俺レベ 翻訳

俺だけレベルアップな件【157話】シーズン2の翻訳ネタバレ&感想(リメイク)

こんにちは、ちゃむです。

シーズン2の韓国小説の翻訳をしています。

ちなみに購入先は、RIDIBOOKSという韓国サイトで全14巻を購入しました。

一巻2,880ウォンで約280円とお手頃価格でしたので、まとめて購入しました(笑)

ちなみに韓国語は殆ど無知です。知り合いに韓国語を勉強していた方がいたので、協力してもらいながら勉強をしています♪

シーズン2の再開も楽しみですので、内容は省略している所も多いです。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

原作小説は完結している為、漫画のネタバレを読みたくない方はブラウザバックを推奨しております。

俺だけレベルアップな件【157話~158話】シーズン2の翻訳ネタバレ&感想

今回は【157話】のリメイクとなっております。

2話分ですと膨大な量になってしまうので、分割させていただきます。

ご了承くださいm(__)m

 

 

 

 

 

 

157話 翻訳

  • 旬は一瞬で巨神像の⽬の⾼さに到着した。
  • この高さが、彼の現時点でのジャンプの最⾼点でした。
  • 周りのすべてが停⽌したように感じる。
  • 旬の集中力は今、最高潮でした。
  • ⼩さなミスで命を落とすという紛れもない脅威が、旬のすべての能⼒を絶対的な限界に追いやった。
  • 旬:「これが敏捷ステータスの限界・・・」
  • 彼の心臓は激しく、そして速く鼓動しました。
  • しかし、彼には明らかにこの状況を楽しむ余裕がありませんでした。
  • この瞬間も、這う速度ではあるが、神像の⽬が彼に向かって動いていた。
  • 凝固する深紅⾊の光を間近で⾒ると、彼の体全体に震えが生じました。
  • その光を浴びるだけで、彼の体は消滅するでしょう。
  • 危険の匂いを感じて、旬の⼼は⽬前の光景に再び集中しました。
  • 旬:「落ち着いて・・・」
  • 彼は左⼿を伸ばしたが、まだ武器を持っていなかった。
  • 旬:「支配者の力!!」
  • アップグレードされたスキルは、神の像の肩を引っ張り始めた。
  • 旬は、神の像を彼に向かって引きずるのではなく、⾃分⾃⾝を接近させることを考えていました。
  • Wuuoong- !!
  • しかし、神の像の上半⾝が少し前に這い上がったため、旬は少し驚いた。
  • 旬:「・・・!!!」
  • なんと信じられないほどの⼒なのか!?
  • スキルが、「支配者の手」から「支配者の力」に進化した効果は、彼が想像していたよりも遥かに強力でした。
  • そのおかげで、旬は予想よりも簡単に神の像の肩に着地することができました。
  • 彼はすぐに頭を上げて後ろを振り返った。
  • ドーン!
  • 爆発した緋⾊のレーザービームは、旬が浮かんでいた空中の場所を正確に突き抜けました。
  • 旬:「よし!」
  • 旬は全⼒で神の像の肩に全⼒疾⾛し、⾸の近くに到着した。
  • 彼の右⼿は「魔王の短剣」をしっかりと握っていた。
  • 旬:「乱刀!!」
  • ショットガンの砲弾のように、無数の刃がターゲットに降り注いだ。
  • Dududududududu- !!
  • 数⼗のスラッシュが神の像の⾸を切り裂く。
  • しかし、⽬に⾒える損傷はほとんどありませんでした。
  • それらはすべて、⽪膚にごくわずかな表⾯的な傷を引き起こすだけで⽌まりました。
  • 旬:「この武器では意味がない・・・か」
  • その時でした。
  • 旬は、彼に向かってくる巨⼤な⼿を発見した。
  • しかし、その手が旬を掴む前に、彼は彫像の⾸の後ろを⾛り、もう⼀⽅の肩に変えました。
  • 旬は頭を上げて、神の像の顔を睨みつけました。
  • 旬:「刺すことが出来ないなら、殴るのみ!!」
  • 旬の⽬は決意を持って明るく輝いていた。
  • 彼は軽く跳ね上がり、左⼿を神の像の顔に突き刺した。
  • バキッ!!
  • 旬の左⼿の5本の指、その全てが深く掘られました。
  • 旬「成功!!」
  • 旬は左⼿を握りしめた。
  • そして、崖の表⾯にぶら下がっているロッククライマーのように、神の像の顔にしっかりと固定しました。
  • 準備が完了しました。
  • ここからが本番です。
  • 旬の右背中、右肩、そして右腕はすべて不⾃然なサイズに膨らみ始めた。
  • それは彼の右腕を包み込む、信じられないほどの量の魔力エネルギーの結果でした。
  • 旬は試しに一発、殴ってみました。
  • ブーム!!!
  • 短剣の攻撃に動揺しなかった神の像の頭は、⽬に⾒えて震えました。
