俺レベ 翻訳

俺だけレベルアップな件【158話】シーズン2の翻訳ネタバレ&感想(リメイク)

こんにちは、ちゃむです。

シーズン2の韓国小説の翻訳をしています。

ちなみに購入先は、RIDIBOOKSという韓国サイトで全14巻を購入しました。

一巻2,880ウォンで約280円とお手頃価格でしたので、まとめて購入しました(笑)

ちなみに韓国語は殆ど無知です。知り合いに韓国語を勉強していた方がいたので、協力してもらいながら勉強をしています♪

シーズン2の再開も楽しみですので、内容は省略している所も多いです。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

原作小説は完結している為、漫画のネタバレを読みたくない方はブラウザバックを推奨しております。

 

俺だけレベルアップな件【157話~158話】シーズン2の翻訳ネタバレ&感想

今回は【158話】のリメイクとなっております。

2話分ですと膨大な量になってしまうので、分割させていただきます。

ご了承くださいm(__)m

 

 

 

 

 

 

158話 翻訳

  • 旬には、あまり時間がありませんでした。
  • 天使像が突然攻撃を開始した。
  • ⼤きな握り拳が、⼀瞬の光のように彼に向かって⾶んで来ました。
  • 超近距離からの攻撃、その速度も速すぎて回避は難しかった。
  • それは、数え切れないほどの戦いを通して、ほぼ完璧に訓練された旬の脳が彼に⾔った。
  • 旬は攻撃を阻⽌するために咄嗟に腕を上げた。
  • それは、間違った決断ではありませんでした
  • ただし、それが正しい決断であるという意味でもありませんでした。
  • ズドン !!
  • そのパンチ⼒は⾮常に強力で、旬の両⾜は瞬間的に空中に浮かび、壁に激突した。
  • バキ︕︕
  • 壊れた壁のがれきが床に転がり落ちた。
  • 旬:「・・・うぅ」
  • 旬は痛みを伴ううめき声を飲み込んだ。
  • その予期せぬ攻撃から、彼は予想外に⼤きなダメージを受けた。
  • しかし、天使像はすでに旬の目の前に到着しており、明らかに彼は体勢を整える余裕がありませんでした。
  • ブーム︕︕
  • 旬は頭を横に傾け、天使像の拳を避けた。
  • 代わりに、彼の後ろの壁には⼤きな⽳が出来ました。
  • それはほんの始まりに過ぎませんでした。
  • 旬は壁に追い込まれた。
  • 天使像は彼の退却のルートを遮断し、その後、その8つの拳が容赦なく彼に降り注いだ。
  • 攻撃は一瞬の隙もなく注ぎ込まれ、各パンチは1回のヒットで上位ハンターを殺すのに⼗分強⼒でした。
  • Tudududududududu- !!
  • しかし、時が経つにつれ、天使像の⽬はどんどん広くなっていきました。
  • 天使像:「彼は・・・、私のパンチをブロックしているのですか?」
  • 8つの腕からの攻撃の嵐は、旬の2つの腕だけによってブロック、回避されました。
  • 天使像はこの光景に⼼を打たれました。
  • 当初から、この戦いの最終結果はすでに決まっていた筈です。
  • いいえ、これは⼿続きの1つにすぎませんでした。
  • 通常、このプロセス⾃体は、かなり退屈なものだと天使像は考えていた。
  • しかし今・・・。
  • 天使像:「これはおもしろい」
  • 彼は目の前の⼈間との戦いを楽しみ始めた。
  • 天使像は、ただの⼈間が自分に対抗出来るとは考えていなかったのです。
  • その瞬間、目の前の光景に突然光がフラッシュしました。
  • それは目の前の⼈間が天使像に繰り出したパンチでした。
  • ブーム︕︕
  • 旬は⾶び上がってパンチを放った。
  • それは天使像の顔にぶつかり、その結果、地面に転がり落ちました。
  • しかし、それはまだすぐに⽴ち直りました。
  • まだ微笑んでいる顔に⼩さなひびが⼊っていた。
  • 天使像:[ハハ]
