俺レベ 翻訳

俺だけレベルアップな件【218話】シーズン2の翻訳ネタバレ&感想

こんにちは、ちゃむです。

シーズン2の韓国小説の翻訳をしています。

ちなみに購入先は、RIDIBOOKSという韓国サイトで全14巻を購入しました。

一巻2,880ウォンで約280円とお手頃価格でしたので、まとめて購入しました(笑)

ちなみに韓国語は殆ど無知です。知り合いに韓国語を勉強していた方がいたので、協力してもらいながら勉強をしています♪

シーズン2の再開も楽しみですので、内容は省略している所も多いです。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

原作小説は完結している為、漫画のネタバレを読みたくない方はブラウザバックを推奨しております。

 

 

 

 

 

 

218話 翻訳

  • 「あなたは今起きていますか?」
  • なじみのある声を聞いた後、旬はすぐに⽬を開けた。
  • 旬は⽩い天井を⾒て、消毒剤のにおいが彼の⿐を刺した。
  • 旬は⾃分がどこにいるかを簡単に知ることができました。
  • ここは病院でした。
  • しかし、氷のように冷たい短剣が胸に刺されたとき、旬は間違いなく彼の⼼が砕ける感覚を感じませんでしたか︖
  • (あれ・・・でも・・・。俺はまだ⽣きている?)
  • 旬は上半⾝を上げた。
  • 旬はすぐにベッドの近くに⽴っている⼆⼈の男を⾒つけ、彼らは旬が⻑い間意識を取り戻すのを待っているかのように不安な顔をしていた。
  • そのうちの⼀⼈は、旬がよく知っている⼈でした。
  • 「犬飼会⻑!君主・・・いいえ、あのモンスターはどうなりましたか?私はまだ⽣きているのですか?」
  • 犬飼は、隣の監視部⾨の仲間のエージェントと混乱した表情を共有し、旬に話しかける前にサングラスを外しました。
  • 「私があなたに⾔わなければならないことが3つあります」
  • 犬飼は椅⼦をベッドの近くに引っ張って座りました。
  • 仲間のエージェントは犬飼の後ろに立った。
  • 「まず、私は協会会⻑ではなく、監視部⾨の責任者です。第⼆に、私たちは2重ダンジョンについてあなたに尋ねるためにここにいます。そして最後に・・・」
  • 犬飼の精悍した⽬から強⼒なまぶしさがにじみ出た。
  • 「・・・なぜ私を知っているのですか?以前、どこかで会ったことがありますか?」
  • 「ちょっと待って、待って!2重ダンジョンについて⾔いましたか!?」
  • 「⽣存者から報告を受け取り、白虎ギルドと⼀緒に現場に到着した時、そこはすでに・・・でした」
  • 「いや、いや。待って、そうじゃない・・・」
  • 旬は呆然として⾸を横に振った。
  • ⾔葉では⾔い表せないいくつかの感情が押し寄せた。
  • (そんな事がありえるのか?)
  • 旬は頭を上げて天井を⾒つめた。
  • ⽬を開けてから不思議な⾒慣れた光景だと思っていたのですが、本当にここに戻ってきました。
  • 「なぜここがとてもなじみ深いのかを理解出来る・・・」
  • 結局、旬はこの場所でほぼ2週間過ごしました。
  • ここはハンター協会が提供したVIP病室でした。
  • 旬は、⼆重ダンジョン事件をかろうじて⽣き延びた後、初めて⽬を開けた病室に戻った。
  • 「しかし・・・どうしてそんなことができるのだろう?」
  • 旬は完全に混乱し、ぼんやりしていたため、犬飼は慎重に彼に尋ねました。
  • 「・・・⼤丈夫ですか?」
  • 旬は、⼼配しないように⾔うジェスチャーとして、⼿を振った。
  • 「俺の・・・。⾃分の考えを整理するために手伝ってもらえますか?私の魔力エネルギーを測定してください。そうすれば、考えが整理出来ます」
  • 犬飼は、「再覚醒を経験しているのではないかと疑われていることをどうやって知ったのか」と⾔った表情で旬をぼんやりと⾒つめた。
  • 「その前に、あの場所で何が起こったのかを聞きたいと思います。意識を失う前に何か奇妙なものを⾒たことがあれば・・・」
