俺レベ 翻訳

俺だけレベルアップな件【210話】シーズン2の翻訳ネタバレ&感想

こんにちは、ちゃむです。

シーズン2の韓国小説の翻訳をしています。

ちなみに購入先は、RIDIBOOKSという韓国サイトで全14巻を購入しました。

一巻2,880ウォンで約280円とお手頃価格でしたので、まとめて購入しました(笑)

ちなみに韓国語は殆ど無知です。知り合いに韓国語を勉強していた方がいたので、協力してもらいながら勉強をしています♪

シーズン2の再開も楽しみですので、内容は省略している所も多いです。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

原作小説は完結している為、漫画のネタバレを読みたくない方はブラウザバックを推奨しております。

 

 

 

 

 

 

210話 翻訳

  • 珍しいシーンが繰り広げられていました。
  • ハンターたちがソウルを守るためにソウルに訪れてるのと同時に、市⺠がソウルから避難しようとしたので、道路は混乱した混乱になりました。
  • 超⼤規模なゲートの真下にある地区に住む⼈々、被害の⽮⾯に⽴つと予測された⼈々、ハンター協会と政府からの警告、または彼ら⾃⾝の論理的推論に注意を払い、⼤勢の市民が都市から脱出していた。
  • 旬は避難中継ニュースを⾒て、お⺟さんに話しました。
  • 「母さん、葵とどこか別の場所に⾏けば最⾼だと思いませんか?」
  • 「私たちの地域は避難区域の1つでさえありません、旬も知っているでしょ?」
  • 旬の母はソウルを離れるなんて全然考えていなかったらしい。
  • 旬の家、古いアパートは、ソウルの中⼼から遠く離れていました。
  • モンスターがこの場所に侵⼊した場合、それはハンターの守備ラインが崩壊したことを意味する。
  • それはまた、旬が最前線を守れなかったことを⽰しています。
  • 旬の母は危険な炎が、ここに届くことは決してないと信じていました。
  • 旬はその意味を理解し、笑ったが何も⾔わなかった。
  • 旬と⺟がソファの前にあるテーブルの周りに座っていたのとは異なり、葵は膝を伸ばしてソファ⾃体に座っていました。
  • 葵は兄をちらっと⾒て彼に尋ねた。
  • 「お兄ちゃんも⾏かないといけないの?」
  • 旬は全国のハンターがソウルに集結しているニュースを調べて、旬に尋ねました。
  • しかし、旬はそもそもソウル在住だった。
  • 旬はその召集には含まれていませんでした。
  • 「他の地域から来たハンターたちは、ソウルに到着したことを協会に報告しているんだって」
  • 葵は⺟が剥いてくれたリンゴを受け取りながら、旬の返事を聞いた。
  • 「へ〜」
  • 実際、旬は、現状で家にいる時間をぼんやりと過ごさざるを得なかったので、いらいらしていた。
  • 旬はレベルを上げたかったが、戦うモンスターはいなかった。
  • 旬はインスタントダンジョンに参加したかったのですが、システムの設計者が亡くなって以来、報酬として特別なキーを1つも⾒ていませんでした。
  • 旬の家族は彼が家でより多くの時間を過ごすのを楽しんだが、旬は本当はありとあらゆる出来事に備えるために⾃分をさらに強化したいと思った。
  • 「デイリークエストを放棄して、ペナルティゾーンに⼊るべきだろうか?」
  • それは良い考えのように思えましたが、同時に、現実的ではありませんでした。
  • 一つ目に、⽬の前のあのゲートから何が出てくるのか⾒当がつかなかったが、未知の怪物が待ち構えているペナルティゾーンに⼊る事。
  • (可能性が低くても・・・)
  • 二つ目に、ペナルティクエスト中にゲートに何かが起こる可能性が1万分の1、いいえ、1千万分の1の確率であった場合、旬は何も対処する事が出来ない。
  • 現在、旬にはこの二つのリスクを負う理由がありませんでした。
  • そして、旬の考えは却下されました。
  • 結局、旬は「カミッシュの怒り」をどうにかしてテストする別の⽅法を探す必要がありました。
  • 旬は何をすべきか?
