俺レベ 翻訳

俺だけレベルアップな件【219話】シーズン2の翻訳ネタバレ&感想

こんにちは、ちゃむです。

シーズン2の韓国小説の翻訳をしています。

ちなみに購入先は、RIDIBOOKSという韓国サイトで全14巻を購入しました。

一巻2,880ウォンで約280円とお手頃価格でしたので、まとめて購入しました(笑)

ちなみに韓国語は殆ど無知です。知り合いに韓国語を勉強していた方がいたので、協力してもらいながら勉強をしています♪

シーズン2の再開も楽しみですので、内容は省略している所も多いです。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

原作小説は完結している為、漫画のネタバレを読みたくない方はブラウザバックを推奨しております。

 

 

 

 

 

 

219話 翻訳

「私はあなたです」という⾔葉。

黒い心臓に触れていたので、旬はその⾔葉の意味を理解できた。

旬は右を向いた。

突然、数⼗もの木が⽴ち上がって、天空を突き刺しました。

旬は次に反対側を⾒ました。

旬の頭が左を向いたとき、列⾞が遠くの暗闇から現れ、瞬く間に彼の位置を通
り過ぎていった。

旬が見たいものは、どこからともなく現れた。

⾔い換えれば、何もないところから、何かが⽣まれたのです。

[そのとおりです]

影の君主は旬に話しかけた。

[私の領⼟内では、あなたはあなたが望むことを何でもすることができます]

