俺レベ 翻訳

俺だけレベルアップな件【212話】シーズン2の翻訳ネタバレ&感想

こんにちは、ちゃむです。

シーズン2の韓国小説の翻訳をしています。

ちなみに購入先は、RIDIBOOKSという韓国サイトで全14巻を購入しました。

一巻2,880ウォンで約280円とお手頃価格でしたので、まとめて購入しました(笑)

ちなみに韓国語は殆ど無知です。知り合いに韓国語を勉強していた方がいたので、協力してもらいながら勉強をしています♪

シーズン2の再開も楽しみですので、内容は省略している所も多いです。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

原作小説は完結している為、漫画のネタバレを読みたくない方はブラウザバックを推奨しております。

 

 

 

 

 

 

212話 翻訳

  • 「ねえ、あれって水篠ハンターではないですか?」
  • 「どこ?どこ??」
  • 「本当だ・・・。本当に水篠旬がいる!」
  • 週末だったので、あるテーマパークには多くの⼈が訪れました。
  • 彼らは皆、旬の顔を認識し、驚きに満ちた⽬で彼を⾒つめました。
  • 「彼の隣の⼥性は誰ですか?彼⼥は彼の恋人ですか?」
  • 「何処かでみた事がある・・・。彼⼥はハンタースギルドの向坂雫ハンターではないですか?」
  • 「本当だ!これは事件です!」
  • 「⼀体何ですか?2⼈は現在付き合っているのですか?」
  • 旬の隣に⼥性がいました。
  • 彼⼥は常にきれいな短いヘアスタイルを維持して、何も彼⼥の動きを妨げないようにすることで有名でした。
  • もちろん彼⼥とは向坂雫だった。
  • 周りの⼈からの注⽬に慣れていない雫は、少し頭を下げ、⼩さな声でささやいた。
  • 「テーマパークのような場所に来るのが好きなんですか?」
  • 旬は笑いながら答えた。
  • 「好きと言う訳ではありませんが、私の⼈⽣の中で少なくとも⼀度はここに来たかったのです」
  • 雫は、以前会った時は氷のような態度の旬が、今は⼦供のような表情をしている旬を⾒つめました。
  • それから初めて、雫は今、⾃分の⼼臓がどれほど速く動いているのかを理解しました。
  • 彼⼥にとって、⼀緒に歩く男性がたまたまS級ハンターと言う事は本当に例外的でした。
  • 雫のドキドキする⼼臓の声も聞こえているはずだと気づき、雫の頬が⾚くなった。
  • 彼⼥は会話の話題を変えることにより、たとえ少しであっても、旬の注意をそらそうとした。
  • 「あなたがここに来たかったのなら、別に私ではなくても良かったのでは?」
  • 「私が誘えるのは友達の向坂さんだけです」
  • (友達?)
  • 雫はいつから水篠ハンターと友達になったか分からなかった。
  • 彼⼥は無意識に⾒上げる前に、彼⼥が明らかに持っていなかった記憶を思い出そうとして頭を悩ませました。
  • そして雫の⽬が旬のやんちゃな笑みに視線を合わせました。
  • 「あの奇妙な⽯像の前で・・・」
  • 「ああ、あの⽇」
  • その⽇、彼⼥と同僚たちが2重ダンジョンに⼊って旬を救出したとき、その天使の像が彼⼥に質問しましたね。
  • 「水篠旬との関係は?」
  • 「・・・友達」
  • 旬はその短いやり取りを思い出したようです。
  • 「あなたは当時聞いていましたか?」
  • 「そうですね。どういうわけか、私はあなたの声を聞くことができました。私は平均以上の聴⼒を持っていると思います」
  • 雫は旬が自分の言葉が聞こえていた事を少し不満に思ったが、その当時、彼⼥は結局旬を救うのではなく、彼によって救われることになることを思い出し、何も言えなかった。
  • そして雫は、旬が⾃分の命を救った回数を思い出し、もう⼀度旬を意識するようになりました。
  • 「ところで・・・。あの奇妙なダンジョンの正体は何でしたか?」
  • 彼⼥はあの⽇から、ずっとこれについて彼の説明を聞くのを待っていた。
  • 残念ながら、旬は今は雫に話すのが適切ではないと考えました。
  • 「まだ完全に整理出来ていないので、改めて伝えても良いですか?現時点で何が何であるかわからない」
