俺レベ 翻訳

俺だけレベルアップな件【226話】シーズン2の翻訳ネタバレ&感想

こんにちは、ちゃむです。

シーズン2の韓国小説の翻訳をしています。

ちなみに購入先は、RIDIBOOKSという韓国サイトで全14巻を購入しました。

一巻2,880ウォンで約280円とお手頃価格でしたので、まとめて購入しました(笑)

ちなみに韓国語は殆ど無知です。知り合いに韓国語を勉強していた方がいたので、協力してもらいながら勉強をしています♪

シーズン2の再開も楽しみですので、内容は省略している所も多いです。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

原作小説は完結している為、漫画のネタバレを読みたくない方はブラウザバックを推奨しております。

 

 

 

 

 

 

226話 翻訳

  • 夜明け、誰もが深い眠りについた時間。
  • 旬は、日本の⽴ち⼊り禁⽌区域として指定されている森にいた。
  • しかし、旬はレベルを上げたり、星空を見にきたわけではなかった。
  • それでも、夜空を⾒たとき、向坂 雫の顔を⾃然に思い出しました。
  • 旬は家族に元気な姿を見せた後、雫を迎えに行く為に、日本に戻ってきた。
  • 雫は、旬と一緒に朝食を取る直前に、旬が急にいなくなった理由をもちろん知っていました。
  • 旬が急いでソウルに戻らなかったらどうなるか、雫は誰よりも理解していた。
  • しかし、不安な表情を我慢していた雫の表情は、なぜか旬の頭から離れなかった。
  • 旬:「・・・始めましょう」
  • 旬は周囲を⾒回した。
  • 以前と同じように、⽣きている魂が⼀⼈もいない森の静けさが旬を迎えました。
  • この場所で、旬はしなければならないことがありました。
  • 旬は広いスペースを探しました。
  • 旬は次に影の兵士の⼀部を召喚しました。
  • 旬:「出てこい」
  • 旬の影が⼤きく広がり、兵⼠たちが地⾯から現れた。
  • 彼らは旬の軍隊への新たな兵士たちでした。
  • 旬は、さまざまな感情の塊を味わいました。
  • 彼は、昨⽇、初めて⾃分のルールを破ることになりました。
  • それは彼が最初から忠実に守っていたルールです。
  • 新しい兵⼠たちは、昨⽇までは一般人とハンターたちでした。
  • いいえ、彼らは君主たちによって殺害された犠牲者でした。
  • 理不尽にに殺された一般人と、彼らを救おうとしたハンターから作られた何百⼈もの兵⼠は、彼らの新しい主⼈の前に⽴っていました。
  • 旬は無実の魂を、影の兵士として決して使⽤しないという彼⾃⾝のルールを破った。
  • そして旬がこの場所を訪れた理由は、彼らの協⼒を求めたかったからです。
  • 旬:「この戦争が終わるまで、皆さん、私にあなた方の力を貸してください」
  • 彼らの家族、彼らの恋⼈、彼らの友⼈と彼らの知り合いを、地球を侵略する怪物たちから守るために。
  • 旬:「戦いが終わったら、あなた方を永遠の休息に戻すことを約束します」
  • 彼らは影の君主の能⼒を通して、絶対的な忠誠⼼を誓うことを余儀なくされた死者でしたが、それでも彼らは自己を持っていました。
  • 旬の誠実な⼼と願いが⼀⼈⼀⼈に伝わった。
  • 夜明けの闇に覆われた兜の下の彼らの⽬は、憎しみの炎を含み、このように彼らを作った人類の敵に向かって怒りました。
  • そして、彼らは気づきました。
  • 彼らは今、⾃⾝の⼿で人類の敵に復讐をする機会を与えられた事を。
  • そして、彼らにこの機会を与えたのは、目の前に⽴っている影の君主でした。
