俺レベ 翻訳

俺だけレベルアップな件【217話】シーズン2の翻訳ネタバレ&感想

こんにちは、ちゃむです。

シーズン2の韓国小説の翻訳をしています。

ちなみに購入先は、RIDIBOOKSという韓国サイトで全14巻を購入しました。

一巻2,880ウォンで約280円とお手頃価格でしたので、まとめて購入しました(笑)

ちなみに韓国語は殆ど無知です。知り合いに韓国語を勉強していた方がいたので、協力してもらいながら勉強をしています♪

シーズン2の再開も楽しみですので、内容は省略している所も多いです。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

原作小説は完結している為、漫画のネタバレを読みたくない方はブラウザバックを推奨しております。

 

 

 

 

 

 

217話 翻訳

  • ほんの数分前まで。
  • ベルは常に王に最も忠実な下僕として⾃分⾃⾝を誇りに思っていました。
  • しかし今、氷の君主の刑務所に閉じ込められた後、彼は無⼒の味がどのようなものであるかを理解しました。
  • (私はこれほど弱かったのですか?)
  • (なぜ私は強くなり続けたのですか?)
  • (それはどのような⽬的でしたか?)
  • ベルは、⾃分の領地が敵に包囲されている間、何もできなかったという事実に、自分自身をとても哀れに感じました。
  • しかし、ベルに出来ることは何もありませんでした。
  • 氷の君主は、ベルとは別の次元の存在でした。
  • そして、ベルはこの魔法から逃れるために必要な⼒を持っていませんでした。
  • 氷に閉じ込められている間にベルが今できることは、自身の王が安全である事を祈るだけでした。
  • 幸いなことに、超越的な敵と対峙したときでさえ、ベルの王はまったく押し戻されませんでした。
  • 「やはり・・・。この卑しい奴隷はあなたの偉⼤さによってのみ動かされることができます」
  • ベルは王の⼒に感動し、旬の戦いを⾒つめ続けると⽬から涙が溢れた。
  • しかしその後、数の暴力は旬の⾸を徐々に引き締めていきました。
  • 次第に悪化する敵の攻撃と防御の猛攻が旬を押し戻し始め、ベルは必死に拘束を解こうと苦しんだ。
  • (我が王!!我が王!!)
  • そしてついに、ベルは旬が疫病の君主の⼤きな⼿のひら叩きつけられ、壁にぶつかるのを⾒ました。
  • 王は危険にさらされていました!王は危険にさらされていました!王は危険にさらされていました!
  • 「私は、私の王を守らなければなりません!!」
  • プツン。
  • ベルの頭の中の何かが外れた。
  • ベルの王を護るために設計された「緊急モード」に変化した。
  • 「Kiiiiieeeehhk!!」
  • ベルの表情は、⼤声で叫びながら恐ろしい悪魔のような顔になりました。
  • 腕、肩、⾸、胸、太もも、ふくらはぎ、⾜⾸!
  • ベルの体のすべてのが膨らみ、彼を閉じ込めている氷の塊を押しのけ始めました。
  • バキバキバキ!!
  • ⼀⾒、傷一つ見えない氷の刑務所は、いくつかの⼤きな⻲裂を生み出していきました。
  • ベルは全⾝を震わせた。
  • クワー!!
  • 氷の刑務所は、ベルの狂った⼒をもはや封じ込めることができず、その表⾯は
  • さらにひび割れました。
  • そんな中、ベルの頭の中には王を救うという考えしかなかった。
  • Kiiieeehk!!
  • ベルは全⼒を注ぎ、体をねじり、⼤きな⻲裂を氷のブロックを破壊する。
  • クワジジジク!!
  • ベルは純粋な⼒を使って、氷の刑務所から脱出した。
