セイレン

セイレン〜悪党と契約家族になった〜【105話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「セイレン〜悪党と契約家族になった〜」を紹介させていただきます。

今回は105をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【セイレン〜悪党と契約家族になった〜】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「セイレン〜悪党と契約家族になった〜」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載...

 



 

歌で人間を魅惑する「セイレン」。

そんなセイレンであるアリアの優れた能力を知った人々はアリアを神のように崇めた。

しかしある日、帝国全域にセイレンは神の声でも、救いの天使でもなく、伝説の妖怪だという噂が広まり、皇帝はアリアの足を折って鳥籠に閉じ込めてしまう。

長い間鳥籠に閉じ込められアリアが人生を諦めようしたその時、目の前に現れた一人の男。

それは悪魔に魂を売ったというバレンタイン公子であった。

彼に「殺してあげようか?」と提案され、アリアはバレンタイン公子と一緒に地獄へ落ちることを決意する。

しかし、息を引き取る瞬間、10歳の時に戻っていた…。

そしてアリアは決意する。

自身の人生をめちゃくちゃにした張本人である父親に復讐し、最悪な人生から救ってくれた救世主バレンタイン公子を幸せにすると。

アリア:本作の主人公。セイレンと呼ばれる妖怪の血を持つ。本名はアリアドネ

ロイド:ロイド・カルデナス・バレンタイン。公爵家。アリアの結婚相手

ヴィンセント:バレンタイン公爵家の次男。

ガブリエル:騎士見習い。前世では神聖帝国の聖騎士団長

サビナ:サビナ・バレンタイン。公爵夫人

ダナ:侍女長

カーリン:大公城の呪術師

マロニエ:アリアの専属侍女

【セイレン〜悪党と契約家族になった〜】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「セイレン〜悪党と契約家族になった〜」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載...

 




 

105話 ネタバレ

https://tsubasa-cham.com/becoming-the-villains-family-104

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 悲しい夢③

ヴィンセントはキャベンディッシュ以上に言いたいことがあったようだ。

しかし、唇だけがピクピクしてしまい、言葉が出てこない。

「まあ、つまり・・・」

深呼吸をして眼鏡を外し、不安そうな表情で顔を拭いた。

「古代に滅んだアトランティスの謎の文明の物語がそこに繋がるなんて」

アリアも知らなかった。

フィネータ帝国の属国なので、侵攻されるのは当然分かっていたが、神が関係しているなんて。

ヴィンセントはそれを一言で言い表した。

(知ってはいけないことを知ってしまったような気がする・・・)

もしアリアの夢が本当だったとしたら、それは彼らが今まで信じてきたことはすべて嘘である可能性があることを意味します。

エデン信仰の教義によれば、神には名前はなく、神は神の名前を付けてはならないと教えられている。

しかし、アリアの夢の中で、その神はシャドラという名前を持っていました。

「要するに、神は人間を信じて感情を託したのに、フィネタ帝国が全てを奪ってしまったということよね?」

ということは、神には今は感情がないということ?

ヴィンセントは首を傾げて言った。

「ちょっと変だよ。ならば帝国を築く際には神の力を借りて神聖帝国としての地位を確立すべきではないか?」

「ガルシアの力は当時すでに強かった。彼らは空の下に二つの神聖帝国を許したでしょう
か?」

アリアは愕然とし、そこまで言葉を続けることができなかった。

「ちょっと待って・・・、もしかしてガルシアはフィネタ帝国を狙っていたのでは?」

アトランティスから盗まれた神の想いはフィネタ帝国にあった?

『ロイドが持っていたのは神の悪意だった。これは神の感情を人間に委ねることと何の関係があるのでしょうか?』

アリアは短いうめき声を上げる。

深く考えれば考えるほど、彼女は何も分からなくなった。

すでに歴史から消え去った1500年前の物語。

おそらく手がかりが少なすぎたのでしょう。

「いずれにせよ、アトランティスに侵攻したのはフィネタ帝国であることは間違いない。手がかりは皇居にあるはずです」

「ええ」

「怖いなら撤退してもいいよ」

強制しているわけではありません。

アリアは優しく言った。

ヴィンセントは自分が巻き込まれたことを後悔しているようだったからだ。

「一体誰が怖いと?むしろ、学ぶことに情熱を燃やしています」

しかし、それを聞いたヴィンセントはうめき声を上げて言った。

「無理はしないつもりだったのに」

「好きに受け入れたら最後まで責任を持って下さい。この道の終わりがどこにあるのか見に行かなければなりません」

アリアは唸るヴィンセントの頬をつねって伸ばした。

「ふーん、アトランティスの子孫に関する記録を見たことがありますか?」

「ありませんが・・・」

ヴィンセントは頬をつねりながら何度か正しく発音しようとしたが、カッとなってアリアの手を奪う。

赤い頬を手の甲でこすりながら彼は言った。

「王子様がフィネタ皇族に人質に取られたと言いましたよね?」

「はい、キャベンディッシュが王子に人質になっても構わないと言ってたからね」

「それなら始皇帝書記に記録が残るかも知れません」

おそらくそこにはキャベンディッシュに関する情報が書かれていたのでしょうが、彼らは確信がありませんでした。

アリアは同意してうなずいてから尋ねた。

「ところで、年代記って、皇帝しか読めないものじゃないですか?」

「それが問題なのです」

「全く問題ないでしょう」

「え?」

ヴィンセントがアリアに対する疑念を表明しようとしたとき、クラウドが遠くから彼らに近づいた。

「護衛騎士は一体どこをそんなふうに徘徊しているのですか?職務怠慢の意味も知らない人は、暇さえあれば職務を放棄することが多い」

ヴィンセントは当然のように舌打ちして彼を叱った。

「私はただ命令を遂行しただけです」

何の罪もなく濡れ衣を着せられたクラウドは、一瞬ヴィンセントの方を向き、それからアリアに話しかけた。

「ビブリオという男は異端審問官の世話になりました。かなり大人しくなったそうで、お嬢様を連れてくるように言われました」

「それじゃあ、今から行きます」

 