  • 「前に⾔ったように、私は何も覚えていません」
  • 彼らは以前に水篠ハンターと会って会話したことがありますか?
  • いいえ、決して。
  • 絶対にありません。
  • 監視部の男として、犬飼は⼀度だけでも、出会ったハンターの顔を決して忘れなかった。
  • そして犬飼の記憶には、「水篠 旬」という名前の⼈に関する情報は絶対にありませんでした。
  • (彼の記憶はすべて、深刻な精神的ショックを経験することから混乱しているように⾒えます)
  • 犬飼は、旬の現状を⾒ながら、そう決めた。
  • その場合、犬飼はここに来た目的を終えて、できるだけ早く戻ったほうがよいと考えました。
  • 犬飼は彼の部下に話しかけた。
  • 「ここに持ってきて下さい」
  • 犬飼の部下は命令を聞いて、ミニチュア魔力エネルギー測定装置を持ってきました。
  • 「はぁ・・・」
  • 物事が旬の記憶とまったく同じように⾏われたとき、無気力な笑い声が旬の唇から漏れました。
  • 「あなたがしなければならないのは、この魔法の⽔晶に少しの間⼿を置くことだけです」
  • 「はい」
  • 旬の協⼒により、測定プロセスはすぐに終了しました。
  • しかし、犬飼は結果を確認しようとして⼤いに眉をひそめ始めた。
  • 犬飼は、視線を部下に移す前に、デバイスを数回突きました。
  • 「デバイスが機能しないのはなぜですか?本社を出る前に確認するように⾔わなかったのですか?」
  • 「申し訳ありません」
  • 部下は動揺を隠すことができず、デバイスを急いで検査しました、しかし、機械に異常はありませんでした。
  • 今まで完全に動作していたデバイスは、旬の⼿に触れると突然オフになりました。
  • そして、それは再び起動しませんでした。
  • 「ちょっと」
  • 犬飼は後輩の過ちを静かに注意し、理解を求めるように旬に謝罪した。
  • 「ここで私たちの側に何らかの間違いがあったようです。少し待っていただいてもよろしいですか?すぐに新しいデバイスを取得できるようになるはずです。ご協⼒をお願いします・・・」
  • 犬飼の⾔葉が終わる前から、旬はうなずいた。
  • 犬飼は後輩を率いて病室を去った。
  • しかし、犬飼は再び振り返った。
  • 「どうしましたか?」
  • 旬は、犬飼が覚えている⽅法とは少し違った⾏動をしたとき、少し頭を上げた。
  • 犬飼がベッドの前に⽴って尋ねた。
  • 「あなたは・・・。不正登録者の罰を知っていますか?」
  • 「・・・」
  • 「私は私の⼈⽣で様々な⾼ランクのハンターに会いました。しかし、私はあなたのような⽬のハンターに会ったことがありません。何かを隠しているのなら、今がその時です・・・」
  • 「隠すものは何もない」
  • 旬は再び犬飼を断ち切った。
  • 犬飼は、ベッドに座っている旬を無⾔で観察した後、丁寧に頭を下げた。
  • 「ご不便をおかけしております」
  • 旬は犬飼が病室のドアを離れるのを⾒て、協会会⻑よりも監視部⾨のボスの役割に間違いなく適していると内⼼に思った。
  • それに加えて・・・。
  • 「・・・ステータスウィンドウ」
  • 旬は空中に浮かぶメッセージに驚かず、現在のレベルを表⽰しているステータスウィンドウを調べました。

名前:水篠 旬
レベル:146
クラス:影の君主
タイトル:悪魔ハンター(他2)
HP:93,300
MP:155,720
疲労度:0
[ステータス]
筋力:324
体力:320
速度:340
知能:340
知覚:321
(配布可能なポイント:0)
物理的損傷の減少:65%
魔法のダメージの減少:44%
【スキル】
パッシブスキル
–粘り強さLv.1
–短剣Lvのマスター。MAX
アクティブスキル
–疾走Lv。MAX
–殺気Lv。2
–乱刀Lv。MAX
–短剣投げLv。MAX
–隠密Lv。MAX
–支配者の力Lv。MAX
[クラス固有のスキル]
アクティブスキル
–影抽出Lv。2
–影の保管庫Lv。2
–君主の領⼟Lv。2
–影交換Lv。2

