードでは彼女がヒロイン。

デリック・エカルト:エカルト公爵家の長男。冷酷な貴公子キャラ。

レナルド・デカルト:エカルト公爵家の次男。気が短く、口が悪い。

カリスト・レグルス:イオカ帝国の皇太子。人の命を軽視する暴君。

ヴィンター・ベルダンディ:侯爵であり魔術師。様々な情報や裏取引を扱う。

イクリス:亡国の貴族出身の奴隷。ペネロペを同情した唯一のキャラ。

【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 漫画最新話は47話。...

 




 

86話 ネタバレ

悪役のエンディングは死のみ【85話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 今回は85話をまとめまし...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

 

  • 呪文の言葉は

カリストの次の⾔葉に、私は⽬を⼤きく開いた。

「・・・抑圧ですか?」

「ええ。魔法があまり商品化されていなかった当時、⼀部の魔法使いはヴァルタと呼ばれる国を建設し、世界を乗っ取ろうとしました」

「・・・」

「激しい戦争に勝利した古代の⼈々は、地図からヴァルタを消し去り、魔法使いを拒絶しました」

「・・・」

「それは神話の1つに過ぎないと思っていましたが・・・、すべて真実のようですね」

カリストは笑い、2つの巻物を振った。

「彼はヴァルタから皇居へのポータルを彫ろうとしていたようです」

古代の魔術師が、魔法の途中で死んでいなかったら。

「現在のインカ帝国は皇居に占領され、魔法使いが世界を台頭していたかもしれません」

歴史の痕跡は素晴らしかった。

私は考古学が好きでした。

なぜなら、⼈間の状況が⼀箇所で変わる可能性があることをはっきりと⽰していたから。

「・・・⺟国語を知っていれば、この巻物を使ってすぐに森から抜け出すことが出来るのですが・・・」

私が物思いに耽っていると。

「結論として、これは単なる古い地図の⼀部です」

カリストは残念そうに舌打ちをした。

彼はヴァルタの地図を捨てます。

システムウィンドウはまだ反応していません。

(本当に使えないの?)

この危険なゲームでは、何もしないよりも、行動した方が良いと思います。

悶えながら[はい]を押してみた。

同時に、システムウィンドウの⽂字が変更される。

[[古代の魔法の巻物]を2つ受け取りました]

[巻物は、それぞれ3回利⽤できます]

[使⽤したい場合は、マップ上のどこに移動したいかを指摘し、呪⽂を叫びます]

[呪文:イエッタ・デュ・ドゥダシ・プパシ]

「・・・巻物、使えると思います」

私はカリストが持っていた北の森の地図を指した。

「・・・お姫様?」

「はい」

「あなたは・・・、あなたは古代の呪文を読めるのですか?」

彼は怪訝な表情で尋ねてきます。

「どうして、そう思うのですか?」

「いや・・・、お姫様にはマナがないのでは?」

「予期せぬ事態に備えて、古代の呪⽂を学んでいました。試してみる価値はあると思います」

落ち着いた顔で嘘をついた。

とりあえず、今の最優先は外に出ること。

「・・・戦争中に貴族の基本的な教養が変わったのかもしれませんね」

カリストは苦笑いを浮かべて、私に促した。

「試してみましょう」

「どこへ行きましょうか?」

「出来るだけ他の⼈に知らせないほうがいいので、⼊り⼝から少し離れた場所がいいと思います」

彼は地図を開いて、注意深くチェックしてから場所を指定しました。

「ここに行きましょう」

彼が地図に触れるとすぐに、紙拡⼤されました。

その後まもなく、⽩⿊の森の⾵景が現れます。

「⼩動物の狩猟地帯ですね」

この場所が全ての始まり。

ヴァルタの地図の巻物を丸めて、床に置いたジャケットをすぐに着ます。

クロスボウも忘れずに。

「それでは試してみますので、指を離さないでください」

私はゆっくりと⼝を開ける。

「・・・イエッタ・デュ・ドゥダシ・プパシ」

[古代の魔法地図]を1回使⽤して、指定の地域に移動しますか?