  • 雫は理解したと⾔って頭をうなずいた。
  • 彼らの会話が少し落ち着いたとき、旬は周囲を⾒回し始めました。
  • 「すみません!こっちを見てください!」
  • 「私はあなたの⼤ファンです!」
  • 有名⼈がにぎやかな通りを歩いているときと同じように、⼈々は蜂の群れのように2⼈の周りに群がり、スマートフォンで二人を撮影した。
  • 旬の顔は、最近のスーパースターよりも、⼀般の⼈々にはるかによく知られていました。
  • それは、超⼤規模なゲートが空中に登場して以来、彼らは常に旬の顔を含む映像を再⽣するからです。
  • これが他の⽇だったら、旬はただ笑って去りました。
  • しかし今日は、旬は休暇がこのように混乱するのを嫌がった。
  • 「出てこい」
  • 旬が命令を出した瞬間、彼のボディーガードは即座に出現した。
  • ボディガードはイグリットとエリート騎⼠に他ならなかった。
  • およそ30⼈ほどの騎⼠が旬の影から出てきて、彼と雫の両⽅を囲みました。
  • 彼らも上司のペースと完全に同期して歩きました。
  • イグリットは、カメラがフラッシュすると、警告する場所に個⼈的に出向く等、特に積極的でした。
  • その間、雫は、武装した騎⼠の警戒隊によって護衛されていたという事実にさらに苛⽴ちました。
  • 「これを⾏うと、さらに⽬を引くことになりますか?」
  • 「まあ、私たちが気にならない限り、⼤丈夫ではないですか?」
  • 旬の⾔葉には、何故か不可解な説得⼒があり、雫は頭だけでうなずきました。
  • 正直に言えば、彼⼥に降り注いでいるすべての視線が消えたので、雫はいくらか気分がよくなりました。
  • 雫がそれについて考えたとき、リラックスした気持ちで楽しみながら出かけた最後の時間を思い出すことができませんでした。
  • 雫がハンターになったのはもうすでに2年ほど前だった。
  • この期間中、雫はリラックスするための休暇を⼀度も取らなかった。
  • 雫はいつ緊張した状態で過ごしていた。
  • 雫が襲撃に参加していなかった⽇には、彼⼥は同僚のことを⼼配する。
  • そして雫が襲撃にいたとき、自分のミスを⼼配しました。
  • けれど、今⽇は・・・。
  • 「彼と⼀緒にいるときは違う・・・」
  • 雫が頼りにできる唯一の男性。
  • 雫が旬と⼀緒にいたとき、彼⼥に依存している同僚の期待にも応える必要がなく、彼女は普通の⼥性に戻ることができるかのように感じました。
  • 雫は⼀歩近づいた。
  • 無意識に雫の体が旬に近づくにつれて、彼⼥の頬はもう少し⾚くなりました。
  • (彼の⾹り・・・。良い匂いがするわ)
  • 旬は彼⼥の顔⾊がとても明るくなるのを見て、尋ねた。
  • 「何に乗る?」
  • テーマパークのさまざまな乗り物を観察した後、めまいがするような⾼さから恐ろしい速度で落下するジェットコースターを指差して尋ねました。
  • 「あれに乗りたい?」
  • 「はい」
  • 雫があまりにも簡単に答えたので、旬は納得できずに別の乗り物を指差しました。
  • 「あれは︖」
  • 「あれも乗りたいです」
  • 「それなら、その隣はどうですか?」
  • 「それも乗りたいです」
  • 「全部乗りたい?」
  • 「はい。全部乗ってみたいです」
  • 旬は返答する雫の興奮した顔を⾒つめて、独り⾔を⾔いました。
  • (何だ。ここに来たかったのは俺だけではなかったのですね)
  • 雫がこの場所が嫌いではないようだったので、旬の⼼は今、さらにリラックスすることができました。
  • 旬は雫の⼿を軽く握り、彼⼥を最も近い乗り物に導きました。
  • 「じゃあ。全部乗ってみませんか?」
  • しかし、残念ながら・・・。
  • それは旬が想像したほど⾯⽩くなかった。
  • 「キャー!」
  • 「うわぁー!!」
  • 運が良かったのか、旬はジェットコースターの一番前でした。
  • 後ろを向くと⼈々が頭を下げて叫んでいる間、旬はあまり興奮することなく通過する景⾊を眺めていました。
  • (うーん・・・)
  • ジェットコースターが全速力で前⽅に急いでいたとしても、すべてが極端なスローモーションのように見えて、旬は今、本当に退屈していた。