  • 「前回⾒てからレベルが上がってる。疫病の君主を殺した後に獲得した経験値のせいですか?」
  • それだけではありませんでした。
  • 旬がこれまでインベントリに保存していたものはすべて、いつものように彼を待っていました。
  • 彼は、インベントリの最初の列に静かに休んでいる「カミッシュの怒り」の双剣を⾒つけ、笑顔になった。
  • 「まあ、影の兵士はもうここにはいないけど・・・」
  • しかし、旬の軍隊はすぐに再建されることができました。
  • 旬は以前の能⼒と記憶をすべて保持していたので、今回はより良い仕事をすることに⾃信を持っていました。
  • しかし・・・。
  • ・・・これはどのようにして起こったのですか?
  • なぜこのようなことが起こったのですか?
  • 旬は⼆度⽬の⼈⽣を送っていますが、あらゆる種類の可能性が頭の内外に逃げ出し、彼は現在の状況にまったく満⾜できませんでした。
  • 旬は何かを⾒落としていたのではないかと思いながら、慎重に思い出をくまなく調べました。
  • 「すぐにここに来るはず・・・」
  • 旬がそれを覚えていたのと同じように、彼の妹は素晴らしいタイミング
    で病室に⾶び込んだ。
  • 「お兄ちゃん!!」
  • 彼⼥がオークの⼿でほとんどの学友を失った後、彼⼥が笑っているときでさえ、彼⼥の表情には常に影が投げかけられていました。
  • しかし、今のところ、彼⼥の顔にはそのような暗闇の兆候はありませんでした。
  • 旬は彼⼥の表情を⾒て⼼が柔らかくなり、しっかりと抱きしめた。
  • 「お兄ちゃん??」
  • 葵は意識を取り戻した旬に、ハンターであることをあきらめるように促すことを計画していたが、兄への主導権を失ったので、葵はかなり慌てた。
  • 「どうしたの?何があったの?頭を殴られた?」
  • やがて、葵の兄は抱擁を終え、さわやかに笑った。
  • 旬がこのように振る舞うのを⾒ると、怒りのすべての考えが葵の⼼から消え、彼⼥は頭を傾けることしかできず、困惑した表情になった。
  • 葵は、彼⼥の兄がいつもとは少し異なっているように⾒えた。
  • よく⾒てみると、数⽇前に最後に会った時から、兄がずっと背が⾼くなっているような印象を受けました。
  • 葵が混乱に陥っている間、旬はこの落ち着きを利⽤して⾃分の考えをより整理することができました。
  • それから旬は⾃分がしなければならないことを段階的に考え始めました。
  • しばらくして、旬は妹を軽く追い出し、着替えてから病室の外に出た。
  • 今の服は旬の古いものだったので、今は彼のサイズに合いませんでした。
  • 葵は兄が急いで彼⼥のそばを通り過ぎるのを⾒て、彼に声をかけた。
  • 「お兄ちゃん!どこに⾏くの?」
  • 「ハンター協会」
  • 「なんでそこに??」
  • 「彼らに、ハンターであることをあきらめると言います」
  • 「本当に???」
  • 旬は妹の⼤きく開いた⽬を振り返った。
  • 「それと、葵は学校にここに来る許可をもらっているので、今すぐ戻って下さい」
  • 「はぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!?」
  • 葵は、兄の背中が⾒えなくなると、表情がだんだん混乱していった。
  • 協会のスタッフは、再評価テストの結果をもう⼀度確認し、何度も何度も⽬をこすり続けました。
  • 向坂雫が登場してから2年が経った。
  • スタッフは10番⽬の韓国の「測定不能」カテゴリーに到達したハンターを見上げた。
  • 旬の外⾒は貧乏⼈のように惨めに⾒えるが、彼は本物のS級ハンターでした。
  • 「わ・・・私たちが今持っているデバイスではあなたの魔力のエネルギーレベルを測定することができません、水篠ハンター」
  • 「知っています。けれど、再テストを⾏う前に、まず協会会⻑に話をしたいと思います。それでも宜しいですか?」