[はい/ いいえ]

迷わず[はい]を押します。

同時に、目の前が輝き・・・。

 



 

  • 誰か助けを

「・・・本当に出来た」

私たちは洞窟を脱出し、静かな森の真ん中に座っていました。

「お姫様がこんなに役に⽴つ能⼒があるとは思ってもみませんでした。噂とはかなり違いますね」

皇太⼦は驚きの表情で私を⾒ました。

【好感度35%】

同時に、好意度はわずかに上昇しました。

「それは褒め⾔葉ですか、それとも皮肉ですか・・・?」

私は全く嬉しくなかった。

「正式な調査をしなければならないので、これらを預かります」

「分かりました」

私が持っていても、これ以上使用する事はないだろう。

周囲を見渡すと、見た覚えのある道が見えました。

「それでは戻りましょう、殿下」

迷う事なく帰れるのはラッキーでした。

すぐにその場から立ち上がる。

カリストも同様に立ち上がろうとしたが・・・・

彼は突然ふらついて、その場に崩れる。

「殿下!」

私は驚いてカリストの腕を掴み、彼を支えました。

洞窟はとても暗かったので、私は気づいていなかった。

彼の顔は、明るい⽇差しの下で再び⾒たとき、真っ⽩でした。

「殿下、⼤丈夫ですか?」

いつからこんな感じだったのだろうか?

カリストの顔から冷や汗が滴り落ち、彼の手は冷たかった。

「怪我をしていないと言ったのは、嘘だったのですか?」

「・・・目の前で死なれると、私の体を片付けなければいけませんね?」

「冗談を言ってる場合ですか!?」

私が大きな声で叫ぶと、カリストは微かに微笑んだ。

「⼤丈夫です、私は死ぬことはありません」

「そんなの分かりません。私に寄りかかって。早く戻りましょう!」

「お姫様」

カリストは私を⽌めた。

「先に行って、助けを呼んで来てください」

「え?」

「そうでないと、不敬罪で・・・」

その時でした。

微弱な声で最後まで私を脅したカリストは、紐が切れた⼈形のように倒れた。

「で、殿下!」

私は悲鳴を上げて、地面に座った。

「殿下!殿下!」

カリストの体を激しく揺さぶるが、彼は目を開けない。

パニックになって、頭を胸に当てる。

心臓の動く音は、朝よりも小さかった。

彼が死なない事はわかっているのに、それでも怖い。

「このままだと・・・」

私は立ち上がった。

「殿下、すぐに助けを呼んでくるので、しばらくお待ちください!いいですね?」

カリストの返事を聞く前に、私は⻭を⾷いしばって道を駆け下りた。

(早く誰かを連れてこないと!)

 



 

  • 殺人容疑

幸いなことに、⼩動物の狩猟地帯は森の⼊り⼝からそれほど遠くない場所です。

やがて、狩猟場に⼊ったときに⾒た場所にたどり着きました。

「ねえ!はぁ・・・、はぁ・・・、森の中、森の中で、皇太子が・・・!」

2⼈の騎⼠に向かって激しく呼吸しながら叫んだ。

その瞬間、彼らが突然、私の腕を掴んだ。

「お姫様が帰ってきたぞ!」

騎⼠たちは狩猟⼤会を主催したテントに向かって⼤声で叫んだ。

それから他の騎⼠が急いでやって来て、私をあっという間に囲みました。

(何?・・・まるで犯罪者を見つけたような表情で)

不吉な予感がよぎる。

「早く、森の中、森の中で、皇太⼦が・・・」

私は眉をひそめ、警備隊にもう⼀度叫びました。

その時でした。

誰かが向かってきます。

それは一昨日会った警備隊長。

「ペネロペ・エカルト公女。あなたを貴族の殺⼈未遂で逮捕します」

私は⼝を⼤きく開けた。

「・・・逮捕?」

不安な予感は、常に的を射ている。

 



 

ようやく脱出した二人。

しかし新たな問題が発生しましたね!

カリストの容態は?

そして、逮捕されたペネロペの行方は?

物語が大きく動き出しそうですね♪

悪役のエンディングは死のみ【87話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 今回は87話をまとめまし...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 漫画最新話は47話。...
【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」を紹介させていただきます。 漫画最新話は149話。 ...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 漫画最新話は46話。 ...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 漫画最新話...