  • 旬:「共に戦いましょう!私たちは、怪物たちが私たちの⼟地と、私たちの家族を破壊して略奪することを決して許しはしません!!」
  • 影の君主が強くなればなるほど、影の兵士の能⼒が⼤幅に向上します。
  • システムを通じて影の君主の⼒を借りていた過去とは異なり、旬は完全に、その力を継承した。
  • その為、旬が生み出した影の兵士は、元が一般人だったとしても決して弱くはなかった。
  • 旬は彼らに、もう一度伝えました。
  • 旬:「あなた方の⼒を貸してください」
  • 彼らの君主は願った、そして、影の兵士はすぐに返事をしました。
  • 彼らは拳を⾼く上げ、⼝を開けると、死の叫び声のような恐ろしい轟⾳を爆発させた。
  • Wuuuaaaaahhhh-!!!
  • 咆哮は最前列から始まり、潮の満ち引きのように徐々に後⽅に移動し、やがて召喚された影の兵士全員が空に向かって叫んだ。
  • うああ-!!!
  • 彼らの恨みに満ちた悲鳴は、地球⾃体を揺さぶるようでした。
  • これで、死の軍隊は戦う準備を終えました。
  • その光景を目にした旬の⽬は、冷たく殺⼈的な眩しさを放ちました。
  • 必ず。
  • 旬は、必ず君主たちに、自分たちを怒らせた代償を払わせると誓った。
  • 憎しみに満ちた兵⼠たちの咆哮は、その後も⻑い間響き渡り続けました。
  • 超巨⼤ゲートがダンジョンブレイクする前⽇。
  • システムが消滅してから2⽇が経ちました。
  • 旬はデイリークエストがないことに慣れてきました。
  • システムによる制限がなくなって以来、彼にとって多くのことが便利になりましたが、逆に、苦労する事もありました。
  • その1つが「ストア」でした。
  • 旬は「インベントリ」に保管されていた、癒しのポーションのボトルを召喚し、じっと見つめていました。
  • 旬:「・・・」
  • ストアで販売していたすべてのアイテムは、実は、影の君主の⼒から作成されていました。
  • アイテムはマナを使って作成することが出来ます。
  • 本来なら、影の君主の⼒を受け継いだ旬は、同じ種類のアイテムを作れる可能性があるのですが・・・。
  • 旬は静かに⽬を閉じ、頭の中で、癒しのポーションを想像しました。
  • 集中すると、旬はマナの動きを感じることが出来ました。
  • 「集中・・・、集中して・・・」
  • しかし、激しく動き回るマナは、空中に散らばり凝固することができませんでした。
  • それは失敗を意味していました。
  • 旬はため息を吐き、再び⽬を開けた。
  • 今のところ、魔力から何かを作成する事は、旬にはハードルが高かった。
  • 旬:「もう少し練習する必要があるな・・・」
  • その時でした。
  • 机の上に置いたスマートフォンが振動し、「du-du-du」という⾳がした。
  • 犬飼:「水篠ハンター、犬飼です」
  • 旬:「こんにちは。どういったご⽤件ですか?」
  • 旬はベッドに腰を下ろし、電話に出た。
  • 犬飼の声は、電話越しでも分かるくらいに疲れていた。
  • 恐らく、次々と起こった⼤規模な事件のおかげで、昼夜を問わず働いていたに違いありません。
  • 犬飼「すみません、水篠ハンター・・・。もし問題がなければ、今日協会に来てください」
  • ダンジョンブレイクの推定時間まで間も無くだった。
  • ハンター協会は、旬からアドバイスをもらいたいと思っていました。
  • 旬は、特に予定が何もなかったので、ためらうことなくそれに同意した。
  • 旬:「分かりました。今から向かいます」
  • 旬は通話を終了し、出発する準備をしました。
  • しかし、イグリットが突然、旬に話しかけました。
  • イグリット:[王よ]
  • 旬:「んん??」