  • 「き・・・、協会会⻑ですか??」
  • 「はい」
  • 旬はすでに再評価の⼿順を知っていた。
  • 協会のスタッフは、協会会⻑との⾯会を行う為、電話を取りました。
  • 「はい、はい、はい。そのとおりです。彼は間違いなく「測定不能」です。え・・・分かりました。彼にお伝えします」
  • 協会会⻑はこの若い男に会うことに同意しました。
  • 「わ・・・私があなたを協会会⻑の事務所に案内します・・・」
  • 「すでにどこにあるかを知っています。申し出をありがとう、けれど⼤丈夫です」
  • 旬は短い別れを告げ、エレベーターまでまっすぐ歩いた。
  • スタッフは呆然とした表情で旬を見送った。
  • 「どうして部外者が場所を知っているんだ?」
  • チン・・・。
  • 旬はエレベーターから降りるとすぐに、エレベーターに⼊る前に⾒慣れた顔が彼を通り過ぎているのを発⾒した。
  • 旬は振り返ってこの男に話しかけた。
  • 「すみません」
  • 旬が彼を⾒たとき、男は「ドアを開ける」ボタンを押してエレベーターを⽌めた。
  • 「私に話しかけたのですか?」
  • 「あなたは「隠密」スキルを持っているという事実を明らかにしていないですよね?」
  • 監視課部⾨に所属するハンター、道門の表情は⼀瞬にして固まった。
  • 「どうやって・・・?」
  • 「誰かがあなたに、復讐の依頼を出します。私は犯罪者がどうなっても知りませんが、その事件で罪のないハンターが怪我をした場合、あなたは私の⼿で死ぬでしょう。分かりましたか?」
  • 旬は殺意を少しだけ発動し、道門がポケットからある物を取り出そうとした。
  • しかし、そこにはありませんでした。
  • 道門はしばらく困惑した後、最終的に彼のナイフが消えたことに気づきました。
  • 「これをお探しですか?」
  • 旬はさりげなくナイフを上下に投げてから返しました。
  • 道門は、旬がこれまで扱ってきた他のすべてのハンターとはまったく異なるレベルにあることをすぐに認識し、無⾔でナイフを取り戻しました。
  • 「警告は一度だけです」
  • この男が望むなら、自分を簡単に⼩さな断⽚に解剖できることを知っていた道門は、ナイフをポケットに⼊れながらゆっくりと頷いた。
  • そして、旬が振り返って⽴ち去ったとき、道門は質問をした。
  • 「・・・あなたは誰ですか?以前に会ったことがありますか?」
  • 旬はわざわざ返事をせず、静かに協会会⻑室に向かった。
  • 謎の男が去った後、道門は汗をかいた冷たい⼿のひらを⾒下ろし、「ドアを開ける」ボタンから指を離しました。
  • 「・・・幻に魅了されたような気がしますね」
  • 「会⻑・・・」
  • 旬の歩みは⽌まった。
  • まだ⽣きている後藤は、今、椅子に座って書類を調べていた。
  • 旬は扉の近くに⽴ち、懐かしさにあふれた⽬で協会会⻑を⾒つめた。
  • そんな中、後藤は気さくに笑った。
  • 「あなたは⾃信を持って私のドアを開けましたが、少し遠慮が⽋けているようです。中に⼊っても⼤丈夫です、水篠ハンター」
  • 後藤は椅⼦から⽴ち上がって、ソファに座るように勧めながら前に出た。
  • 後藤は旬の反対側のソファに腰を下ろし、若い男に尋ねた。
  • 「座りませんか?」
  • 現在の後藤は彼が初めて会った後藤と重なり、旬の表情は⼀瞬固まった。
  • 旬は落ち着く前に、無表情な顔で1、2秒そこに⽴っていました。
  • 「ありがとうございます。失礼します」
  • 後藤は旬を観察し、最初に話しました。
  • 「再評価テストの直後に私に会いに来たのを⾒て、あなたは「通常の」⼿順について知っていると考えて大丈夫でしょうか?」
  • 「はい、基本的には」
  • 「でしたら、私は単刀直入に問いましょう」
  • 「その前に、まず、協会会⻑と取引したいと思います」
  • 「取引?」
  • 当初、後藤は、最初からS級ハンターになることを知っているかのように振る