  • 旬が選択肢を考えていると、特定のシーンがテレビ画⾯に出⼊りしました。
  • ⾶⾏中のヘリコプターから撮影されたハンター協会本部の建物でした。
  • 「俺はあれを使えるのだろうか?」
  • 旬の唇の⾓が曲がり、彼の⽬は怪しくキラリと光った。
  • 旬はスマートフォンを引き出し、保存されている番号の1つをタップしました。
  • プルルルルル・・・・。
  • 「こんにちは、水篠ハンターニム。犬飼です」
  • 「私はあなたを今から会⻑と呼ぶべきでしょうか?」
  • 犬飼は、通話口の反対側で笑いました。
  • 「あなたにとって都合のよいものなら何でも大丈夫です。まだ心の準備ができていないので、変な気分ですので」
  • 簡単な挨拶をした後、犬飼は今が良い時だと考え、彼の声はすぐに深刻になりました。
  • 「あなたの側で何かが起こりましたか?思いがけない電話に、⼼配しています」
  • 現在の状況がそうであるように、犬飼の神経のすべてが研ぎ澄まされていました。
  • 犬飼は、国で最も影響⼒のあるハンターが突然電話をかけたとき、緊張しないはずがありませんでした。
  • 「ええと、そんなに深刻なことではなく、実は・・・」
  • 犬飼は、まだ緊張していて、唾液を飲み込んでいました。
  • 「水篠ハンターにとって深刻な問題ではないにしても、それは私たちにとって重⼤な問題になるかもしれません。いいえ、あなたにとって大した事がなくても、それは私たちにとって⾮常に悪いニュースになる可能性が⾮常に⾼いです」
  • 短い沈黙が2⼈の男の間に流れ込んだとき、犬飼は擦り切れた神経を落ち着かせるように最善を尽くし、注意を払いました。
  • 本当に深刻なことではなかったので、旬はさりげなくお願いした。
  • 「協会の体育館をしばらく借りることはできますか?」
  • 忙しいはずなのに、犬飼が個⼈的に出てきて旬に挨拶した。
  • 「ご覧のように・・・。これが私たちの体育館の状況です」
  • 旬は頭を掻いた。
  • ⼈⽬から離れた静かな場所を探すために、旬は協会の体育館を利⽤しようとしたが、現在は市内に集まったハンターを収容していました。
  • 旬は武器がハンターたちに渡されているのを⾒て、体育館の貯蔵庫の中に隠されていたものを思い出しました。
  • 「適切な装備のない武器をハンターに渡しているのですか?」
  • 「はい。後藤会⻑はこのような時の為に準備をしていました」
  • 旬はうなずいた。
  • この光景を、この⾼価な設備を暗い隅に保管し、腐敗させたとして協会を批判した中傷者に⾒せたい光景でした。
  • ハンターたちは、配られた武器と防具を装備し、厳しい表情をしていた。
  • その時だった。
  • 一人のハンターが頭を上げると、偶然、旬の視線に出会った。
  • 「え?」
  • 「水篠ハンター??」
  • 「何だって?」
  • 「水篠ハンターソンがここにいるのか?」
  • 体育館を埋め尽くすハンターたちは、同時に背後を⾒ました。
  • 騒々しい内部は突然静寂に包まれ、あっという間に雰囲気が重くなった。
  • テレビ画⾯では伝わらない圧倒的な存在感が、頂点に⽴つハンターから溢れ出した。
  • 届かなかった領域に⽴っている⼈を⾒つめているだけで、⼼が動揺し始めるのは当たり前のことでした。
  • 旬と対⾯するハンターたちの表情が輝き始めた。
  • 羨望と尊敬に満ちた視線が一斉に⾶び込んできた。
  • 犬飼が電話で説明するときにこの光景を彼に⾒せたがった理由を、ここに来て、旬は初めて理解した。
  • ここに集まった誰もが、ランクの低いハンターでした。
  • 彼らは、魔力エネルギーを注⼊した⾼価な機器を⾃分で準備するのが難しかった。
  • 犬飼会⻑は、突然召集されて緊張していたはずの、低ランクのハンターたちを、協会が現在味⽅にして最も優れたハンターを⾒せることで、一致団結する事を目論んでいた。
  • 新たな活⼒がこれらのハンターの⽬に染み込んだように⾒えたので、犬飼の計算は正しかったことが証明されました。
  • 旬は犬飼の賢い思考、称賛するしかなかった。
