悪役のエンディングは死のみ

悪役のエンディングは死のみ【91話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。

今回は91をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 漫画最新話は47話。...

 



 

大学の友達に勧められ、乙女ゲーム「公女様のラブラブ・プロジェクト」を始めた主人公。

自分と似た境遇のハードモードのヒロイン、 悪女「ペネロペ」に感情移入し、ゲームに没頭してしまった。

ゲームの途中寝落ちして、起きたら自分がゲームの中の「ペネロペ」になっていた。

死亡エンドを避けるためには…攻略対象からの好感度を上げ、 ゲームをクリアするしか手はない!? 

ペネロペ・エカルト:主人公で悪役令嬢。ゲームではハードモードのヒロイン。公爵家の娘だが、実際には血の繋がりは無い。

イヴォン:ヒロイン。エカルト公爵家の娘だが、18歳になるまでは平民の娘として過ごしていた。ノーマルモードでは彼女がヒロイン。

デリック・エカルト:エカルト公爵家の長男。冷酷な貴公子キャラ。

レナルド・デカルト:エカルト公爵家の次男。気が短く、口が悪い。

カリスト・レグルス:イオカ帝国の皇太子。人の命を軽視する暴君。

ヴィンター・ベルダンディ:侯爵であり魔術師。様々な情報や裏取引を扱う。

イクリス:亡国の貴族出身の奴隷。ペネロペを同情した唯一のキャラ。

【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 漫画最新話は47話。...

 




 

91話 ネタバレ

悪役のエンディングは死のみ【90話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 今回は90話をまとめまし...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

 

  • 一言の影響

「公爵閣下、ここは法廷です」

裁判官は、公爵が悲鳴を上げようとしたときに警告した。

彼は必死の形相で気持ちを抑える。

気持ちは分かるわ。

皇太子に首を切られた娘が、いきなり「相思相愛」を告げるなんて。

私でもビックリする。

この⼀⾔の影響は素晴らしかった。

静かな会場はすぐに騒がしくなる。

その中で、私はショックの表情をしている別の⻘い⽬に遭遇した。

デリックが拳を握りしめながら私を⾒つめている。

「静粛に!皆さま、静粛に!」

裁判官が騒々しいホールを落ち着かせました。

「エカルト公女、あなたの声明を続けてください」

「・・・少し前に、私は殿下と約束をしていました」

まるで他人のことを話すかのように。

「昨日の宴会場に出席した方は、私が殿下と会話をしているのを見ているはずです」

「確かにそうだ・・・」

「私も見ました・・・」

誰かがそう呟く。

(どちらかというと喧嘩していたようにも見えたけど・・・)

重要なのは皇太⼦と公女のスキャンダル。

私は急いで要点に戻った。

「・・・クマ狩りの直後、皇太⼦を狙う暗殺者に遭遇しました」

「それは・・・!」

「暗殺者に追われている間、殿下は彼らの攻撃で負傷し、私を守るために⼀緒に崖から落ちました」

貴族たちは、ガボイル⼦爵の証言とは異なる声明に混乱し、ショックを受けました。

「クマと暗殺者以外にクロスボウを撃った覚えはありませんが、子爵の証言からすると、クロスボウで撃たれたのは・・・」

「あなたは嘘をついている!ええと・・・、その・・・」

ガボイル⼦爵は不審にどもりました。

エレン侯爵は固い表情で代わりに答えます。

「しかし、公女が言った話が本当なら、おかしな点があります」

「え?」

「殿下は今、原因不明の昏睡状態にあります。宮殿の医師は、怪我は軽傷であり、別の理由があるに違いないと述べました」

「それで?」

「公女が主張するように、お二人が暗殺者に襲われて怪我をし、崖から落ちた場合、捜索隊がお二人を⾒つけるまで動くことができないはず」

「・・・」

「しかし、お二人は翌⽇、森の⼊り⼝の近くにいました。その後まもなく、殿下は倒れた。まるで・・・」

エレン侯爵は言葉の終わりを曖昧にする。

「まるで、あなたが彼を誘惑して毒殺したように見えます」

彼は暗殺の証拠がないことを確信しているのでしょう。

(彼の証言は正しい)

