俺だけレベルアップな件

俺だけレベルアップな件【138話】ネタバレ




こんにちは、ちゃむです。

「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。

今回は138をまとめました。

ちなみに韓国語は殆ど無知です。知り合いに韓国語を勉強していた方がいたので、協力してもらいながら勉強をしています♪

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆...

 

 

 

 

十数年前、異次元と現世界を結ぶ通路”ゲート”というものが現れてからハンターと呼ばれる覚醒者たちが出現した。

ハンターはゲート内のダンジョンに潜むモンスターを倒し対価を得る人たちだ。しかし全てのハンターが強者とは限らない。

人類最弱兵器と呼ばれるE級ハンター「水篠 旬」 母親の病院代を稼ぐため嫌々ながらハンターを続けている。

ある日、D級ダンジョンに隠された高難易度の二重ダンジョンに遭遇した「旬」は死の直前に特別な能力を授かる。

「旬」にだけ見えるデイリークエストウィンドウ…!?

「旬」ひとりだけが知ってるレベルアップの秘密… 毎日届くクエストをクリアし、モンスターを倒せばレベルアップする…!?

果たして「旬」ひとりのレベルアップはどこまで続くのかーー!! 

【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆...



138話 ネタバレ

  • 坂東:「わかりました。その代わり、ボスは水篠ハンターが倒して頂けますか?」
  • 旬:「了解しました」
  • 交渉がまとまり、二人は立ち上がって握手をする。
  • 坂東:「ゲートが発見されてから時間が経っているので、明日にはレイドを始めなければいけません」
  • 旬:「では明日お会いしましょう。今日の夕方にちょっと用事がありますが、時間に間に合わないことは無いと思います」
  • その時、譲は水篠ハンターの足元の影が小さく揺らいだことに気づく。
  • 譲:「あれ?さっき影が動いたような?」
  • 坂東:「譲・・・酒でも飲んでるのか?」
  • その時、旬の携帯が鳴った。
  • 旬:(誰だろう?)
  • 旬:「すみません、ちょっと電話に出ます」
  • 旬はオフィスから出て、電話を取った。
  • 旬:「はい、どちら様でしょうか?」
  • 聡子:「あぁ、旬」
  • 旬:「母さん?携帯を買ったのですか?」
  • 聡子:「ええ。携帯買ってみたら息子の声が聞きたくなって、電話してみたの。もしかして忙しかった?」
  • 旬:「大丈夫だよ」
  • 通りに出た旬は、ビルの壁に軽くもたれた。
  • 旬:(一体、誰を期待したのやら・・・)
  • 旬は目を細めながら、微笑んだ。
  • 旬:「母さん、せっかくだから今晩、何処かへ出かけよう」
  • 聡子:「本当?楽しみにしてるわね!」
  • 翌日の朝、大阪のとある砂丘。
  • 巨大なゲートの前に、騎士団ギルドの精鋭ハンターたちが集まっていた。
  • 時間を確認し、焦る板東。
  • 坂東:「昨日無理やり連れてくるべきだっただろうか・・・。まさか遅刻しませんよね?」
  • 時計は午前11時になったところでした。
  • 坂東:「もう5分後には出発しなきゃいけないのに・・・」
  • その頃、旬は、まだアパートを出たところでした
  • 空には暗い雲が現れていた。
  • 旬:(葵は、傘持って行っただろうか?)
  • 旬:「そろそろ行きましょう・・・」
  • 旬を黒い影が包む。
  • 旬:『影の交換』



  • 舞台は葵の通う高校の校舎。
  • 暗い雲が、空に広がっている。
  • 校舎の中を、3人の男子が歩いている。
  • 生徒①:「これってタダ働きだよな?」
  • 生徒②:「それな」
  • 生徒③:「美術の先生は、なんで俺たちにやらせるんだ?」
  • 生徒①:「石像、何個持って来いって言ってたっけ?」
  • 生徒②:「全部で、確か6個だったはず」
  • 男子生徒たちは奥に並ぶ石像を取りに、準備室に入った。
  • 生徒③「あれ?」
  • 一人の男子生徒が、教室の異変に気付く。
  • 生徒③:「なぁ・・・。あれってゲートかな?」
  • 薄暗い準備室の奥の壁が、不気味に青く輝いていた。
  • 生徒①;「閉じているゲートなら大丈夫だろ。ハンターたち以外中に入ることも、中の怪物が出てくることもない。ゲートが開かれるのは1週間くらい経ってからだろ?」
  • 何も問題ないと笑いながら、一人の男子生徒がゲートに近づいた。
  • しかし、残りの二人は不安な様子で、お互いを見た。
  • 「でもここって、ずっと放置されてなかったか?」
  • 「もし見つかってなかっただけならば・・・」
  • その時だ。
  • バリィィィン!
  • 突如、ゲートが勢いよく破られた!
  • 緑色の巨大な手が、ゲートの近くにいた男子生徒の頭を掴む。
  • 生徒①:「うわぁああああああ!!」
  • 叫び声をあげながら、必死に頭を掴む手を剥がそうとする男子生徒。
  • 生徒②:「お、おい!?」
  • 生徒①:「た、たすけて・・・!」
  • 一瞬で血しぶきが舞った。
  • 少年の頭を握りつぶしながら、モンスターたちはゲートを破り出て来ようとしていた。
俺だけレベルアップな件【137話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 今回は137話をまとめまし...
俺だけレベルアップな件【139話~140話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 今回は139〜140話をま...
【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆...