俺レベ 翻訳

俺だけレベルアップな件【199話】シーズン2の翻訳ネタバレ&感想

こんにちは、ちゃむです。

シーズン2の韓国小説の翻訳をしています。

ちなみに購入先は、RIDIBOOKSという韓国サイトで全14巻を購入しました。

一巻2,880ウォンで約280円とお手頃価格でしたので、まとめて購入しました(笑)

ちなみに韓国語は殆ど無知です。知り合いに韓国語を勉強していた方がいたので、協力してもらいながら勉強をしています♪

シーズン2の再開も楽しみですので、内容は省略している所も多いです。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

原作小説は完結している為、漫画のネタバレを読みたくない方はブラウザバックを推奨しております。

 

 

 

 

 

 

 

199話 翻訳

  • 旬は少し戸惑ったが、トーマス・アンドレの⽬に悪意を抱きませんでしたので、旬はうなずきました。
  • 「私の腕・・・」
  • トーマス・アンドレの左腕は包帯で包まれていました。
  • 「この腕に残された魔力の攻撃によるダメージは⾮常に⼤きいため、ヒーラーにも治せませんでした。少しずつ治っていますが、腕がふたたび使えるようになるまでには、かなり時間がかかるそうです」
  • ヒーラーの治療と、トーマス⾃⾝の優れた再⽣⼒は、彼の状態を⼤幅に改善しましたが、それでもトーマスの状態は依然として悪かったです。
  • それだけ旬の攻撃は強⼒だったという事が分かります。
  • トーマスの体全体に残された戦いの痕跡は、彼にあらゆる種類の痛みと鈍い痛みを与えました。
  • その痛みはトーマスに何が起こったのかを考えさせた。
  • しかし、トーマスは答えに到達で出来なかった為、こうして旬を探すことにしました。
  • 旬はトーマスの発言の意味を理解出来なかった。
  • しかし、旬は右京を除いて誰の命も奪っていない。
  • トーマス・アンドレが逆の状況にあったとしたらどうしただろう?
  • 恐らくトーマスは誰も⽣きて去ることを許さなかったはず。
  • トーマスにはそれが出来る⼒を持っていました。
  • 「あの時・・・なぜ私たち全員を生かしたのですか?」
  • トーマスは⾃分の敗北を認めている。
  • 旬の召喚獣はギルドのメンバーを誰も殺さなかった。
  • トーマス・アンドレはその「理由」を知りたくてたまらなかった。
  • 旬の答えはとても単純で、数⽇間のトーマスの熟考はまったく無意味になりました。
  • 「誰もしに値する犯罪は犯していなかったので」
  • ジンウはトーマス・アンドレの傲慢な態度は好きではないが、それでも⾃分のギルドメンバーの1⼈である右京を守るためだけに現れました。
  • スカベンジャーギルドの他のメンバーも同じです。
  • 旬がトーマス・アンドレの頭を狙った最後の攻撃を撤回したとき、全員の命を奪う考えを撤回しました。
  • トーマスがその答えを聞くと、彼の⽬は⼀瞬⼤きく震えました。
  • 「・・・そうでしたか・・・」
  • 死に値する罪を犯した右京の最後の運命を振り返ると、旬の答えは嘘のようには⾒えなかった。
  • 考えてみると、その理由はずっと単純なものでした。
  • トーマス・アンドレは答えを知る事で、すっきりした笑顔になりました。
  • トーマス・アンドレは別れを告げ、振り向いて去りました。
  • トーマスの後ろに待機していたローラは軽く頭を下げる。
  • トーマスは、ローラに目もくれず宴会場を出ました。
  • ローラは退出したトーマスを⾒つめ、旬に視線を移しました。
  • 「私のギルドマスターは、ギルドメンバーを殺さないでくれた水篠ハンターに感謝の意を表していました」
  • 旬はトーマスが自分に謝罪をしたという事に、しばらく言葉を失った。
  • ローラはさらに説明を加えました。
  • 「彼は世間からは冷酷なハンターと見られていますが、実際、トーマスはあなたに深く感謝していました」