魔法の地図が見つかっていなかったら、私たちは洞窟から脱出出来なかったでしょうから。

 



 

  • メインクエスト

会場が息苦しい沈黙に包まれる中。

「エレン侯爵!」

公爵が怒りの表情を浮かべている。

「憶測が過ぎるぞ。私が娘を使って皇太子を殺そうとしたと言いたいのか!?」

「そうとは言っておりません。公女の独断かもしれません」

「貴様・・・!」

「冷静になってください、公爵。私は正当な疑問を抱いただけですから」

怒っている公爵に、エレン侯爵は不機嫌そうな笑みを浮かべる。

そして、私の方に目を向ける。

「エカルト公女、教えてください。なぜ殿下は意識を失ったのですか?」

「殿下は毒の影響を受けているのでしょう」

無表情でそう答える。

はっきりとした私の答えに、エレン侯爵は動揺した。

「どうして断言できるのですか?公女が毒を使用したからでしょうか?」

「暗殺者から入手した証拠を調べれば、すぐに分かります」

「何!?」

リラックスしていた侯爵は、その瞬間に席から⾶び上がった。

「証拠があるだと・・・!」

「暗殺者に襲われたという公女の声明は本当なのか?」

会場が再び騒然となる。

「う、嘘だ!デタラメです!」

ガボイル子爵が無意味な行動を起こしている。

「帝国の名誉に誓います。皇太子を傷つけた暗殺者の短剣をここに」

短剣を取り出そうとした瞬間。

[メインクエスト:狩猟⼤会の⼥王になりましょう!]

[3番。暗殺者の発⾒]クエストを続⾏しますか?

(報酬:すべての男性キャラの好感度+7%、名声+70)

[はい/いいえ]

(好感度7%!)

これまでに⾏ったすべてのクソクエストの中で最も寛⼤な報酬。

すぐに[はい]を押す。

[2番⽬。暗殺者を⾒つけよう]

  • エレン侯爵
  • ガボイル子爵
  • タレット男爵
  • ケリン伯爵

 



 

  • 4つの選択肢

もちろん、1番が答えになると思いました。

短剣の家紋は、エレン侯爵の家紋と⼀致したため。

しかし、このクソゲームはそれほど単純なものではありません。

「エカルト公女。証言を続けてください」

裁判官が私の話を促す。

すぐに腕の中の短剣を思い出す。

エレン侯爵の家紋が描かれた短剣を⾝につけ、暗殺道具に絹⽷を装飾する愚かな人物。

絹⽷の⾊は⽔⾊。

正解を推測することは難しくありません。

3!

すぐに選択肢の1つを押しました。

カリストを最後まで殺そうとしたのは、ケリン夫人の婚約者。

[正解!証拠を明らかにしてください!]

新しい⽂章が思い浮かぶとすぐに、私は⼝を開いた。

「私は証拠として、皇太⼦殿下を刺した暗殺者の短剣を提出します」

「それが暗殺者の短剣だと、どうして証言出来ますか?」

「エレン侯爵の家紋が刃の底に刻まれています」

「何!?」

エレン侯爵は⼝を⼤きく開けた。

「さらに、絹⽷の所有者を追跡すれば、暗殺計画の主犯に繋がるでしょう」

そう言いながら、短剣に施されている絹糸を見せる。

「そ、それは・・・ケリン夫人が最近自慢していた装飾です・・・」

絹糸を認識したドロテア伯爵夫⼈は、うっかり話してしまし、急いで⼝を⼿で覆った。

「「公女は嘘の証言を吐いている!!」」

エレン侯爵とケリン夫人が、ほほ同じタイミングで叫ぶ。

「公女がタレット男爵からそれを盗んだ可能性もあるのではないでしょうか・・・!」

その瞬間。

「私は公女が自分自身の手でクマを狩猟する場面を目撃しました」

 



 

状況は完全にペネロペに有利になりました。

最初は1番だと思っていましたが、ペネロペは冷静に答えを押しましたね!

そして、最後に発言した人物は?

悪役のエンディングは死のみ【92話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 今回は92話をまとめまし...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 漫画最新話は47話。...
【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」を紹介させていただきます。 漫画最新話は149話。 ...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 漫画最新話は46話。 ...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 漫画最新話...