  • 「・・・」
  • 旬は、あくびをしようとするのを抑えるために最善を尽くし、自分の後ろを眺めた。
  • イグリットと騎士の一人が旬のすぐ後ろに座っている。
  • ジェットコースターに乗りたかった⼈々は、違う意味で叫んでいるのを見て、少し眠気が収まった。
  • 正直なところ、以前の2重ダンジョンで、巨⼤な神の像に突進した時の方が、はるかにエキサイティングでした。
  • (ペナルティゾーンのムカデたちに追われていた当時はどうだったろう?)
  • それは今よりも何百、いや、1万倍怖かった。
  • (おっとっと)
  • 旬は余計な考えを取り除くためにすぐに⾸を振った。
  • (俺はリラックスするためにここに来ましたが、ここでもモンスターについて考えています)
  • 旬はこれが病気なのか何かなのかと思い始めました。
  • 同時に、旬は彼の隣に座っている彼⼥の顔に似たような表情を発⾒しました。
  • にやり。
  • 旬はここで笑わずにはいられなかった。
  • 旬は、雫がぼんやりとした考えの中で泳ぎ続けたときに、彼女に尋ねました。
  • 「ここで遊んでいて楽しいですか?」
  • 「ああ・・・。ええと、楽しいです」
  • 雫の会話相⼿は鋭い聴覚を持っていたので、旬は彼女が叫ぶ必要がない事を分かっていました。
  • 「じゃあ、なぜこれまでに⼀度も悲鳴を上げていないのですか?」
  • 二人はこれまでに5つの異なるアトラクションに乗っていました。
  • それらはすべて、普通の⼈にとっては最⾼にスリル満点の乗り物と表現できますが、彼⼥は⼀般的な「きゃあ」も叫びませんでした。
  • 雫もS級ハンターでした。
  • おそらく、旬ほどではないかもしれませんが、彼⼥もまた、普通の⼈々の領域を⼤幅に超えていました。
  • 旬は自分だけが退屈している訳ではない事に、かなり安心しました。
  • その時だった。
  • 旬は⾃分が⾒ている世界を雫に⾒せたくなりました。
  • ベルは旬の欲望を感じ、慌てて彼を説得し始めた。
  • [ああ、我が王・・・。この⼥性には危険すぎるかもしれません]
  • 【⼤丈夫だよ。その上、彼⼥が脱落したら彼⼥を助けるのをあなたに任せます。失敗した場合・・・。分かりますよね?】
  • [あなた様の願いは絶対です、我が主]
  • 反対意⾒の声が抑制されたので、旬は雫に話しました。
  • 「これの代わりに、本当にエキサイティングなものに乗りたいですか?」
  • 「本当にエキサイティングなもの?」
  • ジェットコースターが終了した後、旬はまだ謎に包まれた表情の雫を⼤きな広場に導きました。
  • 「うわぁ!!」
  • テーマパークの客は、2⼈の⿊騎⼠を⾒て、驚いた。
  • しかし、彼らのあえぎはすぐにショックを受けた悲鳴に変わりました。
  • 「出てこい」
  • 「あれは何ですか!?」
  • 群衆は影の兵士によって押し戻されました。
  • そして、広場に⼤きな⿊い怪物が突然地⾯から⽴ち上がった。
  • それはその巨⼤な翼をはためかせ、空に向かって⼤声できしむ。
  • Kiiiaaaahhkk!!
  • 雫はカイセルを間近で⾒たのは初めてだったので、彼⼥の反応は通常の観客とそれほど変わらなかった。
  • 「ああ・・・、なんてこと・・・」
  • 旬は雫に向かって手招きしましたが、彼⼥の⽬は驚いたままでした。
  • 「急いで、さあ」
  • 雫は、旬がすでにカイセルの背中に登っていて、興奮していたことに気づきました。
  • 「あなた・・・あなたは私にその⽣き物に乗って欲しいのですか?」
  • 「私はあなたに⾔いましたね︖」
  • 旬はこれ以上待てなくなり、「支配者の力」を発動して彼⼥を引き込みました。
  • 「ああ!?」
  • ⽬に⾒えない⼒が雫を引きずり込んだため、彼⼥は再びショックで息を吹き返した。
  • しかし、その反応は旬が雫から⾒たいと思っていたものではなかった。
  • 実際、これはほんの始まりにすぎません。
  • 旬は雫を自分のすぐ後ろに落ち着かせ、カイセルに命令を出した。
  • 「上がれ」
  • Kiiaahk!