  • 旬はまだイグリットの声に慣れていなかった。
  • それでも、彼は⿊騎⼠のトレードマークである重くて礼儀正しい⼝調に、耳を傾けました。
  • イグリット:[私はあなたに話したいことがあります]
  • 翌⽇。
  • 世界中のすべてのテレビ局は、ソウルの状況を⽣放送するため、他の番組を停⽌しました。
  • ⼀部の放送局では、通常のニュース形式で展開された状況を放送することを選択しました。
  • しかし、殆どの放送局は、この分野の専⾨家を招待して意⾒を求めました。
  • アメリカで最⼤の放送局の1つである「ハンターチャンネル」は、専⾨家を招待しました。
  • 放送はすぐに始まりました。
  • 専⾨家の1⼈は、ゲート下の地上を完全に埋め尽くしているハンターを⾒て、はっきりとした口調で話しました。
  • 専門家:「さまざまな国から多くのハンターが⼀か所に集まりましたが、この状況は何年振りか知っていますか?」
  • 司会者は微笑んで答えた。
  • 司会者:「分かりません・・・。国籍の異なるギルドが⼒を合わせてレイドを⾏うことは珍しくないので、それほど昔ではないと思います」
  • 専⾨家は⾸を横に振った。
  • 専門家:「8年以上前です。そして今、9年⽬が近づいています」
  • 8年。
  • 放送を⾒ている⼈は皆、その⾔葉を聞いて、当時⼈類を恐怖に陥れた巨⼤な怪物をすぐに思い出しました。
  • それは、司会者も例外ではありませんでした。
  • 司会者:「8年・・・。つまり、この光景は「カミッシュ」襲撃以来初めてだという事ですか?」
  • 専門家:「その通りです。カミッシュ襲撃後、5カ国以上のハンターが集まったのはこれが初めてです」
  • 当時、世界中からトップハンターがアメリカ合衆国を⽀援するために⽴ち上がった。
  • しかし、数百⼈の参加者のうち、5⼈だけが⽣き残り、残りのハンターは全滅した。
  • その後、生き残った彼らは「国家権力級」のハンターになりました。
  • トップハンターを失ったすべての国にとって、その⽇の損失は信じられないほど耐え難いものでした。
  • 専門家:「その⽇以来、すべての国は他の国の問題に⼲渉することを控えました」
  • それは当然の結果でした。
  • 誰も、⾃国のハンターが他の国のために命を失うのを⾒たいとは思わなかったでしょう。
  • 様々な国のギルドが、相互利益のために⼿を組むことはめったにありませんでした。
  • 他の国を⽀援するために⼤規模に集まったこの状況は、⾮常に珍しい事です。
  • 司会者:「その場合、水篠ハンターが、カミッシュの戦いで引き裂かれた世界のハンターを集めたと言っても間違いないのでしょうか?」
  • 専門家:「その通りです」
  • 専⾨家は最初に深呼吸をしてから話を続けました。
  • 専門家:「水篠ハンターが、⽇本のダンジョンブレイク解決することから、全ては始まりました」
  • 両国の間に歴史的な亀裂があり、⽇本協会が作り上げた卑劣な計画があったとしても、韓国のハンターは隣国を助けました。
  • 専門家:「おそらく、⽇本⼈が水篠ハンターに対して感じるすべての感謝と称賛は、単なる⾔葉では⾔い表せないでしょう」
  • ⽇本は旬の援助のおかげで危機を乗り切ることができました。
  • その結果、⾃国のハンターを守るために、他国の問題に⼲渉しないという不⽂律が初めて破られました。
  • そして数⽇前・・・。
  • 専門家:「ハンター・トーマス・アンドレが倒れるシーンを⾒ていた⼈は皆、それを感じたに違いありません」
  • 専門家:「そして水篠ハンターは、全ハンターに答えが何であるかを⽰しました」