  • この喜びを感じてからどれくらい経っただろうか?
  • 天使像はとても興奮していたので、残り時間の短さから後悔し始めました。
  • 旬:「ふうう・・・」
  • 旬はなんとか天使像に攻撃を放てたが、彼には喜ぶ余裕がありませんでした。
  • 代わりに、彼は重くて苦労した息を吐き出しました。
  • 旬:「強い・・・」
  • 目の前の対戦相⼿は、彼がこれまでに直⾯したどの敵よりも圧倒的に強かった。
  • この「もの」は、システムの開発者として⾃⼰紹介しました。
  • システムを作られた理由、旬がプレーヤーとして選ばれた理由、そしてこの世界で何が起こっているのかという質問。
  • 旬:「私が彼に聞きたいのなら・・・」
  • 彼は最初に目の前の問題を解決する必要がありました。
  • 旬は拳をしっかりと握り締めた。
  • その時でした。
  • 彼は暖かくてねばねばした液体が顔を滑り落ちるのを感じた。
  • それは彼の⾎でした。
  • 血は額から滴り落ちていた。
  • 旬:「全てをかわしたと思っていたのですが・・・」
  • 彼はそれらすべての攻撃に完全に対抗したと思ったが、1つか2つは彼に到達したようだった。
  • 運が悪く、彼の⾎が彼の⽬に浸透し、視⼒を妨げていました。
  • ⼀⽅、敵は完全に元気でした。
  • この状況は旬にとって、良い状況として説明するのは⾮常に難しいでしょう。
  • 旬:「接近戦は不利だ」
  • それはかなり明⽩な自己評価でした。
  • 敵の体格は旬の数倍あり、さらに8本の腕を持つという利点もありました。
  • 冷静に考えると、あらゆる⾓度からの迅速な攻撃を、回避または防御することはほぼ不可能でした。
  • 旬の額の傷がその事実を証明した。
  • 旬:「それなら」
  • このように決⼼した瞬間、天使像が⽮のように⾶び込み、⼤きな拳を振り回した。
  • ブーム!!
  • 敵のパンチは空気を切り開き、壁に激突した。
  • それは無数の⽡礫に崩壊した。
  • 天使像は頭を横に傾けました。
  • 旬:「スピードの点では奴に匹敵している」
  • もし彼がこの距離を維持し、遠くから敵を攻撃出来るなら・・・。
  • 旬はすぐに天使像に向かって「支配者の力」を発動させた。
  • ガシ︕︕
  • 空から地⾯に押し下げる強⼒な攻撃!
  • 蟻の王ベルを空中から叩きのめしたこの技は、天使像の頭に急降下しました。
  • しかし・・・。
  • 旬「・・・?」
  • 巨⼤な神の像の胴体を傾けることができたスキルは、天使像の頭をほんの少しだけ傾けるだけでした。
  • 旬は確信が持てなかったが、敵は⾃分⾃⾝を守るために独⾃のスキルを発動したようだった。
  • それ以外に彼が考えることができる説明はありませんでした。
  • 旬:(どうなっている?)
  • 彼の混乱した状態は、⻑く続きませんでした。
  • 天使像:[おもしろい。実に⾯⽩い]
  • 天使像の低い声と、システムの機械的な⼥性のような声が彼の⽿に重なっていた。
  • 天使像:[これはとても⾯⽩いです]
  • 天使は8本の腕をすべて伸ばし、破壊した⽯像が持っていた武器が地⾯で振動し始めました。
  • 旬:「違う・・・?」
  • 旬の⽬は⼤きく広がった。
  • ⽯像の武器は空中に浮かび上がり、天使像に向かって⾶んだ。
  • 天使像の8つの⼿に、8つの異なる武器が⼀度に握られました。
  • おそらく、天使像はスキル「支配者の力」の使い⽅も知っていました。
  • その⼒は旬⾃⾝のスキルを下回っているように⾒えたが、それでも、彼は天使像が次に何を仕掛けてくるか理解出来た。
  • 確かに、これは普通の敵ではありませんでした。
  • ちらり。
  • 突然、旬の視線が上に移った。
  • システム:【残り時間06:19】
  • そして今、彼には残り約6分しかありませんでした。
  • 旬:「時間があまりない」