  • これまで、犬飼は⻑い間監視部⾨を率いてきた能力を、最大限に発揮した。
  • 犬飼は、⾃分の意図が透けて⾒えて恥ずかしくなり。⾸の後ろを掻いていた。
  • 犬飼は突然質問をしました。
  • 「ちなみに、水篠ハンター。なぜ体育館を借りたかったのですか?」
  • 旬は、⾃分のインベントリから実際にそれを取り出し、ポケットから何かを引き出すふりをしました。
  • 「これを使いたいのです」
  • 犬飼は、旬の⼿のひらに乗っている梅の実を⾒て、混乱して頭を傾けました。
  • 「これは何ですか・・・?」
  • 「これを地⾯に植えると、⽊に似たモンスターが現れます。それでテストをしたかったのです」
  • 「モンスターがポップアップするのですか!?」
  • 旬は犬飼の⼤きく開いた⽬を⾒て頭をうなずいた。
  • ⽊型の怪物は、死ぬ間際に苦しみながら種を吐き出しました。
  • この⼩さな種は、新しいモンスターが同じ場所で再び芽を出すことを意味しました。
  • 木の怪物は防御⼒と活⼒が⾮常に粘り強いので、これらのモンスターを繰り返し狩るのは⾮効率的であると考え、旬はすべての種を破壊しました。
  • しかし、旬はボスモンスターから、この特定の種⼦を⾃分のインベントリに保管し、後で使⽤する可能性があると考えました。
  • 旬はこれらのモンスターを「アーマードツリー」と呼び、まるで⾦属の鎧を着ているかのように頑丈であることをほのめかしました。
  • (このモンスターなら、俺の新しい武器をテストするのに最良のターゲットではないだろうか?)
  • 「現在の不安な雰囲気の下で、多くの⼈が外で動いている怪物の姿を見たらびっくりします」
  • 犬飼は⼼配そうな声で話しました。
  • 旬は犬飼に同意しました。
  • 「ですので、私は⼈⽬のない静かで補強された場所を探していましたが、これでは・・・」
  • 一般人は協会の体育館にアクセスできず、その頑丈さは何処にも負けませんでしたが、現在この状況で利用することは不可能でした。
  • 旬は視線をハンターに戻しました。
  • 今も多くのハンターが協会から与えられた武器をしっかりと持っており、⾃分の気を引き締めようとしながら旬の⽅向をちらっと⾒ていました。
  • 「そうですね、このような状況では・・・」
  • 旬は⽇本の無⼈地帯に⾏って種を使うことも考えたが、それでも移動距離はかなり遠く、スキル「影の交換」を使うことに関しては論外だった。
  • 2時間のクールダウン時間中に韓国で何が起こるか分からない。
  • そのため、旬は帰ろうとしますが、犬飼が決断し、毅然とした声で発⾔しました。
  • 「大丈夫です」
  • 「え?」
  • 「今⽇の体育館の午後のスケジュールは、水篠ハンターのために使います。あなたのこれまでの功績を考えれば、このようなものは国家権力としての資格さえも持っていません」
  • 後藤会⻑は水篠ハンターの関連法を変更するまで⾏った。
  • そして今、新しい会⻑は犬飼だ。
  • もし犬飼が数時間ほど体育館を貸すことさえできなかったら、彼が着任した意味があるのでしょうか。
  • 「本当に⼤丈夫でしょうか?」
  • 旬は⼼配そうに尋ねたが、犬飼は笑った。
  • 「私はあまり見えませんが、この場所の責任者です。この建物の権利は私にあります」
  • 犬飼は⼿をたたき、ハンターの注意を引いて、⼤声で話しました。
  • 「担当者は誰ですか?」
  • 「私です、会長!」
  • 旬は改めて、犬飼に感謝した。
  • 某⾼級ホテル。
  • 窓から、街を脱出しようとする⾞を無⾔で⾒下ろしている男がいました。
  • 彼はトーマス・アンドレでした。
  • ローラは、後ろから静かにトーマスに近づきました。
  • ローラの⼿は彼⼥の荷物でいっぱいのトラベルケースを持っていた。
  • 「本当にまだ帰らないのですか?マスター?」
  • 「そうです」
  • トーマス・アンドレは窓を軽く指でたたきました。
  • トーマスはゲートを指していた。