「私があなたと同じ⼒を持っているからですか?」

影の君主はうなずいた。

影の君主の視線は旬が作った巨⼤な木に移った。

⼀瞬にして、⽊のサイズが⼩さくなり、どこにでも⾒られる⼩さな花に変わりました。

世界を創造し、変えるこの⼒は影の君主の領域に限定されていましたが、旬は
それでも賞賛のため息を吐きました。

この全能の⼒は旬にも使えた。

旬は⽬を少し閉じ、⾜元に花畑が咲かせ、それは四⽅⼋⽅に広がった。

その花は影の君主が⽊を変えて作った花と同じ種類の花でした。

旬は花畑を⾒ながら、影の君主の満⾜感を感じることができた。

  • [この瞬間、あなたとの出会いをとても⻑い間楽しみにしていました]
  • 影の君主は⾃⼰紹介しました。
  • [私は影の君主です。私は死者の王であり、死の⼒の⽀配者であり、闇の最も深い部分の管理者です]
  • 影の君主からは、威厳のある素晴らしい存在感が漂っていた。
  • しかし、旬は⽬の前に⽣き物を震え上がらせる真の死があったとしても、怖くはありませんでした。
  • それが水篠旬という人間でした。
  • 旬は⾃分の別のバージョンに会った今、自身の感情がより⾼く舞い上がるのを感じました。
  • やっと。
  • やっと旬は、システムが彼の⼈⽣の⼀部になったときから、ずっと頭に残っている1つの質問をすることができました。
  • 「なぜ・・・私が選ばれたのですか?」
  • なぜシステムは旬を「プレイヤー」として選んだのだろうか?
  • あの⽇、旬がなんとか二重ダンジョンを⽣き延びたからでしょうか?
  • いいや、恐らく違うはず。
  • 旬は別の理由がなければならないと信じていました。
  • [お⾒せします]
  • 影の君主はゆっくりと⼿を旬の額に向けて伸ばした。
  • ⼈差し指が旬に触れた瞬間、世界全体が変わりました。
  • [これが私たちの始まりと終わりです。そして、あなたの始まりです]
  • 歴史上、多くの国の多くの⼈々が同時に叫んだ瞬間があったでしょうか。
  • モンスターの短剣が水篠ハンターの胸を突き刺したその残酷な瞬間に、⼈々は頭を抱えたり、叫んだりしました。
  • 叫び声の後に彼らを迎えたのは、鋼鉄の塊と同じくらい重い沈黙でした。
  • 水篠ハンターが無⼒に地⾯に崩れ落ちるのを⾒て、悲しみに打ちひしがれたあえぎがみんなの唇から出ました。
  • 「ああ・・・」
  • それは国家権力級ハンター、トーマス・アンドレでした。
  • そして今、水篠ハンターも倒れた。
  • 他に誰が残されているだろうか?
  • いいえ、誰もいませんでした。
  • これらの怪物を⽌める者が他にいないことを⼗分に理解し、⼈々の表情は⽯のように固まり始めました。
  • そして、しばらくして。
  • 「え?何が起こっている!?」
  • カメラマンがパニックで叫んだ直後、中継さえも遮断されました。
  • ソウルの空に浮かぶ超巨⼤なゲート、そしてどこからともなく現れたモンスターが世界のトップハンターを殺害し続けた。
  • 世界中の視聴者は、「世界の終わりの到来を⾒ているのか」という考えを消すことができませんでした。
  • 衝撃と混乱の真っ只中で、⻑い間中継が遮断されていたにもかかわらず、⼈々は画⾯から離れることができませんでした。
  • 煙が出た撮影ヘリコプターが墜落した。
  • 氷の君主は厄介な⾶⾏装置を破壊することに成功しました。
  • その視線は次に旬に移った。
  • アイスエルフの氷に覆われた唇が上下に揺れ、旬の状態を知らせた。
  • [彼の⼈⽣は終わりました]
  • 獣の君主の⽬と⽿は彼の獲物の死を確認しました。
  • 対象からの⽣命の兆しはまったく感じられませんでした。
  • 彼らは、最も強⼒な君主の1⼈が、彼らの計画に歓迎されていない変化に変わるのを阻⽌することに成功しました。
  • 彼らの⽬は、勝利の興奮の中で泳いでいました。
  • しかし、これで彼らの仕事は終わりではありませんでした。
  • 2⼈の君主は頭を上げ、彼らの視線はトーマス・アンドレに固定された。
  • レナートは彼らの視線を感知した後、思わず怯んだ。
  • 「くそ・・・」
  • 獣のような⼈型⽣物をかわそうとしただけで命を落とす覚悟が必要だったが、今では獣と同じレベルのアイスエルフもいる・・・。
  • 「水篠ハンターはどうやって彼らと戦ったのか・・・?」
  • レナートの⼼拍数はどんどん速くなった。