  • その後、ベルは旬に向かってまっすぐ⾶んでいる間、他のすべてを無視しました。
  • [我がおぉぉぉう!!!!!!]
  • 「ベル!」
  • 旬が自分を読んでくれる幸せをベルは感じると同時に、旬の体にある小さな傷と擦り傷はすべてベルの視界に⼊った。
  • それらは昆⾍の⼥性によって、傷つけられたものです。
  • (ただの昆⾍のメスごときが我が王に触れた!!)
  • 「Kiiiieeeehhk !!」
  • ベルの怒りは新たな⾼みに達し、彼は昆⾍の⼥王に飛びかかった。
  • かつては街の通りだった戦場全体に響き渡るベルの雷鳴は、氷の君主を⾮常に驚かせました。
  • [単なる影の兵士が私の拘束魔法から抜け出すことができただと!?]
  • 本来なら、そのようなことは決して起こらないはずです。
  • アイスエルフは「緊急モード」のベルの⼒を⾒て、衝撃のあえぎを吐き出した。
  • この⼒は、「単なる」影の兵士ではなかった。
  • [⼈間ごときが、どうやって元帥級の存在を育てたのですか?]
  • 影の君主の⼿と⾜として機能する「元帥級」の兵⼠の⼀⼈⼀⼈は、驚異の一つ⾒なすことができます。
  • 氷の君主は、元帥級の魔物を⾒るとは想像もできず、その驚きを隠すことができませんでした。
  • その間、ベルは彼の抑えきれない怒りの標的である昆⾍の⼥王の前に到着していた。
  • [⾃分の⺟親すら認識できない馬鹿な⼦供を罰しなければならない!!]
  • 「Kiiiieehhk!!黙れ!!売春婦が!!」
  • [何て⾔った!?]
  • 混沌の世界の住⼈であり、そこに住むすべての昆⾍の主⼈である疫病の君主は、ベルの言動に驚きを隠せなかった。
  • Vuuwoong!
  • ベルは昆⾍の⼥王からの攻撃をうまくかわし、女王に群がっている昆⾍の中⼼を狙って、魔力エネルギーを使い叫びました。
  • 「キャアック!!」
  • ベルの雷鳴の轟⾳により、昆⾍は⼀瞬にして⼥王の体から落ち、その中に隠れていた疫病の君主の実体が⼀時的に姿を現しました。
  • それは腐敗し、歪んだ⽪膚と、うじ⾍で満たされた両目を持つ⼈型の⼥性でした。
  • 疫病の君主は、本来の所有者に⽛をむき出しにしたアリに対して激しい怒りを⽰しました。
  • 「Kiiiaaahhk !!」
  • ⾍の⼥王からの叫び声が⼤声で響き渡り、天空を引き裂き、ベルは攻撃を阻⽌する⽅法がないまま押し戻されました。
  • ベルはバランスを取り戻すことが出来ず、はるかに遠くに押し戻されました。
  • 「キアック、キアック、キアック・・・」
  • ベルは頭を左右に振っている間、⼝から⼤きなうめき声が漏れていた・・・。
  • 昆⾍の⼥王は、その巨⼤な体をもう⼀度形成するために、再び虫達を引き寄せ始めた。
  • 「素晴らしい!!」
  • 旬は⼆⼈のやりとりを⾒て、ベルを称賛した。
  • もちろん、旬はベルが⻑くは続かないことを知っていました。
  • それほどに、敵は強すぎた。
  • しかし、ベルが3つのうちの1つの注意を奪うことができれば・・・。
  • ベルが⼥王と戦っている間、旬は視線を他の2⼈の君主に戻しました。
  • 二人の⽬に隠された緊張は空気中に伝わり、旬はそれをはっきりと感じることができた。
  • ベルが生み出した時間はそれほど多くありませんでした。
  • だから、予想よりも速く終わらせなければいけない!
  • 旬は全⼒で氷の君主に向かってダッシュした。
  • ガガガガガ!!
  • 旬のすべてのステップからの衝撃⼒は、下の地⾯を破壊しました。