  • 彼は遠距離もあまり効果がない事に気づいた。
  • 旬はもう⼀度計画を修正し、「魔王の短剣」を再び召喚した。
  • 彼が急いで投げ捨てたもう⼀つは、現在どこにも⾒られませんでした。
  • 天使像:「1本の短剣で8つの武器と戦うのですか?」
  • 窮地に追いやられるほど、旬の⼼拍数は速くなりました。
  • タッ。
  • 天使像は天井に触れたかのように⾼く跳ね上がり、旬の前に戻った。
  • ガン !!
  • 床の⽯のタイルは、落下する天使像の勢いに耐えることができず、無数の破⽚に砕け散りました。
  • 旬:(今できる事をする)
  • 旬は天使像の⽬をじっと⾒つめ、静かに息を吸い込んだ。
  • すぐに、背中に冷たい汗が流れ落ちるのを感じた。
  • 案の定、剣、槍、刃、斧、ウォーハンマーなどの8つの異なる武器が、まるですべてが個別の意志を持っているかのように降り注いだ。
  • ふう・・・。
  • 旬は重い息を吐き出し、眉をひそめた。
  • クワガグワク-!! クワクワクワクワグワグワク!!
  • 無数の弾丸をブロックし、不協和⾳が発⽣した。
  • 旬と天使像が⼀瞬で無数の攻撃と反撃を交わしたとき、⽿をつんざくような咆哮は衰えることなく続いた。
  • 世界がゆっくりと動き、時間の流れそのものに反抗するかのように、この2⼈だけが激しく殴り合いました。
  • 旬:「感じることができる」
  • 旬の肩が少し動いた。
  • 天使像が振るう剣は、⾁眼では検出できない速度でした。
  • 旬はもう見えなくなったもう⼀⽅の⽬を気にするのをやめました。
  • 極限を超えてまったく新しい領域に⾜を踏み⼊れた彼の知覚は、敵が持っていたすべての武器の軌道を読む事が出来ました。
  • 天使像のすべての攻撃を避け始め、カウンターを1つずつ正確に当てていきました。
  • 天使像に多くの傷が現れました。
  • 天使像の速度は⼀定のままでしたが、旬はどんどん速くなっていきました。
  • 当然、天使像はこれに深く驚いた。
  • 天使像:「・・・!!」
  • テストの⽬的だけなら、ここまで行う理由はありませんでした。
  • しかし、この⼈間は天使像の全⼒を引き出すことができました。
  • しかし、何故、目の前の⼈間は全力の天使像と均等に戦うことができるのだろうか?
  • 天使像の困惑した⽬が旬を深く覗き始めた。
  • そして、その理由に気づきました。
  • 天使像:「ほんの少しだけですが・・・混ざっています」
  • ゾクッ。
  • 天使像の肩はショックで震えました。
  • それが目の前の人間がこのように⾃然に巨⼤な⼒を⾃由に振るうことができた理由なのか?
  • しかし、それはこの「⽣き物」が最初から望んでいたもう⼀つのことでもありました。
  • 天使像の顔に⾼揚感が⽣まれた瞬間、きれいに切り取られた腕が宙に舞い上がった。
  • 武器が⾶び去ったとき、腕は武器を⼿放しました・・・。
  • それは天使像の右腕でした。
  • 天使像:[Kuuuwaaahhk !!]
  • この像が実体でなくても、痛みは完全に伝わってきました。
  • 天使像は、瞬く間に腕を失った後、不安定によろめき、後退しました。
  • 天使像:[なんて卑劣な⼈間だ!]
  • 天使像の⽬の⾊が⼀瞬で⾚くなった。
  • その本性は⽬覚め、ここにいるという本来の⽬的、義務を忘れていました。
  • 天使像:[貴様を許さない!!]
  • それは怒りで叫びました。
  • そして、破壊された⽯像たちがすぐに⽴ち上がった。
  • ブーム︕
  • 神の像とその部分的に破壊された頭でさえ、地⾯を押しのけ始めました。
  • 旬はすべての敵が蘇⽣しているのを感じることができたが、パニックに陥ることはなく、天使像に再び襲い掛かった。
  • バン!!
  • 天使像の4本の腕は1本の短剣をブロックするために使⽤されたが、それでも衝撃に耐えきれず押し込まれました。
