悪役のエンディングは死のみ

悪役のエンディングは死のみ【90話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。

今回は90をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 漫画最新話は47話。...

 



 

大学の友達に勧められ、乙女ゲーム「公女様のラブラブ・プロジェクト」を始めた主人公。

自分と似た境遇のハードモードのヒロイン、 悪女「ペネロペ」に感情移入し、ゲームに没頭してしまった。

ゲームの途中寝落ちして、起きたら自分がゲームの中の「ペネロペ」になっていた。

死亡エンドを避けるためには…攻略対象からの好感度を上げ、 ゲームをクリアするしか手はない!? 

ペネロペ・エカルト:主人公で悪役令嬢。ゲームではハードモードのヒロイン。公爵家の娘だが、実際には血の繋がりは無い。

イヴォン:ヒロイン。エカルト公爵家の娘だが、18歳になるまでは平民の娘として過ごしていた。ノーマルモードでは彼女がヒロイン。

デリック・エカルト:エカルト公爵家の長男。冷酷な貴公子キャラ。

レナルド・デカルト:エカルト公爵家の次男。気が短く、口が悪い。

カリスト・レグルス:イオカ帝国の皇太子。人の命を軽視する暴君。

ヴィンター・ベルダンディ:侯爵であり魔術師。様々な情報や裏取引を扱う。

イクリス:亡国の貴族出身の奴隷。ペネロペを同情した唯一のキャラ。

【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 漫画最新話は47話。...

 




 

90話 ネタバレ

悪役のエンディングは死のみ【89話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 今回は89話をまとめまし...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

 

  • 嬉しくない言い訳

⾞いすのような⾞輪付きの椅⼦が現れて、静かなホールに騒ぎを引き起こした。

⻘い髪の女性が傲慢な表情で車椅子を押していた。

ドロテア伯爵夫⼈は彼らの後ろを歩いています。

⻘い髪の女性が燃えるような⽬で私を⾒つめ、嘲笑しているのが分かる。

(これじゃあ、どっちが悪人か分からないわね)

「ハァッ!⼥神!⼥神!」

男はよだれを垂らして私に⼿を伸ばした。

「じっとしてください!」

「何てことでしょう!」

ケリン夫⼈は⻘ざめ、婚約者を抱きます。

ドロテア伯爵夫⼈は怯えて⼀歩後退していた。

結局、騒動が収まったのは、使⽤⼈がタレット男爵の⼝と⼿を布で縛った後でした。

「ごほん・・・。ケリン夫⼈、証言をお願いします」

裁判官は、騒然とする雰囲気を鎮めます。

「お茶会で、エカルト公女は私たちにクロスボウを向け、殴られたら馬鹿になる魔法を持っていることを明らかにしました」

ケリン夫人は私をじっと⾒つめ、話を続けた。

「主催者のドロテア伯爵夫⼈を含む、多くの女性がいました。そうですよね、伯爵夫⼈?」

「え、ええ。私も確かに聞きました・・・」

ドロテア伯爵夫⼈は私を⾒つめながら臆病に答えた。

⽬が合うと、彼⼥は⾝を震わせて⼝を閉じた。

証⾔が終わったとき、裁判官は私に尋ねました。

「エカルト公女。ケリン夫⼈の発⾔に異議はありますか?」

「ありません」

簡単に答えました。

案の定、エレン侯爵の陣営からすぐに⽪⾁な声が聞こえた。

「ほら見たことか!」

「昨年に続いて、また・・・」

⼀瞬にして、私にとって⾮常に不利な雰囲気に。

「裁判官!」

その後、デリックが焦る声で私を擁護しました。

「私の唯⼀の妹は病床から⽬覚めたばかりです」

私は彼の⾔葉に眉をひそめた。

普通に考えて、嬉しくない⾔い訳でした。

「さらに、彼⼥が⾏⽅不明になってから1⽇が経ちました。今何が起こっているのかを識別する能⼒が・・・!」

 



 

