翻訳ネタバレ&感想

俺だけレベルアップな件【1〜7話】シーズン1のネタバレ

こんにちは、ちゃむです。

今回はシーズン1を振り返っていきます。

各章毎に要約しようと思います。

普段はシーズン2の韓国小説の翻訳をしています。

ちなみに購入先は、RIDIBOOKSという韓国サイトで全14巻を購入しました。

一巻2,880ウォンで約280円とお手頃価格でしたので、まとめて購入しました(笑)

ちなみに韓国語は殆ど無知です。知り合いに韓国語を勉強していた方がいたので、協力してもらいながら勉強をしています♪

シーズン2の再開も楽しみですので、内容は省略している所も多いです。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

原作小説は完結している為、漫画のネタバレを読みたくない方はブラウザバックを推奨しております。

 

 

 

 

 

 

1〜7話 ネタバレ 2重ダンジョン編

  • E級ハンター水篠旬
  • ハンターだが旬の能力値は一般人とほぼ同様。
  • 大して活躍も出来ない旬だが、彼にはハンターと言う仕事しか残されていなかった。
  • 今日も低級ダンジョンに参加する為、重い足取りでゲートに向かうのだった。
  • 旬が参加するダンジョンは安全だと、周囲のハンターは言う。
  • それは何故か?
  • 旬は皆から「人類最弱兵器」と呼ばれているからだった。
  • ちなみに「人類最強兵器」と呼ばれるハンターは、最上真だ。
  • 旬も呼ばれるダンジョン=安全なダンジョンと皆が思っていた。
  • ちなみに旬は、E級ゲートで1週間の入院をした事がある。
  • これは他のハンターから見れば異常な事だった。
  • そんな言葉を聞きながら旬は、今日もダンジョンに参加するのだった。
  • 今回のダンジョンはD級。
  • 怪我をした旬は、いつもお世話になっている観月に治療をしてもらっていた。
  • 今日の旬の成果は、E級の魔法石1つだけ。
  • その価値は約1万円相当。
  • 命をかけた報酬には見合わない。
  • C級から出る魔法石は約100万円。
  • 誰かが、ダンジョンの中にもう一つの入り口を見つけた。
  • リーダーの馬渕は多数決を提案。
  • 旬には、大学進学を控える妹がいた。
  • 妹の学費の為、旬は賛成に手を挙げた。
  • 結果、17人のハンターは2重ダンジョンに挑戦する事となった。
  • 観月は、賛成に手を挙げた旬に激怒する。
  • 彼女は旬が昔からお世話になっているB級ヒーラーだ。
  • 旬は自分を本気で心配してくれる観月には何も言えなかった。
  • 旬と観月は、このゲートをクリアしたら食事に行く約束をした。
  • ボスの部屋に着いた一行。
  • 全員が覚悟を決めて、部屋の中に入った。
  • 部屋の中は古代神殿のような雰囲気だった。
  • 一番奥には、とてつもなく大きな神像が座っていた。
  • 誰かが、ルーン文字の書かれた石板を見つける。
  • そこには「カルテノン神殿の掟」と書かれていた。
  • 観月が震える声で、石像の目が動いたと旬に言う。
  • その時、入り口の扉が閉まった。
  • 帰ろうとする男が扉に触れた瞬間、石像の剣で男の首が飛んだ。
  • 旬は神像の目がこちらを睨んだ瞬間を目撃する。
  • 「みんな、伏せて!!」旬は叫んだ。
  • 神像の目から光線が発射され、何人かのハンター達は蒸発し死んだ。
  • 16人の内生き残ったハンターは11人。
  • リーダーの馬渕は右腕を失った。
  • 旬は冷静に、掟の意味を解読する。
  • 一つ目の掟は、神像に頭を下げる事だった。
  • 全員が旬の言う事を聞き、神像に頭を下げる。
  • すると、神像の赤く光っていた目が徐々に元に戻っていった。
  • 全員が喜んだ時、部屋全体が揺れ始めた。
  • 巨大な神像が立ち上がったのだ。
  • 神像はハンター達の方向へと向かってきた。
  • 二つ目の掟「神を讃えよ」
  • 心臓はハンター達を踏み潰していく。
  • 旬が二つ目の掟を解読する。
  • 楽器を持った石像の傍に行く。それが二つ目の掟の答えだった。
  • 旬はギリギリの所で、石像に辿り着いた。
  • 旬は石像によって右足を切断されてしまった。
  • 最後の掟
  • 神殿の真ん中の祭壇が浮かび上がった。
  • 最後の掟、それは1人の生贄を差し出す事だった。
  • リーダーの馬渕は、責任を負って自らの命を差し出そうと決意した。
  • 馬渕が祭壇の上に上がり、全員が祭壇の傍に近づいた。
  • すると、閉ざされていた扉が突然開き出した。
  • その瞬間、石像達が祭壇に向けてゆっくりと歩き出す。
  • 旬、観月、馬渕を除く3人のハンター達は旬達を置いて脱出に成功した。
  • 旬は馬渕に観月を連れて脱出してくれと言った。
  • 反対する観月を気絶させて、馬渕は脱出した。
  • 残るハンターは、旬ただひとり。
  • 石像達に串刺しにされて、死を覚悟した瞬間。
  • 旬の脳内に声が響く。
  • 「シークレットクエスト:(無力な者の勇気)の条件を全てクリアしました」
  • 「プレイヤーになる事が出来ます。引き受けますか?」
  • 旬は引き受けるを選択した。
  • 「プレイヤーになりました」
  • その瞬間、旬は意識を失った。