  • 「どうすれば、あの⼤きくて美しいゲートを置き去りにして逃げることができますか?」
  • 「確かに⼤きいですが・・・。美しい・・・ですか・・・?」
  • トーマス・アンドレの⾵変わりな性格を、ローラは既に知っていましたが、恐ろしく巨⼤で不吉なゲートは美しいと言うのは・・・。
  • トーマスのマネージャーであるローラが、トーマスの宣⾔に⼾惑ったように、トーマスは振り向いてローラを⾒た。
  • 「私の⼼を動悸させるものは、すべて美しいです」
  • トーマスは⾃分の胸に⼿を置き、⼼臓が脈動しているのを確認した。
  • トーマスが⾨を⾒たときから、彼の⼼臓は激しく動悸し、ノンストップで動き続けた。
  • 「炎を吐き出すドラゴン、あの巨⼤なゲート、そして水篠ハンターの⼒でさえ、それらはすべて私にとって美しいものです」
  • トーマスの考えは、通常の論理では理解できませんでした。
  • ローラは無⼒に⾸を横に振ったが、それでもローラは笑顔を隠すことができなかった。
  • トーマス・アンドレは⼿を胸から離し、明るく笑いました。
  • 「それに加えて、すべてのゲートが姿を消したので、今戻るの意味はありますか?」
  • 「しかしながら・・・。ハンター局は⼼配し始めていました
  • ⼼配している、とローラは⾔った。
  • トーマス・アンドレは、誰が⾃分の体を⼼配しているのだ、という考えに笑い始めました。
  • 「⾯⽩い事を言いますね。水篠ハンターの隣より安全な場所はありますか?」
  • ローラは、トーマス・アンドレの⾔葉を聞いた後、秘密にしていた内容を⾔いたかけた。
  • ハンター局が水篠旬に世界のトップランクのハンターを守るように要請したことは極秘であった。
  • トーマス・アンドレは、⾔葉のはっきりしないローラに微笑みかけ、彼⼥から背を向けました。
  • トーマスは「巨⼤」の分類を超えて、「超⼤規模」の領域に⼊ったゲートを見つめた。
  • ゲートはソウルの上空に浮かび、その表⾯は静かに波打っていました。
  • 「あのゲートがここで⽌められなければ、私たちに未来はありません」
  • 水篠ハンターでさえ⽌められないかもしれない災難は、世界中でさらに8回発⽣するでしょう。
  • 誰がそれらを⽌めることができるでしょうか?トーマス・アンドレ?または、中国の劉志⽞?他の国家権力級ハンター?
  • (なんてばかげた考えでしょう)
  • 「だから私はすべてを⽬撃したいと思います。」
  • トーマス・アンドレの視線は、ガラスのローラの反射に向かって流れ、笑顔が再び彼の唇に浮かびました。
  • 「これが⼈類の歴史の幕開けになるのか、それとも新しい章の始まりになるのか、⽬撃したいと思います」
  • 誰もいない体育館の中。
  • 旬はこの⼤きな建物の真ん中に歩きました。
  • 「よし、これで⼗分でしょう」
  • 旬は種を床に置き、⽔を注いだ。
  • 種と⽔、これら2つは、⼟や⽇光がなくてもモンスターが発芽するために必要な唯⼀のものでした。
  • 旬はすでにこれを何度も確認していた。
  • ⾻がぐるぐる回るような⾳を伴って、種は急速に拡⼤して⽊になりました。
  • 「よし」
  • 何度⾒ても、このプロセスは壮観であり続けました、それは確かです。
  • 旬はゆっくりと安全な距離に下がった。
  • 「ベビー」ツリーは、元の外観に戻るまで⼤きくなり続けました。
  • ついに、種は巨⼤なモンスターに変⾝し、その頭は体育館の天井に5分もかからずに触れた。
  • 「キエエエエ〜!!」
  • 旬は内部に響き渡るモンスターの鳴き声を気にせず、進化したベルを静かに召喚しました。
  • 「出てこい」
  • ベルの姿がスムーズに地⾯から浮上した。
  • [ああ、我が王!!]
  • ベルの新しく変化した外観は確かに⼈⽬を引きました。
  • 通常の昆⾍のような外⾻格ではなく、全⾝にぴったりとフィットする⿊い鎧が装備されたため、以前よりも「かなり」⾒えるようになりました。
  • それだけではない。
  • ベルの体から⽴ち上がる⿊い煙もさらに⽬⽴つようになり、今では霞のように⾒えるのではなく、代わりに⿊い炎が燃えているように⾒えました。