  • それでも、レナートは2つのモンスターに対して1秒でも抵抗できる唯⼀のハンターでした。
  • レナートは深呼吸した。
  • 「水篠ハンターの存在がちょうど今消えました。何が起こっているのか教えてくれませんか?」
  • トーマス・アンドレの傷はまだ半分も治っていなかったが、彼は質問を投げかけました。
  • 「彼は・・・」
  • その時でした。
  • レナートの⽅向にのんびりと歩いている2⼈の君主は、同時に後方を⾒ました。
  • [・・・!!]
  • [・・・!!]
  • その時、不可能なことが起こった。
  • ⼼臓が破壊されていることが確認された⼈間の体から、激しい⿎動が聞こえてきました。
  • しかし、どうやって?
  • どうしてそんなことができるのでしょうか?
  • 2⼈の君主は互いに信じられないという視線を交わしました。
  • そして、最悪の可能性が頭に浮かんだ。
  • 彼らはこれまでこの重要な事実を⾒落としていました。
  • [まさか・・・?]
  • 2⼈の君主は、⼈間の宿主を殺すことによって、内部の影の兵士も消滅させることができると考えました。
  • しかし、今回の対戦相⼿は死者の王でした。
  • 誰も関係なくすべての⼈を平等に扱うことになっている死が、同じように旬に適⽤されるという保証はありませんでした。
  • ⼀⼈の終わりは、他の誰かの始まりにもなり得ます。
  • [いいえ・・・!そんな事は起こさせません!!]
  • 彼らはどうしてもこれを⽌めなければなりませんでした。
  • 彼らはこの偽の死によって、真の君主の降臨を⽌めなければなりませんでした。
  • 彼らがほとんど本能的に反応する前に、彼らの表情は完全に⻘ざめた。
  • 2⼈の君主が即座に旬までの距離を縮め、⻑い⽖と氷の槍を向けた。
  • 影の君主の降臨の道具として機能する体を完全に破壊するために、彼らは魔力エネルギー全体を武器に注ぎ込みました。
  • しかし・・・。
  • 「隠密」に隠された⼈物が彼らの前に軽く着地し、彼の短剣が⽖と氷の槍をブロックしました。
  • 影の君主はまだ意識を取り戻していませんでした。
  • だとしたら、これは誰でしょうか?
  • [・・・??]
  • 彼らの全力の攻撃が防御された後、2⼈の君主はショックを隠すことができませんでした。
  • 短剣の所有者は隠密を解除し、正体を明らかにしました。
  • それはフードをまとった姿でした。
  • 純粋な⾦⾊の光の中でキラリと光る⼀対の⽬が、フードの下から君主を睨みつけていました。
  • 「ここからは、誰もこの者に触れてはならない」
  • 別世界で。
  • 光と闇は、何も存在しなかった時代に存在していました。
  • 神は光を分割し、神の使者を創造しました。
  • 神は闇を分割し、8つの君主を創造しました。
  • 彼らの誕⽣の際に出された命令は、世界を破壊するために⽣まれた君主と世界を維持するために⽣まれた神の使者は、何度も何度もお互いの兵⼠を殺し始めました。
  • ⻑い戦争の終わりに。
  • 絶え間ない終わりのない戦争に疲れて、最も明るい光の断⽚は神に尋ねました。
  • 「ああ、私たちの絶対⽀配者」
  • なぜあなたはあなたの名誉で戦うあなたの最も忠実なしもべを助けないのですか?
  • なぜあなたはしもべの痛みを無視するのですか?
  • 数え切れないほどの兵⼠があなたの名誉のために死ぬという叫び声を本当に聞いていないのですか?
  • どうか私たちを助けてください。
  • 敵を消す⼒を貸してください。
  • 私たちは彼らの頭を切り落とし、あなたの栄光への賛辞として彼らを倒します。
  • しかし、神は断片に何も言いませんでした。
  • その瞬間、断片は確信した。
  • それは断片と君主の戦いは、神の娯楽の一つに過ぎませんでした。
  • そして、彼らの⽀配者は戦いが終わることを望んでいませんでした。
  • 神が存在し続ける限り戦争は決して終わらないことを知り、断⽚は絶望に陥りました。
  • 彼らが感じた絶望は怒りに変わり、怒りはすぐに憎しみに変わりました。
  • この無意味な戦争を終わらせるために、彼らは彼らの刃を磨いた。
  • それが反逆の始まりでした。
  • 旬は宇宙そのものにまたがる兵⼠たちの果てしない⾏進を⽬撃した。
  • 「何てことだ・・・」
  • しかし、突然遠くから兵⼠の軍隊が現れ、断片の⾏進を妨害した。
  • 旬の隣の影の君主は、軍隊の前に⽴つ、6つの翼を持つ断片を指さしました。