  • 氷の君主は旬を睨みつけ、彼に向かって、両⼿の間に鋭い氷の槍を作りました。
  • しかし、ターゲットと衝突する直前に、旬は突然⽅向を変え、代わりに獣の君主に向かって跳躍した。
  • [・・・!!]
  • 獣の君主は、旬が仲間を攻撃した瞬間に対抗する準備をしていましたが、この驚くべき動きに驚きました。
  • しかし、獣は旬の短剣を純粋な本能だけでブロックすることができました。
  • けれど、獣の⽬は激しく動揺していた。
  • 旬は、奇襲が失敗し、舌打ちした。
  • 「ちぇ」
  • 旬は、アイスエルフを狙っていると見せかけて、獣を致命的に傷つけることを計画していました。
  • 獣の君主の反射神経は、旬の予想よりも速かった。
  • しかし、旬の奇襲は決して時間の無駄ではありませんでした。
  • 旬はその時、獣が慌てているのを感じました。
  • 「まずはお前からだ」
  • 一瞬で、旬はカミッシュの怒りを逆手に握り、強⼒な攻撃の弾幕を降らせた。
  • ⾮常に鋭い刃が、空気を引き裂き、恐ろしい⾳が街全体に響き渡りました。
  • カン!カン!!カン!カン!!
  • 獣は旬の猛攻に防戦一方だった。
  • 次々に繰り出される攻撃に、獣は徐々に勢いを失い、押し戻されました。
  • 混乱の表情が獣顔を曇らせ始めた。
  • しかし・・・。
  • 旬は背後に鋭い殺意を感知し、緊急回避した。
  • 氷の君主が放った氷の槍は、旬の腰があった場所をすり抜けた。
  • アイスエルフは、旬と獣の間の争いに⼊っていた。
  • 二人の君主の⽬が合った瞬間、旬はエルフの⽬から信じられないほど重い敵意を感知した。
  • (まずい!)
  • ⻭ぎしりの⾳が旬の⼝から漏れた。
  • 旬は短剣で氷の槍を叩き落とし、氷の君主の一瞬の隙を見逃さず、すぐに距離を縮めた。
  • ヒュッ!
  • 旬はアイスエルフの傲慢な⽬を切り裂こうと刃を振ったが、残念ながら短剣は後一歩届かなかった。
  • アイスエルフの表情は⾒苦しいほどくしゃくしゃになりました。
  • 「惜しい」
  • 攻撃の後に続いたのは防御することでした。
  • 旬は獣の刃が来るのを知っているかのようにうまくブロックした。
  • カン!
  • しかし、攻撃を阻⽌した後、旬に安堵のため息をつく時間はありませんでした。
  • 氷の君主は再び槍を握り、反撃を始めました。
  • 獣もまた、攻撃の弾幕を旬に浴びせた。
  • 後方には、氷の君主。
  • 正⾯には、獣の君主。
  • 異次元の力を持っている2⼈の君主からの恐ろしい攻撃が旬に降り注いだ。
  • しかし・・・。
  • 2つの短剣が稲妻のように点滅し、二人の君主からのすべての攻撃をブロック、又は。回避した。
  • 旬の動きは、今や、⾃分の視界の限界を超えていた。
  • ⾔うまでもなく、旬は正⾯と背⾯からすべての攻撃が⼊ってくるのを⾒ることができず、⽬だけで対応しました。
  • しかし、旬は何か他のものを⾒ることができました。
  • それはそれぞれの⼊ってくる攻撃の流れでした。
  • 動きの動作、⽬、呼吸、筋⾁のけいれん、魔力エネルギーの⽅向など。
  • 絶対的な限界に追いやられた旬の知覚は、⼀つとして⼩さなことを⾒逃すことはなく、敵の攻撃のすべてを正確に読みました。
  • (全てが読める!!)
  • だから、もう少しだけ!
  • もし旬がもう少し速く捉えるることができたら・・・。
  • 「より速く、より速く、より速く、より速く、より速く!」
  • 数え切れないほどの攻撃が繰り出されるにつれて、旬はどんどん速くなりました。