  • まるでそれを待っているかのように、カイセルはその巨⼤な翼を⽻ばたき、空中に上昇し始めました。
  • 雫は下の群集が次第に遠くなり、唾液を飲み込んで⾒下ろしました。
  • 確かに、雫が今感じている緊張感は、テーマパークの乗り物と⽐較すると、別の次元にありました。
  • ほとんど本能的に、雫の腕は旬の腰にしがみついていました。
  • 下の観客がもう⾒えなくなるほど⾼くなると、雫の声も⼤きくなった。
  • 「ええと・・・。すみません」
  • 「はい?」
  • 「なぜあのアリは私たちを追いかけているのですか?」
  • 旬は⾸を横に振り、下を⾒下ろして、ベルがカイセルの腹の真下に立っているのを⾒つけました。
  • 蟻の王が今どのような表情をしているかを⾒て、やわらかい笑い声で話すしかなかった。
  • 「彼はライフガードです!」
  • 「え?」
  • 「しっかりと私に掴まってください。私たちは今から⾶びます」
  • 「えっ?えっ??」
  • 今、これ以上説明する理由無いだろう。
  • なぜなら、腰に巻かれた雫の腕から信じられないほどの圧⼒を感じているからだ。
  • (普通の男は半分に折られていたでしょう!)
  • しかし、これは今、雫がどれほど怖がっていたに違いないかを⽰していました。
  • 旬は目的の半分を成功させ、興奮した声で⼤声で話しました。
  • 「カイセル、もっと!もっと早く!」
  • キアハク!
  • カイセルが最速の速度で⾶⾏し始めると、今⽇初めて聞こえてきた雫の叫び声が旬のすぐ後ろから鳴り響きました。
  • カイセルがすばやく⾶んでいくと、空気を割りました。
  • ヒュッ!
  • カイセルの上に乗る旬と雫は、S級ハンターでない限り、通常は⽣き残れない場所に⾶ぶことができました。
  • 彼らは⾬と⾵が激しく打ち寄せた嵐の雲に⼊りました。
  • しかし、彼らは⼭脈に⾮常に接近して⾶んだので、ほとんど触れることができませんでした。
  • 彼らは⼀⾒果てしない雪原を⾶び越えました。
  • しかし、最も美しい光景は、まだ海の上に見える⼣⽇でした。
  • カイセルは徐々に減速した。
  • 冷たい⾵が頬を通り過ぎていくのを伴って、⼆⼈は太陽が遠くの地平線の下にゆっくりと消えるのを⾒た。
  • 空は琥珀⾊のオレンジ⾊に染まった。
  • ⾊とりどりの空のように、壮⼤な光景を眺めた雫の⽬も、オレンジ⾊に優しく輝いていました。
  • 突然、雫は好奇⼼を感じ、ただ彼に尋ねなければならなくなりました。
  • 「水篠さん」
  • 「はい?」
  • 「このようなことを体験出来るのに、なぜ最初にテーマパークに⾏ったのですか?」
  • 「あのテーマパークですね・・・」
  • 旬は思い出し、ゆっくりと理由を伝えました。
  • 「あのテーマパークに⽗が⾏⽅不明になったゲートが開かれました」
  • 「ああ・・・」
  • もし旬の⽗親が失敗し、ダンジョンブレイクが本当に起こったならば、テーマパークは存在していなかっただろう。
  • それでも今⽇は⼈でいっぱいでした。
  • 旬は、初めは家族を残した父親に怒りを感じたが、今はテーマパークで楽しい⼀⽇を過ごす笑顔の家族を⽬撃し、あたたかい何かが⼼の隙間を埋めているように感じました。
  • 旬はそれで⼗分だった。
  • 「だから私はいつも・・・、少なくとも⼀度はそこに⾏きたかったのです」
  • 旬の声が寂しく聞こえ、雫は後ろから無⾔で抱きしめた。
  • 彼⼥の暖かさが彼の背中に伝わった。
  • 雫は再び彼に話しかけた。
  • 「ありがとうございました」
  • 突然の感謝の気持ちで後ろを向くようになったが、背中を押し上げていたので、雫の表情が⾒えなかった。
  • 「ありがとう?」
  • 「私はしたかった・・・。すべてに感謝します。あなたはずっと私を助けてくれたので・・・」
  • 彼らの体が互いに押し付け合うことによって、雫の暖かい息が旬の⾸をくすぐり、そして彼⼥の⼒強く⿎動している⼼から、旬は彼⼥から彼⼥が⾔いたいことを感じました。確かに。
  • これで⼗分だった。
  • 旬はそっと微笑んでカイセルに反対⽅向に向かうように命じた。
  • 「今度はどこに⾏くの?」
  • 旬は笑顔で答えました。