  • 「ええと・・・そうなんですね」
  • トーマスから来てくれた事で、旬はトーマスの影に兵士を潜らせる事が出来た。
  • ローラは、メモ帳を引き出した。
  • 「水篠ハンター、もし問題が無ければ連絡先をお伺いしてもよろしいですか?ああ、それと・・・」
  • 「ギルドマスターは、何らかの贈り物で感謝の気持ちを表したいと思っています。必要な物があれば、教えてください」
  • 「ありがとうございます、でも私には必要ありません」
  • 旬は丁寧に申し出を断った。
  • ローラはあたかもその返事に困っているようにぎこちなく微笑んで、旬の決定を再考するように頼みました。
  • 「私のギルドマスターは・・・。誰かに借りがあると思っているなら、彼はやがて暴走するかもしれません。何でもかまいませんので、教えてください」
  • 旬はまた辞退しようとしていましたが、ローラの勧めを聞いて考えを改めました。
  • 旬は本当に何も必要としなかったけれども、彼女の善意の再び拒否することは意義に反すると考えました。
  • エチケットに反すると考えました。
  • その後、旬の頭の中でアイデアが光りました。
  • (ちょっと待て。スカベンジャーなら・・・)
  • 彼らがこれまでにクリアしたすべてのダンジョンを数えることは不可能であり、ダンジョンから回収した豊富なアーティファクトもかなり多いはずです。
  • (もし便利な短剣があるのならば)
  • 彼は最近、信じられないほどの防御⼒を持つモンスターに出くわしました。
  • 「悪魔王の短剣」は対して効果が無かった。
  • 「短剣・・・ですね。水篠ハンター、ありがとう」
  • ローラは返事を聞いた後、明るい笑顔でした。
  • 彼⼥はメモ帳に書き留め、宴会場を去った。
  • アダムホワイトは、すべてが問題なく終わったので、安堵のため息をつき旬に近づきました。
  • 「水篠ハンター。リストのハンターに会うつもりですか?」
  • 「はい、そのつもりです」
  • 「では、私をガイドにさせてください。私たちのエージェントはホール内のいくつかの場所に配置されているため、すぐにエージェントを⾒つけることができるはずです」
  • 「他のエージェントは必要ありません」
  • 旬は笑いながら答えた。
  • 旬はすでに、兵士達に会場を探索するように指⽰していました。
  • 旬はすべてのハンターが今どこにいるかを把握していました。
  • 旬はアダムに質問をしました。
  • 「ところで、⾏⽅不明の⼈が1人いますよね。リストの6⼈⽬が表⽰されません」
  • アダムは答えました。
  • 「残念ながら、会議の数⽇前に連絡をすべて失いました。ブラジル政府は居場所を密かに探していますが、具体的な痕跡はまだ⾒つかっていません」
  • 旬は頷いた。
  • ⼆⼈は宴会場を歩き回り、リストに載っているハンターたちと挨拶をした。
  • あっという間に旬の「作戦」は終わりました。
  • 旬は、リストにあるハンターに影の兵士を潜らせ、宴会ホールから出ました。
  • 「明⽇で最終⽇ですね」
  • 副局⻑は、現在オフィスの椅⼦で前かがみになっているアダム・ホワイトに⼀杯のコーヒーを差し出しました。
  • アダムはすぐに直⽴して座って、慎重にカップを取った。
  • 「ありがとうございます」
  • 副局⻑はアダム・ホワイトの肩を軽く叩き、彼の隣に腰を下ろしました。
  • 「トーマスハンターが水篠ハンターと衝突するというニュースを聞いたとき、気が滅⼊りました。あなたが⼤惨事を回避するために⼀⽣懸命働いてくれて助かりました」
  • 「あなたは私を賞賛しすぎです・・・」
  • アダム・ホワイトの顔は明るい表情に変化しました。
  • 「それで。水篠ハンターを近くから観察して、彼についてどう思いますか?」
  • アダム・ホワイトは返事をする前にしばらく考えました。
  • 「副局⻑。水篠ハンターが休むことなく毎⽇運動していることをご存知ですか?」
  • 「運動?」