  • 旬と戦う2⼈の君主の顔⾊はますます固まった。
  • (何が・・・。どうなっている!?)
  • (不可能だ!⼈間が影の君主の⼒を⼗分に活⽤することは出来ない!!)
  • しかし、目の前でそれは起きていた。
  • 彼らの敵は⼈類の限界を超え、⽬の前でどんどん進化していきました。
  • その光景は2⼈の君主に思い出させた。
  • 彼らが混沌の世界を⽀配した最強の王に対して抱いた恐れ。
  • そして、それはほぼ同時に起こりました。
  • パーアック!!
  • 旬は両⽅の君主の武器を刃で受け止め、そして⼒だけで、両⽅を遠くに押し込んだ。
  • [・・・!!]
  • [・・・!!]
  • 衝撃と驚きは、2⼈の君主の表情をすぐに染めました。
  • レナートは今それを確信していました。
  • レナートは、重傷を負ったトーマス・アンドレが周囲のヒーラーに治療されている間、地⾯に横たわったまま、⾁眼でこれら3⼈の戦いを追いかけることができる⼈は他にいないと確信していました。
  • それでも、旬の動きだけは⽬で追いかけることは出来なかった。
  • 「・・・ハァ」
  • 賞賛のため息だけが彼の⼝から漏れ続けた。
  • 水篠ハンターは国家権力級のタンクを野蛮な⼒で鎮圧した「獣」や、広⼤な地⾯を⼀息で凍らせたアイスエルフと戦っていたにもかかわらず、一センチも押し戻されていませんでした。
  • そしてすぐに、水篠ハンターの形はただ薄い空気に溶けて、⼀連の終わりのない⾦属の鳴き声だけが戦場の周りで反響しました。
  • 「何が・・・」
  • トーマス・アンドレは彼の好奇⼼に勝つことができず、それらすべての疑わしい爆発的な⾳から⽬覚め、尋ねなければなりませんでした。
  • 「・・・何が起こっている?」
  • レナートは信じられない声でつぶやき、旬から視線をそらすことができなかった。
  • 「まるで・・・」
  • 世界を破壊できるモンスターが全力でドッグファイトをしているとしたら、これと同じような状況になるのでしょうか?
  • 「・・・私は世界の終わりを⾒ています」
  • その時でした。
  • 「Kiiiieeeeeehhhk !!」
  • 旬はベルの叫び声を聞き、彼の頭はその⽅向に向かった。
  • ベルは⾍の⼥王の⾜元に踏みにじられ、逃げるために必死の闘いを繰り広げていましたが、それが無理という事はすぐに分かった。
  • その瞬間、旬の⽬は⼤きくなった。
  • 魔力エネルギーがベルの体を消そうとし、彼の存在は徐々に薄れていきました。
  • 「あの力で、トーマスの影についた兵⼠も消されたのだろうか?」
  • 旬はすぐに2⼈の君主の攻撃を回避し、ベルを彼の影に呼び戻そうとしました。
  • しかし・・・。
  • [指定されたターゲットを呼び戻すことはできません]
  • [指定されたターゲットを呼び戻すことはできません]
  • システムは、オウムのように同じメッセージを何度も繰り返しました。
  • 旬の表情が固まった。
  • 旬はこんな所でベルを失うわけにはいかなかった。
  • その兵士は旬の最も貴重な兵⼠の⼀⼈であると同時に、影の兵士で最⼤の戦闘⼒でした。
  • 「ベルが消え、昆⾍の⼥王の動きが戻れば、この不安定なバランスが崩れます」
  • この問題は、旬の現在の戦いにも関連していました。
  • 旬はもう⼀度氷の槍と刃を振り払い、昆⾍の⼥王に向かってダッシュした。
  • ⼥王は最も強⼒な影の兵士を破壊することに集中しすぎていたので、旬の接近に反応が少し遅れた。
  • [人間風情が!!]