  • 「あなたに⾒せたいものがある」
  • ⻑時間のフライトで彼らがたどり着いた⽬的地は韓国ではなく⽇本だった。
  • より具体的には、制限区域として指定されたエリア。
  • つまり、ここには魂が一つもありませんでした。
  • 野⽣の動物でさえ、モンスターからにじみ出る恐ろしいオーラによって追い払われたので、この地域には誰も住んでいませんでした。
  • ⼩動物の呼吸すら聞こえないこの広⼤な森の中で、カイセルはゆっくりと降下しました。
  • Kiiahk!!
  • カイセルは地⾯に平らに横たわり、旬が最初に降りました。
  • 旬は次の雫を助けるために振り向いた。
  • 「足元に気をつけてください・・・」
  • しかし、旬が⼿を差し伸べる前でさえ、雫は肩をすくめて、軽くジャンプして地⾯に着地しました。
  • 旬は雫の職業が何であったかを⼀瞬忘れてしまい、⼆度と笑うことができませんでした。
  • 「ここはどこ・・・?」
  • 雫は今⽇ほぼ⼀⽇中、いくつかの異常な光景を体験していたので、彼⼥は新しい環境を好奇⼼旺盛な⽬で観察し始めた。
  • しかし、果てしなく続く⽊の海のほかに、彼⼥はここで特に興味深いものを⾒ることができませんでした。
  • 旬はこっそりとストアから⽑布を購⼊し、⼝を開く前にそれを地⾯に寝かせました。
  • 「まだ秘密を知らせても⾯⽩くないので、まず横になってみませんか?」
  • 「えっ?」
  • 雫は一瞬、聞き間違いだと思った。
  • しかし、S級ハンターの聴力がそのような明確な⾔葉の発⾳を誤って聞く⽅法はありませんでした。
  • その上、旬はすでに⽑布の上に横たわる準備をしていた。
  • 「急いで」
  • 雫の⼼はまるでそれが爆発しようとしているかのようにドキドキし始めました。
  • 「あの・・・、あなたは平気なのですか?」
  • 雫は旬の意図をもう⼀度確認しなければならなかった。
  • 雫の勘違いでなければ、おそらく彼は決⼼した⽅法で頭をうなずいたので、少しもためらいを⾒せなかったでしょう。
  • 次に躊躇したのは雫の番でしたが、しかし結局、彼⼥は⽑布に近づきました。
  • 旬はこれを確認し、ゆっくりと横になりました。
  • すぐに、雫も彼の隣に横になり、何かについて⼤きな決断をしたかのように、彼⼥は⾜をまっすぐにしました。
  • 「準備できました」
  • 旬は⽬を閉じてつぶやく雫を⾒て、彼⼥に答えた。
  • 「そうしたら、⽬を開けてください」
  • 雫の⽬が少しずつ開いていく、旬は無言で上の夜空を指差した。
  • 星の連なる滝の光に向かって・・・。
  • 「ああ・・・」
  • 天を埋め尽くす星明かりの⾒事なパレードを⾒た後、雫はうっとりと息を吐き出しました。
  • (綺麗・・・)
  • 雫はこの光景を「綺麗」以外の他の⾔葉で説明できなかった。
  • 旬は彼⼥の反応に満⾜し、満⾜して微笑んだ。
  • 「私はダンジョンブレイクに対処するためにここに到着し、結局夜空を⾒ました」
  • 当時、旬はあまりにも疲れていたので、疲れた体を横にして、⽬を閉じて休憩したいと考えていました。
  • しかし、周りがとても明るかったので、旬は眠ることができませんでした。
  • 旬はイライラして⽬を開けました。
  • そして旬は、空を包む星のこの⾒事な光景を⾒ました。
  • それらを⾒ただけで、その夜旬の⼼は落ち着いた。
  • 「この夜空を誰かと共有するのは素晴らしいことだと思いました」
  • この静かな森を⾳のきしむ⾳で満たす唯⼀のものは、無限の星明かりの川だった。
  • 旬は、この瞬間を誰かと共有したかったのです。
  • そして、旬の⼼は、もつれが解けるようになりました。
  • しかし、その後。
  • 「ええと・・・?」
  • 旬は雫の⼿の温もりを感じた。
  • 「私は・・・あなたの⼿を握っていてもいいですか?」
  • 旬は笑顔を浮かべてから、⼿を動かして指を彼⼥の指と連動させました。
  • 雫の冷たく滑らかな⼿が、⼿のひらを満たしました。
  • とても静か・・・。
  • 数え切れないほどの星が輝き、星の⾬が降りました。
  • そして、2⼈の頭がゆっくりと1つになりました。