  • 天使像:「・・・!!」
  • 展開する状況を観察している天使像は、⾔葉を出せず、ショックを受けました。
  • 上空から広がる膨⼤な量の魔力エネルギーが、地下寺院全体の空気を揺さぶりました。
  • 天使像は、興奮した状態をまったく隠すことさえせずに、⾒上げ続けました。
  • 天使像の⽬のきらめく光の中で、さらに⼤きな期待が沸き起こった。
  • boooom !!
  • 旬の拳が⼆度⽬の神像の顔を殴った。
  • ぐらり・・・。
  • 少しの間、神の像はバランスを失いました。
  • 攻撃は間違いなく効いていました。
  • しかし、神の像は、じっと⽴って、何もしない訳ではありませんでした。
  • Vuwoong- !!
  • まるで蚊を捕まえようとしているかのように、神の像はその巨⼤な⼿で⾃分の顔を叩きました。
  • ブーム-︕︕
  • 旬はその巨⼤な⼿の攻撃を回避し、神の像の肩に無事に着地しました。
  • 今、彼の顔には嘲るような笑顔が浮かんでいた。
  • 旬は待つことなく、すぐに神の像の顔に向かって全⼒疾⾛しました。
  • そして・・・。
  • ブーム︕︕カブーム!! クァン︕クァン!! クワブーム!!!
  • 恐ろしく⽿をつんざくような衝撃が、⼤きなドーム型の寺院全体に絶え間なく響き渡った。
  • バキバキ!!
  • 神の像の表⾯にひびが⼊り、蜘蛛の巣のように表⾯全体に広がった。
  • よろめく神の像は、壁のに向かって⾛り始めて、バランスを維持するために最善を尽くしました。
  • どどどどどど!!
  • 壁にぶつかって、顔にくっついている旬を押しつぶそうとしていた。
  • 天使像:「しかし、それが起こる前に・・・」
  • ・・・、彼はこの戦いを終えるでしょう!!
  • 旬の拳は、神の像の顔に、より速く、より激しく、殴り続けました。
  • クァン!! クァン!! クァン!! クワーン!!
  • どどどどどど!!
  • 神の像はその⾛⾏速度を上げ、壁との激突まで後寸前。
  • ちらり。
  • 旬は⽬で残り距離を確認し、最後の⼀撃を仕掛けるために全てのマナを右腕に送った。
  • 恐ろしい量の魔力エネルギーが彼の右⼿を満たし、太い静脈が彼の膨らんだ腕の筋⾁に膨らみました。
  • 旬:「・・・これで」
  • レベル103の筋力。
  • 旬はそのすべてを、この拳に注ぎました。
  • 神の像が壁にぶつかる直前に・・・。
  • KWA-BOOM !!
  • バキ︕︕︕
  • 熟したスイカが粉々に砕ける⼤きな⾳とともに、神の像の顔の半分が吹き⾶ばされました。
  • それはやがて衰弱し、ひざまずいて倒れました。
  • ドーン!!
  • ドーム型のアリーナ全体に⾒事に鳴り響きました。
  • そして、神の像の巨⼤な体が無⼒に地⾯に傾いた。
  • ズドン!!
  • 巨像が乾いた地⾯に激しく崩壊したとき、塵の雲が空中に跳ね上がった。
  • 旬は濃い霧のように部屋を覆っているほこりを振り払いながらそこから出てきた。
  • 旬:「ふううう」
  • 旬は息を切らして、ため息をついた。
  • Ba-thump、ba-thump、ba-thump…。
  • 今でも、彼の激しく⿎動する⼼臓の⾳が騒々しく鳴り響いていました。
  • 初めて神の像の前に⽴ったとき、思わず漏らしてしまいそうになった敵が、今は動かずに地⾯に伏せて倒れていた。
  • 残りの⽯像は、旬を輪になって囲み、距離を縮めた。
  • しかし、彼らが彼を襲う直前に・・・。
  • 旬:「支配者の力」
  • ブーム-︕︕
  • すべての⽯像が頭を床に叩きつけ、動きを完全に⽌めました。
  • 旬:「今⽇の戦いで、俺は更に強くなった」
  • 自身の拳を握り締めて、それらを広げました。
  • 信じられないほどの⼒が彼の拳から溢れ出ていました、いや、彼の全⾝から。
  • 彼は今、この⼒の流れをはっきりと感じることができました。
  • 彼の奥深くで眠っている何かが、この⽣死の闘いを通して⽬覚めたように感じました。
  • その時でした。
  • パチパチパチ。
  • 旬はゆっくりとした⼿拍⼦を聞いた。
  • 彼はその拍⼿⾳の⽅向に頭を上げた。
  • 天使像は誇張して⼿を叩き、その笑顔はまだ顔に刻まれていました。
  • 天使像:「本当に素晴らしい」
  • しかし、⼝から出る⾔葉とはまったく異なり、⽬からにじみ出る光はかなり悪意があった。
  • 旬は静かに天使像に話しかけた。
  • 旬:「やっと、あなたから話が聞けます」
  • この最終テストが終了後、彼が知りたいと思っていたすべての答えが聞ける。