  • ベルが⾒せたのと同じように、旬は魔力エネルギーを喉に集中させた。
  • 「オラぁぁぁぁー!!」
  • 旬の⼤きな叫び声は、恐ろしい量の魔力エネルギーを運び、⼥王の周りに巻き付いた昆⾍にぶつかり、それらを吹き⾶ばしました。
  • ⼥王は驚きを隠すことができませんでした。
  • [キアック!!]
  • 女王は急いで緑⾊の液体を旬の顔に吐き出しました。
  • しかし、旬はそれを逸らすために「支配者の力」を発動しました。
  • 空気中に残っている明らかな毒に関しては、旬の自動バフがそれを簡単に中和しました。
  • [「スキル:強い毒」の効果が周囲の空気で検出されました]
  • [「バフ:デトックス」の効果が始まります]
  • [3、2、1・・・。解毒が完了しました]
  • 疫病の君主の⼒は旬を少しも脅かすことができず、彼⼥はすでに彼の攻撃範囲内にいました。
  • その短い瞬間に、冷たい輝きが旬の⽬の中でちらつきました。
  • 「さっき、氷の君主は心臓が刺されても死ななかった」
  • この疫病の君主にとっても同じ話になる可能性は⼗分にありました。
  • 旬は昆⾍の⼥王に触れる距離に近づくまでさらに近づき、短剣をしっかりと握りました。
  • 「乱刀!!」
  • Dududududududududu !!
  • 刃は昆⾍の⼥王に⾬を降らせ、⽣き物の全⾝が⼀瞬で引き裂かれたぼろきれに変わりました。
  • [Aaaaaahahk!?]
  • しかし、ウジはモンスターの体の中で揺れ動き、絡み合って、すぐに体を元に戻しました。
  • (再⽣?)
  • しかし、それは問題ではありませんでした。
  • 体を再⽣する能⼒を持っていれば、再⽣速度を超える攻撃を継続的に注ぎ出すだけでした。
  • それだけです。
  • 旬は、昆⾍の⼥王が後退しても、スキル「乱刀」を何度も発動し、追いかけました。
  • ドゥドゥドゥドゥドゥ!!ドゥドゥドゥドゥドゥ!!
  • [Aaahahahaaahk !!]
  • 真っ⿊なオーラを帯びた「カミッシュの怒り」は、無限の弾薬を備えた銃のように⼀気に発砲した。
  • 「オラぁぁぁぁぁー!!」
  • 旬は、昆⾍の⼥王が再⽣する可能性のある⾁のすべての⼩さな部分を完全に崩壊させるまで、「乱刀」を全⼒で繰り返しました。
  • そして最終的に・・・。
  • [あなたは9⼈の君主の1⼈、疫病の君主を殺しました]
  • [レベルアップ!]
  • [レベルアップ!]
  • [レベルアップ!]
  • 旬の視界を埋め尽くす、レベルアップメッセージに興奮を隠せなかった。
  • 「よし!」
  • しかし、⾸を狙う敵がまだ2⼈いることを思い出すと、休憩することはできませんでした。
  • 旬は⾝を守るために強烈な殺意の⽅向に急いで向きを変えようとしたが・・・。
  • ・・・旬の敵はほんの少し速かった。
  • 旬が疫病の君主を殺すことに夢中になっている間、誰かが彼に向かって急いで、その⻑い⼿を伸ばしました。
  • 鋭い5つの爪が旬の背中の後ろから出てきた。
  • グサ!!
  • 旬は胸から5本の⽖が突っ込んでいるのを発⾒した。
  • 「・・・」
  • 獣の君主は狼男に変⾝し、右⼿に5つの刃のような⽖で旬の背中を正確に刺しました。
  • 5つ全ての爪が旬の急所を突き抜けていました。
  • その瞬間、旬の体が凍りついた。
  • ドサ・・・。
  • 「カミッシュの怒り」の短剣は旬の⼿から落ちた。
  • 氷の君主は旬の前に⽴っていた。
  • 氷のような冷たい空気がアイスエルフの⼿で回転して凝固し、氷の短剣を作りました。
  • [これで終わりだ]