    舞っていたこの男にかなり動揺していた。
  • しかし、無謀という名の勇気、若者が持つ優れた武器でした。
  • どういうわけか、後藤は⽬の前にいるこの⻘年に嫌な気持ちがまったく感じなかった。
  • だから、唇に⾃然に浮かぶ笑顔を隠さず、旬の⾔葉に気を配ったのかもしれない。
  • 「水篠ハンター、何が要求したいのですか?」
  • 「ハンターから呼び出され、召喚された魔物も、レイドチームのメンバーとしてカウントされるように、規則を変更してください」
  • 「あなたは私に規制を変えてほしい・・・と。それはかなり難しい要求ですね。私の⼼を揺さぶるほど強⼒な、魅⼒的なオファーをあなたから期待しています」
  • 旬は時間をかけて返事をした。
  • 「私は架南島のすべてのアリを殺します」
  • 現在、旬の軍隊の補充は何よりも優先されていました。
  • そして架南島は、影の兵士に変わる準備ができている最⾼品質のモンスターたちが存在した。
  • この取引が成立すれば、旬は影の兵士のランクを埋めるという問題を解決することができるだけでなく、将来的に使⽤可能なメンバーがいないという頭痛の種からも免れるでしょう。
  • 旬は⺟親を⽬覚めさせる前に、最初にこの仕事を終えたかったのです。
  • しかし、旬が⾔ったことは、後藤の⽿には、⾃殺したいという願望にしか聞こえなかった。
  • 「勇気と無謀を間違えないでください!!」
  • 後藤の反応は完全に予想出来ていた。
  • 旬は冷静さを失うことなく、⾮常に短い間、⾃分の中にある魔力エネルギーをすべて解放しました。
  • 旬の体から広がる底なしの巨⼤な⼒。
  • 真に強い者は、仲間の強い存在を認識することができます。
  • 「空の上の人」と呼ばれる後藤会⻑は、信じられない光景に⾸を横に振った。
  • 「どうやって・・・。どうすれば、こんな・・・。⼀体何ですか・・・これは?」
  • 後藤は⼒強く⾝震いした。
  • 後藤は⽣涯で、他の⼈間から放出されるこの量の魔力エネルギーを感じたことはありませんでした。
  • 国家権力級ハンター?
  • いいえ、この⼒は彼らのレベルをはるかに超えていました。
  • 後藤会⻑は、開いた口を塞ぐことが出来ませんでした。
  • 「架南島のすべてのアリの世話をすることができます」
  • 後藤はかつて、そうすることが彼の⼈⽣の願いであると⾔っていませんでしたか?
  • 旬の顔に毅然とした表情を⾒た後、後藤⾃⾝の表情も⼀気に変わった。
  • 「あなたは・・・本気ですか?」
  • 旬はうなずいた。
  • 「これは私にしかできないことです。どうか、私に任せてください」
  • 旬は、島の端からもう⼀⽅の端まで散らばっているアリの死体をじっくりと⾒
    つめました。
  • そして旬は、ベル、いや、アリの王の死体が静かに休んでいるところを発見した。
  • 出会ってからの期間はそれほど長くないが、旬はベルの声が早く聞きたかった。
  • 旬はすぐにアリに向かって叫びました。
  • 「起きろ」
  • 影の抽出は旬が⾒ることができるすべてのアリの影から⽴ち上がった。
  • ベルもその中にいました。
  • 「ああ、我が王・・・」
  • 旬は数千匹のアリが彼の周りにひざまずいているのを⾒て、ゆっくりと頭を頷いた。
  • 新しい軍隊がここに誕生した。
  • 新たな影の兵士は、想像できる最も完璧な状態から始まり、新しいマスターへの忠誠を誓いました。
  • しかし・・・。
  • 新たな兵⼠と話した後、旬はそれを確信しました。
  • 「・・・もうやめましょう」
  • 新たな影の兵士が誕生したにも関わらず、旬の⼼には埋め戻すことの出来ない大きな⽳がありました。
  • ベルは⼼配そうに⾒上げたが、旬はその表現や感情さえもすべて嘘だと知っていた。
  • 「私はこれがすべて幻想であることを知っています!この幻想を⽌めて、正体を明らかにしてください!!」