  • 専門家:「もし、水篠ハンターが倒れたら、誰が災難を⾷い⽌めることができるでしょうか?」
  • 司会者はその質問に答えることができなかった。
  • 代わりに、専⾨家が答えました。
  • 専門家:「誰もいません。⾔い換えれば、水篠ハンターが最終ラインです。彼が倒れたら、すべてが終わります」
  • その時、ソウルの上空に浮かぶ超巨⼤なゲートは韓国の問題だと思っていた多くの国々がすぐに気づきました。
  • 水篠ハンターがそのゲートを⽌めることができなかったとしたら、次は北朝鮮、次に中国かロシア、そして最終的には世界の他の国々になるでしょう。
  • 今、超巨⼤なゲートは全世界の共通の敵になりました。
  • 専⾨家は、説明の続きを話そうとした瞬間・・・。
  • 司会者:「ああ!ほら、今!!」
  • 司会者は専⾨家の話を注意深く聞いていたが、現場の中継を⾒て、席から⾶び上がった。
  • 専⾨家の視線も映像に移りました。
  • 中継映像には、巨⼤なゲートが⼤きく開いている様⼦が映し出されています。
  • 専門家:「何てことだ・・・」
  • スタジオ内にいる全員が、想像をはるかに超えた映像から目を離せなかった。
  • 空気が震え始めた。
  • ゲートのすぐ下の場所を取り巻く何万⼈ものハンターが息を⽌めて待っていた。
  • これは人々の記憶に残る光景でした。
  • 近距離タイプのハンターは静かに順番を待ち、⻑距離で攻撃できるハンターはすぐに先制攻撃を仕掛ける準備をしました。
  • 魔力エネルギーを積んだ⽮と、唱える準備ができている様々な呪⽂が空に向けられました。
  • 緊張感が雰囲気を満たしていました。
  • そして・・・これらのハンターの視線がゲートを睨むのを止めて、地⾯に下がるときはいつでも、彼らは必ず⼀箇所を⾒ました。
  • それは旬の背中です。最前線に⽴つ旬は、陰鬱な表情で空を睨みつけていた。
  • それは旬の背中です。
  • 最前線に⽴つ旬は、陰鬱な表情で空を睨みつけていた。
  • 1秒ごとに、ダンジョンブレイクが近づいてきました。
  • Ba-thump、ba-thump、ba-thump。
  • 旬の黒い心臓は、胸の中で⼒強く脈動していた。
  • もちろん、他のハンターの心臓も落ち着きなくドキドキしていました。
  • それはすべてを圧迫しているように⾒える緊張のせいでした。
  • しかし、旬が今感じていた感情は、彼らの感情とはかなり異なっていた。
  • 彼は落ち着きを失わないように最善を尽くし、最後の1時間が近づくのを待ちました。
  • 旬の隣に⽴っていた雫は、彼の表情を⾒て、彼にささやきました。
  • 雫:「こんなに緊張しているのを⾒たのは初めてです、旬さん」
  • 旬:「本当?」
  • 旬はにっこり笑って、自分は平気だと彼⼥に知らせた。
  • 雫も返事として微笑みを浮かべ、ゲートを振り返った。
  • 雫も⽣死の戦いの始まりがここにあると感じていました。
  • 旬:「すぐに・・・」
  • しかし、雫の考えは間違っていました。
  • 旬は胸に⼿を置き、静かに⽬を閉じた。
  • 旬は⼼臓のドキドキを感じた。
  • 旬の胸に湧き出る感情は緊張でも恐怖でもありませんでした。
  • 旬は、興奮していました。
  • ハンター:「奴らが出てくる!!」
  • ハンター:「ゲートが開かれた!!」
  • ついにゲートが開き始めた。
  • この世界とゲートを隔てる壁が消え、そこにとどまっている特定の「もの」が果てしなく流れ出し始めました。
  • そのの⽣き物たちは、あっという間に空を完全に消し去りました。
  • ハンターたちは、少なくとも10万を超えると思われる⽣き物の数に完全に唖然としました。
