翻訳ネタバレ&感想

俺だけレベルアップな件【141話~142話】シーズン2の翻訳ネタバレ&感想

こんにちは、ちゃむです。

シーズン2の韓国小説の翻訳をしています。

ちなみに購入先は、RIDIBOOKSという韓国サイトで全14巻を購入しました。

一巻2,880ウォンで約280円とお手頃価格でしたので、まとめて購入しました(笑)

ちなみに韓国語は殆ど無知です。知り合いに韓国語を勉強していた方がいたので、協力してもらいながら勉強をしています♪

シーズン2の再開も楽しみですので、内容は省略している所も多いです。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

原作小説は完結している為、漫画のネタバレを読みたくない方はブラウザバックを推奨しております。

 

 

 

 

 

 

139話 あらすじ

詳細はこちらで→【韓国小説 8巻第1章】俺だけレベルアップな件 シーズン2 翻訳&感想 ネタバレ

  • 旬は11時ピッタリに、スキル【影交換】でゲート前に到着した。
  • ゲートをくぐると、上級ダンジョンのボス級・ツインヘッドオーガが入口のすぐ前に立って真っ赤に目を光らせていた。
  • 場面は切り替わり、ハンター協会申告センターに緊急電話が一通かかってきた。
  • 学校のあちこちで悲鳴が響き渡っている。生きて学校を抜けた生徒は半分程度。
  • 葵はオークに手首を掴まれて、隊長の前に引きずり出された。
  • 隊長は葵の頭に斧を振りかざした。殺されそうになる瞬間、葵の影から出てきた影の兵士が葵を助けた。

141話~142話 翻訳

  • 葵を護っていた影は、当時のキバの護衛ハイオークだった。
  • オークが上位種であるハイオークに勝てる訳がない。
  • 葵は自分を守ってくれる魔物だと瞬時に理解し、兄が助けてくれたと確信した。
  • 生き残った学生達は助かるかもしれないと希望を抱いた。
  • 騎士団ギルドのA級ヒーラー、チョンゲイリン(名前違うかもしれません)は様子が変わった旬に心配そうに声を掛けた。
  • 先程までの様子から一変して、緊張感のある顔つきになった旬を見て心配になるチョンゲイリン。
  • 旬は坂東に、緊急事態で戻らなければならないと答えた。
  • 坂東は、攻撃隊の安全を確保する為、旬の要望を断ろうとした。
  • 旬は自分の代わりになる友人を連れてくると交渉した。
  • 坂東は耳を疑った。旬と同等の存在がいるのか?攻撃隊のメンバーも疑いと期待が半分ずつだった。
  • 旬は影の兵士「ベル」を召喚した。
  • 全員が言葉を失った、何故ならそれは架南島で戦ったアリだったからだ。
  • 旬はベルに騎士団ギルドを守れ、それ以外は自由にしても良いと伝えた。
  • その瞬間、ベルがこれまで抑えてきた殺戮の欲望が喜びに変質し全身に広がった。
  • 更に旬は、アリの兵士を20体召喚した。
  • 影交換のリキャストタイムまで1時間以上ある。旬は一度ダンジョンを離れる事を決めた。
  • それを阻むようにアンデッドモンスターが出現したが、旬を見ると頭を下げた。
  • ゲートから出た旬は「カイセル」を召喚し、葵の元へと向かった。
  • 学校のゲートから現れたのは、ダンジョンボス「グロックタール」。
  • 偵察班の報告を聞き、人間の味方をしているハイオークのいる場所へと向かった。
  • 坂東はベルの戦闘力、そしてアリ兵士の一糸乱れぬ統率力を目の前に改めて旬の恐ろしさを知った。
  • 葵の元へ向かう旬、自分のMPが減り始める事に気づき葵の元にいる兵士が破壊されている事態に焦りを浮かべる。
  • 葵の毛先の一つでも傷つければ、決して相手を許さない。旬はさらにスピードを上げた。
  • グロックタールの強さはハイオークを超えていた。今この瞬間にも、頭の中の声は引き続き人間を殺せという命令を繰り返していた。
  • グロックタールは葵を殺せばハイオークが消えると判断し、葵を守る3体のハイオークを退け葵の首を絞め殺そうとした。
  • グロックタールが葵を殺そうと力を込めようとした瞬間、窓の外から飛竜の鳴き声が聞こえた。

141話~142話 感想

漫画を読みなおしたら、葵が就寝中に影に兵士を潜らせていましたね!

でも家族とはいえ、夜中に勝手に部屋に入るのはどうよ?と当時は思っていました笑

葵も自分の影から出てきた魔物を怖がらずに旬が守ってくれたと確信したのは感動ですね!

旬はダンジョン内でも異変に気づくのですね。

真っ先に葵の元へ向かう姿に、旬は自分で思っているほど冷静ではないと思いました。

けれど、自分の代わりにベルを置いていくのはビックリしました。騎士団ギルドの中にはアリと戦った人もいると思いますので(゚o゚;;

影交換を事前に使用したのは痛かったですよね、リキャストタイムが長すぎます・・・。

学校を襲っているのはオークで、旬の兵士はハイオーク。戦力はこちらが上でしたが、流石にボスには勝てないです。

再度、葵がピンチになりますが窓の外からはカイセルの鳴き声が!

次章も楽しみです(^○^)