  • あふれる⼒!
  • 旬はベルの情報ウィンドウをもう⼀度確認しました。
  • 【ベル Lv。MAX]
  • 元帥級
  • この等級は軍の頭に相当し、そのような存在は1つしか存在できません。
  • 別の影の兵士もこのグレードに到達した場合、階層を決定する必要があります。
  • 「つまり、現時点で元帥クラスに挑戦できるのは、現在将軍クラスである
  • グリードと、将軍クラスまであと少しの司令官クラスのイグリットだけ」
  • 旬は、「元帥」の位を求める3⼈の競争は、かなり⾯⽩いはずだと内⼼で思いました。
  • 「ベル、あなたが持っているすべてのもので、あのの⽣き物を攻撃してください」
  • ベルは、王から自身に与えられた命令に従って、自分の体の大きさを増加した。
  • Kiiiiiiieeehk!
  • 本物の獣の⾦切り声!
  • 鎧も⾃然に変形し、巨大化した体に合わせます。
  • ベルはすぐに元のサイズの2倍になり、⼤きな⾜⾳で前進し始めました。
  • ベルは次第に速度を上げ、全速力に突⼊し、アーマードツリーに襲い掛かった。
  • ブン!
  • 驚いたベルの⽬が広がった。
  • ベルが全力を注いだ攻撃は、⽊の怪物を半分に切断することができず、代わりに⼿⾸と同じくらい深く掘り下げることができた。
  • まるで冗談のようにS級のモンスターをバラバラに破ることができるベルにとって、これは大きな誤算だった。
  • しかし、その光景は、ほとんどすべての物理的な損傷に対する防御を専⾨とし、魔法の攻撃を除外した「アーマードツリー」にふさわしいものでした。
  • ウォームアップはこれで⼗分でした。
  • 旬は満⾜のいく結果を達成したベルに命令を出した。
  • 「脇に」
  • ベルは、即座に脇に移動しました。
  • ⼀⽅、旬はインベントリから「カミッシュの怒り」の双剣を召喚しました。
  • シュウウ・・・。
  • 通常の長さに近い剣が両⼿の握りに現れる、2本の短剣。
  • 「いいね」
  • くええっ!
  • アーマードツリーはおなかの⽳の原因を探していましたが、旬の存在を発⾒し、ゆっくりと彼に向かって⾛り始めました。
  • けれど、とても遅い・・・。
  • 真面目に言えば、アーマードツリーはその⾼い防御以外に何も持っていませんでした。
  • 確かに、その防御能⼒について疑いの余地はありませんでした。
  • しかし、この2つの短剣は、その強大な防御に対してどの程度うまく機能するだろうか?
  • 旬の⼿の端から広がり始めた⿊いオーラは即座に刃を包みました。
  • 「俺に必要なのは破壊⼒だよな?」
  • 旬の考えがそこに到着したとき、2つの武器は突然、何千もの重りが取り付けられているかのようにかなり重くなりました。
  • 双剣は⾮常に重く、旬は増加に耐える為、静脈がジンウの肩の筋⾁に膨らみ始めました。
  • (1,500の攻撃ダメージ・・・。どれほどの力か⾒てみましょう」
  • 旬は戦う決⼼をし、そして、カミッシュの怒りの刃は⼀致して震え始めました。

 

 

ここまでお読みいただき、ありがとうございますm(__)m

お気づきの方もいらっしゃると思いますが、最近「俺だけレベルアップな件」の投稿頻度を増やしております。

ハイペースで投稿している為、誤字脱字、分かりにくい表現などがあり大変申し訳ございませんm(__)m

もちろん、少しずつ読みやすく出来るように、少しずつ修正は行っていきます。

そして、何故現在ここまでハイペースで進めているかと言いますと・・・。

明日の日曜日(2020/09/27)にまとめて投稿したい話があったからです( ´ ▽ ` )

何とか、ギリギリで間に合う事が出来て、ほっとしております(*^▽^*)

それでは、今後の記事も時間のある時にお読みいただけると、僕のモチベーションにも繋がりますので、宜しくお願いいたします(о´∀`о)

お読みいただき、ありがとうございました!!

明日の投稿で、僕の一番大好きなキャラが登場します!!