  • この幻想は信じられないほどリアルでした。
  • そのため、旬はこの幻想を本当の現実にしたいと⼼から望んでいた瞬間がありました。
  • しかし、旬はこの幻想の中で過ごす時間が⻑くなるほど、ますます⼤きくなる彼の⼼の空虚さを隠すことが出来ませんでした。
  • だから・・・。
  • 「早く!!」
  • 旬が上空の空に⼤声で吠えると、ついに変化が起こった。
  • 時が凍りついた。
  • すべてのアリの兵⼠の視線は旬に向かった。
  • 旬はそれらすべての機械的な視線を受けて、鳥肌が出るのを感じた。
  • その時でした。
  • 旬の⾜元には、真っ⿊な影である君主の領域が急速に広がっていきました。
  • その影に触れたものはすべて例外なく消えました。
  • ベル、兵⼠、死体、地⾯、海、そして最後に空そのものまで。
  • すぐに、「世界」全体が影に沈むようになりました。
  • いいや、代わりにすべてが暗闇に変わりました。
  • その時、暗闇の中から、重い声が旬に届きました。
  • [あなたが望む限り、あなたはこの世界に永遠に住むことができます。それはあなたが最も素晴らしい夢から決して⽬覚めないのと同じでしょう]
  • 旬は未知の⽅向からの声を探して返事をした。
  • 「あなたが作った幻想の中に、私にずっと過ごせと言うのですか?」
  • [いいえ。私はこの世界を作っていません。あなたがこの世界を作ったのです]
  • 「私がこの世界を作った!?」
  • 旬は「あり得ない!」と返事をしようとした。
  • しかし、何かが旬に近づくのを感じました。
  • それは旬の背後でした。
  • 旬はすぐに振り返った。
  • 案の定、誰かが不可解な暗闇の中から近づいてきました。
  • その姿は、他の影の兵士が匹敵することさえ出来ない⿊い鎧で形成されていました。
  • そして旬は、旬がこれまで出会った⽣き物が持っていない、圧倒的なプレッシャーを感じた。
  • [この世界は、これまでに犯したすべての間違いを直したいというあなたの願望が私⾃⾝の⼒と組み合わさり作られました。この場所は死の世界です。つまり、これは私の本当の領域です]
  • その時、旬はついに気づきました。
  • 旬が⽴っていたこの暗い世界が、ずっと彼を優しく、そして魅⼒的に抱きしめていたことに気づきました。
  • 「これは永遠の休息・・・、そうですか・・・」
  • 死。
  • もしそうならば、この世界の真実を表したこの男は、・・・でなければなりませんでした。
  • 旬は男の⼝から直接答えを聞きたくて質問した。
  • 「ではあなたは・・・?」
  • ⿊い鎧を着た男はゆっくりと旬に近づいた。
  • [私はあなたが想像するよりはるかに⻑い間あなたを⾒てきました。いつも死に近づいていたあなたは、いつもそれに対して激しく抵抗していました]
  • 「あなたは・・・私を⾒てた?」
  • ついに、男は旬の目の前に⽴ち、すべてを吸い込む⿊い⽬で⾒つめてきました。
  • [私はあなたの苦戦の記録です。私はあなたの抵抗の証拠です。私はあなたの痛みの報酬です。私は死であり、永遠の休息であり、そして私は「恐怖」でもあります]
  • 男が話したすべての⾔葉は、旬の魂の中で重く響き渡った。
  • 騎士は⼿を伸ばして旬の⼿をつかみ、⾃分の鎧の胸に置いた。
  • その時、旬は驚愕した。
  • 旬は厚い⾦属の装甲板を超えて「それ」を感じることができました。
  • どうして旬は「それ」を認識できなかったのでしょうか?
  • 少し集中すれば、いつも⽿にする激しい⼼臓の鼓動を認識出来たはず。
  • どこから⿎動しているのか⾒当がつかない第⼆の⼼臓の⾳をどうして認識できなかったのでしょうか。
  • それは「黒い心臓」でした。
  • 黒い心臓は、目の前の騎士の胸の中で⼒強く⿎動していました。
  • [わたしは・・・]
  • その姿は静かに彼の⾔葉を終えた。
  • [・・・あなたは]