 

クラウドはアリアを地下牢に導き、ヴィンセントは彼女の後を追う。

「その細菌のような名前は誰ですか?」

アリアはその場にいなかったヴィンセントにビブリオという人物の話を簡単に説明した。

これまでのことを話しているうちに、彼らはいつの間にか地下室に到着していた。

「くわああああ!」

階段を降りるアリアは驚いてよろめいた。

ヴィンセントとクラウドはほぼ同時に彼女の手を掴み、彼女を支える。

「「大丈夫ですか?」」

「え、ええ・・・」

短く激しい叫び声が突然、暴れ馬のように途切れた。

「若奥様!」

ロイドの命令に従い順調に仕事(?)を終えた異端審問官は、明るい笑顔で彼らを出迎える。

やっていることと比べて明るすぎて、違和感がありました。

彼はアリアの手の甲にキスしようとし、自分の手を見つめ、すぐに手袋を外した。

正体不明の血が彼の手袋から滴り落ちていた。

–あなたの心を受け止めます。

アリアは彼の激しい挨拶を丁重に断る。

すると審問官は暗い表情を浮かべた。

「うーん・・・」

一方、ヴィンセントは監禁されたビブリオを見つめていた。

彼は悪名高きバレンタイン異端審問官に身も心も魂も奪われてボロボロになっている。

「兄嫁様から聞いている話だと、奴隷商人のようですね」

-そう思います。

肩を震わせるビブリオを振り返りながら、アリアがメッセージを送った。

「奴隷商人たちは我々が来るとは予想していなかっただろうから、彼はスパイではないだろう。彼らは何か大きな陰謀を企てているのでしょうか?」

ヴィンセントは真剣に考えていた。

「そうではなかったと思います・・・」

アリアはビブリオが「君は歌で感情を振り回す悪魔のようなものだ」と怒りを吐露した場面を思い出す。

その状況から逃れるために彼が言った言葉は非常に感情的でした。

「もしかしたら、彼は私の歌を聞いて、奴隷たちと一緒に流されてしまったのでしょうか?」

「ああ、まさか。そんなことはありえない」

ヴィンセントは明らかに陰謀があったと信じていた。

世の中にこんなバカがいるわけがない。

アリアは一瞬動揺した表情を浮かべてから、ビブリオを見た。

「血統を残さず、今すぐ死んだほうがレースの発展に貢献できるだろう。人間なんてバカがいると仮定しているんだよ」

ビブリオは完全にやる気を失ったようで、突然押し寄せる恥辱に魅了されました。

「私はほとんど知りません」

ビブリオが吐き出した情報は3つ。

ブルート王国には秘密の研究所があった。

国が運営しており、アンダーヒル奴隷商人が実験台として奴隷を調達している。

そして彼らはキメラを作っていた。

アリアがこれまでに聞いた話から推測できる話ばかりだ。

(あの研究室にはかつてドブネズミの捕虜だったハンスがいるはず・・・)

アリアは少し考えた。

「研究所側が潜入してみたほうが良さそうですね」

そう呟いていたときのこと。

「妃殿下・・・」

会話を途中まで聞いていたテッドが話を遮った。

「行かせてください」

「あなたが?」

「いいえ、私だけではありません」

彼は背中の後ろを指差した。

若者たちは惨めな表情を浮かべてそこに立っていた。

彼らは元奴隷でした。

「私たちは自分たちで復讐したいのです。そうすれば、私たちはより快適に感じるでしょう」

テッドは生き生きとした意味ありげな笑顔を送った。

 



 

ブラックファルコンはアリアの出自を知っている。

騎士団長のダスティンは、アリアが4年前に初めて来たときから知っています。

そして残りのメンバーはパラサイト事件で騒いだケフェンディ子爵と知り合い。

当時のことを話すと誰もが険しい表情になった。

そのため、ロイドが彼らをコルテスの邸宅に引きずり込んだとき、彼らは何かが来ると思っていた。

「いつかこの日が来ると思っていました」

「4年間待ってました!」

「私たちのお嬢様をあえて虐待する世界の最低野郎」

「マスターがいくら命令したとしても、どうしてあの小さな子供を放っておくことができますか?」

ブラック・ファルコンはアリアの過去や彼女が受けた苦しみの詳細を知りません。

しかし彼らは、彼女が大公国に来る前に虐待され、無視されていたに違いないと推測することができた。

ロイドは、放し飼いの子馬のように暴れまわるブラック・ファルコンを通り過ぎて、邸宅に入る。

彼は大広間の中を見回してから、勝手にテーブルの頭に上がって足を組んで座った。

その直後、コルテス伯爵はブラック・ファルコンズに捕らえられ、引きずり込まれる。

「初めまして、お義父さん」

ロイドは椅子の取っ手を軽く叩き、ゆっくりと微笑んだ。

 



 

セイレン〜悪党と契約家族になった〜【106話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「セイレン〜悪党と契約家族になった〜」を紹介させていただきます。 今回は106話を...
【セイレン〜悪党と契約家族になった〜】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「セイレン〜悪党と契約家族になった〜」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載...
【できるメイド様】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「できるメイド様」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっておりま...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 ネタバレ満...
【継母だけど娘が可愛すぎる】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「継母だけど娘が可愛すぎる」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...
【優しいあなたを守る方法】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「優しいあなたを守る方法」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...