  • 速さ、知覚、筋力、さらには体力。
  • 旬のすべてのステータスは、天使像の期待をはるかに超えていました。
  • 天使像:[クワク!!]
  • 天使像が野獣のように吠え、蘇った⽯像が旬に襲い掛かった。
  • そして、この神殿内のすべてのものと、孤独な⼈間との間の戦いが始まりました。
  • チックタック。
  • システム:[03:02]
  • このような混乱の中でさえ、タイマーは依然としてゼロになり続けていました。
  • 旬の短剣は、天使像のもう⼀つの腕を切り落としました。
  • その腕は、その翼から作られた6つのうちの1つでした。
  • 天使像:[Kuwaaahhk !!]
  • しかし、蘇った⽯像の抵抗は侮れなかった。
  • 旬は天使像を攻撃することに焦点を合わせ、残りを無視して、彼に重傷を負わせる可能性のある攻撃だけを避けました。
  • 彼のHPとスタミナは2倍の時間で減っていきました。
  • グサ!
  • ⽯像が旬の左肩に剣を突き刺した。
  • 旬:「ぐっ!」
  • 旬はこの特定の像に注意を向けました。
  • その時だけ、旬は天使像からわずかに離れました。
  • 彼は武器を持っていない左腕の肘を使って、石像像の頭を叩きつけました。
  • バキ!!
  • 魔力エネルギーを含むエルボーで、石像の頭爆発した。
  • その間、他の石像がすぐに彼を取り囲み、彼の上にのしかかろうとしました。
  • しかし、旬はスキルを発動し、それらをすべて押しのけました。
  • 旬:「支配者の力!」
  • ブーム︕︕
  • ⽯像たちは、爆発の中⼼から投げ出されました。
  • 旬:「ハァハァ・・・」
  • しかし、旬が息を呑む暇もなく、神の像はその巨⼤な拳を彼の頭に投げつけました。
  • 彼は軽く横に跳躍し、それを避けた。
  • Vuuwuong- !!
  • 巨⼤な拳は、何⼗もの⽯像を⼀掃した。
  • 旬は広い弧を描いて⾛り、再び天使像に近づきました。
  • そして天使像は怒りの形相で彼を迎えました。
  • 本⽇2回⽬となる旬、天使像、⽯像は熱狂的な乱闘に陥った。
  • 旬の⾎と汗は空中で踊り、いたるところに⾶んだ。
  • しかし、そのすべてはほんの⼀瞬しか続きませんでした。
  • やがて、発⽣した熱から⾎と汗が蒸発し、旬の肩から⾚い霧が⽴ち上がった。
  • ⽯像たちは押し戻され、神の像は拳を叩きつけ、天使像の腕は激しく動いた。
  • そしてその真ん中に旬が⽴っていた。
  • 天使像:[Kuwaaahhk !!]
  • 天使像は、もう⼀つの腕が⾶び散り、旬の短剣が天使像の⾸にしっかりと押し付けられているのに気づきました。
  • 旬は静かに刃を天使像の⾸に押し付けて⼀気に切り落とした。
  • その瞬間、天使像は降伏を発表しました。
  • 天使像:[私は負けました]
  • 同時に、神の像と残りの⽯像たちはすべて凍結し、動きを⽌めました。
  • システム:[テストは終了しました]
  • 絶え間なく刻々と過ぎていくタイマーも、すべての終わりを告げる天使の⾔葉とともに凍りついた。
  • システム:【残り時間02:11】
  • 旬の全⾝から真っ⾚な蒸気が上がっていた。
  • タイマーが実際に停⽌したことを確認した後、彼は頭を下げた。
  • 彼の目は天使像に固定されていました。
  • 旬:「質問があります」
  • 天使像:[何でも聞いてください。それが私の知識の範囲内であるならば、私は答えます]
  • むしろ意外なことに、今や無表情な天使像は抵抗することなく彼の要求に同意した。
  • 旬:「・・・」
  • 旬は何も⾔わず、考えました。
  • 彼が天使像に「あなたは何ですか」と尋ねたとき、彼を間違った質問をしたことで嘲笑しました。
  • だから旬は、天使像が先与えたアドバイスに⽿を傾け、正しい質問をすることに決めました。
  • 旬:「私は誰?」