  • 残念ながら、天使像は、それを簡単に知らせるつもりがないかのように、固い笑顔を浮かべました。
  • 天使像:「はは」
  • それは旬に⼀歩近づいた。
  • 天使像:「あなたのテストはまだ終わっていません」
  • 更に、もう⼀歩近づきます。
  • 天使像「なぜなら・・・」
  • さらに・・・。
  • 天使像は⼤きな歩幅で距離を縮め、最終的に旬の目の前に⽴った。
  • 天使像:「・・・私はまだここにいますよね?」
  • Dududuk、dudududuk !!!
  • 天使像の後ろにある⻑い翼は、腕に変わる前に突然捻れ出した
  • 2本の腕が肩から出て、さらに6本が背中から発芽し、合計8本の拳を握り始めました。
  • 天使像:「私はあなたの最後のテストです」
  • 旬はひどく眉をひそめた。
  • しかし、彼が何かを⾔う前に、天使像は彼を断ち切りました。
  • 天使像:「私の「⼈⽣」について⼼配する必要はありません」
  • 旬の⽬は驚き広がった。
  • 目の前の「何か」は旬が⾔いたいことを前もって知っていた。
  • 天使像:「驚きましたか?」
  • 天使像は⽚⽅の⼿を上げて⾃分の頭を指さしました。
  • 天使像:「あなたの情報はすべてここにあります」
  • 旬:(そんな事がありえるのか・・・?)
  • 旬の額に冷たい汗の滴が急速に形成された。
  • 天使像:「予想通りの反応をありがとう。ハッハッハッ」
  • 天使像は、その堅くて機械的な笑い方をしました。
  • そして、⾔いたかったことを続けました。
  • 天使像:「私が死ぬのを防ぐために、あなたが⼒をコントロールしようとすると、あなたの本当の強さを適切に測定することが難しくなります。だから、それを防ぐために・・・」
  • その瞬間、天使像の唇が素早く動きました。
  • しかし、天使像の声は出ませんでした。
  • どこかから声が出てきました。
  • ???:[「緊急クエスト」が発⾏されました]
  • ???:[指定された制限時間内に敵を倒さなかった場合、あなたの⼼臓は完全に機能しなくなります]
  • ???:【残り時間10:00】
  • クエストメッセージが⾔い終えたのと同時に、残り時間から1秒が刻みました。
  • チック。
  • ???:【残り時間09:59】
  • 天使像を⾒つめると、旬の⽬は激しく震え始めた。
  • 天使像:「その通り」
  • ???:[その通り]
  • 天使像が話すときはいつでも、彼は同時にシステムの声も聞いた。
  • 落ち着きを取り戻したと思われる旬の⼼は、再び狂ったように動き始めた。
  • 彼の呼吸は速くなり、指先は震えました。
  • 天使像は、旬が以前に尋ねた最初の質問の1つである「あなたは何ですか?」に答える前に、ジンウの反応を観察しました。
  • 天使像:「私はシステムの開発者です」
  • システム:[私はシステムの開発者です]
  • 犬飼:「キムさん、あなたは記者です。今、⽇本でダンジョンブレイクが起こっているのに、このようにここでキャンプしてても⼤丈夫ですか?」
  • 犬飼は、何かにとてもイライラしているように、その質問を投げ出した。
  • キムという記者は、もみあげの周りを引っ掻きながら、⼤きくあくびをした。
  • キム:「あの場所はすでに他の記者でいっぱいです。監視部⾨の⼈にくっついていた方が何かネタを探せるかもしれません」
  • 犬飼:「・・・」
  • 犬飼は諦めて、内心でため息をつきました。
  • これは、キムが協会に関する好意的な記事を書く数少ない記者の1⼈であるためです。
  • 犬飼:「味⽅を敵に変える必要はありませんし・・・」
  • タイミング良く、携帯が鳴りました。
  • 犬飼:(・・・んん?)
  • それはレポートセンターからの電話でした。
  • 犬飼はすぐに電話に出ました。
  • 犬飼:「はい、監視部⾨の犬飼です」
  • スタッフ:「課長、レポートを受け取りました。これにはあなたの見解が必要なようです」
  • 犬養の⽬は細くなった。
  • 犬飼:「どうした?」
  • スタッフ:「オークが出てきた⾼校を覚えていますか?」
  • 犬飼:「あの場所でまた何かあったのか・・・?」
  • スタッフ:「数⽇前にその学校の運動場に現れたゲートが、⼆重ダンジョンであることが判明しました」
  • 犬飼:「⼆重ダンジョン!?」
  • 犬飼の⽬が⼤きくなった。
  • スタッフ:「しかし、問題は・・・」
  • スタッフには、まだ⾔いたいことがあるようでした。
  • 犬飼の声はより緊張感を伴った。
  • 犬飼:「まだ他にありますか?」
  • スタッフ:「水篠ハンターが⾨に⼊ったと、報告がありました」