  • ペネロペの証言

「私は正気です」

これ以上聞きたくないので、デリックの言葉を断ち切って前に出た。

「彼らが証⾔を終えたのなら、私も声明を出したいのですが?」

「ペネロペ!」

「・・・」

デリックは私を厳しく呼んだが、それを無視して裁判官を⾒た。

裁判官はうなずいた。

「公女の声明を始めなさい」

「まず第⼀に、ケリン夫⼈の証⾔を除いて、今回の事件は私が経験したこととはかなり異なります」

「そのような言い訳が・・・」

「静かに、ガボイル⼦爵」

「そして、ケリン夫⼈が証⾔した状況は、お茶会でよくある⼩さな冗談です」

私は周りを⾒回して、できるだけ⽣意気に⾒えるように肩をすくめました。

「あなたがそんな冗談も分からないことを残念に思います」

「どう言う意味ですか!?」

ケリン夫⼈が叫んだ。

「あれが冗談だと言えるのですか!?クロスボウを⼈に向けて、どうして些細ないたずらと思えるのですか!」

「最初にクロスボウのスキルを披露するように頼んだのはお嬢様では?そして、ドロテア伯爵夫⼈はそれが冗談であるかどうかを証⾔します」

落ち着いて答えた後、呆然としているドロテア伯爵夫⼈に⽬を向けた。

「彼⼥は私の冗談に共感し、笑いを導いてくれました。そうですよね、伯爵夫⼈?」

花が咲くようにニヤリと笑い、静かに圧⼒をかけました。

「そうですよね?」

「は、はい!ええと・・・、それは・・・。確かにその通りです・・・」

「ドロテア伯爵夫⼈!」

ドロテア伯爵夫⼈は混乱した表情を浮かべて、やがて⼝を閉じた。

私の沈黙の圧力は適切に機能したようです。

「しかし、あなたは!去年私を撃とうと・・・」

「ガボイル⼦爵が主張するクマは、最初から私の獲物でした」

ケリン夫人の言葉を遮り、私は主題を変えた。

「続けてください」

「私がクロスボウを撃ったとき、クマを完全に打ち負かすことは容易ではなかったので、皇太⼦殿下が手伝ってくれたのです」

「いいえ!公女の⾔葉はすべて嘘です・・・!」

「クマの死体を見れば、答えが分かります」

私は彼の声をナイフのように切り落とした。

「子爵が主張したように、多くの⼈々が攻撃した場合、死体に彼らの痕跡はあるのでしょうか?」

「すぐに確認します。デニス卿。クマの死体をチェックしてください」

「はい!」

合理的な主張に、裁判官はすぐに騎士の一人を動かした。

調査はすぐに⾏われた。

ガボイル子爵は焦った表情を浮かべている。

「えっと、それは・・・。それは私がすぐにクマの喉を切ったからです・・・」

最早それは意味のない議論でした。

彼の言葉には自信がなかった。

 



 

  • 涙目のエカルト公爵

「では、なぜ皇太⼦と⼀緒に森の中にエカルト公女がいたのですか?」

その時でした。

突然、左からの老人の声が聞こえました。

「私が知る限り、皇太⼦と公女に繋がりはありません。お二人が突然⼀緒に狩りをしていたなんて信じられません」

エレン侯爵からの質問に、「確かにそうだ」とうなずく⼈が⼤勢いました。

「暗殺者の証拠」があったとしても、⼆⼈がクマの狩猟をしている様⼦を説明しなければなりません。

「皇太⼦殿下と・・・、秘密の会合があったのです」

(これは本心じゃないから!システムが要求しているだけだから!)

無理矢理笑顔を浮かべて、言いたくない言葉を吐き出す。

「実際に、私と殿下は・・・、お互いを・・・」

それにもかかわらず、私の声は震えた。

(やっぱり無理!)

ここが正念場でした。

ここで黙ると、彼らはそれが奇妙だと思うことは明らかでした。

私はどんな犠牲を払ってもこの危機を打破しなければなりません。

「・・・その、お互いに気持ちがあります」

話し終えたその時でした。

「何!?」

その瞬間、右側のテーブルが叩かれる音がしました

公爵が涙⽬で私を⾒ます。

「ペネロペ・エカルト!ええと・・・、それは⼀体どういうことですか!?」

 



 

ドロテア伯爵夫人もグルだったのでしょうか?

それと、デリックの弁護も悲しいですよね・・・。

自分が正気ではないように言われたら怒りたくもなります。

そして最後のペネロペの発言。

この場所にカリストはいませんが、彼が後で知ったらどうなるのでしょうか?

悪役のエンディングは死のみ【91話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 今回は91話をまとめまし...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 漫画最新話は47話。...
【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」を紹介させていただきます。 漫画最新話は149話。 ...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 漫画最新話は46話。 ...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 漫画最新話...