  • 「はい、確認しました。彼は毎朝、10 km⾛り、100回の腕⽴て伏せをします。腹筋やスクワットも忘れずに行っています」
  • 「本当に??」
  • 副局⻑の目は⼤きく見開いた。
  • 世界で最も強⼒なハンターと呼ばれた水篠ハンターが、毎⽇基本的な運動を実⾏しているなんて?
  • アダム・ホワイトは、副局⻑が混乱している様子を⾒て、自分の考えを話しました。
  • 「私は彼の運動ルーチンは彼の体格を改善することではなく、彼の精神的鍛錬に関係していると思います」
  • 「⼼を訓練している、なるほど・・・」
  • 副局⻑は、その評価に⼼から同意しました。
  • 「確かに、彼は・・・彼は本当に素晴らしいハンターです」
  • もし旬がアメリカのハンターだったら、どれほど素晴らしいことでしょうか?
  • 副局長はそのようなハンターを保持している韓国を羨ましく思った。
  • 「んん?コーヒーはこんな味でしたか?」
  • アダムが飲んでいたコーヒーは、何故かいきなり苦くなった。
  • 結局、アダムはそれを飲み終えることができず、半分残しました。
  • 今⽇も、後藤は仕事を終わらせるために深夜までオフィスに残っていた。
  • モンスターが強くなり、覚醒した初⼼者ハンターの数が増えるにつれて、事故が最近頻繁に起こっていました。
  • 「うーん」
  • 後藤は書類を机に置き、疲れた⽬をこすりました。
  • 「・・・妙だ」
  • どういうわけか、後藤の心臓はここ数⽇、苦しみに悩まされていました。
  • 「これは・・・限界なのだろうか?」
  • 後藤の主治医は、もしすぐに仕事を止めなければ、半年か1年以内に死ぬと警告した。
  • しかし、もう1年が過ぎていた。
  • 後藤は微笑みを浮かべた。
  • 「ふふ」
  • 昔はもう少し頑張って、もう少し長生きしたいと思っていました。
  • しかし、彼は当時ほど不安を感じていませんでした。
  • 過去数年と⽐べて、今は何が違うのか?
  • 後藤は、答えを知った後、笑いが唇から漏れる前に口に出した。
  • 「水篠ハンター」
  • ついに、韓国協会はランクSの災害に対抗する⼒を保持する事が出来ました
  • 「考えてみると、水篠ハンターは明⽇帰国する予定だったはず」
  • 犬飼の⼝から水篠ハンターの偉業を聞く事を考えているだけで、後藤の期待は高まりました。
  • その時だった。後藤の電話の音が突然鳴り始めた。
  • 「この遅い時間に誰が電話をかけたのだろうか?」
  • ⾮常に不安を感じて、後藤はすぐに電話を⼿に取りました。
  • 「あなた、今⽇は何も悪いことは起こりませんでしたね?」
  • 電話は妻からのものでした。
  • 後藤の奥さんは夜遅くまで帰宅していない夫に安否を確認しました。
  • 電話が突然繋がらなくなった。
  • 「もしもし・・、どうした?」
  • 後藤は電話を置いた後、無意識に窓の外に注意を向けた。
  • 「・・・!!」
  • その時、後藤は呼吸するのを忘れた。
  • 窓越しに⾒えるはずのものが全てなくなりました。さまざまな建物、道路、さらには⼈々。その全て。
  • 瞬く間に、窓の外の景⾊は完全に別のものに変わっていました。
  • 「これは・・・、これはどういう事でしょうか?」
  • 後藤は椅⼦から起き上がろうとしたが・・・。
  • ・・・しかし、後藤はオフィスに誰か他の⼈がいることに気づきました。
  • 後藤が見覚えの無い相手。
  • その男も、まるで⻑い間そこにいたかのようにソファーに座っていました。
  • 「⼈間・・・?いいえ、これは⼈間のオーラではない」
  • それはオーラだけではありませんでした。
  • 死体のように⻘⽩い顔。⻑くて銀⾊の髪。先のとがった⽿、宝⽯のペアのように明るく輝く銀⾊の⽬。
  • それはアイスエルフでした。
  • 何故か、後藤はアイスエルフがオフィスに侵入した事に気づけなかった。
  • 後藤はゆっくりと電話を戻し、静かに質問しました。
  • 「あなたは・・・。誰ですか?」