  • ハンター:「どうして・・・こんなに多くのモンスターが・・・同時に・・・出てこれるんだ!?」
  • ハンター:「あまりにも・・・、多すぎます!!!」
  • あちこちから絶望のあえぎと悲鳴が爆発した。
  • それらはすべて⾮常にゆっくりと地⾯に着陸しようとしていた。
  • ハンター:「攻撃!急いで、攻撃して!!」
  • ハンター:「みんな、攻撃開始!!」
  • それらのものが地⾯に着陸する前に、彼らは少しでも数を減らすように考えた。
  • ハンターはチャンスが今しかないと感じて、攻撃を開始しようとした。
  • ⼿から明るく輝く魔法の呪⽂と、空を狙った弦はすべてぴんと張られていた。
  • タンカーは、あごのすぐ近くでシールドを上げて、降下するものとの近接戦闘の準備をしました。
  • しかし、ハンターたちの集中した⽕⼒が注ぎ出される前に、旬は⼤声で叫ん
    だ。
  • 旬:[誰も動くな!!]
  • マナを込めた旬の意志は、韓国語をまったく知らないハンターにもはっきりと伝わった。
  • そして彼らは、攻撃を止めた。
  • ハンター:「何故??」
  • ハンター:「なぜ水篠ハンターは私たちの攻撃を⽌めたのですか??」
  • 何万⼈ものハンターが「理解不能」と叫んだ⽬で旬を⾒つめていました。
  • 旬は同じ言葉を、何度も繰り返した。
  • 旬:[みなさん、動かないでください]
  • 遠くから⾒守っていた犬飼は、額の汗を拭き取った。
  • ハンターたちが今攻撃しなければ、それらの⽣き物は安全に地⾯に着陸するでしょう。
  • そのような状況で戦闘が勃発すると、前のハンターが後ろから発砲された攻撃に巻き込まれる可能性があります。
  • ハンター協会で働いている部下の⼀⼈が犬飼に近づき、⼼配そうな表情で上司を⾒ました。
  • 部下:「会⻑・・・」
  • 今こそ決断する時でした。
  • 犬飼の頭は、攻撃を開始するための⾔葉を送るように願ったが、犬飼は旬を信頼することに決めた。
  • 犬飼:「みんな、攻撃しないで!」
  • 犬飼:「攻撃しないでください!!」
  • 犬飼はハンターたちの指揮を担当した。
  • 犬飼が攻撃しないように彼らに⾔い始めたとき、彼らは理解することが出来なかった。
  • ハンター:「彼らは今何を考えているのですか?」
  • ハンター:「遠距離攻撃でそれらを攻撃するのではなく、地⾯で倒したいというのでしょうか?あれほどの多くのモンスターに対して???」
  • 混乱と恐怖が戦場の周りを渦巻き始めた・・・。
  • ついに、それらの⽣き物は地⾯に着陸しました。
  • ハンターたちの視界を完全に埋め尽くす⿊い怪物の数は⾮常に多く、その規模の⼤きさだけで⼼が絶望に染まりました。
  • 集まったモンスターの群れの中から、ある特定の存在が彼らに向かって歩き始めました。
  • 旬も前に出た。
  • これからどうなるのでしょうか?
  • ハンターたちはきちんと呼吸することさえできず、旬を注意深く⾒守っていました。
  • 旬:「・・・」
  • モンスター:「・・・」
  • 旬は歩くのをやめ、「モンスター」も歩くのをやめました。
  • そして・・・。
  • 旬を⾒ている「怪物」は突然地⾯にひざまずきました。
  • そしてその瞬間、その背後にいる兵⼠たちも同時にひざまずきました。
  • 同時に頭を下げた10万⼈以上の兵⼠の光景は、信じられないほどの圧倒的な衝撃値をもたらしました。
  • 短い沈黙が過ぎた後、真正⾯にひざまずいた「モンスター」が頭を上げて話しました。
  • モンスター:[大元帥ベリオン、我が王への挨拶として、影の軍隊を率いて参りました]