  • [それは遠い過去の私でした]
  • 彼は反乱に⽴ち向かった唯⼀の神の使者でした。
  • しかし、結局、彼が率いた哀れな兵⼠たちは、断片の統⼀軍の前に無⼒に落ちました。
  • 光の断⽚は、最後まで神への絶対的な忠誠⼼を失うことはありませんでした。
  • 彼は勇敢な部下が敵に殺されるのを⾒て死んだ。
  • 彼はこれで終わりだと思った。
  • しかし、暗闇の中で⽬を再び開いたとき、彼は神が彼の中に特別な⼒を隠していたことに気づきました。
  • すべてがうまくいかなかったとき、その不測の事態のために、神は、その最も忠実な奴隷の中に、すべてを終わらせることができる凶暴な⼒を隠していました。
  • そして、この果てしない闇の深淵の中に浮かんでいると、死の君主は自身の⼒に⽬を向けました。
  • 彼は残りの翼の痕跡を引きちぎり、周囲の暗闇から新しい鎧を作り上げました。
  • [ガァー!!]
  • 深淵の中で眠っている魂はその呼びかけを聞き、彼らの新しい君主への永遠の忠誠を誓った。
  • 彼は新たな軍隊を率いて戻ってきました。
  • しかし、彼が戻ってきたとき、すべてはすでに終わっていました。
  • 残りの断⽚は神を殺し、彼ら⾃⾝を新しい神と呼び、「⽀配者」の地位を引き継いでいました。
  • そして、神の⼒を含むさまざまな手段を使⽤して、彼らは君主を追い詰めました。
  • 始まりの君主である巨⼈の王が捕らえられたとき、両者のバランスが崩れ、残りの君主は状況の深刻さに気づきました。
  • 影の君主が彼らに⼿を差し伸べたのはその瞬間でした。
  • 彼らの共通の敵と戦うために、すべての君主は彼らの⼒を結合しました。
  • こうして、7⼈の「⽀配者」と9⼈の「君主」の間の戦争は永遠に続いた。
  • しかし、戦争が⻑く続くほど、影の君主の軍隊は⼤きくなりました。
  • 時間は彼の味⽅でした。
  • 彼の輝かしい業績のおかげで、この⻑く⻑い戦争の勝利者は君主側であるかのように⾒えました。
  • しかし、誰もが知らないうちに、破壊の君主「龍帝」が率いる破壊軍に匹敵するように成⻑したのは、影の軍の⼒を恐れる⽀配者だけではありませんでした。
  • 2⼈の君主は影の君主を恐れていました。
  • それらの2つは悪魔の君主と獣の君主でした。
  • 彼らは、戦争が終わりに近づいたちょうどその時、影の君主を奇襲する事を決めました。
  • 旬が二重ダンジョンの「保存されたデータ」内で⾒た映像を再び⽬撃したのはこの時点でした。
  • 悪魔と獣の軍隊は⽀配者の軍隊と⼿を組み、影の君主と彼の軍隊を襲った。
  • そしてその結果、彼はほぼ全滅に追いやられました。
  • しかし、その後、獣の君主は、⾃分の兵⼠を捨てながら、⾃分の命を救うために逃げました。
  • その間、悪魔の君主、バランは、最終的な代価を⽀払わなければなりませんでした。
  • 死にゆくバランの⾔葉を聞いたとき、旬の⽬は当時とても激しく揺れていました。
  • バランの頭上に、6つの翼を持つ4⼈の天使がゆっくりと空から降りてきました。
  • 以前は、ここで、旬が⾒た「データ」の映像は終わっていた。
  • 4⼈の⽀配者はすぐに影の君主を取り囲みました。
  • 影の君主はもはや彼⾃⾝の影の兵士を指揮するのに⼗分な⼒を持っていませんでした。
  • 影の君主は、この戦いの必然的な結果がどうなるかを理解し、剣を地⾯に捨てた。
  • 旬は乾いた唾液を飲み込み、影の君主の終焉の瞬間に注意を払いました。
  • しかしその後・・・。
  • ⽀配者たちは影の君主の前にひざまずき始めました。
  • そしてしばらくして、ひざまずいた天使が声を上げた。
  • [どうか、私たちを許してください、ああ・・・、光の最⼤の断⽚]

要約

支配者と君主の関係

  1. 宇宙の神が光と闇を生み出した。
  2. 光側→神の死者 闇側→8つの君主
  3. 光と闇の戦争が続く。
  4. 光が神に戦争を止めてくれるように願う。
  5. 光と闇の戦争は、神の暇つぶしの遊びだった。
  6. 光は神に反乱する。
  7. 影の君主は、元々、光の使者だった。
  8. 影の君主は、光の死者の中で唯一、神を裏切らなかった。
  9. 立ち向かった影の君主は敗北したが、闇の力を手にして君主となった。
  10. しかし、神は既に滅ぼされており、光の使者は自分たちを「支配者」と呼ぶようになった。
  11. 7人の「支配者」と9人の「君主」が誕生した。