翻訳ネタバレ&感想

俺だけレベルアップな件【25〜29話】シーズン1のネタバレ

こんにちは、ちゃむです。

今回はシーズン1を振り返っていきます。

各章毎に要約しようと思います。

普段はシーズン2の韓国小説の翻訳をしています。

ちなみに購入先は、RIDIBOOKSという韓国サイトで全14巻を購入しました。

一巻2,880ウォンで約280円とお手頃価格でしたので、まとめて購入しました(笑)

ちなみに韓国語は殆ど無知です。知り合いに韓国語を勉強していた方がいたので、協力してもらいながら勉強をしています♪

シーズン2の再開も楽しみですので、内容は省略している所も多いです。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

原作小説は完結している為、漫画のネタバレを読みたくない方はブラウザバックを推奨しております。

 

 

 

 

 

 

25〜29話 ネタバレ 悪魔の城編①

  • C級ゲートをクリアして、3日が経過した。
  • 帰宅した葵の前には、旬が購入したフライドチキンが並ばれていた。
  • 今回のレイドで旬が得た報酬は1千8百万円。
  • 普段は節制を心掛けている旬の懐も少し緩くなった。
  • 旬は一緒に購入したビールを飲んだ。
  • システムがアルコールを有害成分と検出し、解毒を開始した。
  • 部屋に戻り、旬はシステムを確認した。
  • 「大呪術師 カンディアルの祝福」によって、旬の体はあらゆる損傷と状態異常を回復する体になった。
  • 自宅に諸菱から電話が掛かってきた。
  • 近くのカフェで待ち合わせをした2人。
  • 諸菱の用件は、自分の作る攻撃隊に参加して欲しいという内容だった。
  • 諸菱はギルドマスターになる為、19回のレイドクリアという条件をクリアしなければいけなかった。
  • 諸菱の父親がギルドを立ち上げる為、諸菱はマスターの座を得る事が目的だった。
  • 諸菱は報酬として、推定時価30億の物件の譲渡を約束した。
  • 旬は一つの条件を提示した。
  • ダンジョンには、旬と諸菱の2人のみで参加する事。
  • 2人の利害は一致し、交渉成立となった。
  • いつもと同じくデイリークエストを完了させた旬。
  • 試しに倍の数を完了させると、シークレットクエストを成功する事が出来た。
  • 報酬の一つ、「祝福されたランダムボックス」を開ける。
  • 箱の中身はダンジョンの鍵だった。
  • 「悪魔の白の鍵」S級アイテム。
  • DSタワーの前で、旬は鍵を使用する。
  • 今回のダンジョンは途中で脱出が可能だった。
  • しばらく進むと、大きな門の前にモンスターが座っていた。
  • 「地獄の門番ケルベロス」
  • 明らかに格上の相手に旬は苦戦する。
  • しかし、何とか撃退に成功した旬は更なるレベルアップに成功した。
  • このまま城の扉を開けても死ぬ事が分かった旬は、その場を後にした。