俺だけレベルアップな件

俺だけレベルアップな件【187話】シーズン2ネタバレ




こんにちは、ちゃむです。

「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。

今回は187をまとめました。

ちなみに韓国語は殆ど無知です。知り合いに韓国語を勉強していた方がいたので、協力してもらいながら勉強をしています♪

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

 

 

 

 

十数年前、異次元と現世界を結ぶ通路”ゲート”というものが現れてからハンターと呼ばれる覚醒者たちが出現した。

ハンターはゲート内のダンジョンに潜むモンスターを倒し対価を得る人たちだ。しかし全てのハンターが強者とは限らない。

人類最弱兵器と呼ばれるE級ハンター「水篠 旬」 母親の病院代を稼ぐため嫌々ながらハンターを続けている。

ある日、D級ダンジョンに隠された高難易度の二重ダンジョンに遭遇した「旬」は死の直前に特別な能力を授かる。

「旬」にだけ見えるデイリークエストウィンドウ…!?

「旬」ひとりだけが知ってるレベルアップの秘密… 毎日届くクエストをクリアし、モンスターを倒せばレベルアップする…!?

果たして「旬」ひとりのレベルアップはどこまで続くのかーー!! 




187話 ネタバレ

旬が指摘した「もの」は建物の柱だった。

旬はドラゴンを見て驚愕した。

写真を見るとカミッシュの遺体はまったくの手付かずだった。

カミッシュの死体がまだ残っている事に、旬の心は狂ったように動き出した。

「アメリカ政府がカミッシュの死体を今まで保管していたのですか?」

「ええ、そうですね。死体はありますが・・・」

アダムは旬の反応が全く理解出来なかった。

「この場所は何処ですか?すぐに行きましょう!」

アダムはこんな状況になろうとは予想していなかった。

アメリカハンター協会は水篠ハンターの興味を引こうとしていた。

カミッシュのルーンストーンを使って旬の興味を掻き立てようとした。

しかし、予想外の方向に事態は急展開した。

「カミッシュの死体が何処に保管されているか私にも分かりません」

アダムは全ての秘密を知るには少し若すぎるように見えた。

「一度報告しますので、少々お待ちいただけますか?」

旬の表情が一気に明るくなった。

カミッシュは8年前に殺された。

失敗の確率は非常に高いだろう。

もし成功すれば、旬は恐らく最強の兵士を手にすることが出来る。

「返事が分かるまで、どれだけでも待ちます」

旬の熱狂的にも見える様子に、アダムは喜ぶべきか悲しむべきか分からなかった。

アメリカハンターの局長もアダムと同様の反応を示した。

「それで、水篠ハンターは今あなた達と一緒にいるのですか?」

アダムは無言で頷く。

カミッシュのルーンストーンを使用する事で水篠ハンターをアメリカに呼べるなら安い取引だと局長は考えていた。

トーマス・アンドレと水篠旬。トップクラスのハンターの考えは予想出来ない。

局長は振り向いて、複雑な表情で副局長に話しかけた。

「水篠ハンターがドラゴンを見たいと言う理由が何か分かりますか?」

「彼にとってカミッシュの遺体は、ルーンストーンよりも大きな価値を持っているかもしれません」

スキルの価値は想像を絶する。

スキルはハンターの強さであり生存力に直結している。

「彼の能力は死んだモンスターにのみ適用されるのではないでしょうか?」

架南島のアリ、東京の巨人。旬がダンジョンをクリアすると兵士はどんどん増えていった。

水篠ハンターは戦えば戦うほどに強くなる。

アメリカハンター協会が旬を欲した理由がそれだった。

副局長は気づいた。

「彼はカミッシュを召喚獣にするつもりです!」

そう考えると辻褄が合う。

局長は断固として首を横に振る。

「そんな事は許されない。1人の人間が持つ力ではない」

水篠ハンターがもしカミッシュを召喚獣にすれば、彼の力にどの国も太刀打ち出来ないだろう。

もし無限の再生力を持つカミッシュが敵として現れたら?

局長は、決断を下す前に1つ質問した。

「水篠ハンターを追求し続ける理由が本当にあるのでしょうか?」

「水篠ハンターが国家権力級ハンターの素質を持っている可能性が十分にあります」

「何だと!」

「水篠ハンターは念動力を使用する事が出来ます」

「・・・・!?」

念動力を持つ事が、国家権力級ハンターとなる条件の1つでもあった。

局長は決意した。

「彼を案内します。これは彼の能力を間近で見る良い機会かもしれません」

「ところで、カミッシュの遺体は何処に保管されているのですか?」

その問いを聞き、局長が笑みを浮かべる。

「なぜ、私達の本社に地下20階があるのか疑問に思った事はありませんでしたか?」




旬は局長の案内で、専用エレベーターに乗り込んだ。

エレベーターは24階の地下に到着した。

厳重なセキュリティが何層かあるドアが開き、冷たい風が頬を通り過ぎる。

微かに魔力が漂っている。

8年経っても未だに衰えぬ魔力を放出している。

もし影の兵士に出来れば、どれほどの力を秘めているかすら分からなかった。

目の前に見えるのは赤いドラゴン、カミッシュの遺体だった。

遺体はそのままの状態で完全に保存されていました。

「この本社で使用されている全ての電力は、カミッシュの魔力水晶から供給されています」

しかし、旬の耳には局長の言葉が入ってこなかった。

その様子を見て、局長は遂に来たと感じた。

「・・・・水篠ハンター。今、満足していますか?」

「皆さん、離れて」

ここに来る前に旬は遺体には何も起こらないと約束していた。

全員が旬から離れた位置に移動した。

旬はカミッシュに向かって手を伸ばす。

「起きろ」

メッセージが表示される。

「影の抽出に失敗しました」

「残り2回可能です」

2回目の抽出を試みる。

「起きろ」

彼の声が欲望を含み、ドーム全体に響き渡り反響した。

突然、スポットライトがチラつき始める。そして、何処か未知の場所から冷たい風が吹き込んだ。

「あぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」

ドラゴンの悲鳴に殆どの人が慌てて耳を塞いだ。

床には広がるカミッシュの影を見つけた。

「俺は・・・。俺は成功したのか?」

何かが影からゆっくりと立ち上がる。

それは紛れもなくドラゴンだ。

ドラゴンは足元の人間を発見し、唸り声を止めた。

「我を召喚したのはあなたですか?ああ、死者の王、影の君主」