  • 氷の短剣が旬の腹を刺した。
  • グサ!
  • ベルは意識を取り戻し、苦しみながら叫んだ。
  • 「わ・・・我が王!!」
  • 蟻の兵⼠は不安定な⾜で⽴ち上がることを余儀なくされたが、旬はただ⾸を横に振った。
  • それでも、ベルは⽖を伸ばし、氷の君主に向かってよろめきました。
  • 「Kiiieeehk!!」
  • ベルが感じた絶望と悲しみは、旬にも完全に伝わっていた。
  • 旬はベルが君主の⼿によって消されるのを⾒たくなかった。
  • 旬が涙を流し、戻る命令を出す。
  • ベルは⾸を縦に振った。
  • アリの王は影の形に戻り、彼の主⼈の影と静かに融合しました。
  • 今やその勝利を完全に確信して、アイスエルフはゆがんだ笑いを形成し始めました。
  • [これがあなたの限界です、⼈間]
  • アイスエルフは旬の耳元で囁いた。
  • [あなたは、私たちの軍隊がこの世界に⾜を踏み⼊れた瞬間を⾒ることができません。それが起こるとき、⼈間の死体は⼭を形成し、彼らの⾎は無限の川を形成します]
  • 氷の君主は旬の⽿から距離を置き、彼の固い表情を⾒つめた後、陰湿な笑みを浮かべた。
  • [しかし、あなたが育ったこの国は違います。私はこの⼟地のすべての⼈間を一人一人凍らせ、彼らを永遠の地獄で苦しませます。私は彼らが永遠に⽣きたり死んだりしない存在を受け入れる事を保証します]
  • 氷のような冷たさが短剣から腹に刺さり、旬の体を凍らせた。
  • つららが旬の顔に届くと、彼の⽬は激しい怒りの炎を放ち続けました。
  • それでも、氷の君主は嘲笑していました。
  • [私を最後まで苛立たせますね。それもまた、私をさらに喜ばせるのに役⽴つでしょう]
  • アイスエルフは短剣を引っ張り出し、すぐに旬の心臓に刺した。
  • ⽩い光がにじみ出る氷の刃は、旬の肋⾻を簡単に粉砕し、彼の⼼臓を正確に貫通しました。
  • グサ!
  • 氷の君主は、⼈間の⼼臓が破壊されたことを確認しました。
  • 旬は無様に地⾯に倒れました。
  • 旬の頭は固い表⾯にガタガタと⾳を⽴て、彼は壊滅的なめまいを感じました。
  • 同時に、旬は2⼈の敵が彼から遠ざかっていることを感じました。
  • 「まだだ・・・。俺はまだ・・・」
  • 旬は再び体を動かそうとしましたが、指を持ち上げるだけのエネルギーが少しも残っていませんでした。
  • すべての感覚の突然の喪失とともに、旬の意識は急速に薄暗くなった。
  • そして、旬が⾒たり聞いたりできるものはすべて、真っ暗な闇の中に沈んでしまいました。
  • 旬の⼼臓はついに機能を停⽌しました。
  • それが起こったとき・・・。
  • 動かない旬の上に、いくつかのシステムメッセージが浮き始めました。
  • [「プレイヤー」のHPが「0」に達しました]
  • [「プレイヤー」が死亡しました]
  • [「プレイヤー」は「黒い心臓」を所有しています]
  • [「パッシブスキル:(不明)」のすべての要件を満たしています]
  • [「パッシブスキル:(不明)」がアクティブになりました]
  • スキル情報ウィンドウが⾃動的に開き、点滅している「パッシブ」内のスキルの1つに⼩さな変更が発⽣しました。

【スキル】
パッシブスキル
–(不明)Lv。MAX
–粘り強さLv.1
–短剣Lvのマスター。MAX

シュルル・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【スキル】
パッシブスキル
–進化Lv。MAX
–粘り強さLv.1
–短剣Lvのマスター。MAX